CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
退院はしたけれど。 [2020年05月04日(Mon)]
IMG_20200429_091230_copy_832x624.jpg


無事、、母は退院致しました。


手術代やら諸々、、高いですね(☉。☉)〜。

国からの給付金、いただく前に使っちゃった母、、

ま、、いっか(笑)


病院からそのまま馴染みの美容室に直行、

気持ちよさげにシャンプーしてもらってました。


お花が大好きな美容室の先生〜。

とっても素敵でしょう!!!


IMG_20200429_091224_copy_832x624.jpg



去年、ひたち海浜公園のネモフィラの写真見せたら

すっごく羨ましがっていた先生ですが、、なんのなんの。


「ヨキちゃん、見て見て!」って。。

お店にはこんな素敵にネモフィラが咲き誇ってて!

わあ!!って。ビックリしました。


お花を育てることのできる人、尊敬します。

私、お花大好きなんだけど。。枯らしてしまう。


話は戻ります。。。

病院では、例の素晴らしい先生に退院前にお会いして

納得のいくお話を伺ってきました。

面会は不可でしばらく母の顔も見ていなかったけれど

なんと面会室に母も呼んでくださった。


久々に見る母の顔。お互いに手を取り合って、、

痩せてしまった母の姿に泣きそうになりました。


なるべく早く退院したいと母は言ってたけど、

便が出て出血しないのを先生が確認したいので、

とりあえず最初の便を待ちましょう、とのこと。


時間かかったけど、出血してる憩室をやっと見つけて

ゴムで処置した様子を図解付きで丁寧に説明して下さり。

とにかく最初のウンチ次第!だと。


ほーんと良い先生でありがたいです(泣)


そんなわけで、、

その最初のウンチがめでたくお目見え。


退院できたのは良いですが。。

いつもの入退院より、ずっとダメージ大きいです。


身体もペッチャンコ。精神的にもぺっちゃんこ。

気力も衰え、、言ってることが定かでなかったり。。

私に辛辣な言葉を吐いたりもします。


でもね、、この年齢で必死に耐えてもがいてる姿見たら、、

たしなめる気にはなりません。。

私もそりゃ、人間出来てないから(笑)情けなくなったり。

どうして?と思ったり。。


でもそこは!!

100%、受容、です。それに徹するしかないのです。

言って聞かせる時期はもう過ぎていきました。

それがわからない人もいるんだけど、、


こうしてそばで母に寄り添える幸せをかみしめています。

生きているからこそ、叶う親孝行、ってやつです。


罵られても?叩かれても?

おかあちゃーーん!って、甘えに行きます(*^^*)


3度の食事。お風呂、一緒に横になって、天井見上げて

ひたすら昔話を聴く時間。アクティブリスニング!

(カウンセリングの勉強してて良かった。)


そして、頭が痛いときには軽くヘッドマッサージ。

(施術者で良かった。)


母の大好きなスイカをスーパーで見つけたら嬉しくて。

今夜はきっと喜んでくれるな〜(^o^)、って。


まだまだ母の体力は戻りません。

時々、いろいろな事を危惧して泣いています。


母を完璧には救えません。こんな親孝行?な私でも!


自分の人生をどう締めくくるか、って、、

やっぱ最後は自分なんです。


母がうまく自分の人生に折り合いをつけて、優しく笑って

この世を終えてくれれば。本当に嬉しい。


私はそれをフォローする第一号、みたいなもんだから。


東京のことが気になりますが。。


私の最後はまたスナフキンにように、何処かを

一人さすらって終わるのも良いな、、



トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント