CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
茲山魚譜 チャサンオボ [2021年11月25日(Thu)]
3469d15508927ce1.jpg


今年、一番良いな、と思った作品かも。

モノクロの韓国映画でございます。

茲山魚譜 チャサンオボ


韓国の海洋生物学書、チョン・ヤクチョンの伝記映画。

『茲山魚譜』の著者です。知らんよね(笑)


7CDD745D-A224-4389-8672-E8C296521E78.jpeg


あらすじ

19世紀、学者チョン・ヤクチョンは、

キリスト教徒だったため迫害された。

しかし、流刑先の島の自然に魅了された彼は、

庶民のための本を作りたいと思うようになった。

海の生物に詳しい漁夫のチャンデと、友として、

また師として親交を深めてくことに。

民衆のための書物を作るに至ったエピソードを描く。






弾圧され、変わらぬ国を嘆く学者ヤクチョン。

そこで出逢ったのが、学びに飢えた漁師の青年。

彼との交流や素朴な島生活の中で生気を取り戻すが、

少年のように興奮を抑えられない学習欲が伝わる。


4E2C40C1-835A-43E8-8988-2AFB93058952.jpeg

学者を演じるソル・ギョング、カメレオン俳優さんだが、

驚くほど、モノクロの陰影に映える。


DBD3BFA8-3797-491C-864A-3525A2AC766E.jpeg

59040E5D-0C9E-4BB7-A88D-F5F30E0922D9.jpeg

漁師役を演じたのは私の大好きな「ピョン・ヨハン」。

ドラマ『ミセン』や時代劇で私はイチコロ。


title-1635648737498-1.jpeg

ソル・ギョングに最初こそ反発していたけれど、

彼らのユーモアあふれる交流に思わず笑いが。

なにより、白黒の世界観に二人は溶け込んでいたし、

その美しさにシビレタ。


CD822BDD-0E2D-4D99-AA5D-AD04E0DCBBD5.jpeg

あの「パラサイト」で、怖ーい家政婦役を演じた、

イ・ジョンウンもさすが!!!

現地妻?の役どころでしたが、最高にかわいらしい。

彼女の存在で全編、癒されるとは思わんかった。


モノクロ映像の美しさを堪能。オススメです。

ストーリーはわりと淡々としているのですが。


あんな小さな小舟でトンデモナイ魚を吊り上げるし。

めちゃんこデカい魚が出てくるシーン、のけぞった!


F1FF7757-FB0C-42F9-B2EE-B4785F006486.jpeg

何年もかけて、二人は交換学習?を続けて、

魚類図鑑(チャサンオボ)を創り上げていきます。


83E37F71-88B4-45A0-9F0A-039920F67FBE.jpeg

貧しい島の風景、漁民らの暮らしぶり、海の生き物、

大きなスクリーン、モノクロで味わう贅沢さ。

その素朴さに静かに心の中に感動が拡がるというか。


最後はめっちゃ泣けるのですが。。。

そこは自分で味わってほしいな、と思います。


EB3520B1-6868-4515-8BFC-D41598CFB6F7.jpeg

観終わった後の深い余韻、、、

余韻に浸り過ぎて、電車を乗り過ごし、、、

気づいたら埼玉、バカやん。


貧しい島に住もうと、学問の道に進もうと、

自分が全身で欲するものを、人は皆追い求めている。


どう生きるか、誰と語り合うか、どの道を行くか、

人は考えざるを得ない時がある。。。

そういう事を描いた作品なのかな、と。


スクリーンで観てよかったです!


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント