CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
からだ。 [2015年07月17日(Fri)]
laou.jpg



この写真はね、、、



セラピスト仲間の「メグさん」のサロン。


彼女が自宅サロンを始めるときに、

ホームページを作ることになり。


「ヨキータさんに写真を撮ってもらいたい。」


と、言ってくださったんです☆



ストーンブレッシング
 

http://www.stone-blessing.com/index.html


もう何年も前のことです。


当時はまだフィルムカメラだったのですが。


ばんばん撮りまくりましたよ〜〜〜。

責任重大だもん。



telabo.jpg


aka.jpg


iji.jpg




彼女とは「ラストーン・セラピー」のスクールで出会い。


ずっと親しくさせていただいてます。


ハワイツアーにも参加してくれたし。




ishitachi.jpg




「ラストーンセラピー」


アメリカのアリゾナ州発のセラピー。


その起源はネイティブアメリカン。


温・冷の石を交互に使う全身トリートメントは、

身体の芯からリラックスさせ、浄化。


アリゾナの玄武岩。


遠赤外線効果たっぷりの、、、

じんわりと、、、


大理石の冷たさも気持ちいい!


筋肉のコリや緊張をみるみるうちに

解きほぐしていきます。



te.jpg


nnj.jpg



セラピーで使用した玄武岩は洗って。


陽のエネルギーをもらったり。

満月の光にあて、浄化したり。


・・・めんどくさがりヨキータは

あんまりやらなかった(笑)。



labe.jpg


023 (2).jpg



これがメグさん。



024 (2).jpg



彼女は写真も上手いし、お料理も上手い。

感覚的なセンスが鋭いヒトだな、と思う。


だから、実際のセラピーも素晴らしいのです。



019 (2).jpg


023 (2).jpg


akatoisi.jpg



実はね。うちの姉が、、、


美顔、痩身、などのサロンをやることになり。


練習台&、まあアドバイスぐらいできれば、と思って

そのサロンに行ったんだけど、、、


はっきり言うと、、、

どえらい下手だった、、、、


そりゃそうだ。

みんな、どえらい努力して何百、何千のお客さんをこなして

やっと一人前になるんですから。


簡単にいきますかいな。



ヤバいな、(^_^;)、、、と心配になって。

いろいろアドバイスしたり、特訓もしたんだけど。


こればっかりは経験の少ない人に説明しづらい。


とにかく、上手なひとにやってもらって

その力の加減や「間」みたいなものを感じた方がいい、


と思いまして、、、

メグさんのサロンを紹介したんです、、、


そしたら、、、


うちの姉、えらく感動していました。


メグさんとこに3時間以上いたらしい〜。

ついでにボディもやってもらったんだ、って。





「技術カンペきで人柄もよくて。勉強になりました。

今の自分が恥ずかしくなった〜。

上手になるようにガンバらねば(-_^)!」


という、感想メールが届きました!



うん。メグさんのトリートメント、本当に好き。


退院祝いでトリートメントしてくれた時。

本当に心が体が喜んだ。



「私」が上京したのは、カウンセリングの資格をとるため。


メンタルとボディは繋がっていると思い、、、

同じ稼ぐなら、、身体を扱うことをしようと。


仕事をするべくサロンで働きながら

いろんな資格をとりました。学びました。


リフレクソロジー

タイ式マッサージ

バリマッサージ

アロマトリートメント

プチ整体

ラストーン・セラピー

アーユルヴェーダ


そしてようやく自宅サロン開業にこぎつけ、、、


本当にやりたいことをお客さまに提供する幸せを

味わっていたのですが。



その矢先に、、、大事件(笑)。


フラメンコのレッスン中に複雑粉砕骨折!!!


全治半年以上、、、がびーーーん。


骨折したその翌日から、友人の鶴の一声で(笑)。

今の会社で仕事させてもらっていますが。


あえなく、、、サロンは休業。


粉砕したその左手を前のように動かすのは大変で。

お客様をそれから呼び戻すのはもっと大変で。


これからどうしようか、、と悩みましたよ。


でも、、、まわりのセラピスト仲間たちほどには


ボディトリートメントを愛してるわけではないのかも、と


想っちゃったんだよねーーー(笑)。


けっこう、器用、、だったんですよ。アタシ。


ラストーンの先生にも、、、


ヨキータさん、スクールが始まって以来、

覚えが早くて優秀だったわ!


と、会うたびに言ってくださったし。


覚えるのも力の加減を知るのも、、そう大変ではなかった。


そう、特訓せずとも感覚的にわかるんです。


人の肌に触るとき、

その人が欲するものをなんとなく察知する、というか。


だから、才能がなかったわけではないと、、、

悔し紛れに想うのだけど(笑)


最期までやり通したい、という熱意が欠けていた?


そう、そして。その後。


お客様のストレスや体の不調和を整えるほどの、

自分自身の体力を病気で失った。


こんな自分は人を調和する資格ないなあ。

人さまに触っちゃいけないようなあ、と、、、


まずは自分の身体だ、、、と。


本当に人からは「気」が発するんです。


元気でないと、悪いものをストレートに受けとってしまいます。

心も身体もやられてやめてくスタッフもいた。


サロンにいるときは、私は全然大丈夫だったけど、、、


それでも体調が最悪だったころ、そういうこと体験した。


大好きな友達なのに、その人に会うと発熱してしまうから

会わないようにしていたた友人もいます。


(今は大丈夫になった!)


姉に言いたいことは、、、


ヒトの身体に携わる、ということを

ナメタラあかんぜよーーーっ。


、、、ってことなんです。


きっと。。。



トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント