• もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
吐く。 [2019年06月21日(Fri)]
IMG_20190618_132550-816x612.jpg



岩国は、、素材がいいはずなのに、、、

食文化は高いレベルとは言えません。


美味しい、とか居心地いいとか、そういう観点からズレて

良いお店が育ちにくい気がします。


今年三回目のこのお店は、、

居心地だけは素晴らしいです。車で20分ぐらいかな〜。

センスも良くて、、お味はまあまあ、、頑張ってる。


先日母と行ったランチのこと書こうと思ったのだけど。

先にちょっと吐き出させてもらいましょう。。

( >Д<;)吐かせてたも〜れ(笑)


まず。東京から帰ってきて早々の夜。


よっぽどたまっていたと思われる。

聞いてくれる人がいないから、私の帰りを待ちわび、

顔を見たとたんに、放出が始まった。ダムの大放水。


電話でも毎日毎日聞いてますけどね\(_ _)。。。


もう、聞いてられない最悪な母の妄想です。


もう、絶対に許されん、アレとアレのアレ。が、どうのこーの。

溜めにためた、憎悪の吹きだまりはダム底の汚水のように

とてもアタクシのお耳には入れたくないものでした。


表情も変えずに知らんぷりしていたら。。


ふかーいため息をついて。

牛が吐く二酸化炭素と一緒ですな( ´゚д゚`)、、


「もう、お前は私に疲れたやろ。」と母。


もう、わしは、我慢ばっかりしてきてもう限界や。

生きていたくない。早く死にたい。


今度はそういう言葉を並べ始めた。。。

帰宅して早々、これか、、と(>_<)。。辛い。


私はひたすら無言で。そこに座っているだけ。

そんな私の様子に、、ハッとワレにかえったのか。


「でも。一番我慢してきたのはアナタやね。

どんなことされても言われても、我慢しとるな。。」


そして、、「ごめんなさい。。。」と。


ちゃんとソレが言える母がいいな、と思えるので、

そのあとは一転ニコニコして甘えてあげる。


母も溜め置いたものを吐かずにはいられないのだ。

辛いんだと思う。


で。問題はそこから。


母は夜中、足の痛みで叫びまくることが度々あって。

その夜も午前3時ぐらいに呻き声をあげたので、、

1時間ぐらい、足をさすってあげたかな、、


その度に強い薬を飲むので、、心配なんだけど。

目覚めも悪く、とても不機嫌。


また始まりました。。。

爽やかな朝食の時間だっていうのに!


朝っぱらから、金、カネ、金、、の話です。

般若の形相。((( ;゚Д゚)))怖い〜。


絶対金を奪い返す、このままじゃ死んでも死にきれん、

バカにしやがって、ボケ扱いして許さん!

とかなんとか、、、もうウンザリ〜( >Д<;)

聞くに耐えないです〜(泣)


私がひどく嫌な顔してるのにも気づかない。

両耳に手を当てて拒否してるのにお構い無しで

鬼はツバ飛ばして毒を吐き続ける。


もー、ダメ。わたし、また壊れる!と。

心臓がバクバクして、何かがぶち割れるんです。


大きな音を立てて、その場から走り逃げ、2階の自分の部屋に。

ドアを閉めて、両耳に手を当てたまま震えまくってた。


ビックリした母は、、


ヨキちゃーん、ヨキちゃーん、と私の名前を呼び、

どこにいる?と探していた。。。


。゚(゚´Д`゚)゚。もう、ダメだ、、わたし、、


ビックリマナコの母はやがて私の部屋に入ってきて。

私の様子に、心底驚いてた。なぜ驚く??


私はずっと聞きたくない、って意思表示してたよ!

今朝だけじゃない、もう、何十年も!


どうしたの、いったい!って、、、


泣いてる私に驚いて、母はわんわん泣き始めた、、


ごめんなさい、ごめんなさい、

お前に言っちゃいけなかったのに、

お前しか聞いてくれる人がいないから、ついつい

また言ってしまった!もう、言わん、絶対言わんから!


許してくれとオイオイ泣き叫ぶ。。


違うんだってばよ、、、

貴女が毒を吐くことに閉口している訳じゃないんだってば。


毒を身体の中に蓄積してどんどん貴女が壊れていくのが

本当に辛いんだってばよ〜〜( ω-、)


寂しいからって、全てシャットアウトして、

アレもコレも憎んで憎んで。


人生の終盤に抱えるものが全部それでは辛すぎるじゃん。

一つ一つ、解決していけば、それでOKなハズなんだけど。

もう、母のハートは強く閉じてしまっていて。

状況はかなり厳しい。


「お前一人、犠牲になって。かわいそう過ぎる。」


だから、もう帰ってこないで。

お前は私に構わず、東京で楽しく暮らして。


お前を苦しめてしまった、と思うと、

自分に腹がたって腹がたって。死んでしまいたくなる。


母は泣きながら、いつものパターンを繰り返し始める。


自分がこれ以上老いぼれたら、もう、誰も手に終えなくなる。

お前にもう無理や。このまま醜く死んでいくから

お前はもう見限っていい、、なーんてことを。。


思うに、ここ数日でめっちゃくちゃお金のことが不安で

妄想もひどくなってる気がします。。


そう、原因は、、、あの金融庁発表の、、、

老後2000万問題です、いや3000万になったよね。


おい、財務大臣!


老後のお金の心配がないアナタタチガ、

不安でいっぱいの高齢者の心を更に不安にさせて!


いい加減にしてくれよ!

皆、死ぬその日まで、不安で不安で生きてくんだよ!


と、私も、、お国に吐いてみたりする。(笑)


だがね。一番しんどかったのは、、


その日の夜、でした。。。


長くなったので。また続きは明日、吐きます(笑)




トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント