CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
観賞、そして感傷 [2015年02月24日(Tue)]
20150221_231947(1).jpg



なんじゃ、これ、、、と思われるでしょうが。


「2006年!イタリア・トスカーナ邦楽公演ツアー」

の、、、DVD動画をパチリ!!!したものです。


振袖姿で一番左に立っている友人。(ぎりぎり写ってない)

彼女のハネムーンをこの度、アレンジさせてもらい、、、


まめな彼女はfacebookで逐一様子を教えてくれるので、

一緒にハネムーンしてる感じです(笑)、、


とってもよい旅を継続中の彼女たち。

良かった!


今、フィレンツェにいます。



さて。このDVDのツアーですが、、、


住んでいたトスカーナのブリケッラ農園を拠点として

2006年、素人の私が、いろんな方々の協力を得て、


邦楽のコンサートを素敵なテアトロで開催することになり。

しかも、相当なレベルの演奏者ばかり。


ついでに20人近くの参加者を募って、、、

大規模ツアーとなりました。


箏、尺八、、、日本の誇る素晴らしい演奏を披露できたのは、

今にして思えば奇跡です!


その滞在の様子を撮影してくれたのは、

当時、農園にいた映画監督の日本人青年。


彼の編集のDVDを久しぶりに昨夜見て、、、


なんとま。号泣してしまいました。

記憶が一気によみがえってしまいました。



2006年、原因不明の難病で倒れ、

私は広島大学病院にて「絶食絶飲」の数カ月。


入院直前にはフラメンコでグアヒーラを踊り、

(本番前夜に40℃の高熱が出ました、、)


退院直後には、、、あとは出発を迎えるだけになっていた

このイタリア邦楽公演ツアーを実施しました。


グアヒーラを踊っていた時と、秋のイタリアでは、

体重が10キロも減ってました。

歩くだけで、ヘロヘロ、です。


DVDの映像に映る私は骨と皮。

醜い、ってなもんじゃない!


それでも、、、


大好きなブリケッラ農園の皆とハグしている動画の中の私は、

幸せそうで楽しそうで。笑いまくっていました。


私だけではなく。


参加者の皆さんが打ち上げの後、号泣しているのを見て

ああ、、、辛かったけれど、やってよかったなあ!!!と、、、


また号泣。やれやれ、、(笑)


ハネムーン中の友人にそれを伝えると、

(ハネムーン、じゃましてる?)


「そうなんですよ、まさに、、、

涙あり笑いありがヨキータさんのツアーなんですよ!!

イタリアツアー、夫婦して再度切望します!!」


と、言ってくれました!


うん!!!

頑張ろう!!!



20150221_231958(1).jpg




三人のソプラノ、お箏、尺八、、、

素晴らしい音のハーモニー。




20150221_231940(1).jpg



ロビーでは、女子は浴衣姿でお迎え。

お抹茶を立てて、サービス。

紙風船なども作りながら、、、


地元のイタリア人たちに喜んでいただきました。



20150222_154741.jpg



広大なブドウ畑では、全員でブドウの収穫に励み!


暑い時期でしたが、、、

遥かなるトスカーナの風景に溶け込んだツアーメンバーは、、


汗をかきつつ!鋏をもってチョキチョキ、


「・・・これを毎日やっていたの???」


と、皆さんに言われた、ヨキータです。



20150222_154806.jpg



トルコ人のアリが、、、日本の唱歌を歌ったり。

日本語の連発、、、みんな大爆笑。


はい!私が教えました!一年かけて、、!(^^)!



20150221_232155.jpg




涙と笑いの「打ち上げ&サヨナラパーティ」


これが、、、マジ、すごい映像、、、



20150221_232122.jpg



まずはソプラノ三人娘によるホ−ムコンサート 

イン・農園!!!


ブドウ畑を持つ農園で始まったアグリツーリズモ。

トスカーナで多く見つけることができます。


もともとは第一次産業の衰退の進むイタリアで、

農業だけではやっていけない多くの農家を救うべく、

始まった制度なんです。


いわゆる副業というスタンスですが、

収入が農業のそれを上回ってはいけないのだそうです。


私が農園で働いていたときに、、、

日本からの個人客、あるいは北ヨーロッパのひとたちが

夏になると、たくさん来られましたが。


結構な人数を率いてのツアーを始めたのは、、、

多分、日本では私が初めてではないかと思います!!


四大都市のコースなんてありふれている昨今!


そんなものに飽きたイタリアファン層は、、

今はトスカーナでの滞在型の旅に移行しています。


そう、、、だから一応、、、


ヨキータは、、、さきがけ、なのさ♪

)^o^(


まあ、言わしたって♪

自分のブログでしか書けないもん(笑)。




20150221_231846.jpg



私も踊りました!!!さよならパーティ!


フラも踊った。そしてフラメンコ。

ホントに、病み上がりですか、、、て言うぐらい、


私のスーツケース、この変態パーティの衣装だけで、

一杯でした。マジで、、、)^o^(


「せびじゃーなす!」


女装した(させた)Eくんを特訓して

一緒に踊ったセビじゃーナス!


DVDを観てびっくりなの、、、


今の私より、全然うまいセビを踊っている!

てか、、全然上達してないってことか?



20150221_231856(1).jpg



異邦人の私を温かく迎えてくれた現地のみんな、、、

彼らとの数年は人生の宝もの。


だから、別れが悲しかった。



20150221_231910(1).jpg




ラウラとは、ずっと一緒に仕事をしていたので。

今も、一緒にいるような感覚です(笑)



20150221_232132.jpg




みんな、別れが惜しくて、、、

それぞれ、いろんな思いが込み上げて。


泣いてたな〜〜〜。




20150221_232112.jpg




デュルちゃーーーん。

この後、彼女は電撃来日したんですけどね(笑)




20150221_232051(1).jpg


20150221_232021(1).jpg



チーフのステファノ!


彼なしにトスカーナを満喫することはできませんでした!

盟友です。


つうても、年上だけど、、、

ツアーの人気者でした、、



20150221_232011(1).jpg


20150221_232043.jpg


20150221_232102.jpg



DVDの最後のシーンでは、、、


私たちのバスを見送った現地スタッフが集まって泣いてた。

いや〜〜ん、もう、、、


泣いちゃうじゃん。また(笑)(ー_ー)!!、、、


今もメールやfacebookのメッセージで


「帰ってこい!」、「早く来い!」の嵐で、、、


ありがたい、、



もうあれから10年近くたってしまったのですね、、、


人生とは無常。


きっと、過ぎ去った時間の分だけ、「何か」を失い、

何かを得たはず。


手のひらから一瞬にしてすり抜けてしまったものもある。


だからこそ、こうして人は、、


過去の映像を観、その頃を想い、

涙する、のでしょう、ね。





トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
テストテストテスト、、、
Posted by:ヨキータ  at 2015年02月26日(Thu) 11:01