CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
((痛)) [2013年02月22日(Fri)]
130221_181115.jpg


素敵なジッパー付きのケースに入った、、、

黄色い薔薇!!

写メが下手でごめんなさい!


空を見ることも叶わない部屋で、
力強い薔薇の香りをかいで…

美しい世界に一瞬でいけた〜。


またこの話は次回に…。


ベンツ型の傷口は…。

たまった膿を出すために毎日消毒していて。

ざっくり三センチぐらい口が開いたままで、、、( ̄▽ ̄;)。

その横から更にチューブを突っ込んでて、膿を吸引しとります。


山口から到着した妹がたまたまその処置の様子を見て、卒倒してました。

麻酔なしでよく切ったね、頑張ったね、って泣いていた…。


私は…

痛さに慣れてきました…。


もう毎日消毒処置しているからさ。

先生は気が紛れるように、終始アホギャグ飛ばしてくれるし(笑)。

入院して1ヶ月…

苦行は続きます…

くじけたら、終わり、てな痛みとの戦い…。


血の気もなくて、鏡に映る自分を見てゾォ〜、とするんだけど…

誰、これ、、って…

醜い…。m(_ _)m


とはいえ…。

シーツ替えの時に皆が廊下に出されるのだけど…

今朝、おばあちゃんたちに囲まれて、たくさん嬉しいこと言われたわよ〜

( i_i)\(^_^)。


「あなた、まだ若いのに可哀想に…」

「お嬢ちゃん、まだ20代でしょう?」

「お母さんがついてくれて心強いわね。」

(妹のこと)


ばあちゃんたちの目がまだ機能してることを祈って…。


ウレピー!!

(T^T)、、、
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
のり子さんへ

こんにちは。
PCのほうにご連絡くださっていたのですね!
私は病院にPCを持ってきていないので、気づかずにごめんなさい!
昨日、コメントをいただき、びっくりして、そしてたまたま今日は、
マンションの消防点検に立ち会うために、病院に外出届出して帰ってきたんです。

また今から病院に帰ります。イベントがあるのに、まだ出してもらえません!
困っちゃいますね。

それにしても、のり子さんのその後の経過を読んでいて、本当に胸が痛くなりました。
本当に本当に大変でしたね。
辛かったですね。

私はのり子さんのぴかぴかに光った美しさと明るさがとても印象に残っていて、
たくさんの友人にこんな人に会えた、ってお話しさせていただきました。

日医大で思いのほか、手術は成功したのですが、合併症で苦しんでいます。
でも、一度はもう来年までは無理かなあ、と諦めた身なので、
なんとかここはこらえて、夢をかなえていくことだけ考えようと思っています。
辛いときは、そんなことも考えられませんが。

また入院されるんですね。お母様の病状もとても心配な時期ですし。

もうギリギリになっても全然構いませんの是非イベントにいらしてください!
ドタキャンでもかまいませんし、
体力がなければ、迎えに行きますよ!
お身体と相談してその時に決めていただければ大丈夫ですからね。

イベントは3月31日の午後一時半からです。岩国市民会館です。
全国から来てくれる友人たちは前日からきて、観光します。
なかには癌を患っているけど、頑張ってくる人もいます。

そうだ、東京医科大にチラシを送りますよ!
それ見て頑張ってください!

いつか必ずお会いしましょう。

のり子さんの具合さえ良ければ、お見舞いにもいけるし、、。
私もまだ入院中ですが(笑)。

頑張りましょうね!!!

洋子
Posted by:ヨキータ  at 2013年03月01日(Fri) 12:59
こんにちは東京医科大学病院で2012年12月に入院が一緒になりダンスの事で盛り上がった山本のり子です。素敵なクリスマスカードやフラメンコの凛としたお姿のハガキどれだけ励みになったか知れません。
実はすい臓がんで手術予定だったのですが、肝臓にも転移していることが分かり抗がん剤治療の道しか残されていないとの12月28日に受けたムンテラでかなり凹み、すい臓がんが胆管を圧迫しているのでステントを入れてなんとか黄疸は防げました。そして1月23日に退院したのですが、4日後にはそのステントがつまり緊急入院逆戻りで(TT)2月20日にやっと退院にこぎつけました。ステントが詰まって胆のう炎、胆管炎を起こしていました。
やっとヨキータさんのブログを拝見することが出来、大変な治療だけれどもあなたの強さに私の背中を押すものがあり、痛く感激したしだいです。本当にあなたがいかに丁寧に生きてこられたか胸を打つものがあります。3月のイベントに是非参加させていただきたいのですが、3月8日から22日まで又入院予定が入っているのでどうなるかは分かりません。そして母が今卵巣癌の末期でホスピスにお世話になっている状態なので状況しだいですが、良かったらイベントの日時教えていただけたら幸いです。

私も禁食当たり前の闘病生活なのでヨキータさんの気持ちよく分かります。
今日よりも明日はもっと素晴らしいをイメージしてお互い頑張りましょうね。
長くなってしまいました。どうぞ辛い気持ちを吹き飛ばしてお会いできる日を楽しみにしています。
頂いた名刺に書いてあったアドレスでは遅れなかったのでこちらにコメントさせていただきました。良かったらアドレス教えてください。


                     山本 のり子
Posted by:山本 のり子  at 2013年02月28日(Thu) 12:13