CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
ふうふのかたち [2014年03月24日(Mon)]
DSC_0323.JPG


1月に生まれた姪っ子の赤ちゃん、りりかちゃんに会いに行きました。


ビックリ!巨大な頭のりりかちゃんがお出迎え。

ぶくぶく太って、今や、

「りりか・デラックス」「りりブー」と呼ばれているようです(笑)。


赤ちゃんてほんと、かわい^^^。


DSC_0326.JPG


DSC_0329.JPG



りりかちゃんとお話ししていたら、姪っ子がビックリ。

初めて、会話してる〜!!!と、、、


ばぶばぶ、なんか言ってたよ\(~o~)/


DSC_0321.JPG



それにしても、、、おうちが素敵過ぎ。


旦那様のトータローさんがおばあさまと暮らしていた古い日本家屋を

キレイにリフォームして

映画「ちいさなおうち」みたいな、古くてさらにオサレ、、、な感じの。


玄関には香り高い大きな沈丁花の花、

そして縁側、階段、と隅々にさりげなく野の花が。

これ全部、トータローさんのセンス。


DSC_0322.JPG


DSC_0325.JPG



そして驚きは、、、おもてなし?にイタリア料理を作ってくれた!

ヨキちゃんはイタリア料理好きなんでしょ?って。


マリネからカルパッチョ、いずれもトータロースペシャル。


DSC_0338.JPG


DSC_0339.JPG


DSC_0337.JPG



ニョクマムソースのサラダ。トマトのスパゲッティ!

なんかすっごく本格的&美味。


冷蔵庫開けたら食材が完璧にキレイにキープされ、

包丁さばきもすごい!


だって、一人で何年もやってきたんだよーーーー、って。

彼が愛してやまない、マリアカラスのDVDを流しながら家事をする旦那、、、


白ワインで乾杯!の前に、、、

突然、トータローさんがご挨拶。?


「来てくれてありがとう!ヨキちゃん!

ヨシータから聞いたんだけど、

ヨシータが子どもの頃、たくさんヨキちゃんからいい話を聞いたり、

面白いこと聞いたり、スピリチュアルな話も聞いたり、

そのおかげで、しんどい時にも横道にそれずまっすぐ大人になれた、って。

本当にありがとう!僕からお礼を言わせてね。」


みたいなことを、、、


私、本当に「えっ!」ってビックリして、、、

なんせ、最近涙モロイじゃん?それでまた泣いちゃったすよー、

恥ずかしいったらありゃしない(笑)。


「とんでもない。ヨシータはちっちゃいころから、精神的に大人で、

私は友達に話すのと同じにいろんな話をしただけで、

姪っ子と言うより、本当にちゃんと話ができる友人だと思っていたから。」


ヨシータが、

「いやいや、ほんと。私、子供のころいろいろ精神的にシンドかったから、

ヨキちゃんがいてくれなかったらどうなってたかと思うもん。

家に帰らずいつもヨキちゃんといたもんね。」


あの小さな姪っ子のヨシータが、今、子供をうみ、

改めてあの頃の私の事を思い出し、感謝してくれるなんて、、、

ホント、驚きだし、嬉しかった。

覚えていてくれたんだなあ、、、、って。


いつも寝顔にいたずら書きしたり、プロレスのカッコさせてたヨシータが、、、

こんないい旦那さまと一緒に、、、(泣)。


ヨシータの親には散々、娘にいらんこと言うな!お前の悪影響が、、、

と言われ続けてきたが(笑)。


ま、食事が始まると、、、なぜか夫婦の言い争いに、、、

映画や音楽のプロデュースのお仕事で忙しいトータローさんは、

家にいるときはこれまでのように、掃除も洗濯もお料理も完璧にやっている。


彼曰く、そんな雑務は自分ができるんだから、

その時間を、りりかとの愛情を育む時間にあててほしい、という。


妻は、、妻として母として出る幕のない状況に、自分の理想が打ち砕かれて、

旦那に全部やってもらう自分を許す事が出来ない、、、


こーゆうやりとり、ことばの応酬が延々と続き、、、

犬も食わぬ、っヤツですか。


「すみません、、、あまりにバカバカしいんですけどうううう\(~o~)/」

私がかわいそう過ぎやしませんか?(笑)


ま、私から言わせてもらったら、、、

やってくれるっちゅうんやからやってもらえばいーーーーじゃん?って話だよ。


あんた、今まで散々、ふつーじゃない人生を好き勝手に歩いてきたくせに、

なんで今、突然、ふつーの妻、とかフツーの母、とかを主張してイライラすんの?

そんなもん手に入れたって、三日で飽きるよ。

今しかないりりかとの時間をたっぷり味わったらあああ???


「あ、そっか、、、」と、納得したような、してないような(笑)。

なんか、、、幸せの形をまるまるそこに見てしまったヨキータさんです。


もおおおお。なんとかして(笑)。


先日、聖路加の日野原先生のお誕生日に教会でベー・チェチョルさんが

歌をプレゼントしたときの映像を見せてもらいました。


102歳!まだまだ現役の先生、素晴らしいです。

チェチョルさんの歌声に感動した先生、来月は、

トータローさんのお誕生日に

聖路加のチャペルでコンサートを企画してくださったそうなので、、、


楽しみです!



トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント