CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
くじけそうでした。 [2020年09月16日(Wed)]
IMG_20200915_082712_copy_816x612.jpg


四国の美味し〜い、みかんゼリー!

友人が送ってくれました。


皆さんのお気遣い、心遣い、とても身に沁みる毎日です。

こんな私を忘れずに、、いつも有難うございます。

これからの季節、必須のハンドクリームも頂きました。


皆が、それぞれ大変なのを知っているので、、

そんな時、他の人にも気を配れる、って素晴らしいこと。


私は、、最近、とても自己中です。

これまでの人生で一番、、性格が悪いと思う!

初めて、自分に余裕がないと、、自覚しています。


これまで、いろいろやりながら苦労しながらも、

周りを見渡せる器用なところがあって、、、

なかなか、上手くやれている、と思う自分がいました。


それが、若さ、かもしれないし。

アンテナがたくさん頭のあちゃこちゃに立ってて、

それがとても自然に出来ていたのだと思ってる。


今はね〜〜、、初めて降参!だ〜。

余裕がない。時間の余裕はあるが(笑)

心の余裕、お金の余裕、残された時間の余裕、、


でも、まあ、無理しても仕方ない。無理も出来ない。

長い人生、自己中に生きる時期があってもよいよね。


大変なのは私だけではない。よーくわかってる。

でも、くじけそうになることがホントに多い。


が、それでもすぐに立ち直れる(笑)。

そこは褒めてあげたい。


私はヘコタレテモ、起き上がる。

七転び八起、7月8日生まれですけんな(笑)

それは、まあ、冗談ですが。


有難いことに、私の性質であったり。信念でもあり。

タダじゃ負けない。引き下がらない。諦めない。

、、韓国ドラマのおかげでもあったり(笑)これ大きい!


まあ、何が言いたいか、ちゅうと、、、

昨日は本当に大変、辛い一日でした、ってこと。。

くじけそうになった〜。もう、ダメかもなあ、って。


詳しいことは書けないし、書かないけれど。

心が折れすぎて、肋骨が数本折れてんじゃないかって。

いろいろあり過ぎて。なにも出来なくて。


でも一生懸命に、心を尽くしたよ。

母をひとり、失うかと思ったけど(笑)


どれだけ母も辛いかと思うと、、、胸が痛い。

鬱と過呼吸と、痛みと、孤独と、、

闘うものが多すぎて、、母は心も身体もやられつつある。


諦めない私はとことん、母の話をただただ聴く、、

どんなことを言われてもm(_ _)m、、

絶望的な言葉をたくさん浴びせかけられても、、

私は母を絶対に見捨てたりはしない。


私のことをまだまだ見守っていてほしい、と伝えた。

母はただただ、泣きじゃくるだけで、、、


お前がいるからどうにか、生きているけど、、

そうでなければ、とっくにもうこの世にいない、

何度も繰り返して、静かに泣き続ける。


ここ数日、痛みと鬱で、全然寝ていない母。

私もそれに付き合っているから、、夜寝てないよ〜。


それなのに、それなのに、、、

朝、突然、母は、、落ち着いた声で、、


お前が喜ぶことを今日はするからね、と。

リハビリに行くよ、安心して、と。


そう、昨夜はもうリハビリも辞める、と言い張ってた。

自分のために行くのだと母はわかっているけれど。。

私はもう、それに関しては何も答えなかった。


でも母は、、自分で決めて、、出かけていった。

行ってきます!と、、、私を喜ばすために。


帰ってきても、、ナンとか、、精神状態は落ち着いて。

昨日のように酷くはなかったので、、、


辛いなりに、よく頑張った、本当にお母さん、すごい、

と、褒めまくって褒めまくって(笑)


他人の孤独、って、、わかりずらいよね。

心を病んでいても、、なかなか人には伝わりづらい。


それを想い測って、対応できる人は、、、

実際、とても少ないような気がしています。


それって、勉強していなくても、仕事にしていなくても

持って生まれたものだったり。

自分も辛い経験を重ねて、わかるようになったり。


想像力がないと、心を病んでいる人に対処できない。

こんなこと言うと、思い上がり、と思われるかもだけど。

私は、、わかるのです。そういうタイプだと思います。


若い頃は、わかる分だけ引きずられて、ヤバかったが。

今は自己中だから大丈夫みたい(笑)。


来月、自分のMRIと、全ての検査結果がわかる外来日、

全部終了したら、、母のもとに帰ろうと思います。


たくさん、甘えさせてあげたい!

よく頑張ったね!と、頬を撫でてあげたい。


あ、今日、母が一度だけ声に出して笑った。


私に、、泣きながらこう、言うんですよ。

「お前は私に何度もヒドイ目にあってかわいそうに、」


「ま、それも親孝行の醍醐味や。

ムスメの楽しみを奪わんとってや〜!」と答えたら


またオイオイ泣くんだけどね(笑)


「あ、でも!人生でめっちゃ腹立ったことあるで。」

と、急に怒りがメラメラ。遠い記憶が、、


「無理やり、私に見合いさせて!しかも、三回!

挙句、断ったらば、一か月無視したよね!」


母は、、それ聞いて、爆笑して、、

そうそう、お前、その日、食中毒になったなあ!


だって、、んなこと、よく覚えてるな(*´Д`)、、、

全然、ボケてねーわ、母ちゃん(笑)



仕事。夢。母。 [2020年09月09日(Wed)]
IMG_20200907_141025_copy_748x561.jpg


サロンで使用している、御客様用のスリッパ。

モロッコの革製スリッパ、バブーシュ。

こうして置いているだけで雰囲気あるね。


口コミが地域、bPだったらしくて、

最近、サロンも忙しいですが。。。


私は体力限界で出勤ヤバいです。

普段忙しいオーナーと、一週間ぶりに会ったら。

先週よりすっごい痩せた?と、会ってすぐ言われ。

撃沈。わかるんだ、、まあ、一週間で2キロ痩せたし。


この月曜日も長〜いコース、お二人様。、疲れた!

フェイシャル、整体、ボディトリートメント。


でも、、やはり楽しいんですよね。

お一人が、、介護中の方で、時間を見つけては

こーゆうサロンを探して自分を癒しに来られるそう。

うう。それ、、わかるな、、、


介護ネタで、、盛り上がってしまいました(笑)

認知が入ったお母さまをずっと見ておられるせいか。

彼女はとても痩せていて、、骨ばっていて。

私の腕に目をやった時、、ふくよか、に見えたぐらい。


貴重なこの時間、頑張って癒してあげよう!と、、

施術者ヨキさま、頑張りました。


来られた時とは全然、違う、、

目がぱっちり、明るい表情でハーブティを飲み、

楽しそうに笑いながらお話しされるお客様に、、

なんか、、久々のやりがいを感じて、嬉しかった!


もっと、ダルさと共に帰るのかな、と思ったけど、

すごいスッキリ感あって驚きです、と、笑顔。


お役に立てて良かったなあ、と思う反面。。。

この日の天候がめちゃくちゃ。

カンカン照りに、ゲリラ雷雨、そして太陽、また大雨。

お部屋の温度設定にも気を遣う。


、、もう私の体力は、、電車に乗るだけで精一杯。

しっかり、夕食も食べたし!

ベッドに沈むように倒れたけれど、、、


今の体調では、、この仕事はキツイデスね(-_-;)、

二日たった今日も、、微熱よりちょっと上がって。

また一日中寝ていました。

ごはんもオヤツもしっかり食べているから、

体重は1キロ増えました( *´艸`)。。。


一番、疲れに追い打ちをかけるのは、、、

母からの電話、、もちろん聴いてあげたいし。

常に携帯を持っているけど、、、


朝6時過ぎから夜まで、、泣いて電話があると。

私もメンタルやられるよね。。


20回の通話のうち、一度でも電話取れないと、、

何かあったのかと心配で!とワンワン泣いちゃうし。


「ごめんね、全部アナタばかりにぶつけてしまって。」

申し訳ないと思ってくれてはいるが、、、その後に

また同じ話が、、無限のループ。


この口が悪い、すぐアナタに助けを求めるこの口が、、


と、この30年同じことを言うので、、、

ホトケのヨキータも、、そろそろ、、(笑)


「この口が悪いんじゃないよ〜。

その思いグセがいけないんだよ〜〜〜。」


病気をして、怪我をして、動けなくなってから

人との距離感がますますわからなくなっている母。


友達と今までのように、会いたい、助けてもらいたい。

でも、家族にも気を遣う、

やり方が実に下手だから、皆が嫌な想いをする結果に。


そして、自分を責める。生きている資格がないと言う。


それを、30年間、24時間、聴いてる私って。。

病気にもなるわなあ。。。


でも、、ちゃんと考えれば、、介護って。。。

先程のお客さまも言ってらしたけどね。


ただただ、そばで寄り添うことが一番大切。

年寄に、講釈垂れてもわからん。説教はもってのほか。

他の年寄と比べてはいけない。


身体が動かなくても、物覚えが悪くなっても、

ただ、生きてくれている事への尊敬の念。

それがこの数年でようやくわかるようになったし。

7.5点ぐらいは実践も出来るようになった。


「お母さんが急に心が狭くなったのではない。

お母さんの動ける世界が狭くなっただけだよ。」


ふっと、そんな言葉が出ました。

自転車も乗れなくなって。

楽しみにしていたトラック市場も行けなくなり。


買い物いっぱいして、たくさんの人に配っていた母。

それが出来なくなったり。


お気に入りの喫茶店での友達との毎日のコーヒー。

それもなくなって。

母の毎日は、、朝から寝るまで一人きりの孤独の世界。


そこを理解しないと絶対に母の心の訴えは届かない。

出かけられない母の代わりにたくさん商店街の人が

時計をタダで直しに来てくれたり。

買い物行くよーー!って声かけてくれたり。


「そういうのに、しっかり甘えていいんだよ!

お母さんは、今、家族病。

うちの家族、私も含めて、皆が家族病。」


処方する薬は、、他人とのコミュニケーション。

、、だと思うんです。


今週からリハビリも再会すると聞いて安心です。

たくさん声をかけてくれる職員さんに感謝です。


「ありがとう。明日から元気になるね。」

母は私の話に納得したのか、そう言って寝床についたが。


やっぱ、全然寝れなかったそうです。。( *´艸`)

完全に神経ですね、、、


来月、大学病院の私の検査と診察が終わったら、、

どんな結果が待っていようとも、母のそばに帰ります。


仕事も夢もあきらめたくない私が居て。

母のそばにいて癒してあげたい私が居て。


私の病気がその両方を拒絶してしまう事になるかも。

今を乗り超えるしかありません。



タラの青唐辛子スープ [2020年09月06日(Sun)]
IMG_20200905_182929.jpg


国内産のタラが安く売っていたので、、、

大根とモヤシと。青唐辛子入れてスープ。

お醤油で味つけ。シンプルです。


美味しそうに見えない写真だけど(笑)、、、

味はシンプル、ウっとのどごし通る時、辛!と。

今、ハマってるスープなんです。

青唐辛子でないと出ない味。


メキシコのハラペーニョもそうだったけど、、

私はこの青唐辛子の辛さがとても好き。


あの検査のあと、、母の精神状態がとても悪く、

私の負担がとんでもないことになっていて、、、


それでなくても、今の私の体調、良いとは言えない。

何を食べても美味しくなくて、、、

でもこれ以上痩せてはいかん!と食べてるけど。


こういう時には、やはりこのスープ!なんですけど、、

でも、、美味しく思えなかった、、、


ストレスが相当あるのですね、、泣くよ、私!

この一週間で2キロも痩せてしまいました。

絶食日が数日あったとはいえ、それなりに食べてて。

普通ならこんなに痩せるはずがないのに。


身体がやはり調子悪いのか。

心労がすごいのか。両方なのか(笑)


母の病んだ心はもうどうしようも出来ません。

近くにいれば、世話をしてあげて、身体を揉んで、

いろいろ出来ることはあるんだけど、、、


電話がここんとこ、、20回の通話を超えています。

救急電話みたいなもので、、私への負担、スゴイです。


私も辛いんだよ〜〜〜。おかーちゃあーーん。

と、訴えても、、響かない。くそ、、(*´з`)


外の世界でいろんな人とコミュニケーションとるのが

母にとっては元気のもと!

今、、歩けないし。大事なお友達たちもそれぞれ、

家族のご不幸、自分の病気、それぞれ続いているようで

母はグッとこらえて、遠慮しています。


台風、母のところは普通の暴風雨、ぐらいかな。

なんか、、緊張感走りますね。

九州のみんな。被害最小で収まりますように!


余談ですが、、、Facebook久しぶりに開けたら

何年か前の、、記事がアップされていて。


FB_IMG_1599262405809.jpg


フラメンコショップのファッションショー出演のやつ。

この日も、体調悪く、38℃あったけど、、

真っ赤な衣装をあてがえられて(笑)!

テンション上がって、バチバチにモンローウォーク!


FB_IMG_1599262262235.jpg


いい経験させてもらったなあ!

先輩を差し置いて、私が全部振り付けしてしまった(笑)

私はドヤ顔でメジカラだけのオバサンでした(笑)

踊りと一緒やな〜(≧▽≦)、まったく。


FB_IMG_1599262382986.jpg


いい時代だった!

楽しかったな!


FB_IMG_1599262422827.jpg


キャンディーズ3人サマもお美しく。

もう半年以上、お会いしてなくて寂しいです〜〜。


母のその後。 [2020年08月29日(Sat)]
IMG_20200829_152818_copy_1224x1632.jpg


私の部屋に君臨してるキリンちゃん。


20代の頃。夢のケニアで買ってきたのですが。

ナイロビの空港でバラバラにされそうだった(笑)

中にヤバいもの入ってないか見るとかなんとか、、

オイおーーーーい!( ;∀;)、、、


IMG_20200829_153021_copy_1560x2080.jpg



その後、商店街で、バザールみたいなのやったのですが。

ネパールやチベット、アフリカで買ったものを販売。

その収益を寄付、、というコンセプトで数週間やって、、

田舎だから新聞の取材もあったりして。結構売れました。


その時、、非買品として置いといたこの「キリン」ちゃん、

もう、モテモテなんですよ。

何度も来ては、売ってくれ売ってくれ、という人がいて。

勝手に買い値をつり上げて、、3万以上になったので、、

家に持って帰りました( *´艸`)、、売らんちゅうに。


実際にケニアのショップで買った値は覚えていないけど。

、、ビックリするぐらい安かったよ(笑)


東京へは包んで新幹線で持ってきました。

なかなかシルエットが素敵でしょう。


さて。本題。母のその後。


まあ、この暑さですから!

元気な若者だって、ヘバッてるしね。


とにかく水は飲め、冷房もケチるな!

無理はしちゃだめ!と、言ってるけど、、、


明らかに、身体は消耗して、、

送られてくる写メのなかの母親は、、、

6月にお別れした時とはまるで別人!(´;ω;`)ウゥゥ


声もかすれてるし、、小さいし、、、

外へ出る元気もない、とリハビリも行きたがらない。


そりゃそうだろな、、

でも、母は一人で家にジーーっといるのも辛いので

頑張って、、、リハビリは行ってる。

帰った後はもう、ひたすら寝てるだけ、、

夕方の韓流ドラマだけ、楽しみに生きておる、、


よくあることなのだが。

朝、昼は、とても順調で明るく過ごし、

ハイテンションになっていても。


ある人のひと言、予想外の反応などなど、

ちょっとしたことで、がーーっと気持ちが下がる。

小さなことで気持ちが上げったり下がったりスゴイ。


そうなると、、お決まりの不安症が全身を覆う。

もう、その真っ黒な不安の空気に覆われるばかりで

自分が頭がおかしくなったのでは、と。本気で思う。


母のことですよ(*´з`)、アタイではないれす。


あっという間に、不安が母の全身を覆い、

ヒトの反応や言葉が怖くてたまらなくなる。


退院してからは、、そんな状況でした。

退院後、ちょい頑張り過ぎて。疲れもあるかな。


これに効く薬はないのか?飲みたい、教えて、

いつもの母の声よりずっと怯えていました。


以前はもっとこういう状況が長く続いたので、

病院の先生に心療内科受診を勧められたのですが。

なにしろ本人にそれを言うと、激怒、大激怒。


でも、、今回、それをもう一度伝えてみました。

処方されるお薬で気持ちが落ち着くみたいだよ、

ちゃんとお話も聴いて下さる、とダメ元で言ったら、


ああ、そういうところもあるんだね、、と。

何故か怒らなかった(;・∀・)、、、ありゃま。


頭がモヤ〜っとして。頭がおかしくなったかもしれん、

もう私はダメなんや、、もう生きてるのがシンドイ、

辛そうな声で、、何度も私に訴えます。


電話でそういう話をするのは難しいし、、

肩を抱くこともできません( ノД`)シクシク…


「お母さんは忘れてるかもだけど、、

これまで何度もこういう時があってね。

そのたびにちゃんと克服してきているんだよ〜。

今が一番辛い。今をなんとか踏ん張ればね、

きっと、明日は、ス〜〜〜っとして。

なんで、昨日あんなに辛かったんやろ、って。

自分で笑えると思うよ〜。」


って、、苦し紛れに伝えたら、、、

そうか、そうか、そうか???

わかった、、今日はなんとかこのまま寝てみる、、

と、、半信半疑で電話を切って、、、


翌日は、けっこう大丈夫になったり、とか。

それの繰り返しです、、毎日、、


と、、ここまでは10日ぐらい前に書いたのですが。

状況はもっと最悪に。。。


先週、、家族とお茶をしに行って、、、

その帰り、出口でコケて、元々悪い膝を打撲。

ヒドイ痛みで歩けなくなるという、、(-_-;)、、


骨折ではないし、ホント九死に一生、だったんです。

とは言え。もーーー、大変です。

とうとう、こんな日がきてしまった、、、


街では自転車暴走族と呼ばれた母の姿が、、

もう見れなくなるのかと思うと、、寂しくて泣ける。


一人で買い物に行ったり、洋服のお直しに行ったり、

気ままに出来た時間が突然ゼロになって、、、

母の落ち込みはスゴイデス。。。


もちろん、リハビリも中止。

痛みで夜も寝られず、朝早く、泣いて電話してくる。

夜中、トイレにも行けず、這って行くけど間に合わず。


なので、私への電話も、、さらに増え。

朝の6時半から夜23時まで、15回ぐらいあったり。

通話が通算3時間!を超える日もあります。

ほぼ9割、、泣いているか愚痴か。自殺願望。


私も電話に出れない時間もあるのに、、仕事とか。

お構いなしに電話はあるし、出ないと、過剰反応。


今、私を思いやる余裕は母にはありません。。

私も本当に辛いです。胸がズキズキ。。。


でも、、感情的にならずに、、

私は家族のセラピストやってるんだよね、と。


冷静に客観的にモノゴトを捉えようと努力してます。

そうすると、私も落ち着いて対処できるし。楽です。


この感情も。しんどさも。

母が生きていてくれるからこそ。


有難いことなんだと、思っています。


コロナ禍の入院治療の辛さ。 [2020年08月03日(Mon)]
IMG_20200802_140540.jpg


菅野中生(かんのなかて)」のすもも。

ほど良い酸味と自然な甘さが好きです。


さて、、入院治療中の母ですが。。


同じ、大腸疾患の下血ですが、、

これまでとは全然、術後の回復力が違う。


救急センターに、二日間いたようです。

私もそばにいないので、よくわからないのだけど、

救急で検査した日の夜は、、血圧もだだ下がりで、

何度か、靴まで汚れるぐらい出血して、、、

血圧が70まで下がって、ぶっ倒れたらしく。

輸血になったのですが。

それで、母が過剰に怖がって、、大変でした。

普通ならそばにいて、説明を私らが受けるのですが。


眠剤も飲めず、寝れなくて、地獄の夜だったと。

熱も上がり、母が38℃出すの珍しいのだけど、、

衰弱していくのが、目に見えるようで、、


それから毎朝、5時半過ぎると、電話かかってきて。

それでも、ずーーっと我慢して待っていた、と。

私も5時から起きてるので、全然良いのですが。。


そこから10分、15分おきに電話がかかってきます。

声聞くだけでも落ち着くみたいで。。


今回の出血、貧血は前回よりもひどいらしく、

その翌日の午後にようやく処置、プチ手術ですね。

していただいたけど、、前段階の処置がこれまた辛い。

朝、下剤を飲んだ後に、、

2リットル近いお腹をキレイにする薬(腸管洗浄剤)を

ひたすら飲んで飲んで、、


下血しているので、、

見るも無残な状態で、、下剤と浣腸。。


治療者側もしんどいでしょうけど、、

体力も気力ももはやゼロに近い母にとっては、、、

まさに地獄のようだったでしょう。


その後に、本番。お尻からチューブでグリグリです。

それが1時間を超えます。


その後、電話あったけども、、もう声も出ない。

カスカスな声にならない声、泣き声、、

かわいそうすぎます。:;(∩´﹏`∩);:

年寄りにはキツイです。。仕方ないけど。。


今置かれている自分の状態がわからないと、

人間はとてつもない不安に襲われるはずです。

説明されても多分、聴こえなかったり。

意味がわからなかったり。

今の母には無理なんですよね。。。

だから付き添いが絶対いるんだけど、、無理だし。


頑張ると言ったり死んだほうがいいと言ったり、、

そばで付き添えるなら全然違うと思うのに、、

母のもとに駆け付けることも出来ない歯がゆさ!


コロナ差別に憤り覚える。

都会の人にはなかなか実感ないかもだけど。

田舎では実際に東京からの帰省者に対しては、、

信じられないような嫌がらが存在します。


GoToなんちゃらで、皆地方へ散らばってるのに!!

母を励ましに、手を握りに、背中をさすりに、

なぜ、私が帰れないの????(ToT)/~~~


コロナが怖いんじゃない。

人間が怖い。



すっかり衰弱した母は、なかなか快復しません。

少し重湯を食べたら大変だったみたいで、、

怖くて食べようとしないので、、、


電話で私が励まし続け、、大丈夫だからね、と、、

一口二口、食べさせている感じです。。。


眠剤も没収されているので、、、

今は夜、寝られないのが一番辛いようです。

一晩中、起きて苦しんでいると言ってました。


たぶん、母のことだから、、

周りを困らせているかもしれません、、

クソばばあ、と思われてるかも、、、

気を遣いまくる人だけど、、ホントに辛い時は

そんなこと言ってられないよ〜〜。


私だって、1年近く、入退院繰り返していた時、、

一番近い存在のナースが、、わかってくれない時、

溜まったオシッコとる時に、ため息つかれたり、、

そんな時にとても傷ついて、涙が出て、、、


でも、友達がきてくれと気に、ワーーっと聞いてもらう。

それだけで、すごくスッキリするわけで。


でも、、今の母は、、コロナのせいで、、

知っている人は誰もそばにいない。

忙しそうにしている看護師さんたちだけ。


わけもわからずに、ベッドで悶々としているだけの

母の気持ちや辛さを吸い上げてくれる人もいない。


このキツさ、苦しさは、味わったことがない人は

絶対にわからないよね、お母さん。


だから私は、朝から消灯まで、何十回も電話うけてる。

泣き言いう母に、耳を傾ける。

また、そんなことを、、と思う発言も多いけど、、

ただただ、聴いてる。苦しいね、よく耐えてるね、と。

ごめんね、そばにいてあげられなくて、と。


ホント、私も涙がとまらん。


でも、全部聴いてあげたら、、落ち着くみたい。

じゃあ、切るね、、ありがとうね、、と。


もう声が聞き取れないぐらいなんですが、、

骨と皮になってるだろうなあ、、、


今朝は、お粥食べてね、と約束して。

ちゃんと食べてくれたようで。普通に便が出たと。


優しい先生のお話をいろいろ聞けて、

ちょっとスッキリしたみたいで。

お昼から、すこし寝れるのではないかと、、、


私も、、遠隔で治療してる気分で(笑)

今は、ひたすら寝たい気分です:;(∩´﹏`∩);:


書きなぐっちゃった。。。


やはり、、年齢が年齢なので、、、

入院するごとに厳しさが増しますね。

覚悟しないと。。。いろいろ。


ヒトは変わらない。 [2020年08月02日(Sun)]
IMG_20200729_161327.jpg


BS放送で毎朝やってる「製パン王キム・タック」。

タックが師匠に認めてもらうための試験で、、

麦とコーンで焼き上げたパンが、、、

ふかふかで、ホントに美味しそうで。食べたくなり。


コーンパン、買ってきた(笑)

美味しいにゃあ。人を幸せにするパン。


最近、、母が生きる気力ゼロのようで。

全てに投げやり。人づきあいも食事も、、

煮詰まっているまま、ただただ時間が過ぎるのを

ジーーーっと待っている、、、


一日に何度も電話をして話を聴くようにしているが。

好きそうな番組を教えるとちゃんと観ていたのに。

今はもう、観続ける体力と知力と気力がなくて、、、

ほぼ、寝てる。食事も歯が痛いという理由で食べない。

食べる、イコール、生きる。それを拒否してるような。


さすがに遠距離で離れていると、管理できなくて。

せめて食事だけは面倒見てあげたいけど、、

その辺は申し訳ないと思っているが。


そんな状況で、寝ていると妄想力がアップして

ろくでもない事を考え始めるのが怖いです。

口を開けば、不平不満、人の悪口。

もう聴いていられない。

自分だってホントはイヤだろうに。


でも、時々、心配して声かけてくれる人がいると

感動して泣いて電話してくるのです。

洋服のお直しを何十年も頼んでる方が心配して

わざわざ電話してくれた、とか、

リハビリで世話になってる先生も心配してくれてる、

そりゃ、そうだろうよ、皆に気をかけてもらって。


それでも寂しい病にさいなまれて。

でも、そういう感激!な気持ちは数時間で冷めて

またまた死んだ魚の目をして(見てないが)(笑)

絶望の沼に沈んでいる。。。


世話になってる人にも文句言っておいた、とか

たまにそういう事言うので、ちょっとたしなめたら

(怒りながらではありませんよ、、)


お前にはもう二度と何も言えんわ!と逆ギレする

そんな母親が情けなくてね。


自分の人生は自分のもの。

落とし前付けるのは自分しかおらんよ。

ヒトは思うようには変わってくれない。


それだけを母には理解してほしかったけど。

わかるよ、90歳にも近づいた母には

そんな方向転換がいかに難しいか。

想い癖を治すって、どんだに大変か。


「本当に、アナタにわめいわく、嫌な思い、

たくさんかけてね、本当にごめんなさい、

きおつけます?許して下さい(^^)、」


と、寝る前にメールを送ってくる母。(泣)

泣けるのよ、、この繰り返し(笑)


思わず出た言葉。。。

「今日もよく頑張ったね。

今日も生きていてくれてアリガトウ。

早く会いたいよ。」


電話してそう伝えると、すごく泣いてた。


と、ここまで書いていたのですが、、、


なんと、、母が、、

また入院してしまいました。


ちょっと大変な状況です、、、

また、改めて。。。




90歳の恩師 [2020年07月23日(Thu)]
IMG_20200720_174128.jpg


恩師からのお葉書。


当時、私は週に一度、電車に乗って広島へ通い。

イタリア語を学びに行っていました。

日伊協会主催だったので、生徒は数十人いたかな。


スペイン語をけっこうやっていたので、、

イタリア語も習得は速かったですけど、、

スペイン語の単語とごちゃごちゃになることが多く。

よく、先生に苦笑されていました。。。


女傑の先生、とってもクールで手厳しくて。

優しく教えるというよりは、、テンポよく。がんがん!

ボヤッとしてたらわからなくなるし、、、

ドンドン当てられるので、、寝てる暇もなし。


そのレッスンスキルも素晴らしかったけど、、

痛烈な生徒たちへのひと言があまりにも過激で、、

私は先生がなにか言葉を発するたびに大喜びしてた。


当時、どん底にあった私の悩みを打ち明けたのは

この先生だけなんです。そういえば。

いつもと違って、、ただただ静かに聴いてくれました。


その後、先生のおかげで、、イタリアへ行くチャンスが。

心理学を勉強したい、と思っていた私に、、、

それならトスカーナのマリーザのところへ行けばいい、

と、、今にして思えばそこから運命が動き始めた。


マリーザ、というイタリア人の学生がその昔、、、

半世紀はたつかな??( ゚Д゚)

この私の恩師に広島でイタリア語を教えたのが始まり。


その後、日本人の男性とイタリアで結婚したマリーザは

トスカーナの農園で日本人のご主人とワイン造り。

実子、養子合わせてたくさんの子供を育て、、、

麻薬撲滅など、たくさんの奉仕活動を続けていました。


その一つとして、彼らが力を注いだ活動、

不登校児の社会復帰プログラムのボランティアに

私はお姉さん役として、イタリアへ渡ったわけです。


そこからいろいろ人生は動きましたし。

だから、広島の恩師は、イタリア語のみならず、

人生の恩師でもあるのです。


あれから30年近くたちますが。

先生とは連絡を取り続けております。

誕生日が母と同じなので!

忘れることなく、お手紙を送っていますが。。

なんと、、今年、、90歳 になられました。

驚くべきことに。。。

恩師は、、現役です。

今でも現役イタリア語ティーチャー!

ずーっと、一人暮らしをされていらっしゃいますが

電車に乗って通っておられるみたいで、、

本当に尊敬しまくりですよ。


たった一人で90歳を迎える心細さを最近口にされますが

それでも、社会に貢献し続ける自負はおありだと思います。


昨日、いただいたこのお葉書を読んでいたら、、

先生、うちの母に会ったことがあるらしい!

すっかり私の記憶から抜け落ちてます。


多分ですが。

私とイタリアのオーナーが地元で講演会を開催した時。

広島からもたくさん仲間が来てくれたので。

きっと先生も、、いらっしゃったんだな。


こう書かれていました。

初めてお母さまにお会いした折に、

誕生日が同じだと知り、私は少しお姉さんですね、と。

そんな会話をしたこと、今でもはっきり覚えてます、


記憶が抜け落ちてる私としては。ニッコリしてしまう。


「まだ80代のお母様が羨ましいわ。」

そんなことも書かれていた。


あの時代の女性たちのなんと強いこと!

強く美しく、しなやかで!

日本のおなごが、めっちゃスゴカッタ時代だ。


ずーーっと元気で活躍して頂きたい。

母は、、恩師よりも、、ヨワヨワになってるけど、、


一昨日も夜の0時まで、、苦しい、息が出来ない、

夜が怖い、、と、声がもう聴き取れないほどに小さく。

いつものように電話で、大丈夫だよ、と訴えたが。


朝の6時にはまた、息絶え絶えの声で電話が、、

わたくし、、4時間ぐらいしか寝てません、、(T_T)

だから私、太れないのかも、、、


リンゴもすらないと、噛めないぐらい歯が痛いらしく、

食事もあまり出来ていない様子。


今日は理学療法士のリハビリだけど、行けそうにない、

休んで寝ている、、と言っていたけど、


たぶんもう少し時間がたったら、意識もはっきりして、

先生に申し訳ない、と必死で病院に行くんだろう、と、

私ももうわかっちゃっているので、、、


そっか、休んでもいいよ、ゆっくりしときね、と答える。

で、やっぱり、必死で病院に行ってきたらしい。


がんばっちょる。母も。

そばにいてあげられなくてホントに申し訳ない。


私は一体どおすれば、、、

恩師の送ってくださったハガキにある言葉。

「わたしは今 かなり生きてるぞ。」

そんな声が、アッチからもコッチからも。

聴こえてきそうです。


混乱ちゅ〜。 [2020年07月19日(Sun)]
IMG_20200713_144406.jpg


断捨離したお料理本。

作りもしないのに、なぜに買う、、的な(笑) 


育児ガンバッてる友人に送ったら、、

お返しは要らんからな!と言っといたのに。


こーんな気の利いたものを送ってきてくれた。

運試し、どうぞ!って。


さすがやの〜(笑)!こーゆうの楽しい!

運は、、なかったですけどね( *´艸`)、、

あ、200円!大当たり〜!やったね。


タイトルの件。

世の中、なんだか、混乱してるような、、


私が混乱してるだけか?(*´Д`)??

なにが何だか。

そんななか、、、大好きな三浦春馬くんが、、

ひとりで。逝ってしまった。。。


数年前に観た、「わたしを離さないで」

今もホントに忘れられないドラマ。

綾瀬はるか、三浦春馬、水川あさみ。


ドラマならナンでも観る!友人が、、、これだけは

怖くて観れなかった、と昨日言ってた。


今思うと、、よくあんな題材をドラマにしたな、って。

売れっ子3人を使って。。しかも、完璧に演じていたと思う。


英国のベストセラー作家、カズオ・イシグロ氏の作品。

私の大好きな脚本家、森下佳子さんが手がけているし、

面白いのは当たり前、なんだけどね。


臓器提供する為だけに生み出されたクローンたち。

完全に管理された彼らの苦悩、葛藤、恋愛。

いつか、、そんなクローンが誕生していくんだろうか。


そんな、ズシーーと重い、救いのないドラマ、、

彼らは見事にクローンを演じきった。


綾瀬はるかさんも素晴らしかったけど、、

私はね、春馬くんの、、クローンそのものにしか見えない

寂しい笑顔に、、どれだけ泣かされたか。

辛かったわ〜〜、マジで。辛かった。


昨日の哀しいニュースを聞いたとき。

あの時の彼の、、笑顔を想いだしました。


私が何を言える立場ではないですが。。

ちょっともう、放っておいてあげてほしい( ノД`)


今、テレビで木村太郎氏が言ってたけども。

命を自分で断つって、よっぽどの苦しみがあったってこと。

それを自分がここでコメントなんてしちゃいけないと思う、と。

そう、それ。それなんです、、、(T_T)/~~~


志村けんさんにしろ、岡江久美子さんにしろ、春馬君にしろ。

誰も悪口をいる人がいないですよね。

誰からも愛される人たち。


そんなひと、って本当に稀有な存在ですよね。

神さまが早く天国に連れていっちゃうのかな。

悪い奴らは長生きだもんな。(仮説)一応(笑)


コロナで山口へ帰れないわたし。

母もそろそろ限界がきている様子、、、


夜中に足がねじれるように痛み、トイレに行けなくて

転がって行くんだけど、間に合わなかったり、、

眠剤を飲んでも眠れない、、


朝、6時ぐらいに毎日泣いて電話がかかってきます。

声にならない、嗚咽。


朝、母親の嗚咽で起こされる気持ち、、わかります?

本当に辛いです。何もできないから、、

苦しかった、痛かった、お腹も痛くて下痢して、、

お腹もすくけど、台所まで歩いていけない、、

夜中に、這っていって、、私が東京から送った

添加物があまり入っていないお粥を取り出して、、

湯煎もせずに、、、そのまま食べたという、、


それを聞いて、、胸がズキーーっと痛くなったよ。

温めて食べるお粥なのに、、そのまま、って。

テーブルに座ることも出来ず、しゃがんで食べたと。

m(_ _)m、、、ううう。


お昼ぐらいになると、息が出来るようになって

声もハッキリしてくるのですが。。。


どうしたもんじゃろのおおお。。。

とりあえず、夜、一緒にいてあげられたら、と思うが。

コロナめ、、、帰れないじゃないかーーー"(-""-)"


今日、実は肝臓が重くて、、、微熱もあるし、、

ずっと横になっていました。絶食です。

母のようにお粥も食べれず、、、


私も辛いんだよーー、と、電話で訴えたけど(笑)

母は自分のことを話すのに一生懸命で、、、

私の言ってることはオールスルー(笑)

どこまでも、自分中心(笑)笑える、、、


寝っころんで、、韓流ドラマの録画を見てました。

判事の仕事で、うっぷんがたまった孫。

それを聞いてあげてるお祖母ちゃん。


「この世は悪党が多いの。決して反省もせず、

引き下がることもしない。そんな奴らが多くて、

本当に途方に暮れる。」と、息巻く孫に、、、


おばあちゃんがいいこと言うんだよ。


「この世で一番汚いものを知ってるかい?」

この世で一番清らかなものはなに?

80年生きてきた想像力から言うなら、、、

最も醜いもの、最も美しいもの、最も善いもの、悪いもの、

残忍なもの、同情心のあるもの、、、

それは全て人間たちだった。

ヒトがこの世に生まれてきた理由は忍耐力だ。

それを学ぶためだと思う。本当だよ。

だから簡単にあきらめちゃいけない。


忍耐力を学ぶため、、、

辛いね〜〜〜( *´艸`)


耐えるから!いや、もう充分耐えてますから!

早くこの混乱から抜けたいれす、、


追伸:::

今、母から電話。23時。



「夜がきた、、怖い、、また昨日みたいだったら、、

どうしよう、、本当に憂鬱、イヤな夜が来た。。」


ちょうど必死にコロナ関連のテレビを見ていたので、、、


「絶対、大丈夫やから!

楽しい夜がきた!と思ったらいいよ!

不安が不安呼ぶやろ!」


と、、つまらん慰めを適当に(笑)言ってしまった。

とにかく、NHKの韓流ドラマでも観てや!って、、


あとで、、またフォローしときます、、、



明日は我が身 [2020年07月05日(Sun)]
Screenshot_20200704_192157_copy_900x587.jpg


九州を襲った、数十年に一度の凄まじい豪雨。

大災害となってしまいました。


雨は、、これから更に!降るらしい。

熊本の友人とは連絡がつきましたが、、

ニュースをずっと見ていましたが、心が痛いです。


特別養護老人ホーム「千寿園」が水没し、

14人の心肺停止が確認され、3人が低体温症。


Screenshot_20200704_192218.jpg


本来の「千寿園」。

つい数日前までは、のどかで安全な環境だったはず。

高齢者の皆さんの笑顔があったのでしょうね。


Screenshot_20200704_204758.jpg


地元の皆さんが今どんな精神状態にあるかと察すると。

とても、、胸が痛くなりますね。

雨が去って、、現実と向き合う時が来たら、、

もっともっと心のダメージは大きくなるでしょう。


そして、、今は新型コロナの感染にも注意しなければ。

避難一つとっても、本当に大変な状況だと思います。。


私の母もずっとニュースを観ているようで、、、

少なからずショックを受けていました。


実は今週、母は誕生日を迎えるのですが、、、

どうも、、母の調子がよくありません。


さっきも、、息が出来ない、、と電話かかってきた。

一人で這ってトイレに行って、、水を取りに行って、、

どうしよう、苦しい、と言いながら、、夕食も取れず。


受話器の向こうで息遣いもおかしくて。様子が変。

どうしよう、どうしよう、と言う母に、、

私はお手上げです、、m(_ _)m、、、


自分で血圧測り、体温、心拍数もチェックして、、

何度も報告してくるんだけど、、、(/ω\)

明らかにこの一か月、この一週間で衰えました。


何をしても疲れがひどく、声が小さく、食が細く。

70キロを軽く超えていた母が今は50キロありません。


絶対に帰ってくるな、と私を送り出したのに、、、

コロナ感染者が増え始めてから、怖くなったのか、、


帰ってきた方がいい!と、一日で急展開、、

(;・∀・)、、いや、、数字に振り回され過ぎても、、


帰ってこい!帰ってこい!と、、朝・昼・晩、、

電話攻撃がスゴカッタです、、この三日間。


で、、最後は、、、ニュアンスが変わってきて( ゚Д゚)

誕生日もあるし、、帰ってきてくれたら嬉しい、、と。

結局は寂しくてたまらないんですね。。。


まあ、、誕生日だし!来年あるかどうかもわからんし。

求められたら、帰るしかないか、、と。

とりあえず予定をいろいろ変更して、、航空便を手配し。


帰るからね、と伝えたら、、ものすっごく嬉しそうに、、

声が明るくなりました。。まあ、、いいか、(;^ω^)

私もいろいろ大変なんだけど、、と思ったけど。。


が!その翌日から、、

グアーーっと感染者数が三桁に、、


さすがに、、簡単に、、往復しづらくなりました。

東京の人はわかりずらいと思いますが、、、


地方の人からすると、、東京の空気吸ってるだけで

もう、感染者、ってレッテル貼られるようなもんです。

ちょっとそこが気になっていたのだけど、、、


母とも相談し、誕生日に帰るというギフトはキャンセル。

ごめんね、喜んだ分、辛いね、と謝ったんだけど。


どーーーんと、落ち込むかと思いきや、、、


ガンバルけん、私も我慢して元気で過ごすけん、、

帰ってこんでいいからね!

その代わり、電話でたくさん話聞いてくれれば、と。


気丈にそう言っていたので、私が泣いたのだけど。

母の頑張りは、、二日で終了しました。。。


見る見るうちに、、衰えてきちゃった、、、

どうしたもんか。(;^ω^)。。


私はとても不安です。

このまま、帰れなくて、、母が入院したり、倒れたり、、

コロナがもっと最悪なことになってしまったら!

このまま会えなくなるかも、

そんな不安が何度もよぎって、、涙が出ます。


私だけではない、、そんな家族の分断があふれています。

嫌な世の中になってしまったね。

こんなの、誰も予測していなかった。


私は、、ここだけの話、、、

感染者数考えると、、全然まだ大丈夫だと思ってるし。

対策を講じれば、普通に母に会いに行ったっていいと思う。


が、、いかんせん、、、

人の目があります。。。小さな田舎では、、

もしものことがあった時。そのリスクが大きすぎて。

私だけ勝手なことはできないからね、、、


母にもしものことがあった場合は、、、

そんなのもどーでもいいから、私は強行突破します。


こういう大災害が起きたとき。いつも思うけど、、

ホントに他人事ではない。明日が我が身、だと。


運が人の生き死にを分けてしまうような、、、

こうなったら、運の磨き方を教えてほしい〜( *´艸`)


悪運はまあ、、めちゃくちゃ強い気もするけど(笑)


皆さまもどうぞ、お気をつけて!

悔いのない毎日を生きていかなきゃね。


東京砂漠やな。。 [2020年06月24日(Wed)]
IMG_20200518_113718_copy_1040x780.jpg


お料理上手の方から、差し入れのお弁当、、、

すごくないですか、、、10品目以上の総菜です。

今、写真見ていてもヨダレが、、、(*´Д`)


毎日のように母のお茶の相手をしてくださる方。

つまりは私もほぼ毎日顔をあわせておりました。


東京行きの飛行機に乗る前の日にメール頂きました。

私が急にバタバタ忙しくなり、ご挨拶も出来ず(-_-;)





帰られる日がついに来ましたね…

1週間前から、寂しがりのヨキ子母様は

どうやってまぎらわすか苦労されてたみたいです。

感謝している、とおっしゃっておられました。

この度は、ヨキ子母様の歯の治療や入院、コロナ、

辛い辛い時期にヨキ子さんが居てくれて

心から助かったと思っていらっしゃる事でしょう。

何も出来ないですが近くで見守りますから、

安心して帰ってくださいね!


(中略)以上。

有り難い存在です(泣)感謝!


早く東京に帰りたかったはずなのに。。。

なんだか、ヨキ子はおセンチです。

残される母のことを想うと、、

かなり寂しいだろうなと、、、( ̄― ̄٥)


モノごとの理解力、判断力がグッと衰えてしまい。

正直、不安なのです。

私がいないと暴走してしまうので本当に心配です。


母は、一人になっても大丈夫、というところを

私に見せたい、証明したい、みたいです。

その気持ちは尊重したい。

やはり私が居ると、全部私がやってしまうので、、


蟹座の世話好き、私は先回りして母が楽なように、と

全部やっちゃうので、それは良くない、と自覚してる。


頑張ってほしいよ。

でも、、私も寂しいよ。


随分泣かされて、ひどい目にあわされたけど、、

やっぱり母は母。大好きすぎて、哀しいぐらいに。

ずっと見守ってあげたいヒト、だと思えた毎日。


なので、、、別れの日は、、、

いえ、前の日からかな。母はずっと涙を流してた。

つぶらな瞳がずっとうるんでいて、、辛そうでした。


おそばを一緒に食べに行って、、そのまま空港へ。

家族とお茶を飲んで、、今度こそ最後、お別れ。

肩をさすったり、腕をさすったり。


母が車に乗って、見えなくなってから。

私は空港で一人で泣いてしまいました。

。゚(゚´Д`゚)゚。


飛行機はガラガラ〜〜。楽チーン。

乗るなり熟睡、、疲れた、、、( *´艸`)


ドキドキでしたよ。。二か月半ぶりの東京。

いや、もう3ヶ月ですね、、


驚いたのは、、、池袋行きリムジンバスが、、

全てなかった、、

乗り場にも、誰もいない〜( ゚Д゚)、、ひぇ〜〜。


仕方ないから、新宿行きのバスに乗ったんだけど。

すいていて、スイスイ、20分で到着。


なんせ、、、後期高齢者で足の悪い母と二人、、

ずっと茶の間に座っていた弊害が、、、

しかも、歩かないし、田舎は!


見事に体力がなくなっちゃって、、

足腰も母並みに弱ってるのでは、、、


ンで、早速やらかしました。


リムジンバスから降りるときにふらついて、、、

そのまま転がり落ちて、、、膝と肘を強く打ち、、

怪我までしてしまったズラ〜( ≧Д≦)、、


私は先頭だったんだけど、、ヒドイですよ、

後ろに続くやつらは、、

転がり落ちて、出口にうずくまって寝てる私に

大丈夫ですか? と、声をかけることもなく、

うずくまってる私を飛び超えていった、、


すぐ横で、リムジンバスの制服着た女性が、、

平坦なリズムで、あーがとござーましたあーーー


と繰り返していたが、横で倒れてる私を完全無視。


、、、昔もよくあったなあ。

駅の階段から転げ落ちた私も、高熱で倒れてる私も、

皆さん、見事に無視してくれたヨナァ。


みんなにスルーされるタイプ、、、

どんだけ倒れてんだ、って話か??(笑)


もう、東京は、、終わってるね、、、

東京砂漠、とはよく言ったもんだ。

腹立つーーー!!!

(≧◇≦) つうか、、、泣く〜(T_T)/~~~


今年の1月、舞台で激しいフラメンコ踊ったなんて

もう、自分のことと思えまへん!!


動いてた人が動かず家に籠もるって、危険!

特に高齢者、お年寄りはやはり運動しないと

コロナ以外で死んでしまう と思った次第です、、


私も寝不足、心労、体調で痩せてしまって、

今月はマンション片付けながら体調戻します。。


まずは大学病院の受診だ〜。



| 次へ