CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
JOKER(ジョーカー) [2019年11月24日(Sun)]
1_3s7pssypomhybqithn0la.jpg


巷では大ヒットしていますね。ジョーカー!


この映画については、、

あまりちゃんと書けないなあ、、、( *´艸`)


哀しすぎて。

文章にはしずらいような。。。


ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞、

アカデミーの有力候補ともされている「JOKER(ジョーカー)」、

公開に先駆けて異様な盛り上がりを見せているのと同時に、

映画館が観客へ向けた警告が話題になっている。

陰惨過ぎるストーリーに影響され犯罪に走る人を懸念し、

アメリカでは異例の犯罪注意警告多数。



これ、めっちゃ大げさやろ〜、っと観る前は思ったが

でも、、今のアメリカなら、大げさ、ちゃうかも、って。

観終わった後、そんな気持ちになりました。




368253_011.jpg


ホアキン・フェニックス演じた、巨悪なジョーカー。

彼の凄みのある圧倒的な演技がこの映画の全て、です。

鬼気迫る演技、と言いますか。

笑うところではないのに、笑うつもりではないのに、

大きな声で笑い声をあげてしまうのだが(病気のため)。

目が笑っていない人の引きつるほどの笑いは、、怖い。


精神に問題を抱えているアーサー(ホアキン)。

要介護の母親の面倒を看ている、しがない大道芸人。

精神を患い、治療を続けながら、仕事を続けている。

が。当然ながら、何もかもがうまくいかない。

負のスパイラルに陥ってしまった大道芸人アーサーが。

最後には恐ろしいジョーカーに変貌する。


これには、貧困などの格差社会や、人種差別問題も絡み。

社会的弱者が痛い目にあう世の中への反逆だったり。

表舞台でのうのうと豊かに暮らしている者たちへの制裁。

アーサーは終盤、カリスマと化すわけです。


368253_006.jpg


彼の行為は犯罪行為でしかないのですが。

スイッチがオンになって、凄惨なシーンが続き、

最後、弱者たちに称えられるアーサーに、、、

、、なんだか納得してしまう自分が。

よし、、ってな感じで(;・∀・)、ヤバいわ、、


そこまで私たちに感情移入させてしまうほど、

ホアキンの怪演、スゴカッタと思います。


スタンド・バイ・ミー、という映画覚えていますか?


mig.jpg


薬物の過剰摂取で23歳の若さで急逝したリバー・フェニックス。

彼の人生は相当、いろいろあったようですが。。


o0480037311368159276.jpg

うーん。やっぱ、長生きできないタイプの顔だ。

久々に見るけど、麗しすぎます。


でね、、なんでそんなこと書くかって言うとね。


このジョーカーを演じたホアキンは、、、

あのリバー・フェニックスの弟なのであります。


リバー、生きていたらもっとオッサン、なんだなあ、、と。


亡くなったのはホアキンと出かけたナイトクラブ。

病院に搬送されて死亡が確認されたとか、、

人生、なにがどーなるか、わからんもんすね。


368253_010.jpg


司会者をロバートデニーロが演じているのだけど、、

このシーンを彼にやらすんだ〜、って。衝撃だったな。

でも、、だからこそ、忘れられないシーンかも。


368253_001.jpg


この涙が、、この映画の全て。

次々と不幸に襲われ、苦しみ、嘆き、パンツ一丁で踊り狂う。


骨ばかりの肢体。彼の動きはしなやかで、

不思議なんだけど、妙に魅力的なダンスを踊り続けて。

そーゆうシーンも、、瞼に焼き付く感じだな〜。


実によく作られた脚本だと思います。

複雑すぎて、やはり、ブログなんかにはまとめられません。


映画の内容に、救いはないんだけれど。でも、、

ホント、、魅せられました。


ラストに行くにつれ、、、本当に本当に

どんどん。魅せられてしもうたのです。


高校一年生のことですが。

(私は結構、悪ふざけをする出来の悪い生徒!)


、、現代国語の時間に。

詩を書けと言われて、、わたくしの選んだタイトル。


「狂人の詩(うた)」


訳の分からない言葉を羅列しただけの、、、

オチャラケ、100%の、、、

当時、大好きだった戦隊ものアニメまで登場させて。

思い出すだけで、、背筋が寒くなるほどの、、作品。


、、わからないものですね。そんなふざけた私のポエムが

オタク気味の現国の先生に大絶賛されてしまいまして。


「これほど哀しみのあふれる狂人の詩は読んだことがない。」

という、評価、、、どう思います?(笑)(*´Д`)


しかも!他の学年、他のクラスでソレを朗読したと聞いて


ヤバすぎ、、


でも、、あの日、私は、、確信したかもしれません。

ひょっとしたら、そっちの世界の人間なのかもなあ、って

アブノーマルには違いないだろう、と、、

思うようになりました。普通ではないわ、、m(_ _)m


だから、、このジョーカーには、共感するばかりなのでした。

ピエロのお仕事って人に笑いをもたらすものだけど。

笑いの何倍も、哀しみが寄り添っているよね。。。


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント