CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
こんぴら歌舞伎! [2019年04月16日(Tue)]
thumbnail_IMG_20190407_153759[1].jpg


日にちをチョイ、一週間前に戻すと。


岩国から在来線、広島で新幹線に。

そして岡山で特急「南風号」に乗り継いで。

たどり着いた「琴平」駅。3時間弱、って感じ?


なんで、近場って時間かかるんだろうね。。。

東京のがうんと近いぞ〜〜〜( *´艸`)


かなりローカルだけど、岩国のがさらにローカル(笑)

琴平駅前の枝垂れ桜が目に入ったとたん、

今日はイケる。もう大丈夫だな、と確信。

(そう、この日メンタル最悪で泣きながらの旅だったから。)


でね。お宿も良かった〜。

歌舞伎シーズンを狙ったような一人旅コース。

ツインのシングルユース、もったいないような。

思ったよりずっと良い部屋で嬉しかったな。


thumbnail_IMG_20190407_152400.jpg


thumbnail_IMG_20190408_084056.jpg


お山がよく見える。

なんか、いーな。四国。


thumbnail_IMG_20190408_084030[1].jpg


ここで半日ぐらいボ〜〜と寝っころんでいたいな。


thumbnail_IMG_20190407_181839[1].jpg


これは夜の讃岐牛の石焼。


thumbnail_IMG_20190408_072925_1[1].jpg


朝ごはんがとっても良かったな。


thumbnail_IMG_20190408_072915[1].jpg


生姜鍋。

その場で作ってくれるシーザーサラダ。


thumbnail_IMG_20190408_072911[1].jpg


鰆?の一夜干しを自分で焼く。

出来たての玉子焼き、ふわふわ。


thumbnail_IMG_20190408_094139_1[1].jpg


宿の裏から山に登る細い階段がありまして。


thumbnail_IMG_20190408_094209[1].jpg


登りきったら、山道をしばらく歩く。


thumbnail_IMG_20190408_094346[1].jpg


thumbnail_IMG_20190408_094329[1].jpg


山の中にも桜が咲いていたりね。

桜以外にも赤いカワイイ花が咲く木があったな。


10分も歩けばホントは最終目的地に着くはずなのに

何度も立ち止まって、、

風に吹かれて桜の花びらが散ってゆく様子を眺めてた。


ただただ静かで、、小鳥の鳴く声だけが聴こえてきてね。

最高に癒された〜!空っぽになれた。心も頭も。


もう、、歌舞伎観るまでもなく、気分は最高。


なーんか、、最悪な一日だと前日に思っていたくせに

そんなん、どおでもいいっすな!って笑けた〜。


thumbnail_IMG_20190408_095758[1].jpg


すると、、金丸座が突然現れた!


山抜けたら、ホントに到着しちゃうんだ!

すっげーー。


thumbnail_IMG_20190408_100250[1].jpg


わ〜〜〜。


thumbnail_IMG_20190408_100236[1].jpg


thumbnail_IMG_20190408_100236_1[1].jpg


既にたくさんの人が。。。

バスツアーで来てる人がほとんどかな。


201904_konpira_fff_9e2fb62701be93175c52f0db85075ad7[1].jpg



第三十五回記念 四国こんぴら歌舞伎大芝居

会場名:旧金毘羅大芝居(金丸座) (香川県)


義経千本桜 すし屋

心中月夜星野屋


中村勘九郎/中村七之助/市川中車/片岡亀蔵/

中村虎之介/中村歌女之丞/中村扇雀


img891_img866_file.jpg


こんな感じです。写真よりコンパクトでカワイイ。


thumbnail_IMG_20190408_101027[1].jpg


2階の桟敷席。こんな感じ。


thumbnail_IMG_20190408_101032[1].jpg


私は桟敷の一番はしっこ。1の1番。

微妙だな、と思ったが、、、


thumbnail_IMG_20190408_101651[1].jpg


舞台の上に座席があるようなもんでして。

一緒に演じてる気分だったです。

、、、だから最高!


thumbnail_IMG_20190408_101208[1].jpg


thumbnail_IMG_20190408_102631[1].jpg


めっちゃ面白かった〜。

死ぬほど笑ったよ〜〜〜。


勘九郎、七之助、中車の爆笑コント、最高〜!


中車(香川照之)の昆虫ネタでまず爆笑。

出すんだ(笑)。虫ネタ、、( ゚Д゚)


中車と七之助のコントもバカウケ。

自分達で、オモダカヤ!って屋号飛ばしてた(笑)


途中まで小道具いじって働いてた一人の黒子が

妙に会話に反応するな、と思ってたら、、


突然、黒子の服を脱いで!あっ?勘九郎??

「いだてん」金栗四三の熊本時代の着物に早変わり、


しまいにはそれも脱いで!

日の丸のオリンピックのユニフォームになって(笑)


熊本弁でセリフがんがん飛ばして(笑)

とつけむにゃ〜!
と叫んでたよ〜〜(=゚ω゚)ノ


んでもって、花道を、、、

スッスッ!ハッハッ!と、金栗走法で去っていった(笑) 


最高だったあああ!!!


2mぐらいの距離で勘九郎さんがとつけむにゃー!って。

ホント、いい席であった。


中車なんて、入水して川へドボン、というシーンで、

セリから再び出てきて、客に向かって、水はいてた(笑) 


カマキリ博士と七之助夫婦の化かしあい心中。

ギャグオンリー。爆笑の嵐。

笑いのセンス、一級品だな〜〜〜。尊敬する!


私の笑い声、林家パー子みたく響いちゃったよ(*´з`)


笑うっていいねえ。ホントにいいねえ。


小屋自体、外気を遮断してないので、

乾いた風が時々吹いてくるし。

ウグイスがホーホケキョ!って鳴いてるの聴こえるし。


そういうの、ホントいいよね。泣けてきそう。


thumbnail_IMG_20190408_151131[1].jpg


瀬戸大橋も雄大で。迫力すごくって。

おお、と、、うなったし。


こんぴらで、ビックリするぐらいさっぱりしちゃって、

悩むのもアホらしって、思えて。


やっぱ旅は良いね!

本来の自分に戻れる気がする。まさに瞬間移動。


でも。金欠の極みで、当分旅はお預けかな。

ううう、、、哀しい(´;ω;`)ウゥゥ


私を待ちわびていた母も、、、

泣いて出て行った私を心配していたと思うけど、、

晴れ晴れとした顔で帰宅した私に安堵してました。

(一週間前の話ですからね)(笑)


二人で、馴染みの小料理屋さんに行って、

めっちゃ美味しい、ママさんのお料理を頂きました。


二人とも超早食い。30分で10皿ぐらい食べて。

しめはおにぎりと南蛮漬けで。ごちそうさま〜〜。


一日、一日、良い日だったと、思うこと。

そんな一日を増やし、続けていくこと。


それが一番の元気になる方法、かな。



トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント