CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
七月大歌舞伎 [2016年07月24日(Sun)]
kabukiza_201607fffl_3a25bb3dc1e4b69a54dc8dbaf4127599[1].jpg



行くつもりは毛頭なかったのだけど。


歌舞伎フリークの友人が、、、


「7月大歌舞伎、よかったよ〜〜〜!」と。


ううう。我慢していたのにいいい。


むしょうに行きたくなりまして。


ネットでついつい見てみてしまったのだけど。


なんと。ど真ん中の6番目が、、

一つだけ空いておりまして、、、 


クリック。衝動的に。


「芝居の神様が悪さしたね。うふふ。」


と、その友人が、、(;一_一)、、、


でも、、、本当に素晴らしかったからいいや。


通し狂言

一、柳影澤蛍火(やなぎかげさわのほたるび)

柳澤騒動


二、流星(りゅうせい)

市川猿之助宙乗り相勤め申し候



海老蔵、中車、猿之助、右近、、

それぞれのお芝居は、そりゃもう素晴らしかったですが。


猿之助!!!


やっぱ、彼の踊りはすごい!

見惚れてしまった。


ものすごい身体能力です。


あれだけの動きをあれだけの時間。

日頃の鍛錬と、稀有な才能を感じます。


・・・来世があるなら…


身体の丈夫な男子に生まれて、歌舞伎やりたい…


と、思った後に、、、


女に生まれて宝塚に入りたかったパターンと同じか(笑)…

と気づき。


男が女形、女が男役、、、そういう男女の境界線の

危ういところに私は惹かれるのかもしれません。


なんだろねーーー。


我ながら変(笑)



トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント