CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
ちょっと驚いた。 [2019年12月09日(Mon)]
IMG_20191123_113933_1-816x612.jpg


少し前の話になっちゃいますが。


山口に帰ったらちょうど紅葉の季節!でした。

母を連れて、紅葉観に行きたいな〜、と思って。


今は車がないので、、こーゆうときバスかタクシー。

昔はどこへでも車運転して出かけたんだけどなア。

車欲しいなあ。母のために!

病院にも買い物にも連れて行ってあげられない(泣)


IMG_20191123_113348-612x816.jpg


母は紅葉に全然興味持ってくれなくて(笑)

ササさっと走って、写真だけ撮りに行きましたよ、、


大昔、東北の紅葉を楽しんだ母は、その素晴らしさを

ツバ飛ばして、めっちゃ話をしてくれたのに、、

あの感性は、、どこへ行ったんでしょう、お母さん(笑)


IMG_20191123_113208_2-612x816.jpg


観ごろ情報をいろいろネットで見てたんですが。

チョッと、アレ?って気づいたことが、、、


公園に建ってる「ある建造物」、オブジェの説明、、

それを建てた芸術家の名前を見ていて、、なんだか

胸がソワソワ。。イヤな記憶がフラッシュバック。。


画像検索してみたら、、うわっ!やっぱり!(@_@)

記憶に残る、その大先生。


経歴も素晴らしい、東京芸術大学名誉教授。同大学学長!

安藤忠雄氏と共に東京スカイツリーデザイン監修

紫綬褒章やらなんら、、、そんなエライ先生が。。。


確か、、記憶に寄ればですが、、、

私の高校に美術を教えに来てくださっていた、、、

それは、名誉なことだ、と、先生が言っていた、、


そんなに素晴らしい巨匠に、、

わたくしは、、エライ悪い生徒ぶりを発揮してました!


(≧▽≦)やっばーーーい。


「外で校舎を描いてきなさい。」と言われたら、、、

校舎と校舎の間を飛んでるウルトラマンを描き。


「コレ、消しなさい。」と言われても、、、

消すなら校舎やろ、、と消さずに提出。


「これじゃー、点をあげられないよ、、」と最後の忠告。

絶対消してやるもんかーー!と意固地なアタイ。


で、、、ホンマの赤点、いや、0点を献上された(*´з`)

その成績、成績が100番ぐらい下がったあの黒歴史。


人物画で隣の人を描きなさい、と言われたときは。

当時、好きだった?「渡哲也」をグラサン付きで描いた。 


エッチング版画の時間には、薔薇に包まれたオスカルを彫り。

我ながら、結構な大作でありましたが、、( *´艸`)


美術の点数は、、いつも0点、、マジだよ(≧▽≦)。

成績、ってどおでも良かったんでね〜。


でも、そんなに素晴らしい巨匠だったとは知らず。

本当に失礼なことをしてしまいました。。。

ここで謝罪しても目に留めて頂けませんね(*´Д`)


でも、ま、、後悔はしておりません、、、


「芸術は爆発だ〜!」


今年のフィギュアスケート。 [2019年12月07日(Sat)]
aflo_118037011.jpg


終わってみれば、、

ネイサン・チェンにかなりの点数さで負けてしまった。


でもまあ、、本人が言うように、、、

そんな点数差があったようにも思えないな。


私は17歳のころまでの羽生結弦に惹かれていたけど。

今はもう天上人になってしまったんで、、、

下界の私はもうそんなにドキドキしなくなっちゃった。


真央ちゃんが引退した後は、私もフィギュアから引退か、、

とも思っていたけど、やっぱ離れられない(笑)

なんのなんの、しっかり全部観ております。


羽生結弦選手のスケートには必ず毎回ドラマがあります。

人の心を鷲掴みにするのはそこらへんだと思うけど。


たった数分間のなかに、毎回ドラマぶち込むって結構大変。

それが出来る人はそんなにいないでしょうね。

この写真の彼なんて、「何か」が入っててまだ抜けてません。

毎回、ネットで出てくる写真見ると、、スゲーーな、って。


ネイサンは完璧すぎるぐらいに完璧なスケーターだけど。

完全、陽タイプなので、影も怨も涙も血も想像できん。

そこがまた良いところなんだけどね(*´Д`)

なかなかドラマ設定にはならないよね。


ま、これは完全なる主観です(*´з`)よーーん。


あとは、、全日本選手権か。

これはとんでもなく面白くなりそうで楽しみ!!!


テレビがもう録画できない状態なんで(泣)

夜は出かけませんよ!全部観たいですからにゃ。


前置きはこれで終わりますが、、(笑)

土、日、、寂しんぼうの母がまたまた大変でした〜。


頑張って一日5回は電話してお話しましたが。。。

私以外からの電話がほとんどなくて、誰も来ないので。

あっという間に心がすさんでおりました、、、


私が電話するまで、ずっと寝ていて。

電話した後は、またずっと寝ていたようで。


なんか知らんが、めっちゃつっかかってくるんで、、

ホンマに、もーー、たまりまセブン!


皮肉やおどかし、、、あることないこと。

私には甘えてなんでも言ってくる(笑)


全てを「そだねーー♪」と、受け入れてあげればよいが。

時々は私も、ナヌ?と、、反旗を翻したくなります。


ダメですな〜〜。まだまだ完璧には出来ません、、

でも、電話切った後、いや、これじゃいかん、と思ったら

すぐ電話かけなおして、、

さっきはごめんよ〜、と(私は悪くなくても!)謝る。


こちらが正解をポン!と突き出して終わったら、、、

私は気分がスッキリだけど。


相手は、哀しみ、ボケ老人の自分は終わってしまった、と

とことん、自分を責めるだけなので、、、( *´艸`)

あんまり、意味がないんだよね、、


それでも、毎日とことん母とコミュニケーションしてるから

ま、いっか!って、思えたりする。


だから、、ちゃんとコミュニケーション取るって大事。

それなくして、正論を突き付けてくるのはナンセンス。


それ、、誰に言ってるの?、って?

ご想像におまかせ〜〜〜(^^♪



心で、心に向き合うって、ホントに難しい。。


母に学ばせてもらってる、、のかもね、、


いろいろ不調な師走のスタート [2019年12月02日(Mon)]
thumbnail_IMG_20191130_161350[1].jpg


東京に帰ってきたら。

一気に季節が進んでる気がするわ〜。

それだけ東京は寒かった、ってことかな。


駅から自宅までの街路樹が黄色く色づいてるかと思えば

カラカラと音立ててもう散りまくってる。

たった一週間で!こんなに季節進む???( ゚Д゚)


どこもクリスマスな雰囲気にあふれてるし、。

ホントにもう、年末、、、師走なんだなあ。。


そう、たった一週間なのに、、いろいろありすぎて。

体調最悪ではありましたが、予定通り飛行機に乗り。


翌日、キャンディーズのヤチコ姫のリサイタルへ!

これはまた明日にでも。素晴らしかったのですが、

今、それを書ける気力と体力がないれす(/ω\)、、


先週の木曜辺りから、突然お腹がゆるくなって。

これまで朝ごはんの1時間後、一回必ずの便通。

規則正しくて、下痢・便秘・腹痛のトラブルなし。


たぶん、、母が買い置きしていたコーヒーゼリー。

一緒についてくるあのコーヒーのクリーム、、

普段は絶対口に入れない類のものなのですが、、

母の手前、美味しく食べてあげたいし、、


賞味期限の最終日だったけど大丈夫だろ、って。

それを食べて2時間後ぐらいからお腹がグルグル。

あ、食べなきゃよかった、と思ったぐらいで、、


母と全く同じものを食べているので、、

それしか思い当たらないです〜〜。


でも、、翌朝からけっこうひどかったんです。

もう既に水下痢?? こんなの人生で二度目!

(一度目はモロッコ(笑))


薬も効かないし、、、

でも不思議に全く吐き気も腹痛も発熱もなし。

ネットで調べても、ウイルス性、細菌性の症状がなく。

あんまりヒドイと病院行くかと思ったけど。。。


ここで面倒くさいのが、、受診。


普通の内科や胃腸科では私、診てもらえないんです。

これまで何度も診ないと断られてるし。

まず、病歴で、大学病院へ言って下さい、となる。

変に治療して何かあったら命とりです、とかなんとか。


田舎には大学病院ないし〜。

東京へ帰ってはきたが、あの待たされる時間考えると。


ポカリスエットで水分補給はしてるけど、、

てか、食事も取っているけど。体力なくなるよ〜。

飛行機も都内へのバスもキツカッタ〜〜(T_T)/~~


2日でニキロ痩せて、合計三キロは失いました、、

今日から仕事も始まるし、病院へいつ行くか悩む。

ガスが出始めて、ちょっと良い方向かな、、


でもねえ。。もしかして、、、ストレス性?とも。

本当にいろいろ大変なんですよ。。

アチラにいる時もそうだけど、、帰ってきてからも。


辛いことあって泣きつく先が、このヨキータ何でも組合、

ってゆう人が、たくさんいたりするんです、、


それはそれで全然いいんですけど、、

私が今、体調が悪くて大変だって、、

泣きついてくる人たち、揃いも揃って皆さん、

知ってるはずなんですから〜〜〜。


結局、自分が処理できない辛さ、ストレスを

私に放り投げようとしてるだけですから、、


さすがの菩薩ヨキータさまも、


「私はいつも聴いてあげるけどさ、

私が体調悪いの知ってて何度も電話してきて、、

ぶちまける、って、人間としてどうよ?

今はこんな話聞かせられないな、って押しとどまる、

そんな優しさと強さを持たなアカンやろ。」


と、ちょっと強めに言っちゃいました。

その中の一人は、、もちろん母親です。


、、元凶は他にいるんですけどね、、

結局、「力関係」なんですよね。


どちらが正しいか、なんて私にはわからんし、

もしかしたら、どっちもどっち、かもしれん。


でも、一つ言えることは、強いものが弱いものを弾く。

優しいものは、鉄のような塊を落とされて撃沈。


でも、、塊を落とすヤカラは変わりはしないんだから。

落とされる方が、、自分を守る術を手に入れるしかない。


「優しさ」って同時に「強さ」も持ち合わせるべき、だと。

真の優しさは、必ず強くもある。

私はそう思うんですよ、、


でも、、彼らになかなかそれを伝えるのは難しいです。

だから、一つずつ、何十年も言い続けてるんだけど。


今朝も、、私がまだ不調で、、仕事にも行くって

母は知っているのに、、電話でぶちまけてきました。


朝まで泣いていた、と、、

撃沈する出来事がキッカケで、、自分の人生を最初から

不幸のストーリーを洗い出しはじめて??

自分はいつも不幸だった、と思えて涙が止まらん、と。


、、まあ、夜ってそういう事になりがちだけど(;^ω^)


やれやれですよ、、(/ω\)

私がそばにいれば、一通り話を聴いて、話してあげて

スッキリさせて寝かせられたと思うんですけどね、、


さすがに今朝は私もイラっとしました。

でも怒りませんよ。ちゃんと話して聞かせようと思って

優しく、納得してもらえるよう話をしていたら、、


ここが「老化」を感じるところです。

優し〜く諭してる話に、なぜか母は逆上!


お前ひとり、頼りにしているのに!

お前までそんなこと言うのか!

もう知らん、もう電話なんかしてやるか!


って、、興奮してるんですよね、、(;・∀・)

え、、話聴いてたでしょ、私、喜ばすネタ振ってたよ、


話の流れがわからなくなる、話の趣旨もつかめない、

興奮していると、そうなっちゃう、ってのが

今回の帰省で強く感じた変化です。


でもね、老化が悪いこととは全然思わない。

そういう事になったんだね!じゃ、フォローするよ、

という、周りの理解があれば、全然問題はないと。


が、、母の性格は、、それを許さない。

老化イコール罪悪。

そして、母の周りに受容してくれる人もほぼいない。


これから、母はもっと心身、老化していくわけだし、

この「力関係」のイビツさはひどくなるよね。


この数日のヒドイ腸障害は、、

そんなわけで、、ストレス性かな、と、、

思うのも無理ないですね??ね??


なんたって、腸はとってもナイーブ。

脳神経の繊細な動きをそのまま受けちゃうからね。


そういや、、私の難病は合併症として

潰瘍性大腸炎、クローン病の可能性もあるんでした。

やっぱ、そのうち検査しないといけないかな。


自分に集中したーーーいよ。(*´Д`)


でも、、やっぱ母をヘルプせずにはいられない!

守ります!



母の手仕事。 [2019年11月26日(Tue)]
IMG_20191123_101558_1-612x816.jpg



山口に帰って4日経ちましたが。。。


たくさん書きたいことがあるような。ないような。

時間がなくてちゃんとまとめることが出来ず。残念。


タイトルにあるように、、

意外に母は手先が器用で、年齢のわりには視力もよくて

よく縫い物してるんですよね。私はぶっちぎりの不器用。


山口、まだ暖かいですが、、私のためのお布団が、、

えらくゴッツイ冬装備で驚きました( ゚д゚)〜!


毛布2枚、、プラス、大きなフカフカお布団。

東京では私、夏も冬も同じペラペラな布団です(笑)


その上、、電気毛布まで入ってた〜\(◎o◎)/

暑すぎて、、朝起きると、、

毛布と布団は遠くへ蹴飛ばしてる(笑)



IMG_20191123_101626_1-612x816.jpg



でもね〜。泣けちゃうんですよね。

毛布に大きなバスタオルが縫い付けてあって。。


顔に毛布が当たってチクチクしないように。

細かく縫い合わせてありました。


私の帰るのを心待ちにして。縫ってくれたんだなあ、って。

その姿を思い浮かべると、もうダメです。泣けてくる。


帰ったら帰ったで、、日頃の寂しさや我慢を私にぶつけて

もう、スッゴい攻撃してくるし。私も心折れるし。


昨日も二人でおいおい泣きまくった。。

それで、母もスッキリはするんでしょうけど。

マジ大変ですよ〜(>_<)


ヨキ子に辛い思いをさせた自分の情けなさに

一晩中寝れなかったとか言うし、、( ´Д`)=3


どんどん記憶力が低下してるな、と実感。

ま、仕方ないことだし、それは良いのだけど。


賞味期限に敏感なはずの母が、、

冷蔵庫に飲みっぱなしのオレンジジュース、、

6月で賞味期限切れてるし〜!ヤバい!


大事に冷蔵庫に隔離してるから、、

私もあえてチェックしてなくて。反省です。


食べるものもちょっとだけ偏食が気になるし。

セキュリティ的に気になることも。。


も少し、いろいろ目を配らなくては。

せっかく本人は頑張ってくれてるからね〜(*^^*)


本当に、尊敬します。毎日しっかり身支度を整え、

カラーコーディネートも怠らない。アクセサリーも。

使用したものは、ちゃんと整理できてるし。


私のような、大ざっぱ、もうオシャレ、どーでもいい、

最悪なオバチャン!とは大違いです(笑)


あと数日、少しでも心安らかに親子で過ごせるよう

ナンとか頑張りますだ〜。


東京はめっちゃ寒いらしいね( o´ェ`o)

帰ったらスッゴく忙しくなるな。。


驚異の師走!ファイティン!



パレード [2019年11月10日(Sun)]
20191110at21S_p.jpg


天皇陛下の即位に伴うパレード。

「祝賀御列(おんれつ)の儀」が10日午後行われた。


コースとなった皇居から赤坂御所までの沿道には

11万9000人が集まり(うちの田舎の人口超えてる)、

天皇、皇后両陛下はオープンカーに乗り、

笑顔で手を振って応えられた。



雅子さま。素敵な笑顔を自然に出せるようになって

本当に良かったです。

これからどんどん世界に出て行ってほしいな。

究極の外交官、のお仕事がいよいよ出来るんだもんね。


しかし、、このパレード。

大変でしたよ〜〜〜( *´艸`)


仕事の打ち合わせに向かってるときにちょうど、、、

パレードが終わった時間に当たってしまって。


赤坂見附辺りから、、どわーーー!!

容赦なく電車にめり込んできた(笑)のが、、

パレード帰りの、意気揚々としたジジとババ、、もとい!

淑女と紳士の皆さま、、その人数、ハンパないっス!


途中、息が出来なくなりそうでした、、(*´Д`)、、

元気やのう、、日本の60代、70代、80代!!!


80代、と言えば、、

20数年前のチベットツアーからイタリアツアー、etc,,

ずーーっと、親しくさせて頂いてる埼玉のタマエさん。


トスカーナの農園でのサヨナラどんちゃんパーティでは、、

衣装までつけて、かっぽれ!を踊ってくれたかた。

旦那さまはその後、、お亡くなりになりましたが(T_T)/~


タマエさん、この数年、骨折したり、心臓の手術したり、、

ご自身大変だったのですが。。でもね、全然元気。

体操の先生もずっと続けてらっしゃって。


今日はお誕生日だったので、お電話したんです。

タマエさん、ものすごく元気な声でした( ゚Д゚)。


「昨日ね〜、新潟の山に登ったんだよ〜!」が、第一声。


え、、、なんですと、、( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)

確か、今日で 87歳。

山登り??新潟の山???


しかも、、

今、出かけるとこなんだよ〜!

高校の同窓会に! だって。


こ、こ、高校、、って、、アナタ、、

87歳マイナス18歳、イコール69、69年ぶりの同窓会?


皆、、生きてるの?と、聞きそうになった(≧▽≦)

聞かずとも、彼女、こう言った。


「私は一期生だけどね、2人しか生きてないのよ、アハハ。」

あとはもちっと、後輩らしい。。。でしょね。。。


すごいなあ、、タマエちゃん、、尊敬、

うちの母より年上なのに〜〜。すんごい明るいし元気だし。


それどころか、私の身体をめっちゃ気にかけてくれて。

会おうね〜、会おうね〜、って。ありがたい。。


そして、、うちの母ちゃんたら。大変だった、今日。

実家にある振り子時計。

最近、時々止まるようになって、、


何十年、ずっとこの家にあるものだから。

母にとっては大切な振り子時計。

時間がきたら、ボーン、ボーンって知らせてくれる。

とても、大切なものだと思う。


昨日のお昼ごろ、、とうとう止まってしまって。

商店街の馴染みの時計屋さんをすぐ呼んだのだけど、、

もう流石に、これは直せないね、とさじを投げたと。。


諦めと、、諦められない気持ちと、、、

だって、、この家で音を出すのは自分(母)とこの振り子だけ。

ある意味、「生」のシンボルとして君臨してる時計だから。


時計が止まってしまったら、自分の命も終わる、って思えて

哀しくてやりきれない、と夕方電話してきたんだけどね。。


すっごくわかるけど。でも、直らないのなら仕方ない。

捨てる必要もないし、置いとこうね、って。


母は、、どうしたと思います???

それから、、ストーブを時計のところまで持ってきて、、

なんと、夜中の3時まで!

かかりっきりで、振り子をいじってたらしい。

執念!ですにゃ。


もう、、ビックリしすぎて、、ナンも言えね(笑)

朝の9時前に電話したら、超ゴキゲン。


「直った!動いてる!今、ちゃんと動いてる!」と、、

何度も何度も楽しそうに大声で伝えてくれました。


時計、動いたから、、母ちゃんももっと動けるね。

と、、思ったんだけど。。。


夜、21時頃のこと、、

新しい韓流ドラマ、始まってるよ、と電話したら。

その頃から、様子が変だな、って。


テレビの見方が、、わからない、そう言うんですよ( ゚Д゚)

BSの番組、毎日観ているのに、BS?って何、、とか。

そんなのどこにあるの、、もう、字が読めない、、

テレビが、、わからない、と、、怖いこと言いだして。


かけてもかけても電話も切れちゃうんです。

何度か電話して、やっと繋がったら、、声が小さくて、

意識が遠のいてきた、もうワケがわからん、、


私の心臓もバクバクしてきたよ〜(@_@)

ヤバい!と思って、、脳梗塞とか、考えたし(泣)


まあ、、結果いうと、、

意識は無事戻りまして、、、


よくよく見たら、テレビのリモコンを握っていたつもりが

ガラケーの携帯を、、リモコンと思って操作していたと。

それもヤバいっちゃヤバいけど、、(笑)


モノを正しく認識できなくなる、って本人が一番怖いよね。

携帯に、BS、地デジなんてあるわけねーよな( *´艸`)


母は、BSというローマ字は読めないんで。

地デジ、って字を探して!その隣がビーエスだよ!って

私も何度も必死に叫んだけど(笑)

ガラケーにはさすがに、、地デジ、ありません、て。


かな〜り時間がたって、、

やっと正常に認識できるようになって。


リモコンで、BSをつけて、無事韓流ドラマを観た、が、

すでに終る5分前〜〜。(笑)


こういう事の繰り返しだろうなあ、これから。

そばにいてあげられなくて、、申し訳ない、、

一人じゃ、怖いでしょうね。。。


疲れましたわ。この先、パレードの話題になったら、

私、この夜を思い出すに違いない、、(笑)


今、ちょうど電話かかってきた。


今はとてもハッキリしてる。頭の中。

さっきは本当に全てがよくわからなくて、何もかも。

とても怖かった、、と。

いつも電話してごめんね、、なーんて言うのだ(泣)


そんなことでね、、娘に謝るなんて、、

哀しい想いさせてるね、、( *´艸`)


老い方、そして死に方。 [2019年10月29日(Tue)]
145159.jpeg


「岸辺のアルバム」「やすらぎの郷」など舞台、テレビ、

映画に日本を代表する名女優として活躍した八千草薫さんが

24日、すい臓癌のため、都内の病院で亡くなっていたことが

28日、分かった。88歳だった。



このニュースに、母が反応していました、、( *´艸`)。

母の方が年下ではありますが。。

自分と同じ時代を生きてきたスターの死はこたえるようです。

私もそろそろ死ぬんだ、とか、言ってました。


八千草薫は、すい臓がんだったし。お母さんは癌ではないよ、

まだ結構生きるよ、、と、、とりあえずフォロー(笑)


直前まで会話されていたそうですね。

すごいなあ。あっぱれな最期だな、、、


最後まで仕事を続けられて。そして求められて。

若い頃と全く変わらない、品のある笑顔が素敵な八千草薫、と、

そう記憶されてこの世を去っていく、、スゴイことだと思う。


江波杏子さんも遺作のドラマ(小吉の女房)が放送されて。

あんな、小粋な色っぽい老女を演じられるのは彼女だけで。

本当に哀しいニュースでした。。


最後まで必要とされて、それに応える、というよりも、

その斜め上をいく、かっこよい彼女らは。特別なのか。


この世に生まれ出たもの、全ての人間の大きなテーマが

どう老いるか。どう死んでいくか。だと思うんです。

若い時は考えることもあんまりないでしょうけど。


運よく生きてこれたなら、「老い」は必ずやってくるし、


私だって考えてる。すごく。

一番元気なころに、突然病気に襲われた、っていう

そういう理由もあるけど。けっこう早くから考えてる。


経験を積み、更に更にいろいろなことがあり、

大切な人達をみおくり、、、

そうすると、自分の中にあるそのテーマに対する考えも、

どんどん内容が変わるもんですよね。


そして最近は、、母を通して、、いろいろ考えます。


いつも書いているけれど、恐怖の週末、、の母。

たった一人で過ごすことが多い土曜日と日曜日、、


母はカタツムリのごとく、固い殻に閉じこもる。

そして、一人で、どんどん悪い方に物事を判断して、、

投げやりな言葉を吐く、吐く。悪口も。。。

いつにも増して、弱弱しい声で、、投げやりな感じ。


「もう、どうでもいい、全部、投げ出してしまいたい、、

もう誰にも会いたくない、、ほっておいてほしい。

・・・生きていたくない、、」


と、、( *´艸`)、、やーれやれ。


心がそうだと、、身体もしんどくなりますよね。

今日は、お気に入りの内科の先生のところにいって、、

レントゲン、心電図をとってもらったらしい。


肺が薄くなってるけど、年齢考えれば大丈夫だ!と、

お気に入りのセンセに太鼓判押されたけど、、

大丈夫じゃない方がいい、なんて言って(;・∀・)、、


そんでもって、内科のセンセに、、すごい質問してんの。

「今、差し歯をやりかえるか、入れ歯にするか悩んでるけど、

私はまだまだ生きられるかねえ、、ねえ、先生、、

差し歯と入れ歯、どっちがいいか、教えてほしい、」


看護師と先生、爆笑だったらしいです、、( ゚Д゚)

およよ、、恥ずかしい(笑)


ちなみに、、先生の答えは。。



「まーだまだ生きるから、差し歯にしなさい!」


さすがだわ(#^.^#)、、ナイス!


でもねえ。母の年齢を考えると、、

しっかりしろ、って、なかなか言えないです。


私だって、夢も希望もない現実にへたれまくっているのに。

さらに30歳以上年取ってる母には、何も言えません。


だって、十分頑張ってるもん。

不自由な事だらけなのに、一人でしっかり生活してるもん。


ワタシはナンも言いたくないです。

よく頑張ってるね。私には出来ないことだよ、、と。

いつもそう言ってます。心から。


人に囲まれていながら孤独の淵に自らを追いやる母に、、

なんて言ったらいいんだろう、って。m(_ _)m


95%ネガティブ発言だった今日の母ですが。。

母より年上の、デイケアのお友達の事を話してくれました。


「具合が悪そうで、今お休みしているんだけどね、、

電話があってね、アナタの声聞くと元気になる、って。」


それ聞いて、、それだ!って私は思いました。


母は、人を元気にする存在感があるんですよ。

母の笑顔と声は、人に熱量を与えるパワーがあるんです。


今、それを忘れて、母は自分から小っちゃくなってる。


「お母さんは「人を元気にする人」なんだからね。

早く、腹据えて、元気になって、笑顔になって

皆の前に行かなきゃ!皆を元気にしてあげなきゃ!

そしたら、またお母さんも元気モリモリっちゃ!」


何度電話しても、弱音ごねごね、の母ですが、、

そのアドバイスは、、一発で効きましたよ。

多分、自分はそういうキャラだと自覚しているんだね。


食欲はないけど、食べて頑張る、と。

そうなれるよう、やってみる、と、、、


まあ、、明日にはまたネガティブに戻ってます(笑)

永遠に続くんだろうな、、げ、、、


老いるのも、「その人となり」が出るだけだし。

死んでゆくのも、生きてきたように死ぬだけだし。


てことは、、やっぱ、今、私は、どうする、どう生きる、

それが、一番大事だってことですよね。


私も、弱い自分に飲み込まれないように頑張ろう。

母に負けないように、ちゃんと生きていかねば。。。



断捨離、続いてます! [2019年10月18日(Fri)]
IMG_20191012_095128_1-612x816.jpg


母が生きてる間に、処理したいものがたくさん。

断捨離は果てしなく続きます。


母をみながら、片付けるのはけっこう大変っス。

今回の滞在は一週間だったし〜〜。


今回は、、あまり気がすすまなかったところを断捨離!

母が一番声を大にして、早く捨ててしまえ!と迫るところ。


私の、、大切な、、海外の思い出の、、アレコレです、、

泣きそうになるかな、、と思ったけど、、

でも、あまりにも汚いので( *´艸`)、、

意外にアッサリ、捨てまくりました。


このアンデスのハンドメイド人形は

ペルーで買ったものだけど、、リマではなくて、、

どっか田舎で買ったんだと思う。

ニットはもちろん、全てが手作り。

本当に良くできている!カワイイ!


IMG_20191012_095140-612x816.jpg


でも、、思い切って、、ネットで売りました。

出した途端、即、売れたよ〜〜〜。


姪っ子にそれ言ったら、、

これなら一万円でも売れたかもよ、もったいない!

と、言われちゃいました、、安すぎたか(=゚ω゚)ノ


IMG_20191012_095205_1-612x816.jpg


ロンドン、パリ、ポルトガルやスペインなどの骨董市で

そして、中近東、アジアの国々で買い求めた人形や食器。


サハラ砂漠のローズ・ド・サハラ。

(砂が風化し、薔薇のような結晶になったもの。)


そして、砂、そのもの。甲子園か!(笑)


トルコやパキスタンで買った食器や、、グラス。

人形や不思議な置物、、コーランの目覚まし時計。


売りました。捨てました。

寂しいけれど、いいんです。


早く、ゼロに戻って、リスタートしたい気分です。

来月も頑張って断捨離しますよん。


あ、、棚やら箪笥、絵やらなんやら、一気に売りました。

こんなん、値がつきませんがな〜〜、と困り果てる、

リサイクルショップの優しいオジサンに、、


母は、ドスをきかせて(≧◇≦)、、、

全部まとめて持ってってな!××円でな!と、ほぼ強制的。

スゲーな、、(笑)


「そのうち、この婆さんも、出すんで宜しくです!」

と言ったら、、オジサン、バカ受けしてました(笑)


私が山口にいる間は本当に半袖でもOKぐらいに暑かった。

でも帰る日に、急に冷え込んできました。


一人になる母に、、言ったんですよ、、私がいる間に、

扇風機しまって、コタツと布団、出しとく、って。


要らない、自分で出来るし、と絶対やらせてくれなくて。

案の定、翌日、一人で重たいものを運んでしまって

午後は足が痛み、、、ぶっ倒れて泣いて電話をしてきた。


誰も来てくれなかった、と、、泣いてる。。(*´з`)

多分、寂しさもプラスして、、意固地になってるのかな。


東京に帰ってその翌日に、何時間も電話で泣かれ。

ヨキ子は辛いでございます、、m(_ _)m、、、

だって、何もしてあげられんし。


母は甘え下手、、全部善意を断るくせに、、、

後で、文句ばっかりたれる悪い癖がありますんで。


仕方ないっちゃ仕方ないんだけど、、、

でも、、高齢で、、足の激痛は紛れもない事実で、、

気持ちはダウンしてしまうとは思います、、


あの性格、ひっくるめて、母を慈しむことが出来るのは

私だけなのかもしれない、いや、そうなんだけど(;^ω^)


今日も、、何度も電話してきては。。。

落ち着かない気持ちをダラダラ愚痴って、、

わかっているくせに、人さまのこともグチグチ言って、、

黙って聞いてあげたけど、、、


「ちゃんと口で頼まないと誰も動いてはくれないよ。」

とだけ、伝えておきました、、、


貴女様が、口で言わずとも、完璧に動くのは

世界広しと言えど、ヨキさまだけですからね、母ちゃん。


そこんとこ、、宜しく、、と言いたいです(泣)

(´;ω;`)ウッ…


今、また電話かかってきて。泣きごと聞いてました。


いろいろうまくいかないことばかりで、、

すっかり不安になってしまってます。

どれも大したことではないけれど、、


一人だと、心細い気持ちになるのはわかります。

もう、何もかもがイヤになってきた、と

声を荒げて、言い捨てました。


我に返ったようで、、何か食べる、と電話を切られました。


歯車が狂って、全部がうまくいかない時ってあるよね。

そんな時期って、全部がおかしくなってしまう。


そういう時に、気持ちを落ち着かせて、、

自然に時期が良くなるのを待とう、待つしかないね、

と、考えられる人はいいけれど。


焦りに焦り、全部いっしょくたになっちゃって、、

あれもコレも、人のせい、世の中のせい、となる人は

どんどん、シンドさが増すばかりだと思う。


時間の問題で、パッと空気が変わるだろうから、、

心配はしてないけど、、


私が消耗しないように気をつけなくては、、


昨日は素敵なピアノの旋律を聴かせてもらって。

やはり、音楽はよいな〜〜(#^.^#)。


あ、、ピアノにのってクラシコを踊る一徹先生も。

もちろん素敵でした。


台風女のはずなのに。 [2019年10月15日(Tue)]
IMG_20191013_123643-816x612.jpg



台風女のはずなのにね。


関東を襲う史上最強と言われる台風19号をかわして

絶妙なタイミングで山口入りを果たした自分に驚き。


関東に留まらず、東日本全体、広範囲にわたる激甚災害。

被害の全容はまだわかっていないようですね(>_<)、、


水は生きていくために絶対に必要なもので、、、

でもこうして牙を剥いて襲いかかっても来る。


これからも巨大な台風は容赦なくやって来るよね( ´Д`)=3

よそ事だと思わないことが大事だな。。


西日本は台風には慣れっこなので、、、

こういうニュースには鈍感だったりするけど。。

さすがに報道で目にする映像は母親にもショックだったよう。


家も畑も失った人たちのこと考えたら、ワガママ言えないね、

と言っていたが、、想定内ですが、その数時間後には、、(ーдー)

いつもの、あんまりダゼ、オカアたん!、に戻ってた(笑)


最近、私と母、二人の感情がなんとなく沈静化?してるのは

私が落ち着いてきたから、、だと思います。

母は変わらないから( *´艸`)ねー。


私の受けとめかた、流しかた、が、、

上手になった、というか、、

諦められる部分が増えてきた、というか。


「一人の人間としての」母に求めたいものを、

一つずつ諦めていきながら、ただただ受け入れる。


本当は寂しい選択だけど、、、

母にとってはそれが一番の安心に繋がるみたい。


感性が鈍くなる、というのは、、誰にでも起きうること。

あとは母の一番の良いところを大事にしてあげれば、と。


母は非常に、ユーモアのセンスがあるんです。

それは今でも変わらず。感心する。

仲直りの方法もなかなかで、そうきたか!母ちゃんよ!っ

機知に富んで良いセンスしてる♪


鬱になってしまうと、、それが発揮できなくなるし。

なるべく、平和で落ち着いた状態で生活させねば。


錦帯橋に、すごく良い店があるんです。

普通のお茶屋さんなんだけどね。


ランチもとても良い。

これに焼きナスの入ったお麩のお吸い物、そして

手羽元とジャガイモの煮たもの、それから

絶品のわらび餅がついて、、、


1000円、ジャストです!

本当に美味しい。鯵のフライも最高〜(*σ>∀<)σ


大きな鯉や亀が遊ぶ小川で散策して帰りました。


わらび餅が大好きな母、もう最高のお散歩です!

帰りに、農協のスーパーに立ち寄り、(ここも優れもの)


カボチャのシフォンケーキたくさん買い占めてたよん!


やっぱ、田舎って良いね〜o(^o^)o



熟睡したいね。 [2019年10月10日(Thu)]
IMG_20191008_181043[1].jpg


近所に美味しいチーズケーキ作ってる店があるんです。

一年に一回しか行かないけど(笑)


その店を挟んで同じくらいの距離に住んでる友人、

三年前に一緒にライブ出演した仲間ですが、、、

今月、発表会があるそうで、チケットを受け取ることに。


で、このカフェで待ち合わせしました。

久しぶりのチーズケーキ、やっぱり美味しかった。


秋はやはり、文化系のイベントが目白押し。

一徹先生のライブもありすぎて、、一個に絞りました。

台湾でもフラメンコの公演があるんですよ〜。

お金と時間があれば、久しぶりに台湾行きたかったな。


今夜はレッスン後に羽田へ行きます。


母に今朝電話したら、、、


数年ぶりに朝までぐっすり熟睡できた!と、、

思わず、泣きだして、、、

こんなに幸せな朝は初めて、と、、号泣。


痛みと不眠でずっと苦しんでいた母なので、、

よっぽど嬉しかったんでしょうね。


「あんたが今夜帰るから嬉しいのかもしれんね。」

と、母は言ってましたが、、そうじゃないと思います。


昨夜、母は、旧知の知り合いたちと、5時間も飲み食いして

本当に楽しかった、と、夜電話で言っていたので。


昔の苦労を分かち合える人との時間はかけがえのないもの。

泣いたり笑ったり、気づいたら5時間もたってた、と。


今夜寝られないかも、と不安そうでしたが、、

そんなハリのある声で話す母の様子で、、

絶対今夜は熟睡できると思うよ、と伝えました。


なので、私はやっぱりな、って感じです。

精神の安定や歓びは、まあ、交感神経を活性化もするし

でも、ほどよい疲労感で寝られたんじゃないかな。

安心感、ですよね。


結局、母を幸せにするのは、、いつも他人様です。
良いことだと思います。

ずっと横との繋がりを持っていてほしいです。


私も、、母の添い寝をするようになってから、、

眠りが浅くなって、、クセになってしまったかな。


寝つきはずっと、良いんだけど。すぐ眠りに入り、

そして2時間後、4時間後、目が覚めて、、

夢が終わるごとに、って感じか??(笑)

昔から、とにかく夢はよく観ます、、、


私も熟睡したいな〜〜〜。

でも、良かった。( *´艸`)


これで母は一日、今日は元気です。


尿一滴でがん検査 [2019年10月07日(Mon)]
thumbnail_IMG_20191001_124119_1[1].jpg


昔の職場に近かった地中海料理のお店。

モロッコのタジンや、中近東生まれのフムス。

美味しいんです。アイスティーもお代わりし放題。


表参道に引っ越してからはすごく雰囲気も変わって、、

そりゃもうオサレなお店に変身、、、

、、、私は以前の方が好きかな。


一人では行かないけど、この日は約束がありました。

母親の繋がりで知り合った方です。

とても仲良くしてもらってます〜(#^.^#)


いつも、いろいろお話を聞いてもらったり、、、

私、聞き上手なひとに甘えてしまう傾向が(笑)

申し訳ない、と思いつつ、いつも私一人しゃべってる。

(え、いつもそうだろ?って?)(=゚ω゚)ノ


母親といえば、、、

昨日、電話でこんなこと言ってました。




お前の部屋に風を入れてあげようと思って、、、

ドアを開けたら、、、

ワケの分からん摩訶不思議な飾り物、不気味な人形、、


あれ、なんとかせえや、って(笑)


で、、机の上に置きっぱなし(断捨離の途中)の

アルバムを見つけたらしく、、、


開いてみると(おい、勝手に人の部屋いじくるな!)

甥っ子、姪っ子にまみれて、(10人いるからな。)

おまえが遊んであげてる写真がたくさんあった。


皆、すごくかわいくて、こんなの初めて見たし!

(いえいえ、時々見せてますよ、このアルバム。)


なにより、一番楽しそうなのがアンタやわ。

なんか、それずっと見てたら、、涙がとまらんかった。


( ゚Д゚)、、、哀愁、、、


それ聞いて、、私が涙止まらんよ、、、


家族で生きてきたこの(なんとも言えね〜)人生!

甥っ子、姪っ子を育ててきた、と言っても過言ではない。

この哀れな(笑)ヨキータの人生。


でも、アルバムの中の私は幸せそうな顔に見えたんだな。

まあ、だって、あの子たち、本当に本当に可愛くって。

子供を持てなかった私だけど、、、

もう十二分に育児の楽しさと大変さは味わえたし、、

私はそれでよかったんだな、って(´;ω;`)ウッ…


母にもそう見えたのなら、良かった。。。

たぶん、私の事不憫な娘だと思い込んでるゆえ(笑)


お母さん、うちら、楽しかったよね!いつの時代も。

って、言ったら、、そうやね、、と泣いてた、また。

おセンチな母。人の部屋で、文句言いながら泣いてる。


今朝、6時過ぎに弱よわ〜な声で電話してきて。。

母は整形外科でレントゲン撮影することに。

夜中にいつも症状が出る両足の激痛、昨夜も泣いたと。


かわいそうです、、もう、対処法さえないかもね。

夜中に一人で耐えている姿を想うと、、m(_ _)m


タイトルの件。

帰りの電車のなかで目に飛び込んだニュース。


尿一滴でがん検査が可能になるっ!

嬉しいです。とうとう!その時がやってきたんだ〜。


私の症状が胆管癌かどうか、断定するまでの検査が

そりゃもう、相当に大変だったんで、、、


普通の検査では見つからないんだよね。。。

苦痛、激痛、涙がとまらない検査を何回も繰り返し。

やっぱり、見つからない、という結果を聞かされ。


PET検査しても、、見つからない、、

鼻からチューブを出して、胆汁を定期的に取り、

それを病理検査に出したら、。。


数値が、グレーのところまで行ったので、癌はあると。

でも癌がどこにあるかも不明。ホントにあるかも不明。

結果、癌確定まで、果てしなく検査は続く、と言われ。

どんだけ、心が折れたことか、、、


尿一滴で本当にわかるんなら、、、

患者の負担はかなり少なくなるし。


つうても、、私はもうなんもやりたくねえ、、、

もしまた、オカシイ、ってことになっても、、、

辛い検査も治療もしたくない、、m(_ _)m

難しいところです、、


| 次へ