• もっと見る
« 2024年01月 | Main | 2024年03月»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2024年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
「上河内図書館まつり2024」にお邪魔してきます♪ [2024年02月29日(Thu)]
2024年2月29日(木)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、3月に入りますとね。早速最初の日曜日(3月3日)にねぇ。ウシさんのバルーン活動が予定されておりまして。

 なーんかね。ここ最近(そしてもうしばらく先まで)は、妙に忙しくてですねぇ。

「ウシブログは一番停滞しそうだ」

 と容易に想像がつきますものでね。今の内に更新しておきましょうねぇ。えぇ、お邪魔いたしますのは、宇都宮市立上河内図書館さんでございましてね。昨年に引き続きのご依頼を頂きまして。

 大変ありがたいことでございますねぇ。

 お邪魔しますイベントは、「上河内図書館まつり」でございましてね。楽しみつつも、大いに頑張って参ろうと思っております。

2024-02-29 201126.jpg


 えぇ。改めて頂いているイベントチラシを拝見しますとね。図書館なのにウシさんが一番に記載がありまして。恐縮かつ、「ええのか!!?」と思ってしまうところです。

 えぇ、今回のバルーンプレゼントはね。整理券制(先着40名)となっておりまして。整理券配布は2月17日スタートで、もう3日前ですからねぇ。もう配布終了している(と思いたい)と思われますけどもね。

 うん。せっかく早朝から自転車にまた借り一時間強爆走するもんですからねぇ。どうせなら、盛大に、思い切りバルーンづくりを堪能したいと思いつつ。また、別の妄想としましては、やっぱりウシを着ただけの坊主おじさんなのだよという現実を突きつけて頂きつつ、

 まったりと、自分の好きなバルーン作品づくり(主にVtuber)を作る片手間にね。奇跡的に遊びにきて下さった天使さんたちを相手に、ご希望のバルーンを作って差し上げる・・・ってのもねぇ。悪くないなぁと思っていたります。

 ・・・3月からは、スペイン村のサロメ嬢コラボもスタートするし。ぬいぐるみの画像を参考に試作してみるのもいいかもな〜〜。。。

 とかなんとかね。どっちに転んでも楽しんでこよう!という決意だけは固めております。

 ま、妄想は置いておくとして。そんなことでね。つい先日、奇跡的に上手く作れた「ポチャッコ」もおりますし。マクドナルドのハッピーセットが、「カービィ」「ぽむぽむプリン」との情報も収集しておりますからね。

P2290001.JPG


 ラウンド風船を1セット購入しましてねぇ。準備を整えてね。図書館まつり当日に備えておるウシではございますよ。

 イベントスタートは、9:30分。1時間弱前には着きたいと目算していくとね。めっちゃ早起きなのでねぇ。とりあえず、寝坊しない!遅刻しない!!を最大のミッションとして心構えているウシでございました。

 そんなことで、上河内図書館の皆様。整理券をもらってくれている皆様。よろしくお願い致します!!!
聖地?巡礼??してきました [2024年02月27日(Tue)]
2024年2月27日(火)

 はい、どうも、みなさま〜〜。ウシです。

 さてさて。昨今のウシの推し活はね。ご存じの通り、周央サンゴ嬢が中心となっておりまして。えぇ、言っておくとホロライブさんから、にじさんじさんに鞍替えしたわけでもなく。(ついさっきは、みこちの数学耐久見てました)

 レトロ系ゲームの実況からVチューバ―の世界に入ったウシとしましては。アーカイブ専だということもあってね。つまりは、大体見つくしたからってことなんですけども。

 彷徨っている間にねぇ。サンゴ嬢とスペイン村のなれそめを知ってね。まぁ、今現在の興味関心が上位に来ているというわけなんですわ。

 ・・・ね。コメントするわけでも、リアタイを生きがいにしているわけでもないのにねぇ。不思議と違う箱さんの方を追うという状態になった時のねぇ。この不思議な気持ちはなんだろうとは思っているウシでございます。

 魅力的な女子ばかりでね。困ったもんです。

 まぁ。どうでもいいですね。

 さて、先日のお休みの際にね。

「聖地巡礼してみよう」

 と思い立ちまして。近所の「山田うどん」にお食事に行ってみました。えぇ、過日、サンゴ嬢の「聖地配信」だかというのを見つけた折に、紹介されていた「山田うどん」。

「行ったことないけど」

 と、おっしゃっていたのが、どうやら、ポケモン実況の中で嬢が使用していたポケモンさんに由来すると知りまして。へーーっと思いまして。

 思ってたら、自宅(栃木市内)の見知ったところに、山田うどんさんあるやんと思ったもんですからねぇ。行ってみました。栃木街道沿い、国府公民館の近くにある、山田うどん。

P2260010.JPG


 近所といったら近所ですが、ウシの交通手段は自転車なので。30分くらいサイクリングを楽しみながらねぇ。行ってきました。

 何年か前に利用させてもらった折は、サンゴ嬢もいない(コロナ前の時代です)時期だったので、気持ちの高揚というものは一切なかったんですけども。今回は、不思議とワクワクがありましてね。

 えぇ。推しとはすごいもんだと思いながらねぇ。食事して帰ってきました。

「とにかく腹いっぱいになった」

 という記憶だけが残る山田さん。お昼どきだったからから、トラックや土建業系の屈強な皆さんがお食事を楽しんでおりまして。その中に、一人迷い込んだ推し活中のウシ。

 うん。頂いたお食事も大変おいしくてですねぇ。以前は車で来たけど今回は自転車だから、よりお腹がすいたからなのか。それとも推し活効果なのかは定かではありませんけども。良い時間を過ごすことができました。

 えぇ、今回の一見は聖地巡礼というかは、甚だ不確かではありますが。なんちゃって推し活を楽しんでいるウシとしてはねぇ。丁度よい巡礼となりました♪


 
「よくばりセット」(私的趣味) 完成からのスタメン起用 [2024年02月21日(Wed)]
2024年2月21日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 三寒四温の季節に入ってきましてねぇ。天候の乱高下に併せてウシさんの偏頭痛も大盛り上がりですからねぇ。早めの対処を心がけ、何とか生きているウシでございます。

 えぇ、「三寒四温」っていうか「三寒四暑」(さんかんしあつ)でねぇのかって感じですけどもね。感染系の菌の皆さんも相変わらず元気だそうですし、花粉とも相性よさそうですからねぇ。偏頭痛持ちでない皆様も、ぜひ頑張って生きて頂きたいところです。

 さて。先日、2月18日にお邪魔した、職場まちぴあの登録団体 (特非)宇都宮子ども劇場さんの主催イベント「集まれ!雷都忍者たち」ですけども。

 楽しかったですねぇ。。。 今回は、子ども劇場さんに取材を依頼されたわけでもなく、会場のオリオンスクエアがね。ほぼ毎日使っている東武宇都宮駅近くだったので、

「遊びにいこう」

 と心に決めており。もちろん、ウシになる気満々だったですから。遊びに行く旨は先方様には伝えておりましたけどもね。ほんと、フラッと現れたわけでございます。

 遊びにきただけなのにねぇ。イベント開始を控えて、集まっておられた劇場関係者の皆様には大変よくして頂きまして。あれよあれよという間にウシのブースをしつらえて頂きまして。

 存分に遊んで参りました。

 えぇ。ウシさんが遊ぶっていったらバルーンですからね。遊びですから、まずは自己を満足させることを優先しまして。おさらいも兼ねて新キャラの「ポチャッコ」を作り。その流れで、ラウンドバルーンを使う系のキャラ(ポチャ、シナモ、カービィ)を作ってね。

P2180006.JPG


 悦に入っておりました。

 えぇ、にじさんじ・周央サンゴ嬢(っていうか、嬢のスペイン村の語り)にハマったことをきっかけに、作ってみるようになった「ポチャッコ」(ウシ流)ではありますが。個人的には、何とも思っていなかったですけども。

 中々の人気だということを知りまして。この日もね。お子さんからご家族さんまで結構な皆さんから「かわいい」と高評価を得たポチャッコ。おかげでね、サンリオさんのアニメ動画も見て勉強させて頂くくらいには、推すキャラになっちゃいました。

 うん。スタメン決定ですな。

 そんなことで、新人のポチャッコバルーンの評判が良かったのでね。

「よし、じゃあ、よくばりセットいってみよう!」

 と。動画を視聴しまくった結果、ンゴ嬢と馴染みが深いと思われるキャラたちを作ってみましてね。こんな感じで、

P2180018.JPG


 ンゴ嬢(ご本人)、カービィ(環境大臣)、ポチャッコ(ンゴ嬢の推し)

 とやってみましてねぇ。えぇ。作ってみたい欲を存分に全うさせて頂くことができました。うん。満足満足♪♪

 そうこうしている内にね。遊んでいるだけのウシは、お子さんたちやご家族さんに囲まれることになっておりまして。この辺からねぇ、遊ばせてもらっている劇場さんへのご恩返しのパートに入ってきまして。バルーンプレゼントさせて頂きました。

 やっている最中に、ンゴ嬢は知らないけどもvtubarは知っているという小学生兄妹に出会いまして。ホロライブ推しでした。

「ホロライブ作れる?」
「20人はいけるね」
「マジ!? じゃあ、ぺこらちゃん作って!」
「まかせろ!!」

P2180031.JPG


 ってなやり取りがありましてね。ペコちゃん作ってあげましたらねぇ。大いに歓喜して下さいまして。神棚に飾ろうみたいなことを言ってましたねぇ。

(※写真を今見て、ウサミミがないことに気が付きました)

 ・・・うん。ごめんね。キッズたち。まぁ喜んでもらえてたし。ぺこらちゃんの耳は生えているんじゃなくてカチューシャだと思っているのでね。「そういうバージョンです」で押し通そうと思いなおしておりますけども。一応謝っておきます。

P2180015.JPG


 そんなこんなでね。時間いっぱい遊ばせてもらって。あろうことか、ご家族さん達からスパチャを頂くこともあったので。劇場さんの子ども達が手作りした、能登半島支援募金箱に募金もさせてもらってねぇ。

 充実した時間を過ごせたウシでございましたとさ♪
ウシ流「ポチャッコ」誕生! 〜ンゴちゃんセットをつくれる♪ [2024年02月17日(Sat)]
2024年2月17日(土)

 はい、どーも。みなさま〜〜〜♪ ウシです。

 さて、そんなことでね。本日(2月17日)は、横川地区の子ども会「日の出子ども会」さんにお招きいただいて、子ども会の歓送迎会(感染予防バージョン)にお邪魔してきたウシです。

 えぇ、結果的には、ウシの労力がかなり大きくなったような気もする予定変更があったわけですけども。神様は、頑張る(愚痴は言っていた)ウシを見捨てなかったんですねぇ。

P2170003.JPG


 えぇ、こちらの写真にありますように。先日来、失敗を重ねてはチャレンジしていた「ポチャッコ」さんがね。本日、誕生の運びとなりまして。

 ・・・しゃあぁああああ!!!!!

 って感じですわ。えぇ。これでねぇ。最近、増えた推しこと、周防サンゴ嬢関連のバルーン作品群(ンゴちゃん、カービィ、ポチャッコ)の組み合わせ、

「ンゴちゃん欲張りセット」(私的名将)

 が作れる!!と。一人喜んでおります。

 えぇ〜、ポチャッコ完成には、奇跡的な流れがありまして。本日の歓送迎会でプレゼント対応することとなったウシですが、密集を避けるために、30分くらいずつお子さんたちが時間差で遊びにくるというイベントだったもんですからね。

 大変でしたが、ワンチャン練習できそうという展開がありまして。さらには、頂くオーダーの多くがサンリオ系(以外に、ちいかわは少なかった)だったこともあり。練習中だった、ポチャッコを少しずつ作っておったんですわ。

 そこにね。パーカーもバックも靴下も(キーホルダーも)「ポチャッコ柄」で身を固めた小学生女子がいらっしゃいまして。

「おおっ」

 となりましてね。その子にバルーンを差し上げる際にねぇ。

「ウシさん、どうしてもポチャッコ作りたいんだけど、協力してくれないか?」
「ポチャッコ作れるんなら、協力する!!」

 ということがりまして。彼女が持っていたキーホルダーがねぇ。珍しい、たれ耳バージョンのポチャッコだったことも幸いし、ガチ勢女子のご指摘のもと、今回のバルーン・ポチャッコを試作したのでございました。

「あっ、ポチャッコだ!」

 ガチ女子小学生(メシア様)は、おっしゃいましたのでねぇ。

 よしよしと。このような展開がありましてねぇ。無事にウシ流・ポチャッコ爆誕でございますと。えぇ、これはねぇ、嬉しい展開でした。

 うん。これで心置きなく、前回作成で胴長になってしまったンゴちゃんを作り直し。環境大臣(カービィ)と、ンゴちゃんの推しである、ポチャッコをセットに作品を作れるというものでしてねぇ。

 次の活動日(っていうか試作できるタイミング)が楽しみになったウシでございました!!
バルーン活動@横川地区日の出子ども会歓送迎会 行ってきました♪ [2024年02月17日(Sat)]
2024年2月17日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 さて。本日は、コロナ後自治会やら地域ボランティアグループの皆さんにお声がけ頂いて、なんか頻繁にお邪魔している、宇都宮市横川地区に行ってきましたよ。

 子ども会の役員さんからは、昨年末の時点でお問い合わせを頂きまして。本日に至るまで色々準備してこられたわけですけどもね。

 なんですか。えぇ〜、知ってましたけどね。コロナさん。第10波とかなんとかで。かつ、インフルさんも元気いっぱいだそうじゃないですか。えぇ、ある意味、コロナさんに覇権を譲っていた2年前くらいろ比べるますとねぇ。

 随分仲良くなったじゃねぇかと。ウシ的には、地球壊すということであれば、救ってはいるけど悟空もベジータも変わりねぇよなと思っている節があるわけですけどもねぇ。

「最強のライバル同士が手を組んだ」

 みたな状態なんですかね今。えぇ、だったらワンチャンドラコンさんみたいにね。合体して一つになっていいんじゃないかとも思ってしまうところでございますけどもね。まぁ、その感染症の影響が大変になっておりますそうで。

 えぇ。せっかく準備してきたのねぇ。本日の歓送迎会はねぇ。本来の形ではやらないとのご連絡を頂きまして。ちょっとがっかり気味のウシではありました。

 ・・・だか、じかし!ウシさんは来てほしい。バルーンは欲しい!!

 だそうでございましてね。「風船プレゼント」に形を変え、かつ、従来の歓送迎会は室内で、みんなでバルーン工作遊びの予定でしたけども。

 お外で子ども達にバルーン(と記念品)を配る に変更して臨むこととなったけです。

 まぁそんなことで。ともかくもウシの活躍の場は確保されたということで、昨日よりは気温は下がったといわれるものの、日差しが暖か(っていうか暑い)な中、会場となりました、宇都宮市立横川東小学校さんに行ってきまして。

 約50名のお子さんたちに風船を差し上げました。えぇ、外でやっても同じ時間に殺到したら、結局密なので。30分置きくらいに時間差を設けて、お子さんたち、ご家族さんたちが集まってくるという感じでやっていきまして。

 うん。ウシ的にはね。工作遊びっていうか、多少間のある配布イベントって感じでやらせていただきました。(えぇ、意外にウシの負担が増えたってことでもあります。全部、ウシが作るので(汗))

「風邪に負けない!風船欲しい!!」

 と思って下さっている兵たちですからね。遊びに来てくれた子たちは大変バルーンプレゼントを喜んでくれまして。ある意味、キャラもの風船がじゃんけん制になるバルーン工作よりもねぇ、ほぼ確実にキャラ系バルーンがリクエストされる今回は、子ども達にとっては良かったのかもしれませんけども。

P2170001.JPG


 ピカチュウ、イーブイ、マイメロ、クロミ、ちいかわ、シナモ・・・とできる限りの作品を作って差し上げまして。大いに喜んで下さいました。

 まぁ、男女比的には男の子の方が多い子ども会さんだったようですが、男の子たちはね。こんな感じで、剣でリアルスマブラに興じるパターン(2刀流)に、予想通りなったので。じっくり作るキャラ系を飽きもせず見てくれてていたのは、レディたちが多かったわけですけどもね。

P2170002.JPG


 楽しんでいただけたみたいで何よりでした。

 うん、感染症ばかりはどうしようもありませんがね。こんな感じで午前中いっぱいやり切らせてもらいまして。ウシさんも久しぶりに充実した活動時間を過ごすことができまして。えぇ、コロナ後よく行く、横川地区ですが、不思議と横川東小の宮っこステーションには行ったことが未だにありませんからね。

 来年度あたりは、今回の歓送迎会であった子たちとリベンジも兼ねたバルーン工作をしたいと夢見るウシでございましたとさ♪
ンゴちゃんセットは多難です [2024年02月14日(Wed)]
2024年2月14日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 今週に入りましてね。なぜかやたらと自転車に乗りまくっているウシでございましてね。一昨日昨日(2月12、13日)を通算して、60キロ以上走ってましてねぇ。

 えぇ。久しぶりに良い運動をしたもんだと思っておりますよ。やっぱね、下半身が鍛えられるのは良いことですわねぇ。

 さて。そんな自転車日であった昨日のお話しですが、何気にバルーンをやるタイミングもあったもんでね。週末はウシの予定もありますし、準備と練習をしておりました。

 まず、準備的には先日来できるようになり、お子様たちの評価も頂いて確固たるものになった「ちいかわ」ね。

 何回か作ってみて「ここは工夫すべき」と思ったのがね。特に「ちいかわ」は白いじゃないですか。そして、顔もですけども、彼は「身体をつける」ことはハズせないキャラクターだなぁと思うところでありまして。

 するとね。小さい「ちいかわ」ですけども。どうしても2本の白バルーンを必要とするんですよ。えぇ、これがやっかいでございましてねぇ。ある程度スタメンに加えるならば、キャラバルーンで出番がかなり多い「白」は節約を心がけないといけないわけですからね。

P2130015.JPG


 こんな感じで、色違いを組み合わせて、表面からは白だけだけど裏は別の色になっているタイプの「ちいかわ」を作ってみましてね。えぇ、まぁ、量産体制も整ったというところです。

 うん。前進してますねぇ。

 正直、ちいかわ量産に向けて準備する中で、一番「めんどくせぇ」となったのは、目シールですけどもね。えぇ、ポケモン用の目シールよりもさらに一回り小さいサイズの黒丸シールに、さらに極小の白丸シールを2枚つけるという作業。

P2130009.JPG


 えぇ〜、こんまかくてねぇ。大変でしたけども。まぁ、ある程度の在庫を準備してみました。

 そんなこんなで細かい作業をしていましたのでね。この日は、違うものを作ってみる気になりまして。えぇ、スペイン村の切り抜きから、怒涛の勢いで見る(聴いてる)ようになった、「にじさんじ」さんのンゴ嬢がねぇ。

 サンリオの「ポチャッコ」の推しであると耳にしたもんで。

「サンリオ系ならいけるかも」

 と思ったもんですからね。やってみました。えぇ、ある意味ウシのキャラものレパートリーの系列では一番種類が多い(マイメロ、クロミ、キティ、プリン、シナモ、その気になればキキララ)ですからねぇ。

 いけるんじゃないかとの算段があったんですけどもね。

 ・・・・・・・いーーーや。難しいですねぇ。ポチャッコ。

P2130022.JPG


 丸い風船も使ってみて試作を重ねるも、

「なんか、ちがうイヌになってしまう(泣)」

 という感じでね。妙に敗北感を味わったウシでございますけども。

 まぁ、こんなもんですよ。一番マシなのはこれかなぁ〜??

P2130021.JPG


 ・・・ふぅう、、、ぼちぼち練習していつかは、「サンゴちゃんセット」(ンゴ嬢、カービィ、ポチャッコ)を成し遂げたいと思っているウシでございます。
良き光景でしたねぇ♪ [2024年02月11日(Sun)]
2024年2月11日(日)

 はい、どうも。ウシです。

 すでに、職場の「まちぴあブログ」には更新済みでございますが、本日は、毎月恒例の地域美化活動「クリーン&ウオーク」の活動日でございまして。もちろん、ウシも事務局としてだけではなく、参加させて頂きました。

 えぇ。運動習慣を〜とかなんとか言ってますからね。来週には健康診断も控えておりますからして。自分もやろうとウオーキングを兼ねたごみ拾いを堪能したわけです。

 そんな本日だったわけですが。まちぴあ周辺でのクリーンウオークでありますし。天気もいいので本日もね。当然のことながら、発着点をお隣の駅東公園にしまして。当然のことながら、参加者の皆さんのお帰りをまりながらのバルーンアート練習をねぇ。やったわけです。

 えぇ。「ほうぼく」ですね。

 今回は時間がなかった(面倒だった?)ということもあって。ほうぼくやります記事を更新してなかったんですけども。まぁ、予想通り、公園にはたくさんのお子さん達が遊びにきておられましたからね。

「ああ、やっぱり」

 という確証を得ながらねぇ。美化活動から戻ってくるボランティアの皆さんを待ちつつ、バルーンアートの練習に勤しんだわけでございますよ。

 ・・・本当のところはね。にじさんじのンゴちゃんにハマったこともあり、彼女が推していると推察される「ポチャッコ」を作れるようになろうと思ったもんで、練習しようと思っていたんですけども。思いのほかお子さんが公園で既に遊んでおられたのと。

 ウシは知らなかったですが、丁度、地域の子ども会さんや体育協会の皆さんでも清掃活動をされておる日だったみたいで。ウシは何も知らなくて「勝手にウシになっていた」だけなんですけどもね。

 ウシとバルーンの存在を熟知している、今泉地域子ども会の皆さんと、ハチあってしまったもんでねぇ。

「ウシさん、わざわざ私たちのために、ありがとうございます!」

 みたいな展開になりまして。あっさりすげぇ、大行列になっちゃいましてね。えぇ、練習どころではなくなったというのが実情ではありますけどねぇ。まぁ、何ていうんですかね。イベント的な空気を感じるというか、そっちの方面で大変よい練習にはなりました。

 そんな混乱があった中でね。公園で遊んでいた子たちも、地域の子ども達の輪に加わってバルーンを希望してくれたりしたわけですが。欲しがってくれた子たちの中に、6年生の子たちがありまして。

「お前らは、もう大人だろ?本当にバルーンなんぞ欲しいのか!?」

 という問答があったりしました。

 えぇ、乱暴される用にバルーンをあげるのだけは避けたいんでね。この子らに限らず、ある程度(5年生以上)の子たちには、お馴染みの文句でいうわけですけども。

P2110012.JPG


 ちゃんと遊ぶからとか何とかいってきましてね。えぇ、これはこれで愛い者どもよのうと思ってね。結局差し上げたわけですけども。まぁ、見ていると確かに、チャンバラに興じておりまして。ウシさん的にはねぇ。

 ある意味、マジかよって思っちゃいましたのよ。そんでね。しばらくそうして遊んでいたら、小さい子たちのバルーンが割れるということが、当然のように発生しまして。

 まぁ、これ自体は想定内。泣き叫ぶ暇があったらもらいにおいでとねぇ。思っていたら、6年生の子たちがね。その子たちにバルーンをあげているという場面を目にしましてねぇ。

P2110016.JPG


 ・・・何とも平和な良い風景だなぁと。感動を頂いた日となったわけです。

「ボランティアをすると良いことがある」

 はね。確かなことだと思い知ったウシでございました♪
バルーン活動@陽光小宮っこステーション(1年生)いってきました! [2024年02月10日(Sat)]
2024年2月10日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、去る2月6日にお邪魔した、宇都宮市立陽光小学校・宮っこステーション(放課後教室)でのウシさんバルーン活動でございますけどもねぇ。

 この日にやったことを分割して更新すること、3回ということでございましてね。骨の髄まで活用させて頂いたわけですが、今回の更新が最後になりますです。

 えぇ。この日の工作遊びのお相手は、1年生ということで。お願いされて「あれっ?」と思ったんですけども。昨年11月に一回やっている学年でございますからね。

 いいんですか?といったら、いいいんですとのお応えを頂いたわけでございますけども。今回も約20名の1年生諸君と遊ぶことと相成りまして。1年生諸君とは学期中に2回遊んだことになりましてね。

「1年生ばっかりズルい!!」

 と、廊下から室内のウシを見つけた下校途中の他の学年の子たちが言っているのが、準備中のウシにも聞こえてきましてね。まぁ、バルーンができるだけの坊主頭のおじさんにしては、大変ありがたいお言葉よと思いつつ。「1年生ばかり」という点についてはね。ウシもなんでだろうと思ってはいましたのよ。

 まぁ、いいでしょう。

P2060002.JPG


 そんなことで、今回の1年生20名ですが、半数以上が昨年11月に体験済みの子たちばかりでございまして。昨年と言っても3か月くらいしか経過してませんでしたけどもね。

 いつもの工作(わっか → イヌ → 剣 → 自由)の流れを確認したところ、

「前回は剣作りました!今日も剣つくる!!」

 とのことでしたのでね。えぇ、今回もお馴染みの手順でやっていきました。

 えぇ、コロナ以降再開されたバルーン教室でね。一つ気が付いたことがありまして。それは、割れたときの話なんですけども。

「破裂音よりも、君たちの声の方が大きいじゃないか」

 ということでございましてね。その点を指摘して、「割れても、騒がないで行こう!」と作戦を通達してスタートしましたらね。思いの他、当たりまりまして。

 えぇ。特に最初にやるようになった「わっか」は、ねじる体験用ですが、わっかの部分を元に戻してイヌを作るとやっていますもんで。この際に、よく割れるわけ(あえてそうしてる。割る練習も兼ねています)ですが、

「騒がない作戦」

P2060004.JPG


 をしましたら、本当に割れても騒がなくなりまして。割れたら割れたで気持ちを新たにどんどんチャレンジしていってくれました。

 今現在、こうして活動時の写真を改めてみていますとねぇ。始まった当初よりも、工作時間が進むにつれて、明らかに子ども達の表情が和やかになっていることに気が付きまして。えぇ、約90分の時間の中でねぇ。

P2060019.JPG


 一年生たちの成長を改めてみることができましたねぇ。これは、発見ですな。

 えぇ。ウシが疑心暗鬼になりながら作った「ちいかわ」などのキャラバルーンもね。もらった子たちの顔をみるとねぇ。うれしいんだなぁ〜と思うところでございまして。

P2060023.JPG


 えぇ、だから、バルーン活動が楽しんもんだと再確認したウシでございました♪

P2060022.JPG


 えぇ。そんなことでね。陽光小さんでのバルーン活動は今年度は終了の運びとなりました。次回は4月を予定しているそうで。新年度、時間があったら、またお邪魔したいと思いますので、よろしくお願いいたします!!
1 VS 19 で決定しました♪ [2024年02月08日(Thu)]
2024年2月8日(木)

 はい、どうも。ウシです。

 えぇ〜。そんなことでねぇ、せっかく活動しましたからね。水増し&分割更新作戦中のウシでございますよ。そんなことでね、話題は、2月6日(水)にお邪魔した、宇都宮市立陽光小学校の宮っこステーションさんでのお話しですねぇ。

 またバルーン試作の話ですけどもね。ンゴちゃんだけでなかったわけですよ。

 ちゃんと(?)試作もやりましてね。えぇ、「ちいかわ」でございます。

 ウシ的には疑心暗鬼だったものの、狂喜するお子様に背中を押される形で技術研鑽を決めた「ちいかわ」でざいますけども。一点、確認したいことがありましてね。今回、もう一度作ってみました。

P2060014.JPG


 えぇ。子ども達のご意見を聞きたかったのはねぇ。「目シールの大きさ」でございまして。画像向かって左側のちいさんが初代。

 目シールはこれまで同様、ピカチュウ・イーブイなど用の黒&白付きのシールに、もう一枚小さい白シールを付けたものでね。

 右側のちいさんがね。マイメロ・キティなど用の、ポケモン系と比べてもう一回り小さい黒シールに、極小の白シールを2枚つけたバージョンになりまして。

 ・・・えぇ、それだけなんですけどもね。

 参考画像を見ながら作るに、旧式のちいさんは少しばかり目が大きすぎないかという疑問があったもんでね。特に推しでないキャラの創作に臨むおぢさん特有の

「どっちも同じだろ」

 というスキルも発動していました(できれば、どっちでもいいになって欲しかった)が、一応ね。2つ作ってみたわけですよ。

 順番的には、左 → 右 の順で作り。作っている最中は、

「ちいかわだーーーー♪」

 などと、どっちも子ども達の反応があったのでね。おおっ、これは・・・とも思ったもんですけども。出来上がって、いざ、贈呈(じゃんけん)となった時にね。改めて聞いたらねぇ。

 左:1  右:19

 という評価となりました。

 うん、こいつらちゃんと選んでるんだなぁと感心しましたねぇ。

 えぇ、そんなことでね。無事にウシの「ちいかわシリーズ」は、サンリオ系統の小さい黒シールに極小の白シールを貼って目を作るべきと方向性が示されたわけでございます。

 うん。新たに細かい作業をする必要がありますねぇ、頑張ります。
つくってみた(17) 〜 周央サンゴ [2024年02月08日(Thu)]
2024年2月8日(木)

 はい、どうも。ウシです。

 どうでもいいですけどもね。2月に入ったあたりから、推し活中のホロライブの皆さんが「パルワールド」に入村されておりまして。

 えぇ。レトロゲー好きというか、身体的に3Dの綺麗すぎる画面はあまりお好きでない(目がチカチカする。つまりは体が付いていきません)ウシとしましては、配信を追っかけることをしておりません(でも、いろは殿のログインできない動画は面白かった)でね。

 えぇ、配信を拝見するペースに多少の変化があらわれておるウシでございます。丁度、プロ野球のキャンプも始まったので、そちら系(高橋慶彦氏、里崎智也氏の動画をよく見ます)を拝見して楽しんでおるウシでございますよ。

 うん。つまりは、「おっさんかアイドルしか見てない」わけでございます。

 そんなことなので、ここ最近はフラフラしておったウシでございますけども。先ごろ、何のきっかけだったかは忘れましたけどもね。先ごろ、「にじさんじ」さんの「周央サンゴ」さんという方を発見しまして。

 三重県・志摩市のスペイン村の顛末を知りました。スペイン村の件については、以前、みこち嬢の配信にンゴ嬢がお出になった時にね、ウシのアドバイザー妹は「にじさんじ」さん推し(男性ライバーが主)でございますから。

 質問をした時に教えてもらったのでわずかに記憶はありましたけども。

「とても素敵な話しやないか!!」

 と。ウシさん大変感銘を受けまして。すっかりお気に入りになりましてね。ここ1週間はスペイン村から始まって、実質朗読とか、ミリしらとか。大変楽しませて頂いております。

 そんな2月ですからねぇ。ウシ流の推し活こと「バルーンづくり」もすっかり、ンゴちゃん作りたいと思うようになりましたもんですからねぇ。先日の、宮っこステーションの折に早速作ってみることにしました。

 ・・・まぁ、当初の予定では、うっかり忘れていた、ホロライブ0期生・ロボ子さんをチャレンジするつもり(画像は手中にしています)でしたが、

「髪の毛の色が複雑で分からん!」というのと。

「ピンクは経験豊富なので、できそうな気がする!」というのがありまして。

 えぇ、今回は、ンゴちゃんを作らせて頂きました。創作ですけども。人間キャラ系のバルーンは、ホント6割方「目で決まる」と自負しているウシ。よーく参考画像を見て、目シールを作らせていただきまして。

P2060015.JPG


 こんな感じになりました。

 あとは、なるべくの色合いを意識しながら全体的に仕上げていきましてね。うん。こんな感じに作れまして。えぇ、Vチューバー知らない小学1年生たちに混じって作っていましたけども。

「新しいプリキュアの変身前」

P2060016.JPG


 などと呼ばれるものの、一定の評価を頂いた、ウシ流バルーンのサンゴ嬢ができましたよ。えぇ、個人的には、胴体がなんか長めになってしまったとか色々ありますけども。おかげ様で大変よい練習が出来て感謝しておるところでございます。

 これで、ホロライブっていうか、Vチューバー系バルーン試作は、通算25体目と相成りました。えぇ、あくまで「つくってみた」レベルですけどもね。楽しいですなぁ。

「勝利確定BGM」と名高い「きっとパルケエスパーニャ」いい曲ですねぇ。始業前のテンション上げに、ありがたく聴かせてもらっておりまする♪
| 次へ