CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
大学病院行ってきたあ。 [2020年06月27日(Sat)]
IMG_20200621_124545_copy_725x538.jpg


4か月ぶりに近所の焼き鳥屋のおっちゃんのところに。

煙でモオモオ〜〜。

相変わらず、めっちゃ旨かった。

久しぶりに美味しい食事したかも、、(笑)


さてさて。。。東京に戻り、、

早速大学病院に行ってきました。


コロナのせいで!!遅れに遅れたアタクシの受診。

おかげで画像検査も秋になってしまった。


わが故郷では、、激痛!高熱!の腸疾患においても

診てもくれないという衝撃的な現実におののいた。


私の内臓は今、明らかにオカシイ、、

この私が大して食欲もなけりゃ、どんどん痩せてく、、

ストレスが大きいのはわかってるけど、、

腸が不調なのは今年の年明けからだったので、、、

正直、とても不安だったのです。


私の難病は、、合併症にいっぱい腸疾患ついてくる。

という、事情もあったので、、


ようやく、、たどり着いた大学病院。安堵しました。

入り口で体温チェックもありませんでした。意外。


が、意に反して、院内はすごい患者数!!!


この日は採血&診察だけだったのに、、、

薬局での待ち時間も入れて、、6時間ですよ!!

さすがにね。疲れました〜〜〜(泣)


採血して3時間半、、順番はまだまだ来そうにない、、

私よりチョイ年上の女性が事務スタッフに怒鳴りまくって、

スゴカッタんですよ。。。


「もう3時間も待ってるのにいつまで待たせるの!!

外に出て救急車呼んでここに来るわよ!

私はね!ここの院長の知り合いなのよ!

でもそのコネ使って早く診てもらったりしたら

他の人に申し訳ないと思って待ってあげてんのよ!

こんな病院に診てもらったら、死んじゃうわよ!!

最低の病院よ!!」 と、、、


ずーーっと怒鳴り声上げてうるさいってもんじゃない。

3時間待ってんのはみんな一緒なのに、、

じゃ院長に電話すりゃえーやんね、、、

こんな病院じゃ死んじゃうわよ、って言うんならさ。


待ってる人がイライラする〜!

毎回、いるよね〜〜、こういう人。(~_~;)


でも私はタブレットに保存してる韓国のミュージカル、

素晴らしい曲をずーーっと音量上げて聞いていたので、、

なんとか、平常心を保ちました(#^.^#)。


主治医も、、疲れきっているのでしょうね。。

いつも丁寧な診察なのに、、、

今回は、、心が入ってなかった、って気がしました。

感じも良くなかったぞ。


診察室に入って、椅子に座りまして、、

ん?遠いな、と。うっかり、椅子を先生の方に寄せたら、


顔をみずに、、「下見て、下。」と。


あ、、そか。ソーシャルディスタンス、、、

白ラインが遠くに引かれておったわ(゚Д゚)ノ、、


田舎でボ〜っとしてたから、チコちゃんに怒られる。

でも。それにしても、すげーー距離あるんですけど、、


「皆、寄ってくるのよ。」〜苦笑い、みたいな。

、、、

ま、いいとして。

ずっと実家にいたことを伝え、、、


地元で、一度大変だったんです、と。

こうこうこうで、こんな状況ですごく大変で、

軽い腸閉塞かと思うような激痛と高熱、吐き気もあって、

朝まで苦しんで。でもよそ者は病院で診てもらえず、、

診察も、点滴も、やってくれなかったこと、など。


とりあえず報告したのですが、、、

その答えが、、意外にも冷たかったのレスよ、、


「。。。何かにアタったんじゃない??」


なんと。それで、終わらそうとしたんですよ( ゚Д゚)

こちとら、患者のプロでっせ。

何十年、このボロぼろの身体と付き合ってると思ってる。

食べ物に当たった痛みかどうか、わかりますって(# ゚Д゚)


今年に入って、腸の調子も悪かったことを伝え、、

前の主治医に大腸検査をやってほしい、とずっと言われ続けて、

でもイヤだから8年もやらなかったけど、不安になってきて。

だからお願いします、予約!と言ったのですが。。。


。。。主治医、なんて言ったと思います、、


「やんなくていいんじゃない??」


「え!!!!」( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)〜〜〜!?


想定外なんですけどおお!!!その返答、って。


手術して8年、毎回の外来で、

頼むからやろう、と言われ続けた検査を、、、

不調だから、意を決してやることにした、と

この私が言っちょるのに、、、


「やんなくていーと思うけど、、、」

って、、衝撃過ぎて、、ナンも言えんかった。

やりたければ予約とるけどね〜、と、、


いつもの弱虫の私ならね、、もともと嫌いな検査ゆえ、

あ、じゃ、やっぱりやめます、って言うよ?

でも、、明らかにオカシイから決心したんだチュウの。

誘惑にまけず、、やりますよ!と答えて、、

予約も取りましたよ。。。


哀しかったな、、、

先生らしくないよ、、いつもと違う。

疲れすぎてるのではないですか、、


採血結果もすごく大雑把にナナメ読み。

いつものように丁寧に見てくれなかった、、


私が結果を見た限りでは、、肝臓の数値は横ばい、

血小板がめちゃ下がってる、つまりは免疫力も低下?


癌マーカー値も上がってないので、あとは

秋の画像検査を色々やって見てく感じ。。かな?


「こんな大学病院、死んじゃうわよ!」って言ってた、

さっきの女性に、、賛同したくなってきたぞ。


先生たちが大変なのはわかってるけれど、、

でもさ。診察まで3時間以上待ってんのにね。

いつもは丁寧で話も長いドクターなのに疲れ切ってた。。


その後、大腸検査キットの説明をうけに処置室に、、

長い、、、順番待つのも、、始まった説明も、、、


MRI検査の説明も、、それに続いて始まり。。

「この検査、初めてですか?」と聞かれ。。


「もう、、30回以上やっております、、」

ゆえに、、手短に説明はお願いします、と言っちゃった。


私の心もトゲが刺さっておりますね。

もうさ、、母ちゃんを看取る気がなければ、、、

めんどくさい検査なんてしないんだけどさ!


なんだかんだと、皆に心配かけてしまっているアタシ。

本当に申し訳ない気持ちでいっぱいですが、、


以前の「私」になかなか戻れないですだ。。(/ω\)

戻れる気がしない。。

戻りたくないのかも、って思ったりもする。


早く熱量をあげたいんだけど、、、

このまま塩かけられたナメクジのごとく消えそうで、、、


今日などは、、、土曜日なので、、

母ちゃんのテンションがだだ下がりの曜日です。


ヒマで死にそうな母から、、

計10回ぐらいの電話を取っております。。。


私は頑張って断捨離作業に汗かいていたけど、、、

電話で中断を繰り返していると、もう気持ちがストップだ。


「出なければいいのでは?」と思うでしょうが、、、


その時点で、私に何かあった!ともう大騒ぎなんです。

母の胸がわさわさ、ものすごい不安で、妄想が出てきて、、

それをなだめたり、説明する面倒くささに比べたら、、、

電話に出て、どんなにイラっとしても優しく話を聴く方が

百倍マシ、なんですよ〜〜(*´з`)


私としか、こうして話せない母。。。


そう、、たとえ遠く東京にいようとも、、、

私の隣には母の亡霊?がおりますよって、、(;・∀・)


大変ですだ。もう、どうしたらいいのかわからん。

それ以外にも頭の痛い問題が。実はいっぱいです。


寂しさをこらえて、私を解放してくれた母のためにも

この迷路からなんとか出ていかなければ。。。


ちょっとずつ歩いているので、体力はすこしついてきた。

これから暑くなるし。体重戻して早く本来の姿に戻らねば。





トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント