CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
歌さん、スゴイ。 [2018年08月08日(Wed)]
IMG_5703[1].jpg


チベットツアーからのお付き合い。


彼女のご主人もだし、シズコさんしかり。。

一人ずつ、アチラの楽しい世界へ行ってしまった。


あっという間ですね。寂しいです。

でも、彼女はガンバッっておられます。


チベットに行ったのってもう、たぶん23年前。

ん、、彼女、、60代前半だったの???


ひゃ〜〜〜。

もうあの時、高齢者扱いしてたけど!!


めっちゃ、老けてた??それか多少、ごまかし?

ま、いっか。本人がそう言ってんだし(笑)


話は長くなりましたが。。。

歌之助さんに久しぶりに会えて嬉しそうでした。


長生きしてね!( *´艸`)



38442293_2131348900240010_1044815476959477760_n.jpg


一年ぶりの歌之助さんの高座。


「つぼ算」、「船弁慶」、そして

久しぶりに大好きな「七段目」!


この演目、、芝居かぶれの若旦那がいて

生活が芝居一色に染まってしまい、

どこにいても、何をやっても、

歌舞伎調のセリフになってしまう、という噺。


歌之助さんが演じる?その若旦那の、芝居ぶり?が

とにかく、スゴカッタ!


もともと上手いのだけど、、なんか腕が上がった?

歌舞伎役者に見えてくるぐらい。

というか、歌舞伎の舞台が見えてくる!


座っているだけの歌之助さんが、、

大きな舞台を立ち回っているいるかのような迫力。

力入ってたなあ。すごみがありました。


あれだけのセリフの量、、どうやって覚えるの。

膨大も膨大。半端なさすぎ。


しかもすべての言葉に魂がこもってる!

あんなことが出来るひとは、、、


頭がちょっとおかしい人か、、

ものすごい天才か、、、


・・・どっちだ?(笑)


IMG_5707[1].jpg


かんぱーーーーい!!!


IMG_5708[1].jpg


なんせ、高座はヨキータチームが24名。

打ち上げには、そこから21名。


後援者の皆さんより、多いっていう、(笑)

まあ、ファンあっての噺家業ですもんね。


そういえば。。。

私は歌之助さんとはほぼ話すこともなく(笑)


打ち上げ参加のみんな、歌さんが大好きだから、

打ち上げでは話がしたくてしたくて。


そういうの眺めてるだけで嬉しいです。


IMG_5711[1].jpg


ホントに楽しそうでした。

皆、すっごくいい笑顔してたもんなあ。


落語はもちろん、歌舞伎に芝居、浄瑠璃、、

芸事にはめっちゃ目が肥えてる彼らですが、、


この日の歌之助さんの落語を大絶賛。

日ごとに確立されていく歌之助ワールドに

揃いも揃って圧倒されたご様子。


IMG_5712[1].jpg


ライングループの会話では、、

すごい会話が繰り広げられました(笑)


東京五輪では、スーパー歌舞伎ならぬ

スーパー落語でもって、空から聖火片手に

飛んできてほしーなーーー。


今度はいつ彼の落語を聴けるのでしょう。


さて。打ち上げは途中で抜け出して。


さらに続く、ライブのハシゴ。(;・∀・)


人形町から、赤坂見附。


ノベンバーイレブンス!

またまた、フラメンコです。


懐かしのソリスタ・デビューで共演した友人たちが

久々に出演するので、、こちらもやっぱ外せない。


ソリスタ・デビュー、そして二回目のライブは

確か、2016年だったかな。


私はあれから「ソロ拒否宣言」をしていて

いろいろ顰蹙をかっておりますが、、、


やっぱ、ソロで踊るってスゴイこと。

肉体的にも精神的にもしっかり向き合わないと

ホント、人前でひとりでは踊れない。


ずるずる逃げてる私はどんどん退化してる(笑)


この日、頑張って自分のバイレと向き合ってた二人、

二年前とは全然違う姿がそこにありました。


もうベテランの雰囲気だな〜〜〜。

スゴイな〜〜〜。


発表会、来てくれるんだけど、、、

あんなシギリージャ、見せたくねえな(笑)


そして、、ノベンバーイレブンスの親分さんに、、


「おい、生きてるじゃないか。」と声を掛けられ。

生きてるなら出なきゃダメだろ!とおしかりを(笑)


気力ないっス。。今は体力以上に気力がにゃいっす。

すみませぬ。。。( *´艸`)ご容赦を。。。


この日、ハシゴをしてスゴイエネルギーの塊を

一徹先生や、歌之助さんや、友人たちに

バコ〜〜〜〜ん!!!と投げられたけど。


・・・投げ返せないアタシ。m(_ _)m


透明人間の私をエネルギーの塊は

突き抜けてどこかへ行ってしまったようです。



【歌之助台湾2017・イタリア2008・ハワイ公演&国内ツアーの最新記事】
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント