CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
暑い。うだる。やだ。。 [2020年08月05日(Wed)]
IMG_20200804_124550_copy_561x748.jpg


お世話になってるサロンのオーナーが経営するカフェ。

山口にこもって、ずいぶん不義理をしてしまって。

お詫びと。。今後の話をしにランチしに行きました。


青唐辛子がピリッときいた「すだちうどん」!

白だしがきいた氷のおつゆ。とてもスッキリ。

夏にはいいなあ。クセになりそうな味。

そしてデザートのイチヂクのケーキ。旨っ!


リハビリしながらボチボチ、仕事していくことに。

自分の身体も心配っちゃ心配だけど。

遊んでるわけにはいかない。。。


衰弱しちゃった母ですが、、

昨日の朝、先生にしっかり今の状況を聴いたようで。

りっぱなウンチさまがお目見えしたそうで、、

そこからとてもシッカリしてきました。

声がカスカスではなく、、聴きとれるぐらいには。


良かった〜〜〜。(≧▽≦)

皆さんに心配して頂いて本当に感謝でございます。

まだまだアッチには逝かなくてすみそうな、、

この世で皆にわがまま言いながら生きてくんだ(笑)。


相当、看護師を困らせていると思います。

でも、、母の気持ちもわからんでもないし。

今は人手がないのは重々承知だから、、


良く事情が呑み込めない高齢者とか母のような人に

心を安定させ、説明がしっかりできるエキスパート。

そういう職業の人が病院にいてもいいのにね。。


私、そーいうのやりたいなあ。

看護師さんたちは忙しすぎて無理だわ。


久々に、自分の眠剤を服用して寝たものだから、、

昨日の夜は、せん妄、幻聴のオンポレード。

まるで手術後に麻酔が切れた後のアレ、、、

母に経験したいです。衝撃だったと。


私も手術後の二日間ぐらい、、ものすごい幻聴が。

そして壁やカーテンや天井が全部お化けのように

ケタケタ大笑いで私を襲ってきた、っけ。

麻酔、麻薬は怖いぞーーーー。


でも、、、そんな強い眠剤をこの母は、、

何十年も毎日飲んでるんだよね。そっちのが怖い!


私は相変わらず、朝から消灯まで母の命の電話担当、

めっちゃ大変ではありますが、、、

頑張って私も食べて食べて。。ようやく体重が、、

1・5キロ増量、、嬉しかった〜〜〜。


昔は爆食してすぐに2,3キロ太ってたのに。

今は食べても太れなくなったんだよね。。

もう3キロ太れば、身長に見合う体重です。

頑張るぞ、、、( *´艸`)


この暑さ、、マスクをしなければならない状況に

ホント、ウンザリですね。。。

熱中症で亡くなる方の方が多いのでは、、、


「深夜特急」の沢木耕太郎氏の記事を読んで共感。

↓ ↓ ↓

「みんながこの状況を過度に恐れすぎている」


「旅なき日々」に思うこと

【#コロナとどう暮らす】(Yahoo!ニュース 特集)






【マインド&ボディ&ソウルの最新記事】
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント