CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
やばいヤバイやばい。 [2019年12月13日(Fri)]
thumbnail_IMG_20191204_093756[1].jpg


自宅から駅までの道、お気に入り。

夏はクソがつくほど暑いし、坂道をひたすらあがり、

蝉がウィンウィン、うるさくてイマイチだけど、、


thumbnail_IMG_20191204_093904[1].jpg


秋は一番素敵だよ〜〜〜。

いろんな葉の紅葉を楽しみながら歩けるから嬉しい。


今年はなんだろ、いつもより色が鮮やかな気がする。

風の強い日は、はらはらと舞って。美しさにウットリ。

翌日は黄色いイチョウの葉がどっさりと落ちまくってて。

黄色いカーペットのようになってる。


ここは、、パリか?って。( *´艸`)

少々、乙女チックになったりするヨキおばさん(笑)


thumbnail_IMG_20191204_093915[1].jpg


これは一週間前の写真ですが、、、

今日なんかはもう落ちまくってて姿が違う。


そっか。もう、秋じゃなかったね。とっくの昔に冬(笑)


物哀しい気もするけれど、でも、、

この季節のピン!と張りつめた空気が好き。

なんか、天上から静かに声が届きそうな気がするんだよね。

(怖い?)(笑)


thumbnail_IMG_20191204_093851[1].jpg


うちの「天上びと」といえば、、おかあたま。

感情の上がり下がりが今週は大きいかなあ、、、


昨日などは、、、フラメンコから戻って、お風呂入って、

ゆっくり録画でも観ながら夕食を、、と思ってたら。

そこから2時間、電話が5回、6回、、、


でも、、その6回の会話、、手は抜けません。

めんどくさそうにしたり、相づちの声が冷たかったりすると

もう、アチラは「ヨキ子に何かあったに違いない!」

或いは「ヨキ子にまで冷たくされた。」と、そういう事に。


それでも疲れている私は、、やっぱテンションは低めで。

それ、何度も言ったやん、とか、言っちゃうし、、

人の悪口言いだしたら、怒っちゃうし、、、


気まずい感じで電話を切ったら、、、

きっと、電話口で泣いてるんだろうな、、とか。

そして、また夜、寝れないんだろうな、、とか。


ここはやっぱ、私が心を大きくして、、、

母を包み込んであげなきゃダメなんだろうな、、と。


で、、7回目の電話は私から(笑)


「さっきはゴメンね!疲れてたみたい〜〜!」

と、けなげに謝るよ、、( *´艸`)


くっそ〜!と、たまには嘆きたくなるけど、、、

したてに出れば悪いようにはならんからな!


最近の母は、、歯が悪くて、ちょっと鬱っぽいかな。。


入れ歯にするか、、高額の治療費を払って調整してくか。

それ、百回ぐらい相談されたけどな(笑)


「歯が痛い頬が痛い。もう今日は病院2つ行っただけで、

帰ったらもうナンも出来んぐらいシンドイ、、」と。


こんなに痛い、ってこと、誰かに聞いてほしいんだろね、、

そりゃ、そーだ。誰でもキツいわさ、、


で、さっそく!必殺、パワー贈呈!


「そりゃそうや。私でも病院2つ行ったら、もうぐったり、

絶対、家でのびとる!お母さん、ホンマにすごい思う!」

「毎日よく頑張っトルワ!!! 尊敬する。マジで!」



と、まあ、こんな感じです、、(笑)(*´з`)

本気で励ましてるつもりですけども、、、


突然大笑いされました、、、

アハハハ!!!って。。( ゚Д゚)


「おまえはホントに人をおだてるのがウマイ。

その気になるわ、アハハハ!」


てな感じで、、別に笑わそうとはしてないけど(笑)

ま、いいけどね(笑)


タイトルの、、「ヤバいヤバいヤバい!」てのはね。。

母親とは関係ないです(笑)


台湾から帰ってきた一徹先生の指導で。

久しぶりのお稽古だったんですが。。


も〜〜〜!アカン!

ちゅうぐらい、、全然踊りができてない、、

当たり前なんだけど(笑)。全然練習してないもんね。


出来てた足のパソが、、、めっちゃくちゃ。

いくらなんでもヤバ過ぎるわい! 


ヤバ、ヤバ、やば〜〜〜〜っ!!!

本番は近いぞえ〜。:;(∩´﹏`∩);:


イベントのお知らせでございます。 [2019年12月11日(Wed)]
1574916272952[1].jpg


2019年の最後の最後にイベントです。

姪っ子と旦那様の企画でございます。


「ザ・テノール真実の物語」上映!

映画のあとは…

ベー・チェチョル
コンサート&トーク


これまでに何度もブログで取り上げているので、、、

皆さん、ご存知ですよね!





■映画「ザ・テノール 真実の物語」

監督:キム・サンマン

出演:ユ・ジテ、伊勢谷友介、 北乃きい、丘みつ子他。


一応、、あらすじ!

ガンで歌声を失った韓国の天才テノール歌手と、

彼を救った日本人音楽プロデューサーの実話を、

ユ・ジテと伊勢谷友介の共演で映画化した日韓合作映画。


「アジア史上、最高のテノール」と讃えられ、

ヨーロッパを中心に活躍していた韓国人オペラ歌手

ベー・チェチョルは、甲状腺ガンを患い、

手術によって声帯と横隔膜の神経を切断。歌声を失う。

深い絶望におそわれるチェチョルだったが、

彼の声に魅了された日本人プロデューサー、沢田が

救いの手を差し伸べ、歌声を取り戻すため

甲状軟骨形成手術を受けることになる。



この伊勢谷友介さん演じるプロデューサーの沢田というひと、

彼が、私の姪っ子の旦那さんです。


2019年12月27日(金)18:00開演(17:30開場)

2019年12月28日(土)12:30開演(12:00開場)

新国立劇場小劇場



ヨキータに言ってもらえれば、、、

お友達は割り引きございますんで!

連絡ちょうだいませ。


1574916240223[1].jpg


是非!この機会をお見逃しなく。


■チケット:全自由席 6,000円(税込)

■出演者:ベー・チェチョル(テノール)、

クリスティアン・アガピエ(ピアノ)、

輪嶋東太郎(ナビゲーター)他



ちょっと驚いた。 [2019年12月09日(Mon)]
IMG_20191123_113933_1-816x612.jpg


少し前の話になっちゃいますが。


山口に帰ったらちょうど紅葉の季節!でした。

母を連れて、紅葉観に行きたいな〜、と思って。


今は車がないので、、こーゆうときバスかタクシー。

昔はどこへでも車運転して出かけたんだけどなア。

車欲しいなあ。母のために!

病院にも買い物にも連れて行ってあげられない(泣)


IMG_20191123_113348-612x816.jpg


母は紅葉に全然興味持ってくれなくて(笑)

ササさっと走って、写真だけ撮りに行きましたよ、、


大昔、東北の紅葉を楽しんだ母は、その素晴らしさを

ツバ飛ばして、めっちゃ話をしてくれたのに、、

あの感性は、、どこへ行ったんでしょう、お母さん(笑)


IMG_20191123_113208_2-612x816.jpg


観ごろ情報をいろいろネットで見てたんですが。

チョッと、アレ?って気づいたことが、、、


公園に建ってる「ある建造物」、オブジェの説明、、

それを建てた芸術家の名前を見ていて、、なんだか

胸がソワソワ。。イヤな記憶がフラッシュバック。。


画像検索してみたら、、うわっ!やっぱり!(@_@)

記憶に残る、その大先生。


経歴も素晴らしい、東京芸術大学名誉教授。同大学学長!

安藤忠雄氏と共に東京スカイツリーデザイン監修

紫綬褒章やらなんら、、、そんなエライ先生が。。。


確か、、記憶に寄ればですが、、、

私の高校に美術を教えに来てくださっていた、、、

それは、名誉なことだ、と、先生が言っていた、、


そんなに素晴らしい巨匠に、、

わたくしは、、エライ悪い生徒ぶりを発揮してました!


(≧▽≦)やっばーーーい。


「外で校舎を描いてきなさい。」と言われたら、、、

校舎と校舎の間を飛んでるウルトラマンを描き。


「コレ、消しなさい。」と言われても、、、

消すなら校舎やろ、、と消さずに提出。


「これじゃー、点をあげられないよ、、」と最後の忠告。

絶対消してやるもんかーー!と意固地なアタイ。


で、、、ホンマの赤点、いや、0点を献上された(*´з`)

その成績、成績が100番ぐらい下がったあの黒歴史。


人物画で隣の人を描きなさい、と言われたときは。

当時、好きだった?「渡哲也」をグラサン付きで描いた。 


エッチング版画の時間には、薔薇に包まれたオスカルを彫り。

我ながら、結構な大作でありましたが、、( *´艸`)


美術の点数は、、いつも0点、、マジだよ(≧▽≦)。

成績、ってどおでも良かったんでね〜。


でも、そんなに素晴らしい巨匠だったとは知らず。

本当に失礼なことをしてしまいました。。。

ここで謝罪しても目に留めて頂けませんね(*´Д`)


でも、ま、、後悔はしておりません、、、


「芸術は爆発だ〜!」


今年のフィギュアスケート。 [2019年12月07日(Sat)]
aflo_118037011.jpg


終わってみれば、、

ネイサン・チェンにかなりの点数さで負けてしまった。


でもまあ、、本人が言うように、、、

そんな点数差があったようにも思えないな。


私は17歳のころまでの羽生結弦に惹かれていたけど。

今はもう天上人になってしまったんで、、、

下界の私はもうそんなにドキドキしなくなっちゃった。


真央ちゃんが引退した後は、私もフィギュアから引退か、、

とも思っていたけど、やっぱ離れられない(笑)

なんのなんの、しっかり全部観ております。


羽生結弦選手のスケートには必ず毎回ドラマがあります。

人の心を鷲掴みにするのはそこらへんだと思うけど。


たった数分間のなかに、毎回ドラマぶち込むって結構大変。

それが出来る人はそんなにいないでしょうね。

この写真の彼なんて、「何か」が入っててまだ抜けてません。

毎回、ネットで出てくる写真見ると、、スゲーーな、って。


ネイサンは完璧すぎるぐらいに完璧なスケーターだけど。

完全、陽タイプなので、影も怨も涙も血も想像できん。

そこがまた良いところなんだけどね(*´Д`)

なかなかドラマ設定にはならないよね。


ま、これは完全なる主観です(*´з`)よーーん。


あとは、、全日本選手権か。

これはとんでもなく面白くなりそうで楽しみ!!!


テレビがもう録画できない状態なんで(泣)

夜は出かけませんよ!全部観たいですからにゃ。


前置きはこれで終わりますが、、(笑)

土、日、、寂しんぼうの母がまたまた大変でした〜。


頑張って一日5回は電話してお話しましたが。。。

私以外からの電話がほとんどなくて、誰も来ないので。

あっという間に心がすさんでおりました、、、


私が電話するまで、ずっと寝ていて。

電話した後は、またずっと寝ていたようで。


なんか知らんが、めっちゃつっかかってくるんで、、

ホンマに、もーー、たまりまセブン!


皮肉やおどかし、、、あることないこと。

私には甘えてなんでも言ってくる(笑)


全てを「そだねーー♪」と、受け入れてあげればよいが。

時々は私も、ナヌ?と、、反旗を翻したくなります。


ダメですな〜〜。まだまだ完璧には出来ません、、

でも、電話切った後、いや、これじゃいかん、と思ったら

すぐ電話かけなおして、、

さっきはごめんよ〜、と(私は悪くなくても!)謝る。


こちらが正解をポン!と突き出して終わったら、、、

私は気分がスッキリだけど。


相手は、哀しみ、ボケ老人の自分は終わってしまった、と

とことん、自分を責めるだけなので、、、( *´艸`)

あんまり、意味がないんだよね、、


それでも、毎日とことん母とコミュニケーションしてるから

ま、いっか!って、思えたりする。


だから、、ちゃんとコミュニケーション取るって大事。

それなくして、正論を突き付けてくるのはナンセンス。


それ、、誰に言ってるの?、って?

ご想像におまかせ〜〜〜(^^♪



心で、心に向き合うって、ホントに難しい。。


母に学ばせてもらってる、、のかもね、、


EXIT [2019年12月07日(Sat)]
EXIT[1].jpg


韓国映画『EXIT』は、公開直後からかなり評判良くて、

リピーターも多いらしいです。

観に行くのどうしようかな、、と思っていたんだけど。


そんなにオモロイなら行くよね、、と。

1日の「映画の日」に行ってきました!

山口から戻ってきてすぐです。。。


なんといいますか。

山口から東京へ戻り、好きな映画を観に行ける。

自分の世界へ帰ってこれる幸福感!があるからこそ

いろいろ頑張れるんだよな、、って。よく思います。





上昇する有毒ガス、逃げ場所は高層ビルの屋上のみ!

命綱なしで逃げ切れるか!



movie_image-21.jpg


あらすじ:

韓国の都心部、突如原因不明の有毒ガスが蔓延し始める。

道行く人たちが次々に倒れ、パニックに陥る街。

そんな緊急事態になっているとも知らず、

70歳になる母親の古希のお祝いをする会場では、

うだつの上がらない、ニートの青年ヨンナムが、

大学時代に想いを寄せていた山岳部の後輩ウィジュとの

数年ぶりの再会に心を躍らせていた。

(この会場で仕事をしている。)

ゴキゲンに歌い踊り飲んで食べ続ける彼ら家族にも、、

上昇してくる有毒ガスの危険が迫っていた。

地上数百メートルの高層ビル群を命綱なしで登り、

跳び、走る 果たして2人は無事に街を脱出できるのか?

絶体絶命の中、決死の緊急脱出がはじまる!



1016352_02.jpg


369980_007.jpg


ヨンナムが片想いする「ウィジュ」、なんと、、

「少女時代」のユナでした。演技うまかったな。


この映画、評判良いだけに。面白かった!です。

退屈な時間が一瞬足りともありませんでした。

あっという間の1時間40分!だった〜。


たまたま山岳部だったから、ひょいひょいビル登るけど。

もともと、ヒーローキャラではないヨンナムなので(笑)


ヘリコプターに人数制限で乗れない時はガビーンだし。

子供みたいに、二人でワンワン泣いちゃったりするし。

そーゆうとこが、いいんじゃね?って思ったよ♪


母親の古希祝いを、わざわざウィジュの働く式場でやるし。

偶然を装い、あやよくば、的な?オイオイ〜〜(笑)

そんなダメ男ヨンナムのキャラがホント良くって。


17cec1761a855832c96c625d7e6fddaf.jpg


へたれヨンナムが鍛えた筋肉でビルを登りまくり、皆を救う。

その緩急が何とも言えない〜!そのへん、100点ですな。


家族がこれまた、、失笑してしまうほどにやってくれる。

決死の想いでヨンナムが向かいのビルの屋上に飛び移るのに

まさにその瞬間。。息子を襲うあまりの窮地に!!

オモニが焦って、雄叫びあげて命綱を引っ張っちゃって。

まさに息子は死ぬとこでしたぜ(笑) も、最高っス〜。


640[1].jpg
          
走る、走る〜〜〜!


1309217.jpg


このハデハデカラーの防護服、、どこにあったんや(笑)


これ、最後はどうなるんだ、、って思ったけど。

時代ですなあ。。。ドローンが大活躍でした。


頑張れ、頑張れ、と、ヨンナム・ウイジュ二人に

韓国中が手に汗握り、熱い応援をするのですが。

映画観てるこっち側も、、そんな感じだった(笑)


Picture0712.jpg


ヘリに助けを呼ぶ方法が、、オモロすぎました。

救助のヘリコプターがなかなか見つけてくれなくて。

スマートフォンのライトでSOS信号を送るのですが。

あの信号を送る「リズム」が、頭から離れなくって( ゚Д゚)

実は、、今も頭の中で鳴ってる、、(*´Д`)(笑)


「タータータタタ!」


皆で声を合わせてスマホも合わせて♪

「タータータタタ!」


これ、、韓国の独特の感覚かな(笑)

ほっんと、笑えるんだけど!

笑えるんだけど、泣けるんですけど!


カップルも多かったし、女性、男性、若い人も中年も。

大笑いして、そして涙をぬぐって、、


最後、隣の40歳ぐらいの男性も泣いてたよ。。

私は、、、泣きまへんで(笑)


もう、皆、ホント、騙されたと思って観に行って!


絶対、オモロイで〜〜〜。


声変わり。 [2019年12月05日(Thu)]
thumbnail_IMG_20191203_091327[1].jpg


フレッシュなレモン!

食欲が出そうな香りのローズマリー!



ワインと一緒に送られてきました。

早速使いますよん。( *´艸`)


入荷時に瞬殺で完売してしまう超入手困難なワイナリー、

と、なってしまった、

アズッカ・エ・アズッコ



なんだか遠い人になってしまったようだわ〜(T_T)/~


なーんちゃってね。ホントはとっても納得だし!

この二人なら当たり前だろ、って思えるし。

そう、当然の結果なんだけど、、、


自然を相手にする怖さを十分に知っているだけに、

きっと彼らは油断せず、これからもコツコツと

一日一日、畑で土にまみれて暮らすんでしょう。


紹介した愛知の友人たちもすっかりファンですが。。

今年、初めてワイナリーにお邪魔した友人などは、、

テイスティング初日に勇んで出かけたにもかかわらず。

とっくの昔に「全て売り切れ」という事実にマッツァオ。


それなのに、たらふく美味しいワインをテイスティングして、

このアズッコアズッカ夫婦に深く感銘を受けたらしい。


も〜、これから人生が変わるわ〜〜っって( ゚Д゚)

あんな生き方を実践してるカッコいい夫婦、しかも同年代、

もう、素敵すぎて、、と目覚めてしまった?ようです。


んで、その後、売り切れたワインを探しに探して、、、

いろんな酒屋、デパートに電話しまくったらしく、、

入荷待ちの連絡をもらって、、とうとう、4本もゲット。

アナタも相当スゴイワ(笑)、って感じでしょ、、


thumbnail_IMG_20191203_091105_2[1].jpg


そーゆう話を聴いてしまったからには、、、

ますます飲むのが楽しみになってきたな!

と、思ったところに、、ちょうど届いたわけです(笑)


ま、私は、、一気飲みするとそのまま救急病院ゆきです。

チョビチョビ、やりますわ(^^♪


thumbnail_IMG_20191203_091140[1].jpg


ラベルに書かれた素敵なポエム。

彼らの世界観を楽しみにしているのですが。


これもテイスティングに行った友人の情報ですが、、、


thumbnail_IMG_20191203_091229[1].jpg


「声変わり」「風あざみ」


子供の成長をワインのタイトルにしているんだって。

、、、もしかしたら私、聞いていたかもしれないけど(笑)


「声変わり」のワインもそうなんだね!

そっか、そっか、、もうそんなお年頃なんですね。。


おっきくなるの早すぎるよ〜〜〜。

オバちゃん、泣きそうだな〜〜(/ω\)。


今、、「科捜研の女」をレアタイムで観ながら書いてる。


ここんとこ、、ブログ、、毎日更新!

頑張ってるっしょ!(^^♪


なんだか知らんが。。最近アクセス数が激増、、

いつもの10倍。なんで、、、( ゚Д゚)??


こんなよくわからんブログを、、誰が読み始めた?

まあ、そのうち、波が引くように元に戻るでしょう(笑)



ショック療法という名の暴食。 [2019年12月04日(Wed)]
thumbnail_IMG_20191203_121613[1].jpg


正統派麻婆豆腐!


この一週間の最悪なアタシの「腸」。

食欲はあって、胃も調子いい。が、いかんせん腸が。。

どうしたもんか、、、(*´з`)


そしてやってきた、、友人との約束のランチの日。

ほぼ絶食が続いた週明けなのに!


こんな刺激物!食べてよいのか!

良いわけねー!


激辛、激うま、四川薬膳料理!

でも、、根拠のない自信が湧いてくる。


これ、食べれば、何とかなる、、なりそうな気がする。

この刺激が、ある意味、ショック療法となる、、、


よし、食べよう!約束は守らねば〜(^^♪


辛いけど、、食べられるぐらいにうま味があって。

ホントに美味しいんです、ここのお料理。


何度か、ブログに登場してる近所のお店!

もう食べログでほぼ4点。いつのまに〜〜。


thumbnail_IMG_20191203_114908[1].jpg


前菜が、、もうシビレルほど、美味しいです。

何度も二人で、旨い、旨い!と叫んでた〜(笑)

紹興酒漬けの海老ちゃん、頭をチュウチュウ!


あと、、なめろう、、魚、忘れた、、


真ん中のも、すっごく美味しかったけど、、

忘れてしまいました!!!すみません(*´Д`)

美味しかったですけど、、喉元過ぎれば、、で、、


友達は紹興酒飲んでいたけど、、羨ましすぎます。

絶対、合うに決まってる〜〜〜。

私は温かい中国茶、、、(*´Д`)


thumbnail_IMG_20191203_120424[1].jpg


いつも美味しい、エビとマコモダケの豊栄醬炒め。


thumbnail_IMG_20191203_121613_1[1].jpg


そして、、これが飲みたかった!

極上薬膳スープ。

夏はトウモロコシなんですけど、、、

冬はキノコなんですね。なるほど。

一口飲んで、、あああ、、正解だ、、って。

滋養強壮スープ!染みわたりました。


これ飲めて今日は良かったよ。

絶対大丈夫だな、お腹は!って思えた。


thumbnail_IMG_20191203_123725[1].jpg


最後に、、ウーロン茶のアイスクリーム。

これも定番です。


撮り忘れてむさぼり食べた、鶏料理もあるんですけど、

忘れるぐらいに美味しかったお料理です。

それも入れて、2000円のコースってホントに安い。


久しぶりに会ったお友達と、話も弾み、、、

まだまだ帰れません(笑)


「さあ、コーヒーやさんにでも行きますか!」

てことで、、近くのカフェへご案内。


thumbnail_IMG_20191203_134501[1].jpg


チーズケーキ、ホント美味。

私はカボチャのお菓子食べました。チャイと。


thumbnail_IMG_20191203_134456[1].jpg



てか、、、絶食からのこの流れ、、(;・∀・)

怒られそう〜〜、あの人とあの人とあの人に(笑)


ショック療法って、、効くんですよ。

このランチを境に、、ヒドイ下痢は終わりました。

友人のお土産の焼き芋も完食。


ようやく体重も1キロ増えて歩ける感じです。

仕事行くのもフラフラでしたから、、、


これからのことを友人とも色々話せて。

なんだか来年が楽しみになってきました。


こんな年になって、新しいこと、って、怖気づくけど。

経験に応じたそれなりのプランが湧いてくるもんですね。


話してるだけで楽しかったな!

とは言いつつ、、


今夜も母の泣きごとを一時間聴いていました、、、

意欲を根こそぎ持っていかれます、、m(_ _)m


ぶら〜〜ぼ! [2019年12月03日(Tue)]
thumbnail_IMG_20191130_155654[1].jpg


代々木公園、新宿のビル。。。


演奏会が終わって。

白寿ホール、ロビーからの眺めです。


今年も素晴らしい演奏でした!


久富綏子とウィーンの演奏家たち



ピアノ/久富綏子

ヴァイオリン/フランツ・ズィーゲルト

チェロ/ティル・シュスラー



彼らの人柄がそのまま音に出てるような気がします。

本当にうっとりする甘美な優しさに包まれました。

・・・表現方法がわからんけど(笑)


thumbnail_IMG_20191201_073303_1[1].jpg


thumbnail_IMG_20191201_073356[1].jpg


知っている曲もけっこうありまして。

楽しくわくわくと、聴くことができました!


クラシックの演奏会は、あまり行く機会もないけれど、

プロ中のプロの演奏はやっぱり違う、退屈することもなく、

自然に身体の隅々に音符が入っていく感じがします。


クラシックの世界へいざなわれる、というのか、、、

雑務、ストレス、忘れて夢の中にいるような。


thumbnail_1575109248614[1].jpg


お写真はキャンディーズのお仲間のキャメラマン提供。

勝手に使用(笑)


thumbnail_1575109298298[1].jpg


ブラーーーボ!


thumbnail_1575109289425[1].jpg


本当にすごいと思うんですよ〜〜〜。

実年齢は書きませんが(*´Д`)、、、

私の母と、ウン歳違うだけなのに、この差!


母も年齢を考えると若いほうなんですよ。

ジーっと見てると、70代に見えることも。


でも、、この世紀のピアニストのお嬢様はレベル違う。

(想像ですが) 彼女はこの演奏会のために、

ものすごくストイックな練習をされているのでしょうけど、

見事すぎるタッチ、、私が言うか?(笑)


神々しく。弾き続ける雄姿に感銘を受けました。

どうしたらこんな年の取り方が出来るのでしょうか。


thumbnail_1575109276588[1].jpg


こんな可愛らしい衣装を着ても違和感なーし。

ズルすぎます(*´з`)〜〜〜


thumbnail_IMG_20191130_160436[1].jpg


そして、、ロビーでお会いした時に。

「ようやく終わった、これでフラメンコ頑張れるわっ!」って。

そうおっしゃってましたよ〜。


ますます、スゴイ!すごすぎます〜〜。

しかも、2曲踊るんですよ〜〜〜。


thumbnail_IMG_20191130_161405[1].jpg


前日までのドタバタ、ストレスな暮らしから一変!

良き日を過ごせて、、良かった。感謝です!(^^♪


いろいろ不調な師走のスタート [2019年12月02日(Mon)]
thumbnail_IMG_20191130_161350[1].jpg


東京に帰ってきたら。

一気に季節が進んでる気がするわ〜。

それだけ東京は寒かった、ってことかな。


駅から自宅までの街路樹が黄色く色づいてるかと思えば

カラカラと音立ててもう散りまくってる。

たった一週間で!こんなに季節進む???( ゚Д゚)


どこもクリスマスな雰囲気にあふれてるし、。

ホントにもう、年末、、、師走なんだなあ。。


そう、たった一週間なのに、、いろいろありすぎて。

体調最悪ではありましたが、予定通り飛行機に乗り。


翌日、キャンディーズのヤチコ姫のリサイタルへ!

これはまた明日にでも。素晴らしかったのですが、

今、それを書ける気力と体力がないれす(/ω\)、、


先週の木曜辺りから、突然お腹がゆるくなって。

これまで朝ごはんの1時間後、一回必ずの便通。

規則正しくて、下痢・便秘・腹痛のトラブルなし。


たぶん、、母が買い置きしていたコーヒーゼリー。

一緒についてくるあのコーヒーのクリーム、、

普段は絶対口に入れない類のものなのですが、、

母の手前、美味しく食べてあげたいし、、


賞味期限の最終日だったけど大丈夫だろ、って。

それを食べて2時間後ぐらいからお腹がグルグル。

あ、食べなきゃよかった、と思ったぐらいで、、


母と全く同じものを食べているので、、

それしか思い当たらないです〜〜。


でも、、翌朝からけっこうひどかったんです。

もう既に水下痢?? こんなの人生で二度目!

(一度目はモロッコ(笑))


薬も効かないし、、、

でも不思議に全く吐き気も腹痛も発熱もなし。

ネットで調べても、ウイルス性、細菌性の症状がなく。

あんまりヒドイと病院行くかと思ったけど。。。


ここで面倒くさいのが、、受診。


普通の内科や胃腸科では私、診てもらえないんです。

これまで何度も診ないと断られてるし。

まず、病歴で、大学病院へ言って下さい、となる。

変に治療して何かあったら命とりです、とかなんとか。


田舎には大学病院ないし〜。

東京へ帰ってはきたが、あの待たされる時間考えると。


ポカリスエットで水分補給はしてるけど、、

てか、食事も取っているけど。体力なくなるよ〜。

飛行機も都内へのバスもキツカッタ〜〜(T_T)/~~


2日でニキロ痩せて、合計三キロは失いました、、

今日から仕事も始まるし、病院へいつ行くか悩む。

ガスが出始めて、ちょっと良い方向かな、、


でもねえ。。もしかして、、、ストレス性?とも。

本当にいろいろ大変なんですよ。。

アチラにいる時もそうだけど、、帰ってきてからも。


辛いことあって泣きつく先が、このヨキータ何でも組合、

ってゆう人が、たくさんいたりするんです、、


それはそれで全然いいんですけど、、

私が今、体調が悪くて大変だって、、

泣きついてくる人たち、揃いも揃って皆さん、

知ってるはずなんですから〜〜〜。


結局、自分が処理できない辛さ、ストレスを

私に放り投げようとしてるだけですから、、


さすがの菩薩ヨキータさまも、


「私はいつも聴いてあげるけどさ、

私が体調悪いの知ってて何度も電話してきて、、

ぶちまける、って、人間としてどうよ?

今はこんな話聞かせられないな、って押しとどまる、

そんな優しさと強さを持たなアカンやろ。」


と、ちょっと強めに言っちゃいました。

その中の一人は、、もちろん母親です。


、、元凶は他にいるんですけどね、、

結局、「力関係」なんですよね。


どちらが正しいか、なんて私にはわからんし、

もしかしたら、どっちもどっち、かもしれん。


でも、一つ言えることは、強いものが弱いものを弾く。

優しいものは、鉄のような塊を落とされて撃沈。


でも、、塊を落とすヤカラは変わりはしないんだから。

落とされる方が、、自分を守る術を手に入れるしかない。


「優しさ」って同時に「強さ」も持ち合わせるべき、だと。

真の優しさは、必ず強くもある。

私はそう思うんですよ、、


でも、、彼らになかなかそれを伝えるのは難しいです。

だから、一つずつ、何十年も言い続けてるんだけど。


今朝も、、私がまだ不調で、、仕事にも行くって

母は知っているのに、、電話でぶちまけてきました。


朝まで泣いていた、と、、

撃沈する出来事がキッカケで、、自分の人生を最初から

不幸のストーリーを洗い出しはじめて??

自分はいつも不幸だった、と思えて涙が止まらん、と。


、、まあ、夜ってそういう事になりがちだけど(;^ω^)


やれやれですよ、、(/ω\)

私がそばにいれば、一通り話を聴いて、話してあげて

スッキリさせて寝かせられたと思うんですけどね、、


さすがに今朝は私もイラっとしました。

でも怒りませんよ。ちゃんと話して聞かせようと思って

優しく、納得してもらえるよう話をしていたら、、


ここが「老化」を感じるところです。

優し〜く諭してる話に、なぜか母は逆上!


お前ひとり、頼りにしているのに!

お前までそんなこと言うのか!

もう知らん、もう電話なんかしてやるか!


って、、興奮してるんですよね、、(;・∀・)

え、、話聴いてたでしょ、私、喜ばすネタ振ってたよ、


話の流れがわからなくなる、話の趣旨もつかめない、

興奮していると、そうなっちゃう、ってのが

今回の帰省で強く感じた変化です。


でもね、老化が悪いこととは全然思わない。

そういう事になったんだね!じゃ、フォローするよ、

という、周りの理解があれば、全然問題はないと。


が、、母の性格は、、それを許さない。

老化イコール罪悪。

そして、母の周りに受容してくれる人もほぼいない。


これから、母はもっと心身、老化していくわけだし、

この「力関係」のイビツさはひどくなるよね。


この数日のヒドイ腸障害は、、

そんなわけで、、ストレス性かな、と、、

思うのも無理ないですね??ね??


なんたって、腸はとってもナイーブ。

脳神経の繊細な動きをそのまま受けちゃうからね。


そういや、、私の難病は合併症として

潰瘍性大腸炎、クローン病の可能性もあるんでした。

やっぱ、そのうち検査しないといけないかな。


自分に集中したーーーいよ。(*´Д`)


でも、、やっぱ母をヘルプせずにはいられない!

守ります!



8番目の男 [2019年11月28日(Thu)]
183039_01[1].jpg


まだこれ、、上映やってるかな?

なかなか面白かった韓国の法廷ドラマなんですが。


東京と大阪以外は上映してないかもですね。

評判はよいみたいです。





あらすじ

国民が参加する裁判が歴史上初めて開かれる日。

年齢も職業も異なる8名が陪審員団に選定される。

大韓民国初の陪審員になった彼らの前に置かれた事件。

証拠・証言・自白までそろった明白な殺害事件。

刑を量定するだけのはずが、被告人がいきなり嫌疑を否認、

陪審員たちは急きょ有罪無罪の決断を迫られることになる。

誰もが困惑する中、原則主義者の裁判長ジュンギョムは

正確かつ迅速に裁判を進めようとする。

だが質問と問題提起を繰り返す8番陪審員ナムをはじめ、

陪審員たちの突発的な行動により、裁判は予期せぬ方向に。



韓国で初めて導入された陪審員制の裁判で、

有罪から無罪に逆転した実話をもとに作られたそう。


事件を紐解くにあたって、明らかになる被告人のドラマが、

またまた泣かせるんですよねえ。


土壇場でひっくり返る裁判のゆくえ。

小気味よく進んでいく展開に引き込まれました。


決め手となったのは、、

「疑わしきは被告人の利益に」の原則。


人の裁きには必ず間違いは起きる、、、

それを少しでも防ぐために法が置かれているのだろうけど。


自分が陪審員に任命されたら、、どうします?(笑)

偏見を持たずに臨むことがでいるのか・・

「人を裁く」って、どっちにしろ後味悪そうですよね。


Park-Hyeongsik[1].jpg


パク・ヒョンシクの演技が良かったです。

アイドルだったらしいけど、風貌も演技も嫌みがなくて、

普通〜〜〜の、青年、って設定がもうピッタリ。

彼のファンらしき一団が映画館にいっぱいいたよ( ゚Д゚)


他の役者の皆さんは、、さすがに演技力素晴らしい!

私の好きな女優さんも主演していたし。


1016309_03.jpg


裁判長役の「ムンソリ」カッコよかった。

出来る女性の決断力って、、男より潔い!


おかたい内容の法廷ドラマではないので、、、

是非、機会あったら観てくださいね!


なかなか考えさせられる、そして泣かせる映画です。


| 次へ