CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
残された者ー北の極地ー [2019年11月16日(Sat)]
みっつ.jpg


見るからに寒そうな映画のチラシで、、、

絶対観ないだろな、、と思ってた(笑)


私、らしくない、、映画を2本観てきました!

同じ日に。もちろんレディースディ(笑)


「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」

「残された者ー北の極地ー」



全然、観るつもりなくって、、ホントは、、

「 IT THE END “それ”が見えたら、終わり。」

でも観るかあ。。と思っていたんだけど。。。


なんか、急に、、マニアックなもの観たくなった(笑)

よっしゃ!行くで〜〜、って。この二作、決行!


予想通り!めっちゃよかった。面白かった。

もう、時間を得した気分だよ〜。


こーゆう時、東京で良かった、と思う。

地方ではなかなかやってくれない題材。


ではまず、、残された者ー北の極地ー


デンマークの至宝、マッツ・ミケルセンが、、

(先日紹介した、アダムズ・アップルの神父さん)

https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/daily/201911/07


飛行機が墜落し、厳しい北極の地に

たった一人取り残された男を演じるサバイバル映画!!!


冒頭シーン、すでに事故は起きていて。

生き延びながら、毎日のルーティーンをこなす、という

そんな淡々としたシーンから始まる。ドキュメンタリー風。


3.jpg


あらすじ:

飛行機事故で機体を北極地帯に不時着したパイロット、

オボァガードは、壊れた飛行機をシェルターとし、

白銀の荒野を毎日歩き回り、魚を釣り、救難信号を出す、

自ら定めた日々のルーティーンをこなし、救助を待っていた。

しかし、ようやく救助に来たヘリコプターは強風で墜落、

女性パイロットは大怪我を追ってしまう。

瀕死の女を前に、ついに自らの足で窮地を脱しようと決心する。

危険は承知。しかし、行動しなければ女に未来はなく、

自身にも明日は来ないかもしれない。

現状の安住を捨て、勇気ある一歩を踏み出すが・・・。


最初のシーン、ひたすらシャベルで雪を掘ってて、

こんな極寒な環境で何してんだろ、、と思いきや。


ドローンかなんかで、空から撮影したのがこれ!


↓ ↓ ↓


Arctic-825x510.jpg


大きなSOSの字!!

こんなもの、作ってたんだ(泣)(T_T)/~~~

毎日やらないと雪でつぶれちゃうんもんね!


ほんと、良く出来てる!脚本、とてもいい。


しかし、、孤独な闘いだなあ。。。

大自然の脅威に立ち向かう、究極のサバイバー。

私だったら、、絶望しすぎて即死する( *´艸`)、、


待ちわびた救助のヘリまで墜落。そのショックって。。

死刑宣告みたいなものですよね。。


生き残った女性もヒドイ怪我をしていて、、

もはや危篤状態。名前も言えない、てか互いの言語も違う。


2人分の食糧なんて残ってなさそうだし。

防寒具も、、寝るスペースも、、

普通なら、こういう極限状態であれば、、

女性を見捨ててしまうのではないか、、と思う。

こういう時に、人間の理性を保ち続ける、ってスゴイこと。


そう、彼は、、見捨てないのである。

自分を助けに飛んできた人でもあるしね。


必死に怪我の手当てをし、水を飲まし、

最低限の食事を与え、、残された家族らしき写真を見つけ

彼女のそばに置いてあげる。。優しすぎる、、、

日に日に衰弱していく女性の姿に、、ある決意を。

・・・その続きは、、ま、、映画観てください(笑)


それにしても、映画を観てる間、、ホント私も遭難してる?

っていうぐらい、リアルすぎるこの臨場感。

寒いし、痛いし、寂しいし、、(*´Д`)


撮影は大変だったようで。アイスランドだったかな、撮影地。

吹きすさぶ風や、吹雪、気温はマイナス!20〜-30℃、

こんなところでよく最後まで彼は演技続けたなあ、、って。


あの、デカすぎる白熊の雄たけびと牙、、リアルで怖かった。

あんなのと戦う余力も気力もとうになくなっているはず。





たぶんね。アウトドア族が観たら、これ、神!


56.jpg


時計のアラームの使い方がとても良いんです。

彼の一日は、アラームから始まるのですが、朝起きて

まず、石で作った死んだパイロットのお墓に行って。


先程の「SOS」がつぶれないように掘り続けたり。 

手回し式の救難信号?発信器を動かしたり。

空き缶が鳴ると、、魚が仕掛けに引っかかってる。

唯一の食糧であるこの魚、なかなか身もしっかりして

ナイフで食べるとこ、、生唾が出ましたけど、、


朝、昼、夜、一日のサイクルをアラームの音で区切り。

ちゃんと、人間の生活を続けようとしているんですよね。

そうでもしないと、あの状況に一人では、発狂するだろな。


私なら。どうするだろう。って何度も想像した。

ここで、リタイア。もう生きることやめるかも。

いや、最初からもう冒険はしないな〜。出来んわ。


32c[1].jpg

孤独に耐えながらサバイバルに生きていたわけですが。

彼を次の行動へと動かしたのは、、、


340[1].jpg


息も絶え絶えとはいい、もう一人の生存者の存在。


人はひとの為になら動ける


って、ことでしょうか。ですよね。


目の前に立ちはだかる絶望的な路なき道。

一度は瀕死の彼女を置き去りにしようと決意したのだが。


maxresdefault.jpg

彼女のもとへ戻ってきたときに、、

瀕死の彼女が、、初めて口を開いて、、

「ハロー、」と声に出したんです。


それを聞いて泣き崩れるわけです(泣)

ごめん、本当にすまない、と泣きながら懺悔する。


いやいや、、アナタ、、もう神レベルでしょが、、

極限のサバイバル中に、人の面倒見るって。。


まっつ6[1].jpg


ラストもね、、よく考えられてると思います。

なんとなく、そうなんだろうな、とは思っていたけど。


とにかく、、役者の持ってるものだけで勝負のこの映画。

本当に圧倒されましたよ。


あの長丁場をほとんどセリフなしで、、

その表情、息遣い、目、手、足、だけで、、

たった一人で魅せてしまう恐ろしさに感じ入った!


何度も何度も心が折れて。それでも前へ進んでくすご味。

一緒に泣きそうになったべ〜〜〜。


アイスランド、制作国。スゴイ映画、作るよなあ。


そんでもって、、この日もう一本観た映画が、、、

T-34 レジェンド・オブ・ウォー

制作したのが、おそロシア


戦車オタクでも何でもない てか、どちらかというと嫌い。

ドンパチものなんて、、、韓流ではよく観てるけど(笑)

なのに、、めっちゃ萌えてしまった〜(≧◇≦)


なぜか!そそられて、とうとう観てしまったこの二本。

しかも同じ日。レディースディのなせる技。

期待通りの秀逸な2本の作品でありました。


、、人には「面白いよ!」って勧められない作品ですが。

マニアック過ぎてね(笑)。


でも、マニアック、喜んで!っていう人は是非観てほしいな。

絶対忘れられない一本になるから。

特にこの「残された者」はね!


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント