• もっと見る
« 2023年01月 | Main | 2023年03月»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2023年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
バルーン活動@上河内図書館まつり 〜 シャンシャン作戦?で大盛況♪ [2023年02月28日(Tue)]
2023年2月28日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 さて。2月もすっかり月末で。日中は春を思わせるような陽気になってきましたねぇ。一方で一日の中での寒暖差が激しいですからねぇ。

 ウシさん絶賛やりこみ中の「サクナヒメ」さんだったらね。さむいぞーとかなんとかいっていてもねぇ。神様ですから濡れ縁で過ごすこともいとわなかったりしますけども。現実は、そうはいきませんからねぇ。お身体をいたわりながら過ごしてまいりましょう。

 えぇ。そんなことで、バルーン的には最初と最後の2回しかない厳しい月となった2月でございますけども。去る、2月26日(日)にねぇ。お声がけいただいていた、

「上河内図書館まつり」

 がありまして。勇んでいってきました。もちろん、現場まで自転車でございます。えぇ、車に乗っていた時分に、上河内図書館のお隣にある地区市民センターにお邪魔した経験はあったのですが、自転車では初。

 そんなことだったので、朝7:30には宇都宮市に着いてまして。イベント開始の2時間前だったらつくだろうと準備してお邪魔してきました。市役所といかオリオン通りなどの中心部から、田原街道をひたすら北にいきまして。

P2260002.JPG


 環状線も超えて、上河内地区へ向かいました。この時期は、朝はおだやかな季節ですからねぇ。非常にスムーズに走行出来まして。心配していましたが、1時間ちょっとの時間で無事に到着することができました。車の方がかからないんだと思うんですけどね。不思議と車よりも疲れがなかったのが不思議ですねぇ。

P2260003.JPG


 そんなこんなで、身体的にも十分にヒートアップした状態で、本番となりました。

 上河内図書館さん的には初のイベントだったそうなので。同じ事業体であられる河内図書館さんとは雰囲気が違うなぁと思ったり(正直、甘く見てました)しながら、そこそこにバルーンの準備もしておりました。

P2260008.JPG


 上河内地区ですからね。イベントでは、以前職場の情報誌で取材させてもらった「ゆず染め」の展示もあったりして。えぇ、こんな感じでウシもバルーンでゆずを作ってみたりと、明らかに余裕を見せておりました。

 9:30のイベント開始直後はこんな感じだったので。

P2260012.JPG


「なんか、シャンシャンみたいな場所ですね」

 などと、ウシがポジショニングをご指示しただいた、ガラス張りになっている1階通路でのバルーンを楽しむという世湯もあったんですけどね。

 ・・・10時過ぎくらいからでしょうかね。

 わんさか皆さんバルーンをご希望に来てくださいましてね。こっからノンストップでプレゼントしまくりの時間となりました。

P2260009.JPG


 うん。マジで休みなし。自転車でウオーミングアップ完璧だったのが活きたのか、まったくへこたれずにプレゼントをし続けさせていただきましてねぇ。

P2260014.JPG


 えぇ。良い意味でね。「こんなハズではなかった」と思いながらねぇ。やらせて頂きました。最初のロースタートの感じにほだされて、ウシさん得意のサンリオ系の中であまりやらない「クロミ」ちゃんとかに応えたのも悪かったのかしれませんけども。

 いつものキャラ系(ピカチュウ、アンパンマン、シナモ、マイメロ)あたりを中心に、ざっと100名ほどの皆さんに差し上げたのではないかと思っておりまする。

 うん。12:30のイベント終了時点でもさばききれず、結局13時くらいまでやらせていただきまして。えぇ、ウシはバルーン作るしかしないので、クレームは受付られんと図書館スタッフの皆さんにケアをお願いしておりましたから。ご迷惑をかけたかとも思いますけども。

 とりあえず、その日は大きな問題もなく。時間はかかっちゃったけど、皆さん満足してもらえたのではないでしょうかね??

 えぇ、関係者、参加者の皆さま。大変ありがとうございました!!

 そんなこんなでね。ウシさんは出来る限りの事をやらせて頂けました。活動回数の少ない2月でしたが、最後の最後でこうした幸運に恵まれたことを幸せに思うウシでございまする♪
事前練習と思い直して 〜 サクナヒメ&かいまる 試作 [2023年02月25日(Sat)]
2023年2月25日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 えぇ、本日は実のところ、まちぴあ登録団体の皆さんからウシのバルーン遊びをお願いされておりましたのですがね。

 子育て系の団体さんですから。そして世間ではインフルさんも流行っているですしね。皆さん、体調でもお悪くされたのかもしれませんけども。午前中からお待ちしておりましたが、ご連絡も利用もありませんでね。

P2250004.JPG


 えぇ。ウシさんただ単にウシになっていただけの時間を過ごした一日となりました。

 うん。皆様、予定変更の際にはご連絡をいただけるとね。大変助かります。

 ・・・そんなことだったので。せっかくウシになっているし、バルーンの準備もしてたもんですからね。せっかくなので明日(@上河内図書館まつり)の準備とリハビリを兼ねて、キャラバルーンの試作をしてみることにしました。

 えぇ。やってみて思いましたけど。2月は月のはじめにバルーンがあったきりでしたのでねぇ。モノづくりはいいですけども、やっぱ集中するからか疲れますねぇ。

 そんなことで、リハビリのネタはやっぱり「サクナヒメ」。前回の初試作で、そこはかとなく中華風になるサクナヒメさんに四苦八苦しましたけど。

 2回目になれば、もう少しなんとなるという希望的観測を胸にやってみました。

 本当であれば、紫バルーンを使いたいところですが、明日の本番にも作りたくなるかもって思ったので、在庫が余りやすい青バルーンで髪の気を作ってね。

P2250001.JPG


 こんな感じにできました。

 えぇ、サクナヒメさんはねぇ。やっぱ、顔の部分はそこそこに出来上がるのですが、ボディを付けると何かバランスが難しく。好きな作品であるが故にねぇ。多少はマシになりましたが、もっと可愛く作りたいもんだとの思いを新たにしました。

 せっかくなのでね。サクナ系からもう一人。ウシさん的には、作中のヒロインとも言われる「かいまる」くんを作りました。

P2250002.JPG


 うんちのかいまるくん。今現在も派遣行動で活躍してくれていますよ。そんな、かいまるくんを作ってみましてね。こちらは少々耳の大きさが微妙ですがね。

 個人的には、おひい様よりも上手くできた気がしてはいます。特に腹掛けの「丸」の字は頑張って白抜きをしましたからね。(崩れてますけど)

 いいんじゃないでしょうかね。

 100万本以上販売されたソフトですけども。2年のブランクがありますからね。どうなんでしょうかねぇ? 分かってくれる人いるんかな?? とも思ってますけども。

 「サクラ3」で大爆発した経験(知ってる人いなかった)をしているウシとしては、20年前から2年前だから、全然最近じゃんと思っていますけども。それは、ウシさんの感覚でありますからね。きっと通用しないことでしょう。

P2250003.JPG


 しかしながらの試作&リハビリ。楽しかったので、明日は寝坊しないで上河内図書館にたどり着くことを第一に行ってまいります!!
40才にして「エイム」を知る → 雑草警察は寝ずの番 [2023年02月25日(Sat)]
2023年2月25日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 さて。今日も元気に「サクナヒメ」中のウシでございます。ウシさんのおひいさまは、農業歴36年となられまして。実際の農家さんであったならばかなりなベテランではないでしょうかね。

 しかしながら、やっているのはウシさんなので。ただのベテランなだけですねぇ。

 えぇ。クリア後なんですよ。ウシさん。ステータスも何だかんだでカンスト手前(25日現在できました)。

P2240003.JPG


 そのくせして、

「えっ、サクヤさんのお家にはちゃんと寝室があったんだ!」

 と気が付く始末。えぇ、節穴力をいかんなく発揮しております。

 えぇ。気づけたのは、動画を上げておられる皆さんのおかげでございましてね。ありがたいことでございますなぁ。最初は攻略の参考に見ていた、賢人の皆さんのプレイ動画でありますが、最近は、皆さんの

「田植えの様子」

 を大変楽しんでみておりまして。ウシ妹に、

「そっちの世界にいくとますますもって戻れなくなるよ」

 と、いわれましたけど。「サクラ大戦」の関連で知った船長さんをはじめとしたホロライブの皆さんの存じたわけですけどね。これは、美しいなぁとホレボレとしたのが、大神さん(おおかみさんでいいのかな?)の田植え。

 おかげ様で、ウシさん40歳にして「エイム」(標準)という言葉を知りまして。

 いーやー、見事ですよ。ホント。

 おかげで、ホロライブさん好きな方には申し訳ないですけども。ウシさん、動画すっとばして田植えシーンだけみて喜んでますからねぇ。えぇ、許して下さい。

 そんなミオさんの中で出てきたのが、田植えすると速攻で出てくる雑草との闘いでございまして。女史に限らず他の皆さんもおっしゃってましたけど。どんだけ草を抜いていても。大体の場合に「雑草被害大」となるわけで。

 雑草警察〜〜とやっておられた女史もねぇ。そうでございました。

 んなことなのでね。何とかこの「大」を抑えられないか。

 ということにこの週末は興味が向きまして。クリアしたし、アップロードして喜んだものの実は、パンドラの箱じゃないかと思うに至っている天返宮の攻略もひとまずおいて。

 ウシさんも雑草警察をやってみました。

 うん。クスリとか防草効果のある肥料をまいてやってましたけど。やっている内に「そもそも外出すること自体よくないのでは?」という結論に至りましてね。

「田んぼの前で待つ」

 という作戦をしてみました。1時間ずつ休憩をはさみ、一切自宅の中にも入らない。濡れ縁で一年を過ごすヒメさまがそこにいましてね。

 うん。自堕落という設定のサクナヒメさんでありますけどねぇ。ほんと、一番の働きものと思われますよ。えぇ、冬の夜も半袖で外で寝てたりしているしね。警察というか、張り込みだなと思いましたけど。

 これは半端な張り込みではないでやんすね♪

 そんなこんなでね。1時間おきでも、薬を巻いても結構なペースで生えてい来る雑草たちと格闘すること1年をすごしてましてね。

P2240008.JPG


 やっと「中」の評価を頂くに至りました。うん、これで中なの??ってのが正直なところでございますけどもねぇ。まぁ、成果が出たのは嬉しゅうございました。

 ・・・こうして自分がこの週末にやったことを振り返りますとねぇ。何が楽しいの??って思うんですど。やってみると面白いから不思議ですねぇ。この田んぼゲーム。おかげ様で、2月一杯は間違いなくサクナヒメさんで過ごすことができそうです。

バルーン活動@宇都宮市上河内図書館まつり お邪魔してきます♪ [2023年02月21日(Tue)]
2023年2月21日(火)

 はい、どうも。ウシです。

 いーやーーー。ここ最近は、すっかりサクナヒメばかりのブログになっておりますけども。えぇ、弱小ブログですからねぇ。

 御覧になっている方はねぇ。そうでもないとお思いだと思いますけどねぇ。結構、しぼりにしぼってますからね。

 人生を生きるにおいて「ただ、生きているだけ」ってのも絶望と聞くことがありますけどねぇ。いやいや。ただ生きるだけでも十分じゃないですか。えぇ、こうして「ただ、更新しているだけ」ってことをしているとねぇ。

 この、「ただ」ってのもねぇ。なかなか困難なもんだと思い知っております。えぇ、ついでにいうとねぇ。これは前からですけども。案外、一生懸命やってきたウシさんの方がアクセス数少なかったりしますからねぇ。

 うん、そんなもんなんですよ。

 さて、ある意味、サクナヒメさんの田んぼでないですけど。雑草繁殖しまくり的になっている当ブログでございますけども。本日はねぇ。ありがたやの活動予定を更新致します。

 お邪魔するのは、宇都宮市立上河内図書館さんです。以下に、チラシデータ等も記載しますので、お近くにお住まいの皆さんは、ぜひ遊びにきて下さい♪♪

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

ウシさんとうじょーします♪
上河内図書館まつり

kamikawatitosyokannmaturi20230226.jpg


【日 時】
 ・2023年2月26日(日)9:30〜12:00

【ウシのバルーンアート】
 ★ウシさんお手製のバルーンアートを配布致します♪
   (当日作成した作品や、メニューから選んでいただきます)

 ★場 所:1階通路

 ★その他
  ・ウシさんは時間過ぎても即撤収しないので、のんびりと
   お付き合い下さい。なるべく、スムーズに行くように
   頑張ります。
  ・他にも催し多数です。チラシデータを参照下さい。

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

 ・・・という感じです。

 まぁ、現在進行形で自転車移動オンリーのウシとしましては、東武宇都宮駅から現地まで、この日も自転車でお邪魔予定ですので。そもそもの当日の天気(21日現在晴れらしい)と、ウシさんの体調管理が一番の問題ですのでね。

 そもそも、大切ってことで。当日、楽しく皆さんと遊べるように準備いたしまーす♪
はじめてのWi-Fi接続 〜 何となくアップデートできました [2023年02月21日(Tue)]
2023年2月21日(火)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、2月から楽しくやっている「天穂のサクナヒメ」(switch版)。

 えぇ、先輩方の攻略動画や情報を見ていてね。全クリ前からうすうす感じていましたけども。どうやらウシのやっている「サクナヒメ」さんは、皆さんとは違うみたいでね。

 えぇ、こうですよねとアドバイスされているものが明らかに違うもんですからね。何なんだろうと不思議に思っていました。ずっーと、レトロゲーをやっていましたからね。「アップデート」というんですか。

 今では当たり前なんでしょうけどもね。製品版で買ってるんだから必要ないだろうと思い込んでいましたらねぇ。ウシさんのおひいさまは、「バージョン1.0.0」なるもので。

「あっ、別のゲームやってたんだ」

 と確証を得たのは、クリア後の天返宮なるところでね。100層までいったら101層がしれっと出るらしいけども、出ないし。そもそも場所も違うし。襲いかかってくるヒメをやっけてもね。外に頬り出されるだけで、先に進めなかったんですわ。

 ラスボスさんの時点で、無敵を誇ったおひい様だったんでね。何の目的もなくステータスカンストを目指すのはモチベーション的に自信なかったし。かといって、違うソフトをとも思った(次は聖剣伝説あたりをやりたい)んですが、せめて一か月くらいは楽しませてもらいたいと思いましたもので。

 んじゃ、やってみっか!アップロードを。

 ということになりました。そんなことでね。先日の日曜日(仕事終わりが早いので)に職場近所のマックに行ってみて。せっかくなので、アップルパイとコーヒーたのんでWi-Fi接続を試みたんですけどね。

 えぇ。アップルパイおいしかったですね。

 うん。何か上手くつながりませんで。よっぽど定員さんにやり方聞いてみようとも思ったんですけどもね。

 恥ずかしいじゃないですか!!!

 そんなんでね。いつまでも居座るわけにもいかないので30分くらいで退散しまして。とぼとぼと次の楽しみをどうしようか〜と帰宅の途につきました(泣)

 んでね。通勤でほぼ毎日乗っている東武宇都宮駅のホームでね。Wi-Fi体験のためにいつもの電車に乗れなかったので。アブラムシくんにでも相手してもらおうかとスイッチを出したんですけども。次の電車はくるまでかなり時間があったので。

「都会だし、東武駅でもWi-Fiとんでるんじゃないのか?」

 と、ふと思いましてね。記憶定かでないソフトのアップデート(マックにいたときは、本体アップデートってのを押してた)を試みましたらね。すんなり接続できまして。

P2210001.JPG


 ・・・無事にアップロードできました!♪

 えぇ。案外時間がかかったので。待っている電車がきそうだったんですけどもね。おひい様のためにもう一本見送る覚悟もしてたんですけども。電車がホームに来た時に完了してくれる天祐もありまして。

 おもわず、ガッツポーズしちゃいました♪

 えぇ〜。アップデートしたらねぇ。おひい様よくおしゃべりになる。自宅に帰ると、イヌくんたちも走ってくるし。もうね。感動ものです(泣)

P2210006.JPG


 まぁ、いいだけ感動して電車に乗って。勇んで挑んだ天返宮。アップロード前のおひい様、無敵を誇っていましたけど。改めて挑んだ100層のサクナヒメさんも別人のように強くなっておりまして。

 何とか撃破して101層以降に進めるようになりましたけどねぇ。敵さん強い強い。久しぶりにゲームオーバーを繰り返していまして。えぇ、燃えてきました。

 米は力だ!をもう少々満喫していこうと思う春先のウシでございましたとさ。
天穂のサクナヒメ 全クリしました(米) [2023年02月17日(Fri)]
2023年2月17日(金)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、2月に入ってからはじめた「天穂のサクナヒメ」(switch版)をね。無事にメインストーリーを全うすることができました。

 他の皆さんがやっておられたプレイ動画などもちょこちょこ見させてもらいながらねぇ。みんな上手だなーとか思いつつ、やって行きましてね。

 無事、クリア。

 最終決戦直前のお祭り時点でね。ウシのサクナヒメさんは、このようになっておりまして。

P2170001.JPG


 これがいいのか悪いのか分かりませんけどもねぇ。少なくとも、ラスボスさんの激しい攻撃で吹っ飛ばされたりしましてもね。

 ヒメさんのダメージは、大概が「1」。

 プレイ中、攻撃を受けるたびにヒメが騒いでおられましたけどね。「1」。

 うん。言っていることと、起きている現象が明らかにチグハグになってましたけども。。。えぇ、お父様の使っていた剣はいいとして、もう一つのキーアイテムである、母様の「衣」の使い方がね。いまいちよく分からないまま(ゲーム中も、瞬間的なヒメの移動に目がついて行かなくて、使った後にどこにいったか探す始末)だったので。

 ろくすっぽ使わなかったのでね。ストーリー的にもねぇ。ゲーム内の皆さんに比べてプレイヤーであるウシが、その重要度を理解できないでねぇ。進んでいった感じもありますけども。

 ・・・いやぁ、良かったですねぇ。エンディング。

 ちゃんとプレイされた方たちからみれば「なってない」とお叱りを受けそうだと、ごめんなさい感を持ちつつのエンディングであったわけですが。

「いいじゃないですか!めでたしめでたし!!」

 とゲームさん側に言ってもらっているようにも感じましてねぇ。えぇ。大変楽しめた作品でございました。

 戦闘パートはそんな感じだったのでね。ウシ的に勘定移入していったのは、お米作りでしたねぇやっぱ。個人的には、ストーリー途中にあった、火山噴火でダメになった田んぼを復興させるときの流れがねぇ。

 一番、心に響きました。特に、冬から春先にやる「田おこし」。火山灰を水で流しながら作業しようという話になってね、水をめいっぱい張った田んぼにザブザブ入っていって作業するヒメを操作しながらねぇ。

「おいおい、マジか。これは死んじゃわないか!!」

 とね。ゲームとは思えない感情が出ちゃいましたよ。えぇ、ちょうど今くらいの季節にね。水仕事&畑仕事のコンプをねぇ。こなしていくヒメ様。つい先日も、寒さにやられて風邪薬飲んでいるウシからするとねぇ。

P2170003.JPG


 ヒメ様、尊すぎます(涙)

 と思うばかりでしたよ。えぇ、ついでにいうと(分かってますけどね、見てないところで協力しているの知ってますけどね)、水を使うことを提案したお友達ちゃんも、たうえもんさんも手伝わないのに。

 むしろ、復興方法を考えてくれてありがとう的なことを言って作業にかかりますからねぇ。ヒメ様。まさに、神さまだとね。作業を通じて思った次第です。

 えぇ。やっぱね。神様であってもなくっても。

 百聞は一見に如かずといいますか。これだけやってるからねぇ、ヒメ様。こりゃねぇ。人々からの信仰を得るわいなぁと思いましたしね。えぇ、神さんと人々との関係だけでなくねぇ。

 実社会でも当てはまるしね。ウシ的にもねぇ、ヒメさんのようにありたいとね。深く思ったわけでございました。うん。田んぼでないけど、ウシの身近なところでいくと「釜川コケ落とし」がありますからね。

 まさに、このスタイルだ!と、変な自信が湧いてきました。

 えぇ。メインストーリーは完遂しましたけども。せっかくなのでもうしばらくやり込んでみようと思っています「サクナヒメ」。

 そうそう。劇中及びエンディングの曲があまりに良かったんで、何となく調べてみたら。あれなんですね。BGM全曲に携わった、大嶋さんって栃木県宇都宮市のご出身であられるそうで。

 なんか、これが一番嬉しかったです。もう、何かしたの取組があったのをウシが知らないだけかもしれませんけどね。田んぼライブとか、それこそ祭り再現とか。やってほしいものだと時間差ハマりのウシは一人思うわけでございましたとさ。
バルーン試作:サクナヒメ ・・・なんか中華風になりました(汗) [2023年02月12日(Sun)]
2023年2月12日(日)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、テレビなどで放送されているアニメ作品群の呼びか方で、春アニメとか夏アニメとかって言い方ああるんすかね。最近知りましたけども。ウシの感覚では、アニメと言えば最低半年くらいやっていたような感覚があるんですけどもねぇ。

 今は、13周(くらい?ワンクールっていうのかな?)なんですねぇ。

 えぇ。この辺もね。昨今ヲタクの自覚をしたばかりのおじさんウシと思ってやって下さい。

 基本的に、ウシの妹が録画した深夜アニメを見てお気に入りを探すということをしているもんですからね。ウシが自発的に見てみようかしらんと思ったのは「ろうきん8」くらいなもんでね。後は何となく見ています。

 あれなんですか。深夜帯のアニメは異世界ばかりなんでしょうかね? まぁ、「師匠」に出会ったこともあり、何の抵抗もなくなってはいますけどもねぇ。ともかく、テレビ埼玉で「るろうに剣心」を見つけてみている以外はね。

 ほとんど異世界にいっているウシでございます。ちなみに冬アニメ群の中で現在視聴しているものは、

・ろうきん8
・便利屋斎藤さん
・異世界放浪メシ
・のんびり農家

 くらいなもんでございましてね。えぇ、どのシリーズもミリしら状態で見始めて、最近やっと面白くなってきたなぁと思っているところです。

 特に、エモいと思って今後も見させてもらおうと思っているのが「斎藤さん」。まぁ、個人的には斎藤さんはどうでもよく。つい先日のお話しで、忍者さんと妖精ちゃんに連れれた悪魔さんたちの一行と齋藤さんたちが対峙する展開になってましたけど。

「妖精ちゃん!!」

 って言ってくる悪魔さんに妙にキュンキュンしちゃいましてね。敵役なのかもしれませんが、忍者チームを応援してしまうウシがおりまして。えぇ、そんな感じが昨今のウシのアニメ視聴の様子でございますよ。

 うん。どうでもいいですね♪

 しかしながらねぇ。アニメ・ゲームのキャラから創作意欲を湧きたてさせている、ウシのバルーンアート的にはね。この冬はどうも不作でございまして。かわいらしいキャラはいっぱい出てきますけどもねぇ。

「何か、作りたいキャラがいないなぁ」

 というのがここのところの悩みではありました。1月中はそれでも小学校での活動がたくさんだったので、バルーンをいじるという機会は頻繁にあったのですが、2月に入るとねぇ。

 今後、2月25日くらいまでバルーンの予定がないもんで。そうなるとね。全くバルーンを触らないままに活動日を迎えるということになりそうでねぇ。ちょっと、焦っていました。

 そんな中、唐突にハマりだしたのが「サクナヒメ」でして。これもねぇ、当初はねぇ。バルーン活動でよく合うやんちゃな子どもさんをみるようで特に触手が動かなかったんですけども。

 ストーリーをすすめるごとに気に入ってきましたのでね。サクナヒメさん。

 いっちょ試作をしてみました。

 画像を見ながら、お顔を作っていきますとね。こんな感じに出来てきまして。

sakuya01.jpg


「おっ、これはイケそうかも」

 と思いましたけどねぇ。この直前まで作っていた「サクラ大戦」系のキャラと同じく和モノなわけだからと同じようなやり方で、ボディ(帯わすれた)も作ってみたらねぇ。

P2120002.JPG


「あれ、らんまにこんな子いた気もする」

 的なねぇ。なんか、そんな感じのサクナヒメになってしもーたのですわ。一応は、目もシールでつけてみましたけどね。えぇ、少々お顔を大きく作りすぎたようでねぇ。全体的な見てくれもねぇ、もうちょっと試作が必要かな?って感じでおさまりました。

P2120004.JPG


 ま、初試作はこんなもんだと思いつつ、作りはじめのイケそう感から大分のズレがあった気がしますけどもね。ゲームプレイの方もしばらくかかりそうなので。まずは、ウシが気に入るレベルのサクナヒメを目指して参りまーす♪
天気予報の番組で泣く自信ができました。 [2023年02月09日(Thu)]
2023年2月9日(木)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、楽しんでおります「天穂のサクナヒメ」。プレイし始めてからというもの、先人の皆さんのプレイ動画なぞみる楽しみもできましてね。大変楽しんでおります。

 皆さん、ホント、ゲームがお上手ですねぇ。羨ましい限り。

 そんなに難しくないと言われているアクションパートにねぇ。俊敏に動く姫の動きにおっつかなくて苦戦してみたり。下手なもんで、トゲトゲで姫を痛いことにしてしまったりしてねぇ。何とも申し訳ないと思いつつ楽しませて頂いております。

 ウシ的には、「〇年目」という表記にどうもひっかかり。

「姫は神様だかいいとして、他の仲間はどうなっちゃうんだろう」

 ということが気になっておったんですけども。目安というか何というか。特に気にしなくてもいいもんで(理由も理解しました)。進行度合い的には、かいまるくんが行方不明になったイベントを足掛け3年かけてクリアしていますからね。

 3年間もあれば、何とかするか諦めるかするよなぁと思いつつ。クリアして無事に話が進行しましたからねぇ。

「この世界はこれでいいんだ」

 と。変なところで気が楽になっております。

 さて。わがまま放題のサクナヒメさんがね。何だかんだで鬼退治と稲作をせにゃならん流れになるわけですけどもねぇ。他のプレイヤーの方もおっしゃっていますけどね。

 何だかんだいって一番仕事してんの姫様じゃんと。

 えぇ。朝から田んぼの世話で、狩り、開拓(平定?)にいって。帰って田んぼで・・・、の繰り返しをしていますとね。

 不思議ですねぇ。エライハードスケジュールをローテーションしているはずなのに。下手を打つとヒマっぽい感覚にも陥るというねぇ。不思議な感覚があり。

「これは最後までやり切れるか!?」

 とも不安になりましたけどもね。やっていると、回りの皆さんも働いていたり、親睦を深めたりしていく描写もあってねぇ。これまた不思議に持ち直すんですわ。

 うん。とても不思議なゲームだなぁと改めて思います。

 今現在はね。

「稲作(農業全般)って大変なんだ」

 と。ひしひしと感じていましてね。大雨、台風の時に田んぼを見に行くなというアナウンスあるじゃないですか。

「そりゃあ無理だ。ウシだったら絶対に見にいっちゃう」

 と思いましたし。それによってねぇ。悲しいニュースになることもしばしばありますけどもねぇ。

 季節的にねぇ。良くきくこともあるこうした何気ない情報にね。今年出会ったらねぇ。

「あぁ、絶対泣いちゃう」

 とね。確信めいた自信を持ったウシでございましてねぇ。えぇ、とまれ、またしてもゲームでもってねぇ。今まで頂いたことのない感情を生み出しているウシでございました。

 ・・・そんな風に何か感動的??に書きましたけど。実際のウシのプレイスタイルはねぇ。こんな感じでありまして。

 えぇ。ポテチ食いながらゲームするのがねぇ。至福なわけですけどもねぇ。

P2070004.JPG


「何か、一番の悪はウシだな」

 と。思った次第でございまして。えぇ。アクションゲームが得意でないんだからね。せめて、食い終わってからゲームしようと反省したところです。
残した爪痕がセンシティブなんです [2023年02月08日(Wed)]
2023年2月8日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 ラオウさんほどではないにしましてもね。最近とみに思うんですよ。

「ウシさん十分に生き切った。やりきった。人生満足です」

 と。なんでしょうねぇ。困ったもんです。そうは言ってもねぇ。生きていかねばならないとは分かっておりますけどもね。とてもつもない充足感を感じる日々でございまして。

 ウシ以外の方には分からないとは存じます(だから、悩みなんですよね)がね。もっというと、サクラ大戦1〜4をやり切った後にねぇ。今まで生きている中で感じたことのない充足感を感じまして。

「これ以降の人生において、これ以上の幸せに出会える(または作れる)のか!?」

 という課題が生まれましてね。えぇ、賢明な方は単にロスってるだけだろうと分別ついておられると思いますけども。こうした体験初のウシとしましてはねぇ。ある意味において、どんな大きな課題よりも大きな課題のように感じられておりましてね。

 困っています。

 所詮ゲームなんですけどね。つまんねぇ人生だなぁおい!と思って頂けると思いますけどもねぇ。ある意味、「この程度で人生満足できること自体もある意味幸せ」と考えますとねぇ。なかなか根深いところであると思っています。

 えぇ。こうしてね。人生もういいやと言いますとね。賢明な皆さんから苦言を頂きます。

「お前、何か生きた証を残せたのか!」

 なんてね。

 えぇ。まぁ、別段、そんなもんなくてもいいじゃんと思ってしまう昨今ですけども。生きた証というか「爪痕」的なもの。ウシさん残しちゃってるんですねぇ〜。



 えぇ。先日、職場まちぴあの登録団体でもある「英語絵本ワークショップの会」さんから、ウシが大学生の若かりし頃に作成し。自分の中ではとっくの昔に卒業してしまったと認識している、ウシさん自作の紙芝居について、

 英語絵本の読み聞かせ団体さんでございますからね。日本語で書いてある文章を外国人メンバーの方に読み上げてもらったものをYouTubeに掲載したいと連絡を頂きまして。せっかくなので、職場の「まちぴあブログ」でも紹介させてもらいました。

「おうち図書館」黄ぶなのお話 A folktale in Utsunomiya "Yellow Carp"

 が、開設されたYouTubeでございましてね。えぇ。ウシさん的には恐縮の極みです。

 ホントねぇ。ウシ的には終わっているというか、最近改めて趣味的にお絵かきの楽しさを再確認したところではありますけど。それとともに、

「作画はスポーツだ」

 と思い知らされている昨今でございましてね。ギリギリ、イラストであれば、気力・集中力・体力ともにもつかもしれませんけども。キャラクターと背景込みで全部書いていた往時のウシを鑑みますに。

「若かったなぁ」

 と。しみじみ思ってしまうわけです。うん。もう無理です。

 んでね。改めて自分の作品を見てみしましてねぇ。

「おおっ、これは恥ずかしい」

 と。思いまして。えぇ。最近覚えましたよ。これが、センシティブってヤツなんでしょう??やー恥部ですなぁ。これ。

kibuna02.JPG


 いや、この「黄ぶな」。ウシさんのまちづくり活動においての処女作的な紙芝居なんですが、その後何本か作った後に、作り直そうと思ったみたいですね。

 しかしながらね。15枚構成の中で何枚か(5、6、8かな?)がねぇ。なぜか処女のままになってましてねぇ。えぇ、ゲームではいえば、3D古リメイクとか言っていて、ところどころドットのまんま的なね。ものがものなら炎上もんじゃないかと。

kibuna01.JPG


「なんで、全部直さなかった!」

 とねぇ。思いましたよ。えぇ〜、バルーン活動でYouTubeも公開してもらっているウシですけどね。こっちはねぇ。不思議と恥ずかしくないんですよぉ。

 いやーーー。爪痕なんてね。残すもんじゃないよホント。

 ・・・そんなこんなでね。昔を振り返えるということをする機会に恵まれたウシですけども。

「そーいう意味じゃ、ウシのイラストは案外しぶとい」

takehara02.JPG


 えぇ、その最たるものが、栃木県茂木町の「ブルーベリー かぐや姫の郷・竹原」さんの施設に飾られているショートカットのかぐや姫(ウシさんは、「ささ姫」って名付けてますけど。かぐや姫だそうです)ですけどね。

 ※下記のHPでも紹介されてますね。2021年7月時点でも現役みたいです。

★参 考★
 ・季節を楽しむ!とちぎの農村めぐり特集

 これね。ホントのホントの始祖のキャラなんですわ。

takehara03.JPG


 茂木町さんのホームページでは、お持ち帰り用のブルーベリー詰め合わせのパッケージングにされてましてね。今、ネットで探しても出てきます。

 この子、なんてねぇ。あんた、大学生時分に酔った勢いで描いちゃったキャラで。

「うお、ウシさんの性癖のカタマリだぁ」

 と。今になって見るとねぇ。思います。

 ショートカット大好き。素早そうなので。んで、見返る時のうなじね。フォルム的にこれほど美しいものはないとねぇ。思います。まぁ、強制デフォルメは最初からなわけで。うなじの件は、作画的にも表現しえない癖なわけですが。えぇ、ですから、サクラ大戦的にいうと1の椿ちゃんと3のメルさんが最高です。

 えぇ。今では、作新学院大学の男子学生が描いたもんでなく。宇都宮大学の女子が描いたことになっていると以前、ウワサで聴きまして。

「よしよし」

 と、思っているウシ。ましては、今や坊主頭のウシになってバルーンアートやってるとはねぇ。だれも思うまいとねぇ、変な安心感をもっているところではありますけどもね。

 えぇ。20年以上にわたってねぇ。使われ続けているキャラなもんでね。えぇ。そーいう意味ではねぇ。スゴイことをやったのかもしれないと。自分では実感がないですが思うところです。

 えぇ。ウシさんとしては何ももらってないですけどね。だから使い続けてもらっていると思うとねぇ。

 あぁ、ウシさん、まちづくりしてんじゃんと。

 まるで他人事のように感じ入っているわけでございます。

 でもねぇ。やっぱ、センシティブですよぉ(汗)
スイッチ購入〜田んぼをつくりたくなったので [2023年02月05日(Sun)]
2023年2月5日(日)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、ウシさんを大変楽しませてくれたゲームボーイ版「サガ」もね。昨日無事に終了しましたよ。あれですね、チェーンソーでバラバラでお馴染みの1ラスボス「かみ」さまね。

 正攻法で挑むと強いんですねぇ。当初は、正々堂々と勝利を収めてみようとも思いましたけども。

「これぞ、あらくれもの達の物語に相応しい」

 と、思うようになりまして。1も含め3部作。とりあえず完走することができました。

 えぇ。強引に終わったことにしましたよ。

 その理由はといいますとね。見ているだけですが、ウシが好きで視聴させてもらっている「ゲーム夜話」さんというゲーム解説・考察系(でいいのかな?)の動画でね。

「天穂のサクナヒメ」

 というゲームが取り上げられておりまして。おお、これはやってみたいと。珍しく心が動きまして。えぇ、ある意味において落ち着いてきたこともありますもんでね。

 いよいよ、ウシさんも令和のゲーム機(調べたら発売元年は平成なんですな)を買う決意を固めましてね。

 買ってきました。スイッチ。

 サクナヒメも無事にソフトが購入できたのでねぇ。えぇ、これでウシも令和だ令和だと一人喜んでおります。まぁ、ゲームの方は、田植えを始めたばっかりなので、これからですけども。

 あれですね!一番の感動は、

P2050002.JPG


「ゲーム機の音楽をイヤホンで聴ける!!」

 ということ。これまでの相棒である、ゲームボーイソフトが半分むき出しのイカした機体・アドバンスSPは、イヤホンをつなげる部品を購入しないとイヤホン接続できなかったので。

 一番ゲームする機会が多い、電車の車内でねぇ。サガもそうだし、聖剣伝説もねぇ。あの名曲が聴けない!!

 と嘆いておったんですけども。えぇ、音楽聴けるぅ。嬉しいです。

 そんなこんなでね。ゲーム機の設定もしてスタートしました。よく設定が分からないし、そーいう意味でこだわりはないのでね。

 スイッチの中でのウシは、こいつですけど。

P2050003.JPG


 まぁ、いいや♪♪
| 次へ