CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
とどめの(笑)お花見。本を抱えて。 [2018年04月03日(Tue)]
P3302632[1].jpg


散り始めの桜がすごく好き。


花吹雪、という言葉も好きだな。


散り始めの桜を花見の最後とするか、、、


思い立って、一人で小石川植物園へ。

(あ、数日前のことです。)


ホントはお弁当でも作って行きたかったけど

空が青々しい朝に行きたいな、と。

思い立ったがゆえに、準備も出来ず(笑)


コンビニでコーヒーだけ買って。

寂しい一人花見を楽しみました。


孤独すぎる(笑)(*´з`)〜


P3302575[1].jpg



ホントに毎日晴れるよね。


このところの夏のようなちょっと暑い日よりも

少し冷えるぐらいの気温のほうが

花見の日にふさわしいな。

花冷え、つうぐらいだから♪



P3302577[1].jpg



ちっちゃい子が嬉しそうに走ってた。



P3302584[1].jpg



やっぱ、朝の空はいい!



P3302582[1].jpg



桜はもうかなり散ってる。

花びらのじゅうたん。



P3302588[1].jpg



ここはとても広いし。

上野や新宿御苑ほど混んでないし。

お酒も禁止だし。

花見の順番どりしてる人なんていないからいい。



P3302599[1].jpg


P3302601[1].jpg



あったかいコーヒー。

ドーナツあたり欲しかった(笑)



P3302609[1].jpg



この日は本を持参しました。

どんな本をもっていこうかな、と悩んだけど。


桜の雰囲気に合いそうなものをピックアップ。


谷川俊太郎さんの著書。

「生きるということ」



久しぶりに手に取って読んでみたくなった。



P3302623[1].jpg


P3302608[1].jpg


P3302625[1].jpg



谷川俊太郎さんのコミュニティの場で、

いろ〜んな人が繋がって。

自分の「生きる」を言葉にしてまとめた一冊です。


それぞれの感性で書き連ねた言葉の束。

なんだか良いのですよ。


ちょっとご紹介します。


P3302622[1].jpg


P3302621[1].jpg


P3302618[2].jpg


P3302617[1].jpg


P3302616[1].jpg


P3302614[2].jpg


P3302611[1].jpg


P3302613[1].jpg


P3302612[1].jpg


P3302615[1].jpg


P3302610[1].jpg



冷めきったコーヒーを片手に、、

1ベージごとにうなづいて共感して。

珍しく、胸がグウうっときたりして。


不思議だけど、、晴れやかな気持ちになる。


仕方ないな。

生きてくかな。生きてる間はな。。



と、観念した気持ちになったりします。


私の「生きるということ」をつぶやいてみたいし

周りの人のそれも、聴いてみたいな、と思う。


本を閉じて寝っころんで。

桜の花弁が舞うのを眺めていましたが。


今なら、何か、つぶやけるかな、と思ったけど。

お昼になり、花見客がどんどん周りに押し寄せて

もう何も浮かばなくなった(笑)、、


生きるということ。

一徹先生の怒声にイラっときて

見てろよ、、と心の中でつぶやくこと。



な〜んちゃってな。えへへ(笑)


桜の花びらが舞うのを眺めて

生きているのはなんだかシンドイ、と思いながら

隣の花見客の弁当の中身が観たくて流し目になり

そんな自分がアホやな、と、思って笑う。




それがこの日の私にとっての「生きること」だ(笑)


アホな事、妄想してたら、、、

寝っころぶ私の横を通り過ぎるときに、

おばあちゃんたちが、私に声をかけた。


「アナタ、ここ特等席よ。ここだけ良く咲いてる!」


やった〜〜っ!って笑顔で答える自分も

すごく、「生きてる」なあ、、、


5歳ぐらいの女の子のモデルがキャミソール一枚で!

外国人のカメラマンにバシバシ撮られてて

こんなに寒いのに!と衝撃受けたり。


小学生のガキんちょたちが突然現れ、

「ソメイヨシノの木に立ちションするってどーよ!」

と、馬鹿笑いしながら走り去る。


男の子はやっぱ幼くてかわいいや(笑)と笑ったり、


それに続く、ヨチヨチ歩きの保育園児たちの行進。

アヒルの列みたいで可愛い、と口角上がったり。


桜の木の下で、この上なく幸せそうなひとたち。

今、眺めてるこーゆう風景こそが!


私の「生きている」だなあ。


P3302629[1].jpg


P3302639[1].jpg



いつの間にか、カメラのシャッターは、

桜よりも、桜を楽しむ人々の姿に向けられた。


どんな家に住んでるんだろう、

どんな関係なんだろう、

どんなお弁当なんだろう、



P3302645[1].jpg



来年、ここに陣取ろう!

桜の枝がドームの屋根のようにしだれて完璧。


もちろん、その時は美味しいお弁当を持って。



P3302644[1].jpg


P3302646[1].jpg



今、目の前の桜を愛でながら

来年の花見を楽しみに妄想すること。


それこそが「生きてること」の象徴だよね〜。



P3302637[1].jpg



この桜も、明日、明後日、、、

完全に散ってゆくんだなあ。



P3302633[1].jpg



今年の春は駆け足で去っていく。


なんだか、いつもより名残惜しい。

そんなに早くいかなくてもいいのにさ。



トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント