CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
ワインの物語。 [2020年05月10日(Sun)]
IMG_20200415_170951_copy_780x1040.jpg


春のワイン、実家に配送してもらいました。

と、言いましても、母が入院する前のこと。


いつものように届いたアズッコのワインに心が潤う。

ただ、、お財布ピーピー状態ですんで、、。゚(゚´Д`゚)゚。

3本で我慢です。


IMG_20200415_171013_copy_1040x780.jpg


じっくり読ませてもらいましたよ〜。

毎回楽しみな裏ラベル。


IMG_20200415_171048_copy_1040x780.jpg


裏庭で採れた金柑で作ったというマドレーヌ。

グラナパダーノ、ブラックペッパーのビスケット!

ワインのツマミとしてもイケル。


私はこれに、大好きなチーズ、、

コンテ・ド・モンターニュの20年熟成ものを持参。


IMG_20200415_171250_copy_1040x780.jpg


地元の幼馴染にすぐ連絡して、、

新着ワインのテイスティング会を企画しました。

3蜜ではないのでご安心を(笑)


3月に帰ってきて、初めてのフリータイムでした(泣)

それもたったの2時間。

それも、母の入院前のことです(٥↼_↼)、、

自分のための時間が全くなくなって。

2時間ですが、笑って語って、けっこうスッキリ。


病み上がりだったので、ワインは一口なめる程度に。

でも!十分美味しさが伝わりました。素晴らしい!


彼らと一緒にトスカーナの農園で仕事をしたのは1年ですが。

いろんな経験を共有し、今もこうしてご縁が続きます。

地元に根づいて葡萄を育て、良質のワインを作り続ける彼ら、

今やメディアにも引っ張りだこ。


昨日のことですが。。

お世話になり続けたイタリアの農園のチーフからメッセージ。


年金生活に入り、とうとう農園の仕事を引退したよ、と。


その1文だけで、、涙あふれそうな胸アツな心情が伝わった。。

畑が全てだった彼。畑にいてこそ輝きまくっていた彼。


どんなに寂しいことだろう。。

彼の底なしの明るさと、人懐こいキャラがあったからこそ、

初めての外国の農園暮らしにもすぐ慣れた気がするし。


この農園に日本からどんなお客さん、グループを連れていっても

あの完璧な笑顔、ホスピタリティでもって歓迎してくれた。


もう、感謝。感謝しかない。


私とは2年、そしてツアーでお邪魔したときの期間だけでしたが、

変わらず、メッセージや電話をくれて。

早く戻ってこい!と、そればかり言われたよ(泣)


「ヨキータやazuたちと一緒にいたあの時期が最高だった。

あのときの毎日の輝き、幸せを絶対に忘れないよ。」


そう、言い続けてくれた大いなる人生の師、というか。仲間!


オーナーと、一度だけ訪れた日本。アメイジングJAPAN!


新宿の高層ビル50階?の居酒屋で、、恐れおののき(笑)

ガラス張りの窓には絶対に近づけなくて腰が引けてた。


トスカーナでは、猟銃持って山を走るオッサンなのにね!

ホントに魅力的なトスカーナ人。


あの農園に彼がいないなんて、、

志村けんのいない芸能界みたいだよ。。


いつか、、また、、かの地で、、会えるのかな。。

新型コロナの勢いに耐え続けたイタリアの人たち。


すべてが収まって。お金たまったら、、恩返しの旅を。

しようかな、、最後に、、やっぱちゃんと御礼言いたい!


話がずれちゃった( ̄― ̄٥)、、



トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント