CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

コミュニティブランドJONAN−OOTA

東京都大田区を中心とした城南地域において
マイクロスマートものづくり企業と女性の感性を活かす
新しい価値と共感を創出します


商店街情報 [2010年11月10日(Wed)]
映画「商店街な人」の広報をさせていただいたおかげで
商店街が身近に感じられるようになりました。

大田区は23区の中でもたくさんの商店街がひしめく場所、
町工場とともに発展してきた歴史もあるそうです。

そこで早速検索、

大田区商店街情報 おーたふる

個性的で、元気な商店街もいっぱいあるのを知って嬉しくなりました。
少しご紹介いたします。

◆VALNの地元 大森銀座商店街 Milpa

◆いつもお世話になっています 大森駅東口商店街

◆菊地の地元 ジャーマン通り商店街

◆映画でお世話になった萩中通り商店街 糀谷商店街
蒲田西口商店街

◆東急線のお膝元 長原商店街

昨日、子ども幸せ研究所のミーティングで

商店街で育つ子どもは商店街全部が大きな家、
通りは遊び場で親は働いていても
誰かが声をかけてくれる 挨拶しあえる場
自由に行き来できるコミュニティの場

というような話題がでました。

そうですよね。
商店街ってまるでおもちゃ箱、
色々なものがあって 1つ1つに個性があって

後継者不足は深刻という事実
空き店舗が目立つ商店街もありますが

もう1度 今の時代にあった新しい魅力のあるおもちゃ箱
挨拶が行き交う ゆるやかな関係のある場所
子どもが安心してすごせる場所
そんなコンセプトで商店街を再復興できないかしら?

またまた妄想?が拡がってしまいます。

コメント