CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
あの日。ドコで何してましたか? [2021年03月11日(Thu)]


3月11日、午後2時46分。


あれから10年です。

一分間の黙祷が終わりました。


あの未曾有の大災害の日、あの時。

アナタはどこでいましたか?

何をしていましたか?


会社にいた私は、、経験したことのない激しい横揺れに

ものすごい恐怖を感じた、そう記憶しています。


コレはヤバい!、、と隣の部屋で仕事していたオジサンが

私らの部屋に飛び込んできて。すごい形相だった。

その後、、すぐには東北の津波については報じられず。

ヘルメットかぶった安藤優子キャスターの雄叫びが

しばらく続き。映像はお台場の小さな火災でした。


夕方から映像は突然変わり、、

想像を絶する津波の映像に、、、絶句。


テレビを囲む私達の動揺、、あの衝撃。忘れられない。

今朝までのありふれた日常。全て失った瞬間でした。


10年前の今日のブログを読んでみました。

忘れていたこともあるんだな、と。


二日前に、嫌な予感がする!と書いている私は、、

預言者か?(~_~;)



https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/archive/554


https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/archive/557


私は手首の骨折で恵比寿の病院にいたらしい。

もう少し遅い時間に診察が延びていたら、、

私はその日家に帰れなかったんだな、と。



そしてその10日後、ハワイツアーを企画していて。

皆さん連れて楽しいハワイへ!と予定していたのだ。


旅行代理店、航空会社とも全然電話繋がらなくて、、

本当に困ったっけ!今、全部思い出した。。


中には被災された方も参加者には含まれていて。

毎日、怖いしライフラインもない、、

ハワイに行きたいです、と言う方も。


悩みに悩んで。。。

希望者半分連れて成田へ行ったんですよ。。

成田へ行くのも当時大変でした。


苦しかったし、、怖かったし。。

ハワイ島に到着したその日の晩は、、

皆、死ぬほど寝たなあ。。

10日間、余震がずっと続いて眠れなかったし。


あの日、突然大切な家族、友人を奪われ、家を流され、

牛や馬を無念にも手放すことになった方々の苦悩は

癒えることはきっとないのでしょう。

それでも生きていかねばならぬとは。。。


私達のできること。。この日を風化させないこと。

そして他人事だと思わないこと!


あらためて。お悔やみ申し上げます。


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント