• もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
努力も才能。 [2019年06月15日(Sat)]
thumbnail_IMG_20190615_211541[1].jpg


今夜はまたまた、赤坂のノベンバーイレブンス。


ソリスタデビューを迎えたのは、、、

私のフラメンコ史の初日から一緒にやってたヒト。


これまでいろいろ大変だった様子、何度か連絡きましたが。

頑張ってたと思います。。

一徹センセの顔が全てを物語ってました(;・∀・)

母親みたいな気分なんだろうなあ。


そして、私は、自分のソリスタデビューを思い起こして。

手前みそですが、、、

あの仲間は最強だったなあ!ってやはり思うのでした。

踊りもですが。ハートがたまんね〜、チームでした!


さて。さて。


時間がたちすぎてしまいましたが。


昨年の秋に「ソリスタ・デビュー」したフラメンコ友達が

5月に再び、ライブ出演をしたので応援に行きました。


それを書こうとずっと思ってたんだけど、、、

めっちゃ遅れてしまった〜( *´艸`)。


数回、彼女のレッスンを見せてもらったのですが。

先生に言われた課題などを一緒に考えながら練習して。

前回とは比べ物にならないぐらいに上手くなってて仰天。


数か月でこんなに足が打てるようになるものなのかな、、

てか、もう、私なんて先輩ヅラして教えられない(笑)


先生もその上達ぶり、頑張りように満足しているようで

スゴイよね〜、と本番前から言ってました。


リハーサルはダメだった、との本人談でしたが。

本番は素晴らしかったです。


この日のために、どれだけの時間を費やしたんだろう、

一人でコツコツとスタジオ借りて練習したんだろう!


お仕事を持ちながら、家庭がありながら、

ライブの準備をするって、本当に大変なんです。


自分は全然ダメだ!と、打ちのめされるところから始まり。

ホント、フラメンコなんて、もー、やりたくない、と

(私の場合は)何度も放り出してしまいたくなったし。


でも、そういうのから逃げず、頑張ってきたんだ、と。

彼女の数分間のバイレからメチャクチャ伝わってきて。

不覚にも、、涙がこぼれそうになりました。


私は人さまの踊りで感動して泣くことなんてほぼない。

最近はちょっといろいろあって涙もろくなってるかな(笑)

熱くなるものがホントにあって、、、


「努力」はしっかりと結果を出すんだな、と。

そして、自分は全然努力してないなあ、って反省も。


ホント、上目線でアドバイスなんてして恥ずかしい(笑)

( *´艸`)ばかばかばかーーー。


先生や仲間に祝福されて、とってもいい笑顔でした。

踊ったのは例の?キャンディーズのお一人さんでしたが。


キャンディーズの「ボスさん」が、、、私の耳元で、、、


「私はおめーさんを推してんのに、なんで出ない!」

と、、(;^ω^) ですよねーーー。


お金時間体力があればでるよ〜。」

と、いつもの逃げ口上。まんざら、ウソじゃないが(笑)


そしたら、なんて言ったと思います???

キャンディーズのボスさま、、、


「お金なら、私、だすよ!出してあげるよ!」


彼女のその一言で、また私の涙腺が〜〜!

やば〜〜〜い(´;ω;`)ウッ…

マジで涙がぽろぽろ〜〜。


優しいなあ、みんな。

「私も出しますよ!」とかね、、、(泣)


クラウドファンディング形式にしますか(笑)

それ、いーーーーね!(≧▽≦)



トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント