CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
くじけそうでした。 [2020年09月16日(Wed)]
IMG_20200915_082712_copy_816x612.jpg


四国の美味し〜い、みかんゼリー!

友人が送ってくれました。


皆さんのお気遣い、心遣い、とても身に沁みる毎日です。

こんな私を忘れずに、、いつも有難うございます。

これからの季節、必須のハンドクリームも頂きました。


皆が、それぞれ大変なのを知っているので、、

そんな時、他の人にも気を配れる、って素晴らしいこと。


私は、、最近、とても自己中です。

これまでの人生で一番、、性格が悪いと思う!

初めて、自分に余裕がないと、、自覚しています。


これまで、いろいろやりながら苦労しながらも、

周りを見渡せる器用なところがあって、、、

なかなか、上手くやれている、と思う自分がいました。


それが、若さ、かもしれないし。

アンテナがたくさん頭のあちゃこちゃに立ってて、

それがとても自然に出来ていたのだと思ってる。


今はね〜〜、、初めて降参!だ〜。

余裕がない。時間の余裕はあるが(笑)

心の余裕、お金の余裕、残された時間の余裕、、


でも、まあ、無理しても仕方ない。無理も出来ない。

長い人生、自己中に生きる時期があってもよいよね。


大変なのは私だけではない。よーくわかってる。

でも、くじけそうになることがホントに多い。


が、それでもすぐに立ち直れる(笑)。

そこは褒めてあげたい。


私はヘコタレテモ、起き上がる。

七転び八起、7月8日生まれですけんな(笑)

それは、まあ、冗談ですが。


有難いことに、私の性質であったり。信念でもあり。

タダじゃ負けない。引き下がらない。諦めない。

、、韓国ドラマのおかげでもあったり(笑)これ大きい!


まあ、何が言いたいか、ちゅうと、、、

昨日は本当に大変、辛い一日でした、ってこと。。

くじけそうになった〜。もう、ダメかもなあ、って。


詳しいことは書けないし、書かないけれど。

心が折れすぎて、肋骨が数本折れてんじゃないかって。

いろいろあり過ぎて。なにも出来なくて。


でも一生懸命に、心を尽くしたよ。

母をひとり、失うかと思ったけど(笑)


どれだけ母も辛いかと思うと、、、胸が痛い。

鬱と過呼吸と、痛みと、孤独と、、

闘うものが多すぎて、、母は心も身体もやられつつある。


諦めない私はとことん、母の話をただただ聴く、、

どんなことを言われてもm(_ _)m、、

絶望的な言葉をたくさん浴びせかけられても、、

私は母を絶対に見捨てたりはしない。


私のことをまだまだ見守っていてほしい、と伝えた。

母はただただ、泣きじゃくるだけで、、、


お前がいるからどうにか、生きているけど、、

そうでなければ、とっくにもうこの世にいない、

何度も繰り返して、静かに泣き続ける。


ここ数日、痛みと鬱で、全然寝ていない母。

私もそれに付き合っているから、、夜寝てないよ〜。


それなのに、それなのに、、、

朝、突然、母は、、落ち着いた声で、、


お前が喜ぶことを今日はするからね、と。

リハビリに行くよ、安心して、と。


そう、昨夜はもうリハビリも辞める、と言い張ってた。

自分のために行くのだと母はわかっているけれど。。

私はもう、それに関しては何も答えなかった。


でも母は、、自分で決めて、、出かけていった。

行ってきます!と、、、私を喜ばすために。


帰ってきても、、ナンとか、、精神状態は落ち着いて。

昨日のように酷くはなかったので、、、


辛いなりに、よく頑張った、本当にお母さん、すごい、

と、褒めまくって褒めまくって(笑)


他人の孤独、って、、わかりずらいよね。

心を病んでいても、、なかなか人には伝わりづらい。


それを想い測って、対応できる人は、、、

実際、とても少ないような気がしています。


それって、勉強していなくても、仕事にしていなくても

持って生まれたものだったり。

自分も辛い経験を重ねて、わかるようになったり。


想像力がないと、心を病んでいる人に対処できない。

こんなこと言うと、思い上がり、と思われるかもだけど。

私は、、わかるのです。そういうタイプだと思います。


若い頃は、わかる分だけ引きずられて、ヤバかったが。

今は自己中だから大丈夫みたい(笑)。


来月、自分のMRIと、全ての検査結果がわかる外来日、

全部終了したら、、母のもとに帰ろうと思います。


たくさん、甘えさせてあげたい!

よく頑張ったね!と、頬を撫でてあげたい。


あ、今日、母が一度だけ声に出して笑った。


私に、、泣きながらこう、言うんですよ。

「お前は私に何度もヒドイ目にあってかわいそうに、」


「ま、それも親孝行の醍醐味や。

ムスメの楽しみを奪わんとってや〜!」と答えたら


またオイオイ泣くんだけどね(笑)


「あ、でも!人生でめっちゃ腹立ったことあるで。」

と、急に怒りがメラメラ。遠い記憶が、、


「無理やり、私に見合いさせて!しかも、三回!

挙句、断ったらば、一か月無視したよね!」


母は、、それ聞いて、爆笑して、、

そうそう、お前、その日、食中毒になったなあ!


だって、、んなこと、よく覚えてるな(*´Д`)、、、

全然、ボケてねーわ、母ちゃん(笑)



トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント