CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
びっくりニュース [2014年03月25日(Tue)]
img062.jpg



川島なお美さんが、、、

この一月に、、、


私と同じ肝内胆管がんの手術を受けていた。

手術ができた、ということは早期発見。


驚いたのは腹腔鏡手術だった、ということ。

私ももしかしたら腹腔鏡でできるかも、と言われていたけど。


現場の判断で開腹になった。

なので、その後の合併症に苦しみ、退院はえらく先延ばしになったし、

お腹には逆ベンツ型の、えらくデッカイ切腹傷が、、、


彼女は女優さんだし、ビューティーで売ってる人だし。

それだけは避けたかったんだろうね。退院も早かったし。


12時間の手術、というのは、

拡がりやすい胆管がんなので。

この先の転移リスクをなくすための処置に時間かかったのかも。← 医者か。

それを腹腔鏡でやるのは大変そうだもん。


それにしてもこれからが大変。

ずーーーーっと検査を続けなくちゃいけないし。


私の血液です、と豪語していたワインも、、、命取りになるだろうし。


彼女もかなり意思がつよそーな、ガンコそーなひとだから

きっとこれからも攻め攻めで病とむきあうんだろうな。



私は人間ドックで見つかったわけではなく。

PSC(原発性硬化性胆管炎)で毎月検査していたから見つかった。


そういえばさーーー。

昨年10月に突然の総胆管結石で緊急入院こそしたけど。


半年ぐらいはずっと元気なんだよね。

PSCの症状としてこの8年間、月に2,3度は40℃出ていたのに!


胆管癌にかまけて??すっかりPSCのこと忘れていたけど。

なぜ!!????? 


熱が出なくなったんだ???

しかも食欲旺盛、食べても具合悪くならない。


これこそ、、、私的に奇跡なんだけどおおお。

身体の中で何かが起きている、、、


がんばれーーーー。


しかし、、、、今週は筋肉痛がすごかった。

久々にスペイン帰りの一徹先生のレッスンを受けたら、、、


すごいことになった(笑)。

なんか、ますますパワーアップ、この人のエネルギーはどこから湧いてくる?

あんた、ポパイか、、、


最近の先生のお気に入りは、、、崩落事故!!

崩れ落ちる天井を支えるぐらいの力でブラソ!


「ほらっほらーーーー!!!

落ちてくる天井を自分の頭で頭突きして止めんだよおお!!!!」


、、、これ、フラメンコです(笑)。

でも、とってもわかりやすいんです!


その「ブラソの重さ」加減が、崩落事故で、、、わかっちゃう!

必死で頭突きしてたら(笑)。


先生が、一瞬黙って、私に言ったんです。

あのさー、って。


ひっ!怒られる???と思ったんだけど、、、


「何度か言ってるけど。

ほんと、真っ直ぐになったよね、、、

前のヨキちゃんを知ってる人たちならわかると思うけど。

以前は上下、左右、すっごく曲がってたんだから。

病気してほんとーーーに真っ直ぐになったよね。

・・・病気していろいろ大変だと思うけど。

病気して、一つ、いいことあったから。

覚えといて。」


ひゃー。。。

一徹先生、ったら、、、なんていいこと言うんでしょうか。


病気してよかった、と思えることを。先生が見つけてくれた!

まあ、なんで病気して身体がマッスグになったかは。。。

医学的には説明できないことなんだけどね!


でも、生き証人がいてくれる!

私もそう思う。


病気して良かった! 

だからフラメンコ、やめられない。





トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント