CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
麻婆三昧。 [2020年10月23日(Fri)]
IMG_20201020_123429.jpg


先日、フラメンコの友人が近所まで来てくれて。

私の大好きなお店で!麻婆豆腐を食べました(笑)


いや、マジで、腸活は麻婆!だね。

私の腸もキレイにお掃除されて、今、調子よい!

四川省のひとは、、大腸が元気なんじゃないかなあ。

データ、ないのかな。


で、、大学病院にまたまた行ってきたよ。

はじめましての、、大腸専門の先生の診察。。。


主治医と違って、、なんと時間通りに始まって。

ビックリです。すごく助かる〜、てか、、

診察サクッと終わるタイプの先生、ってことだね。


なんか、、こんなこと書くのどうかと思うが。

大人しめの、、アニメオタク、、アイドルオタク、

それ的な、、不思議な雰囲気を醸し出す若い先生。

若いと言っても、、そうでもないかも、、わからん。


主治医が、すごく的確な診断と処置!と言ってたし。

ホントにそうなら構わないけど、、

トークが、、たまらんくなるほどユルイ、、

時間がゆったりと縁側で流れるような、、


先週聞いた、主治医の話では、、、

潰瘍性大腸炎、とうとうきちゃったね〜!だけど。

どうもこの先生が言いたいことはそうではなくて。

↓ ↓ ↓


「確かにMRIの画像を観ると、潰瘍と思われるような、、

赤くなってる部分が、、うっすら見えるけれど、、

それだけで潰瘍性大腸炎だと、、今は確定するのも、、

ちょっと違うと思ってて、、、だから、・・」


一行で終わりそうな文章をやたら長ーい時間かけて(笑)

要は、、主治医や技師の報告診断よりは、状態は軽く、、

僕は今、断定はできないと思ってる、、らしい。


潰瘍性大腸炎の可能性はもちろん大きいけれど、

そうだとしても軽症だし、、

もともとの胆管の難病の合併症として考えなければ、

普通は引っかからないレベルです、という事らしい。


えーーー。そうなんだ。。。

ちょっと嬉しい(*´з`)〜〜。


とはいえ、可能性も十分考えられるので、一年後の検査で

この状態がどう変化するか見ます、と。


いやいや、先生、半年後にやりましょう、

ちょっと一年、長いですよ、この検査嫌いだけど。


と、反射的に言ったら、、半年後になりました。

そして、、その後、、深く考え込む先生。。


潰瘍性大腸炎の薬を飲んで、半年後、検査をやるか。

クスリを飲まないで、検査をやるか、、


それで悩み始めてしまわれました。

大腸の潰瘍は、潰瘍性大腸炎の薬しかないらしい。


「薬はやめましょう、」と私が即決(笑)


完全に私が主導権を握る診察になってしまったけど。

でも、まだ断定できないなら、薬は要らんわ!


とりあえず、、半年後の検査まで腸を鍛える!!


少し、ホッとしました。

麻婆豆腐に担々麺。(笑)

それと、発酵食品や水溶性食物繊維とか取ってみます。


ご心配おかけしました。


しかし、餅は餅屋!ってホントだね。

ちいっと、頼りなさげな先生ですが。。。


なんか、適格なこと言ってくれそうな先生です。


あーーー。ストレス、、家族の、、

これがついてまわる以上、私のかわいそうな身体は(笑)

このまんまなんだろうなあ、、


今日一日で、、疲れ果ててます、実は。

書けません、恥ずかしすぎて、、、( ノД`)シクシク…



トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント