CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
下町ロケット [2021年01月15日(Fri)]
athumbnail_Screenshot_20201226_100636_jp.naver.line.android.jpg


姉がこんな動画を送ってくれたのだけど、

時間がなくてすぐに観れず。

先日、ようやく観たらば、、あら素敵。





「下町ロケット」のモデル、戦うロケット開発者!

植松努さんを招いた講演会の動画でした。


これが、、実に素晴らしい内容で!

皆にシェアせねば、と。


北海道札幌市から東へ約100km。

赤平市という小さな町にある植松電機は、

主にマグネットの製造・販売を行う町工場。

父親から実務を受け継ぎ、専務を務める植松努氏。


動画を見ていて、、ホントにそうだ!そうだ!って。

100%同感です!と手を挙げたくなりました。


「子供たちに夢を与えなければならない」と言いながら、

一方で「どうせ無理」という言葉で夢を打ち砕く。



私の場合、、以前書いたこともあるけれど、

中2のとき、担任に、宝塚に入りたい、と言ったら、


「あのな。人生は平凡が一番だぞ。

空を飛ぶ鳥を自由でいいなと思ってるだろうが、

鳥は鳥で辛いんだ。」とか、わけのわからん話をされ、


コイツ、夢を持たずに教職ついてんのか、

終わっとんな、と心の中でつぶやいた(笑)

あれは本当に今でも忘れられないガックリな日。


そして、、「どーせ無理。」は、知らず知らずのうちに

私の身体にも長〜く、虫食ってるよな、、と反省。


植松氏のようなオトナがそばにいてくれたら、、

絶対に未来は変わっていたような気がする。


私の唐突もない、漠然とした夢に、、

誰も反応してくれなかった。みんな、スルー。

母親は朝から夜中まで働いていたから、、、

学校で一番取るとか、そういうのがなければ

興味も持ってくれなかったもんなあ。


植松氏は、、あきらめなかった。そこが私と違う(笑)

幼い頃からの夢、ロケット開発に挑戦し続けてきた。


資産家でもなく成績が良かったわけでもない植松氏が

ロケット事業を始めたきっかけは、、、


「どうせ無理」という、

大人たちが発する言葉の悪循環を断ち切りたかったから。


athumbnail_Screenshot_20201226_101037_jp.naver.line.android.jpg


athumbnail_Screenshot_20201226_100732_jp.naver.line.android.jpg


athumbnail_Screenshot_20201226_100749_jp.naver.line.android.jpg


「どうせ無理」と思ってきた人たちが

自信を取り戻すことができる方法は、

「やったことがないことをやってみるしかない」と。

植松努にとっては、それが「ロケット」。


みんなで夢を語り合い、

「だったらこうしてみたら」とお互いに言い合うことで

夢は叶うのだと。足りないところを補うこともできる!


athumbnail_Screenshot_20201226_100812_jp.naver.line.android.jpg


素晴らしい!と思ったのは、、、

きっとものすごく忙しいはずなのに、、、

こうして全国からたくさんの若者、児童を受け入れて

工場見学などさせているところ。


子供たちにとってどんなにエキサイトなことだろう!

彼はお釈迦様なのかもな〜〜〜。


「嫌な人とは距離を置くのも大切ですが、

信じてくれる人と出会うチャンスを得るためには、

たくさんの人と関わって、

関わり方を学んだほうが良いと思います」



、、ホントにそうですね。。目が覚めた思い!

こういう人と結婚したかったわ(笑)


笑うな〜〜( *´艸`)


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント