CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
マルモイ ことばあつめ [2020年07月29日(Wed)]
63e386752d539556[1].jpg


以前から「良い」評判は聞いていて。

上映始まったら絶対に行きたい!と思ってた作品。


母国語の使用を禁じられた日本統治下の朝鮮半島が舞台。

辞書作りの為、全国の方言を集めた「マルモイ作戦」。

辞書作りを通じて読み書きに目覚める主人公をユ・ヘジン、

朝鮮語学会代表をユン・ゲサンが演じる。



8dce9a106ad79f57711e489ec0c0ce83[1].jpg


あらすじ:

1940年代の日本統治下の京城(現在のソウル)。

親日派の父がいる裕福な家で育ったジョンファンは、

失われゆく母国語を守るため、朝鮮語の辞書を作ろうと

各地の方言など、さまざまな言語を収集していた。

一方、貧しく、教育を受ける機会がなく

盗みを働いて日々生活していたキム・パンスは、

ジョンファンの鞄を盗んだことをきっかけに

彼の辞書作りに関わるようになり、

母国の言葉の大切さに気付いていく。



aa1.jpg






主演のユ・ヘジン。ホントにこういう役どころ、巧い!

彼が演じるパンス。いかにもチンピラなんだけど、

貧しさがゆえに学もなく、字も読めないが。。


憎めない!口から生まれたかのような、お調子者で、、

生きるために、スリなど、悪いこともやってはいるが、、

それもこれも、愛する二人の子供のため。

中学生とまだ幼い女の子を一人で育てているわけです。

この明るさが、ドラマの哀しさを際立てさせるんだな。


sect09inner[1].jpg


そんなチンピラパンスが、、自ら進んで文字を学び、

街中の看板などを読んで子供のように大喜びする。

学ぶこと、知ることの尊さが、彼からめっちゃ伝わる。


これが感動のラストへの伏線になっていきます。

いつのまにやら読み書きが出来るようになったパンス。

彼が、、もしものことを考えて。

子供たちに残すんです。手紙を。

めちゃくちゃ、汚い字ではあったけど。。。

もう、映画館内、、すすり泣きオンパレード。

私は、、泣きません。。。( *´艸`)


640[1].jpg


いろんな人が書いていますが。。

反日映画では決してないんですよね。


まあ、都合上、悪い日本軍は登場しますが。

かな〜り、ソフトに描かれていると思います。


この作品は、実話に基づいたフィクション?で、

1944年の「朝鮮語学会事件」をベースに描かれています。

民族運動をしていたという罪名で30名以上を拘束、

うち、数名が獄中で拷問死したそうです(-_-;)


日本の一部として併合しようとしたときに、

最初にやったことが言葉の弾圧なんです。

学校では朝鮮語教育を禁止、日本語を覚えさせ、

名前を「日本名」へ改名させたわけです。


映画の中では、、、

子供たちが普通に日本語しゃべっていて、、、

驚いたオトナにたしなめられたら、、

ハングルワカラナイ、って、日本語で答えていた。


母国語を失っていく怖さって。。

平和ボケしてる私たちにはイマイチわからない。

きっと想像する以上に辛いことなのでは、と思う。


言葉を失い、文化を失い、名前を奪われ。

それは国を失うこと。自身を失うこと。


そんな状況において、最後まで迫害に負けず、

地下に潜り、死ぬ覚悟で「言葉」を守った人たち。


タイトルの「マルモイ」とは、

『マル(言葉)』を『モウダ(集める)』ということで、

国語辞典を意味しているのだそうです。


その昔、アジアを旅行するとですね、、、

時々、いや〜〜なシーンに出くわしました。


台湾や韓国の年配のかたは、日本語が達者です。

もちろん、覚えたくて覚えたわけではありません。

この映画のように強制されたわけですから。


もう、大昔のことですが。台湾を旅行してたとき、、

小ぎれいなビジネスホテルに宿泊したのですが。

チェックアウトするのに並んでたんです。


私の前が恰幅の良い日本人のおじさん、、

出張で来られた方でしょうか。

ものすごい剣幕でフロントマンを怒鳴ってた。

暖房が弱かったじゃないか、みたいな???

もう、貴様!呼ばわりですよ。


すごく丁寧に、若い青年が日本語で謝っているのに

段々ヒートアップ。たかがそんなことで、、

土下座を強要。ものすごいデカい威圧的な声で。

もう、恥ずかしいったらない。


このクソおやじ!まだ戦争中と思ってんのか。

そう思えましたよ、、こういうオヤジほど、きっと

アメリカ人にはペコペコしてるな"(-""-)"アホ!


あんなに罵倒されて、、申し訳なすぎて。

オヤジが消えた後、フロントマンに私が謝ったんだけど。

彼はこんなこと慣れてると言わんばかりに、、

大丈夫デス、と笑顔で、、日本語で、(泣)


私なら絶対に大嫌いになる。日本人。

でも、、台湾の人たちは日本が大好きですよね。

ホントに有難いことだと思う、、、


話は戻りますが。。。

役者さんたちは本当に抑えながらも良い演技。

パンスの子どもたちが、これまた、、巧い!


K4_Malmoe-The-Secret-Mission_main-1440x960.jpg


幼い女の子、、スンヒちゃんが。

死ぬほどかわいい。

ホットクをほおばる笑顔がたまらない。


aaa2.jpg


クレラップのCMに出れそうな子で。。

これからどんな風にに成長していくのかな、、


時々、刺さる言葉が出てくるのでボヤッとしてられない。


「言語はその民族の文化が入ってる器だ。」


「人が集まるところに言葉が集まり 、

言葉が集まるところに志が集まる。」


「言葉は民族の精神であり、文字は民族の命です」


「1人の10歩より、10人の1歩」

深いです。

なんか、、わからんけど、、すごく刺さります。


余談ですが、、、

マルモイは「新宿シネマート」で観たのだけど。


現在、シアターは両隣、前後の座席は開けている。

コロナ対策です。なんか、めっちゃ気分良いです。

儲けはないだろうけど、、すごくゆったり。


ここは俺の席だ。


IMG_20200716_144014.jpg

きゃはは。シネマート、イカシてる!

私の両隣に、マ・ドンソク氏。(≧◇≦)素敵!

今や、アイドル化してる大人気俳優さんです(笑)


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント