CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
米寿ですって。 [2020年01月25日(Sat)]
thumbnail_IMG_20200123_104926[1].jpg


今日は、、、なんとなく、、、

体調よろしくないなあ、、と思いながら目覚めて。

朝食はいつものように食べたのだけど。


すぐにベッドに戻りました。。。

大して熱も上がらないし、微熱が続くぐらいで。

痛みではないが、お腹も違和感。。

ものすごく不調、って感じではないけど。。。


動けない、、:;(∩´﹏`∩);:

哀しくなるね。。突然こんな感じでいつも、、

仕事とか、人との約束とか、、全部ドタキャンだし。


ため息出るわ〜(~_~;)。。。

これからいろいろプロジェクト!始まる、ってのに。


家の中で、いろいろ整理したり。

食事がお粥だけになるので、、

先日頂いたドライフルーツティーを飲みました。

ホッと一息。。。


そんな時に。電話がありました。

懐かしいかた。タマエちゃん。

チベットツアーから20数年?仲良くしてます。


高齢ながら。いつもすっごいハイテンション。

めっちゃ明るいし、ハジケてるんだよね。

母とそんなに変わらないのに!脳がパーフェクト。


時々、電話くださいます。

貴女、元気なの〜〜〜!?って。

いつも私の体調気にかけてくださるんです。


、、今日電話くれるとはいい勘してる(笑)

元気ですよ〜、と言っておいた、、( *´艸`)


こうして電話で時々話しても、、、

歌之助さんの独演会で会うぐらいなんですけどね。


「歌さん、 腕が上がったわね〜!経験は嘘つかないわ、

精進したのよ、人情話が素晴らしかったもの!」


だ、そうです。私、去年行けなかったからな(泣)

そう、歌之助さんのことも最初から知ってんだもんね。


「チベットの旅行楽しかったね〜!忘れられないよ。

イタリアの旅も最高だったね。お父さん、ずっと笑顔で。」


この話、もう何十回もしているけどね(笑)

世界中を旅されてたご夫婦だけど、一番心に残ってる、と。


イタリアで、「かっぽれ」を一人踊ってくれたタマエさん。

外国人だらけでも臆することなく!


今もボランティアで健康体操教えてるそうで。

年中、山登りもしてるらしいです。


「私、何歳だと思う?」という、質問も毎回だが(笑)


今年、88歳になるのよ〜!


お、、米寿!? そっか、そっか、、、


お父さん亡き後も、一人で楽しく生きてるタマエさん。

心臓の手術もして、、腕も骨折して、この数年の間に!


でも、その後、普通に山登りしてる88歳って、、

聞いたことない!!!


気持ちの強い方なんだなあ。。。

本当に尊敬しますよ。


こうなったらさ、、今度皆でお祝いしたい!

米寿って、、赤いちゃんちゃんこ、じゃないよね。

なんだろ、、調べなきゃ!

ド派手な御祝いしてあげたい〜〜!!


なんかめちゃくちゃパワーもらったな。

いいタイミング。ありがたい。


あと30年は固いですね、タマエさん!と言うと。

「そんな、生きたかないわよ〜!コロッと逝きたいわよ。」


ですよね〜〜〜。でも絶対、、100はイケる。

健康なまんまで!ブラボ〜だな。


うちの困ったちゃん、オバアは、、

一週間の、スネスネおかんむり期間が終わりを迎えそう。


ホントに参ったぜ。。。

一週間引きこもり、生きていたくないビーム発射し続け、


今日久しぶりに会ったお友達に、、

どうしたの、顔がいつものと違うわよ!と言われたそうで。

さすがに心を入れ換えるだろう。。(~_~;)


やっぱ、どう一日を過ごしているか、の積み重ね、って。

そのまんま顔に出ちゃうんですね。


全てがもう嫌でどうでもよくて、っていう日々が長いと

そういう顔になってしまうんだよね、、

気をつけよう、、わたしも、、、(;・∀・)


母は米寿はまだ先ですけど。。。

長い年月をひたすら生きてきたことに変わりはない。


やっぱ、尊敬します。。。

戦争を生き抜いて。女ひとりで4人を育てて。

アマゾネスな一家を支え続けてくれた母に感謝。


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント