CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
20年の重み。 [2015年10月30日(Fri)]
20151016_164737.jpg




先日も載せたんだけど。アゲイン。


翌日に、九州に向かう予定の歌さんを拉致して、

この辺の人なら誰でも知ってる「山賊」にお連れしました。



P1011754[1].jpg


P1011756[1].jpg




夜の方が雰囲気があるのですが。


てか、子供の頃はホントにワクワクしたんだよね。


戦国武将がホントに出没してきそうな、、、

圧倒的な威圧感があったのだけど。


火事でお城も焼けて、、、


オトナになった今見たら、、、ケッコウしょぼい(笑)




P1011753[1].jpg




外にコタツがあります。




P1011757[1].jpg




まあ、すごく美味しいわけでもないのですが。


ここに来たら、、、まずは、、、



P1011760[1].jpg




山賊焼きと、山賊おむすび。




20151016_164712.jpg




がぶっりんこ。




P1011759[1].jpg


P1011758[1].jpg




ついでに、山賊うどん。




P1011762[1].jpg




餅入りのぜんざいも、、、




P1011763[1].jpg




私、ぜんざい、お汁粉に目がありません。


餅、にいたっては、普段の食事によく出てきます(笑)。



P1011765[1].jpg




歌之助さんと話をしているうちに、、、


あ、そうか、と。気づいたことが、、、


今回、妹夫婦の病院の設立20周年だったんだけど。


よーーーーく、考えたら。


チベットで歌之助に初めて出会ったのも、、、


20年前であった。



再び、載せてしまう。歌さん、ごめんちゃん!



019 (2).jpg



なんとも、なんとも、、な写真でしょ(笑)。

不思議やーー。



kakashi.jpg



大学生の落研にいた頃の歌之助さん。


ゼミの先生?に行けと言われて、チベットに来てた彼。


そして、実に変なやからが大集合したツアーであった。


私は自分を普通だと、その当時は思っていたのだが。

結局、ワレも、、、とてつもなく変な人間だった(笑)




ji.jpg



ポタラ宮殿!!!


迷路のようでした。



012.jpg



あれからもう、もう、もう、、20年もたったの、、、


・・・20周年やん。


出逢いに乾杯、やん。



あの年の秋に、妹夫婦の病院ができたのかあ。


実際のところ、、、あの頃。

精神的にヤバかったから。


病院設立とか全然、アウト・オブ・眼中だったかも。

記憶に全くない。。。


ノリータさま、ごめんなさい。

全然、なにもお手伝いしてないね。



されど20年。


それぞれの年月の重みを感じますね。


ノリータも、ノリータの旦那さまも。


私も 歌之助さんも。


別々の道を歩いて・・・
 

大切な人に出会ったり別れたり。

泣いたり笑ったり、踏ん張ったり、絶望したりで。


そしてまたこうして道が交差して、同じ時間を過ごしている。


ちょっと幅が拡がって、少し大人になった面々がいる。


人生ってすごいよね!


20周年記念イベント、うちらもやりたいよね、とか

歌さんと話していてね。


いろいろ妄想しているんだけどね。


みんな、年取ったから温泉もいいし(笑)。


チベットに再び大集合、てのもすごいカッチョエーけど、


無理やなー(笑)


それに、もう、あそこは中国になっちゃったしね。



darai.jpg



ダライ・ラマ14世。


もう、写真すら焼き捨てられているんだろうな。


うん。いい時に行ったと思う。チベット。

行くべき時にね。


95歳になるシズコちゃんにも会いたいしなあ。

皆で集まりたいなあ。


20年て、、あーーーっという間だよね。


ホンマ、いろんなことあったよなー。


今もなお、絆が深まり、

いい刺激を与え合っているなんて、奇跡だね。


人生の四分の一をシェアしてるってね。


感動だね(●^o^●)。


そういや、、、最後に、、、


歌之助さんに、鮨屋で言われた衝撃のひとこと


「この姉妹、相当な天然ですよっ!」


と、、、ノリータ夫に絶叫してたな。。。



そうか、、、





【歌之助台湾2017・イタリア2008・ハワイ公演&国内ツアーの最新記事】
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント