CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
ジョジョ・ラビット [2020年02月06日(Thu)]
182668_02[1].jpg


これもアカデミー賞にノミネートされてます。


あらすじ

舞台は、第二次世界大戦下のドイツ。

心優しい10歳の少年ジョジョは、

空想上の友逹のアドルフ・ヒトラーの助けを借りて、

青少年集団ヒトラーユーゲントで立派な兵士になろうと

日々、奮闘していた。

しかし、ジョジョは訓練でウサギを殺すことができず、

「ジョジョ・ラビット」という不名誉なあだ名をつけられ、

先生、仲間たちからもからかわれてしまう。

そんなある日、母親と二人で暮らしていたジョジョは、

家の片隅に隠された小さな部屋で、

ユダヤ人の少女が匿われていることに気付く。

ジョジョの生活は一体どうなってしまうのか!?






001_008_JR_08452-08452_g_r709.000000LR.jpg

10歳のジョジョが、ユダヤ人の少女との出会いや、

彼の知らない母親の別の顔に衝撃を受けたりもして。

やがてナチスへの憧れから脱却、大きく変わってゆく。

ジョジョの目線で戦争の悲惨さを描いた作品。かな。


最初は笑いが起きるシーンもあったのだけどね。

ジョジョと一緒に胸が痛む、、痛すぎ、なシーンも。

ユダヤ人の血が入った監督がヒトラーを演じたらしい。


64000.jpg

母親を演じたスカーレット・ヨハンソン!

なんだろ、、彼女が出てくるとなにか画面が華やぐな。

色彩が変わるというか。。。

独特な香りが漂ってきそうな、、好きなんです。

この映画のスパイス、、とまではいかないけれど。

キーパーソン的な、、ジョジョの大事なママなんです。

640[1].jpg

ドルフ大尉を演じたサム・ロックウェルも素敵。

ネタバレ書かんが(笑)見事な演技で素晴らしかった!


201911BTs1NrOhOH.jpg

20191226-00000021-flix-000-3-view[1].jpg

でもって、、何とも言えないご愛敬キャラが、、

友のヨーキー。とっても良い味出してました。


ジョジョ役のローマン・グリフィン・デイビス君、

なんと!これが映画デビューらしい。スゲ!


他のお客さんは泣いてましたが。私は、、

泣くほど揺さぶられるものはなく。。鬼か〜。


惜しいのは、、全編、英語だった、ことかな。

「言葉がわかんないよ!と。

とジョジョが米兵につまみ出されるシーンもね、、

いやいや、オタクら、同じ英語しゃべっとるで。

なんて、一人でツッコミ入れてた、、(*´Д`)


良くできた脚本だし。

俳優さんがちゃんと魅力的に演じてるので。。

とても評価は高いだろうな、って思います。


観たのは先週なんだけど、、、

そういや、明日から山口だぞ、って焦って。


今頃、書いてます(*´Д`)、、、

寒いなあ、、、今日は風の音が部屋まで伝わるよ。


フラメンコ、行きたくにゃい〜〜〜。


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント