CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
とほほ。 [2020年01月07日(Tue)]
thumbnail_IMG_20200107_112119[1].jpg


大変です。恐れていたことが。


フラメンコ本番までいよいよ一週間、てときに。

早朝から大学病院の救急へ、、、(T_T)/~~~


夜中に悪寒、、これって、まさかの、、と危機感が。

明け方には40℃近く熱が出て、、

これは病院に行かんとヤバいやつだ、、と。


入院道具やら着替えやら、保険証、特定医療費受給証、

這いつくばって、とりあえずの荷物をバッグにつぎ込み。

寝間着で、道路にしゃがんで、、タクシーをつかまえた。


なんとか救急処置室まで駈け込んで、、、

問診と検温。この時すでに40℃、、、

インフルの可能性もあると検査をしたが、それは陰性。

すぐに点滴してくれましたが、、、


久しぶりに症状が、、疲れが出たのかな、、

昨夜の夕食までは全然普通で、元気でした。


点滴中に、放射線検査連れていかれ。。。嫌な予感。

さっきの採血検査で悪い数値が出たのかな、、って。

これはヤバいのか、、(@_@)。


恥ずかしかったのが、、、

たまたま、昨夜着て寝たのが、、

両ヒジに5センチの穴がパックリ開いてるセーター。

そして、、靴下も微妙に穴が開いてた(笑)


検査のとき、点滴してるので、自分では脱げなくて

補助の方が全部脱がしてくれるのですが、、

全部の洋服に穴が開いてることを、、なぜか謝罪(笑)


私だってそーよ、けっこう破れてるの着てるわよ、って、

フォローしてもらって、かえって恥ずかしかった(笑)


「入院になりますかね、、」と、補助の人に聞いたけど。

どうでしょうね、って。。


thumbnail_IMG_20200107_112245[1].jpg


入院て、、最悪なパターンじゃない???

なんでいつも本番前にこーゆーことになるのか!

打撲のあとは、今度は胆管炎、、、m(_ _)m


てか、フラメンコのことよりも、、、

もし、放射線画像に変なものが映っていたら、、、

もし、再発です、とか言われたら、、、


お母さんのこと、どうしよう、、って。

そればかり考えて。泣きそうになりました。


私は一度もらった奇跡だから、今度何があっても

たぶん受け入れられるんだけど、、、

あの母親を置いていけないよ〜〜〜( ノД`)シクシク…

私がそんなことになったら、、

お母さんは気が狂うと思う。生きていけないかも。


点滴中、そんなことばかり考えた。


なかなか、主治医が来ないので微妙でしたが。

主治医の下のドクターが来て、説明してくれた。

肝胆系の数値は上がっているけど、

手術前後の時のひどい数値よりはまだマシ、

1番危惧していた放射線画像にも変なものは映ってない、


(≧◇≦)よかった〜〜〜。


胆管も詰まってなさそうで、、助かりました。

ウイルス性だと思われる、と。


自己免疫疾患なので、勝手に感染しちゃうんです。


このまま入院してもらったほうが安心だけど、

自宅で一週間、抗生剤飲み続ける、という選択でもいい、

と、言われ、帰ります〜!(泣)、と。

飛んで帰ったよ(笑) 

予想外の出費、、くやし〜〜〜(≧◇≦)


しばらく安静にしなければ。

ホントに、、やれやれだよ〜。


今、痩せたら衣装ダブダブになって縫わなきゃ、、

↑ ↑ ↑

しっかり出るつもりでいる(笑)


結局、ティエント、まったく踊りこまずに本番ぶっつけ。

やはり、日頃、ちゃんと練習してないとダメだね。

あと一週間で、どーにかしよー、って甘いこと考えてた(笑)


体力落ちないように、ちょっとずつ動かねば〜。


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント