• もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
正月明けの大学病院 [2023年01月14日(Sat)]
IMG_20230110_090422_copy_780x1040.jpg


NiziU(にじゅ〜)から年賀状が。。


月曜日の夜、お江戸に帰還して、

翌朝には大学病院へ。。。


三週間ぶりの抗がん剤治療ですが、、、

めっちゃ混むから、覚悟しといて、と言われてて。

あれ以上、どう混むってんだ?と思いつつ。


実際、、ものすごかったです、、( *´艸`)

しんどかった〜〜。だって体調悪いままだったし。


採血の結果、、、

白血球がすごく下がっていて。むむむ。

抗がん剤治療が可能かどうかの瀬戸際。

主治医、スマホで計算したりいろんな所に連絡したり。

、、ヤバイかなと思ったけど、無事受けられた。


治療の待合室、、カオスと化していた。

ものすごい数の患者さんが待っていた。

それから4時間!待って待って、、

治療呼ばれたのが18時前、、


殆ど、高齢者なので、、皆さん当然しんどそうで。

倒れこむ人や、、不満をぶちまける人や。

そりゃそうだ。みんな癌患者さんなのだから。

4時間とか、座って待てないでしょうよ。


私もすっごくしんどかったです〜。

呼ばれて治療が始まっても、、そこから待たされる。


終わったのが21時、、

タクシーも一気に減って待って待って、、

帰宅がなんと、、22時前、、(;・∀・)


正月明けの病院、激こみで11時間の滞在であった。

疲労困憊、心臓もなんか変で、、

夕食なんとか食べねば、と支度した。苦行過ぎる。


帰宅早々、母親のイヤあな電話が待ち受けていた。

これからご飯支度するから、と切ったのに、

10分後に「食べたか?」と電話してきた。

まだ食べはじめてもない!と切ったけれど。

なんか気になって、また電話したら、、


聴きたくもない悪口を二人ぶん。

たった一日でもう愚痴ためてる母親にうんざり、、

私が帰ってくるのを手ぐすね引いて待ってたんだな。

聞いてもらおうと、ずっと待ってたはず。

病院で疲れてるの知ってるのに、、(泣)


疲れが三倍になるよね。。

それが火曜日。

その頃よりはマシですが、、、

まだ歩くだけで呼吸が辛かったりするので。

木曜日のフラメンコは断念。

(今月末に肺のCTを撮ることに。)


そして、、金曜、土曜(今日)と、、

ずーーーっと寝たきりであります。


食事もあまりとれていません。。

あんなに食べていたのに。。


とりあえず、寝るだけ寝てる〜。

そのうち、また復活するでしょう。


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント