CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
鬼のいぬ間に。 [2020年06月15日(Mon)]
Screenshot_20200528_141427_copy_626x873.jpg


鬼、、つまりはウチの鬼子母神さま(笑)。


鬼のいぬ間に、ちょこちょこ楽しんだ映画。

好きだった作品をもう一度観たかったので!


全部オススメの映画です。是非観てほしいな。


これは、、「サニー 永遠の仲間たち」


日本でもリメイクされたよね。

篠原涼子、小池栄子、広瀬すず、その他モロモロ。





1970〜80年代の洋楽ヒットナンバーの数々で彩られ、

2011年韓国で740万人を動員したドラマ。


夫や娘と、何不自由ない生活を送る42歳のナミ。

ある日、母の入院先で友人チュナと再会する。

高校生時代、ナミやチュナたち仲良し7人グループは

ずっと一緒にいると約束しあったが、、

ある事件がきっかけで離れ離れになってしまう。

病気に苦しみ、最後にみんなに会いたいという

チュナのため、ナミは当時の仲間を集めようと決意。

各地に散った仲間を訪ねる旅の過程で、

再び人生に輝きを取り戻していく。


という、ストーリーですが。

お涙チョーダイ!的な映画ではないんです。


とても清々しく、ホロ苦いけど優しい気持ちになる。

ホンマに良くできてる作品だと思います。

日本アカデミー賞で、今年、主演女優賞を獲った

実力派シン・ウンギョンの初々しい演技は最高ッス。


Screenshot_20200528_141317_copy_438x643.jpg



「タクシー運転手 〜約束は海を越えて」


1980年、多数の死傷者を出した韓国の光州事件。

動乱の最中、世界に伝えたドイツ人記者と、彼を

事件の現場まで送り届けたタクシー運転手の実話。





民主化を求める大規模な学生・民衆デモ、

まるでよそ事だったソウルの運転手が巻き込まれ。

光州では市民を暴徒とみなした軍が厳戒態勢を敷き

罪のない市民を殺戮しまくっていた。

タクシー運転手の目を通して、明らかにされていくが。

辛いシーンばかりではないんだ。

やっぱ人情あふれてる。韓国映画らしい感動が、、

日本でもとても評価の高かった作品です。


Screenshot_20200606_104644_copy_620x871.jpg


「最後まで行く」

突然監査が入ることになり、殺人課に所属する刑事、

ゴンスは、横領の事実を隠ぺいしようと焦り、、

母親の葬儀をそっと抜け出す。

彼は車で警察署に急行するものの、

その途中で通り掛かりの人をひいてしまう。

結果ひき逃げの隠ぺいまですることになったゴンス。

死体を母親の棺おけに隠し、、

共に埋葬することで事なきを得るが…。


パラサイトの金持ちパパ!が悪い刑事に(笑)


もう、、最高に面白かったな。

轢き殺した人間を、、母親の棺桶に入れて埋める?

ありえんぜえ〜(笑)(笑)(笑)



IMG_20200608_140557.jpg


「新感染 ファイナル・エクスプレス」


ソウルとプサンを結ぶ高速鉄道の中で突如発生、

謎のウィルスの感染拡大、引き起こされる恐怖!

韓国製サバイバルパニックアクション。





ソウルでファンドマネージャーとして働くソグは

妻と別居中で、幼いひとり娘のスアンと暮らす。

スアンは誕生日にプサンの母親に会いにいくと。

ソグは仕方なく娘をプサンまで送り届けることに。

プサン行き高速鉄道KTXに乗車したソグとスアン、

直前にソウル駅周辺で不審な騒ぎが起こっていた。

そして2人の乗ったKTX101号にも、

謎のウィルスに感染した女が転がり込んでいた。

ソグ親子のほか、妊婦と夫、野球部の高校生たち、

身勝手な中年サラリーマンなど、様々な乗客たちが、

感染者に捕らわれれば死!という極限状態の中で、

生き残りをかけて決死の戦いに挑み、

それぞれの人間ドラマが描かれる。


コレ、最高のエンターテイメントです。

こーユーの日本では絶対作れんなあ、、


ゾンビなのに、、最後は、、泣ける、、

韓国映画!ホンマにスゴい。。


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント