CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
涙の最終回 [2015年02月16日(Mon)]
hojyunn.jpg



68回目が最終回。


フラメンコの本番と重なったこともあり、

残り三回を録画して、見ずにとっておいた。


土曜日にとうとう見ましたがな、、、

ううう、とうとう終わってしまった、、、


唯一の毎日の楽しみがあ〜〜〜(T_T)/~~~


「ホジュン〜伝説の心医〜」の最終回は、、、


人生の荒波をこえて、ようやく故郷に家族や仲間と共に凱旋。

これからは、親しいひとたちと好きなだけ医術に励む、、、

はずだったんですけど、、、


伝染病に感染した民たちを助けるために、

食べ物も薬も自分のモノを全て患者にまわし、、

自分も疫病にかかっていることをしりながら。

ホジュンは、、、


最後まで医者としての使命を尽くし、

人生を終えるという内容でした。


たかが韓流ドラマじゃん、と思うなかれ、、、

あのチャングムと並ぶ、私の中では最高の名作。


最終回、、涙があふれてええええ。

つたる涙でほっぺは泉と化す、、


人間の尊厳と、、、生きるための指針を、、 

限りなく教えてくれる志の高い物語なのですよ。


ライバルの存在、自分の内に芽生える嫉妬の嵐、

それを克服しなければならない葛藤。


想いを遂げることのない恋愛。

親への愛。

枯れることのない子への愛。


最期は苦労したホジュンの母親が痴ほう症になって

どんな病も治してしまうホジュンが、

命より大事な母親の病を治せない、という現実に

最終回になって打ちのめされ、、、


それはかつて、自らが

「どんな病も治す医者になりたい。」と願ったことへの、、


己のおごりを、、、神さまがお怒りになったのだろう、と、、、

普通、そこまで考えますか、、、


世の中の医者よ、、、君らは本当に医師か、、、


こころざし、、、

理想と現実、食べていくのか、理想を追い求めるのか。


見事にこのドラマは表現しているといえます!


最期のシーンはホジュンのお墓。


その昔、ホジュンにそっと思いを寄せ、

ホジュンのために身を引き姿を消した医女が登場。


「このお墓の人はどんなひとだったの?」と聞かれた医女は

お墓の前で、こう答えるのです、、、


「その方はまるで、、、地の中を流れる水のようなひとだった。

明るい太陽の下で名を馳せるのはたやすいことよ。

難しいのは 人知れず地の中を流れ、乾いた人々の心を潤す事。

そういうこのとのできる方だった。

心から心の底から患者を思いやる心医だったの。」


もちろん、私は医者ではないけれど。

そういう人でありたいな、と思う。


長い長いドラマだから。

是非、見て、とも言えないけれど(笑)。


いつかテレビでやる日が来たら、是非ともどうぞ、、、


泣けます。



トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント