• もっと見る
« 2022年08月 | Main | 2022年10月»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2022年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
バルーン試作:「ウタ」さん 〜 子ども達に選んでもらいます [2022年09月10日(Sat)]
2022年9月10日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 9月9日(金)は、宇都宮市内の小学校さんからのご依頼を頂いて、バルーンアート教室の予定がありましたのでね。放課後教室(宮っ子ステーション)ですからね。夕方からの本番でございましたので、

「よし、じゃあ、午前中は試作だな」

 ということになりました。

 うん。最近はこの、午前中試作(練習)→ 本番 の流れが定着しつつありまして。コロナ禍の影響が相変わらず続いている中での貴重な活動機会ではありますけども。月に1、2回という頻度でございますからね。

 隙あればバルーンではなく、巴里のメイドさんたちとダンジョン探索をしたいウシさんとしては、自分で創作の機会を作らないといけないということくらいはねぇ。理解している模様です。

 んなことでね。バルーンアートの試作。本来であれば、演歌歌手みたいになっちゃったトップスタァさんを作り直したいところでしたが、学校についてから改めて、じゃんけんゲーム用のバルーンを作るのも面倒だということでね。

「午前中の試作の際にできたものを差し上げる」

 ということで。それならば、ある程度、子ども達の要望にも応えた方が無難だなとのねぇ。珍しく賢明な判断のもと試作をしています。

 さて。今回のテーマ(犠牲?)は、「ウタ」さん。

 うん。良く知りませんけど。人気なんでしょう? なもんなんで、試作してみました。

 ま、ウシさんがキャラバルーンを作る目的はね。春先のお雛様を飾る際に、大好きサクラ大戦のキャラバルーンを作って「大神華撃『段』」をつくりたいという計画がありまして。

 その関連で、「カンナ」さんを試作した際に、同じ声優さんだからと「ルフィ」を作ったらね。「ウシさんはワンピース好き」という認識を一部頂いた模様ですけどもねぇ。

 んにゃ。ちゃうとは言っておきましょう。

 さて。試作ですが、改めて画像でウタさんを勉強させてもらった結論は、

「ヒロアカのショートくんの女の子版だな」
(※髪の毛の色が逆ですけどね)

 と、いうくらいの見立てを立てて作り始めました。ヒロアカ系のバルーンも作ったことないのにねぇ。どうして、このような甘い見立てが出来るのかはねぇ。相変わらず分かりませんな。

P9090001.JPG


 ただ、どこぞでみた映画の宣伝や動画、パソコンで出てくる画像をみると、髪の毛が赤のようなピンクのようなどっちともとれる配色をしていたのでね。

「んじゃ、2体作ればいいじゃない」

 となりまして。試作を開始しました。まず、ピンク・ウタさん。髪の毛が2色必要とかいうのはそんなに苦労はしませんでしたけど、ショートカットの子かと思いきや、案外パーツが多くて苦戦しましたね。

 特に耳についている、ヘッドホン(でいいのかな?)がね。

P9090010.JPG


「なんか、ヤドカリ付けてるみたい」

 と、思いながら作っていきました。なんでね。作った後で、気が付きましたけど。ウタちゃん初号機(ピンク)は、両目ぱっちりの子になってしまいまして。

P9090002.JPG


「ちゃんと見本みて作れよ」

 とはね。自分でツッコミました♪

 もうね。手が勝手に2個目を描いていましたからね。困ったもんです。

 ・・・続いて、2号機(赤)ウタさん。

 一回作って再チャレンジなのでね。ショートカットからの輪っかの髪の毛とか、かなりスムーズに作れていきまして。んで、ヘッドホンはね。黄色の部分を顔用の肌色バルーンともともと組み合わせる形で、部品の後付けではなく、最初から作ってあるタイプにしてみようと画策して見たりとねぇ。

P9090011.JPG


 ヘッドホンが本体かいと言いたくなるくらいですなぁ。

 この手の作り方は、ペンで青い部分を書き込んでしまってね。バルーンも節約する感じでやってみてます。まぁ、小さいお花のようになったけど。いいかと。

P9090003.JPG


 ウタさん・赤は、「白い髪の毛の部分をちゃんと伸ばして目を隠す」ことを意識して作れましたから。出来上がりはこんな感じになりました。

P9090005.JPG


 うん。頑張りはしましたけどねぇ。なんせ分からないキャラだから、手ごたえのほども分からないわけで。

「うん。これは、子ども達に裁断を仰ごう」

 という結論になりました。

 まぁ、パーツが思いのほか多かったので、多少の苦戦はしましたが、これまた以前作ったサクラ系バルーンの「マリア」さんがね。ウタ氏と同じ片目のキャラだったので応用ができたし、子ども達の反応によっては、作り込んでみてもいいかなぁとは思っています。

P9090008.JPG


 ・・・ま、やっぱ顔だけでいいね♪ とも思ってますけどね。

 んなことでね。練習・リハビリ・試作を終えて、夕方からのバルーン活動に続きます!!
ハロウィンウシさんのお知らせです! [2022年09月08日(Thu)]
2022年9月8日(木)

 はい、どうも。ウシです。

 連休明けのここ3日間は、公私含めたイベントの告知やチラシづくりに性を出しているウシでございましてね。頭の使う部分が違うからから、バルーン教室や事務仕事とは違った疲れを覚えておりまして。

 えぇ。結果的には良く寝れます。いいことですね。

 えぇ、今日に至ってもそしてこれからもね。感染症の影響は続くのかもしれませんけども。屋外実施や小規模開催などなど、やり方を変えると。まぁ、「それなり」ですが、楽しい機会は作ることができるもんですねぇ。

 さて。

「とちぎ国体 → 栃木県 → マロニエ(トチノキ) → 巴里組」

 に、自然変換されてしまっているウシが描いた、「ゴミ拾いVer巴里組」(3人だけど)をあしらったチラシもね。作ってみまして。うん、思いのほか良くできたので。

P9080001.JPG


 ウシさん的には満足しましたのでね。予定通り、「普通の子」に見える未亡人さん(現在プレイ中のダンジョンではトップさんです)をあしらい直して旅立ってもらうこととしました。

 うん。グリさんと17才さんは描かなかったけど。一晩空くとやっぱ描きたくなったので時間を見つけてまた描いてみようと思ってます。巴里組ジャージバージョン。

 さて。ウシも協力させてもらう(職場のイベントでもある)催しのお知らせですが、10月22日にね。まちぴあ登録団体の「event_totte」さん、「こっころ」さんのお子さん対象の活動されているグループさんからもお誘いいただいて、

「まちぴあオープンデー」

openday-06-221022.jpg


 に参加します。

 まぁ、ウシさん的には出勤みたいなもんですけどね。一応団体ですから。参加とさせて頂いて。ハロウィン的なバルーンやら、子ども達からのリクエストにお答えしてね。

 バルーン遊びができればと思っていますので。お近くの皆さんは、ぜひ、遊びにきて頂きたいものでございます。詳しくは、オープンデーの部分にリンクもつないでおきましたから。

 まちぴあにお申込み頂けると幸いです♪

 んなことで、本日もまた広報系のお仕事を頑張って。明日(9月9日)は小学校でのバルーン教室があるので、存分に楽しめるように努力いたします!!
お絵かき → チラシ素材作り「巴里組のゴミ拾い」描いてみました [2022年09月07日(Wed)]
2022年9月7日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 本日は、色々とブログ的にも立て込んでいるので、続けざまの更新をご容赦下さい。

 そんなことでね。聖剣2全クリから、ハードは違えどまたしても「サクラ三昧」に戻ったウシでございましてね。その所業は、前回更新のブログを見て下さいませ♪

 さて。今度はお仕事(まちぴあ)ですけど、10月以降の事業を見据えてチラシをいくつか作っていましてね。まぁまぁいそがしい感じです。

 ウシが関わっているところで行きますと「クリーン&ウオーク」という軽度の清掃体験事業がありましてね。9月までやっていた「釜川コケ落とし大作戦」に変わる、寒い時期のボランティア体験プログラムとして、周知させて頂く時期に入っておりまして。

 チラシづくりをしています最近。

 ご存じの方もかるかもしれませんが、バルーンのウシさんは以前は「イラストのウシさん」でございましてね。コケ落とし大作戦の周知チラシなどは、はるか昔(10年は使い回してる)描いたイラストを使って作ってます。

crin-moto2.JPG


「良く描いたなぁ」

 とね。水彩とコピックを使った自分作の絵をねぇ。他人の作品のように眺めているのが続いておりまして。そんな期間中に生まれた、クリーン&ウオークはね。

crin-moto.JPG


 すいませんけど、面倒くさくなっちゃって。適当に写真をかませて(近所の花壇とかを撮影してはきた)作っていました。

 そんなこんなだったのですが、100均画材でいける。全部書かなくてもキャラ(キャプション)だけでもチラシになるじゃんなど。作画・作成のハードルを下げたことによって、多少の意欲向上が芽生えてきた昨今でございますからね。

 よし、クリーン&ウオークもチラシを作り直そう

 と。思いを新たにしました。んなことでね。昨日は素材を作りまして。ゴミ拾ってるキャラを描こうと。そうなると、女の子が描きたいわけで。女の子となるとね。

sitagaki-parikurin.JPG


 やっぱ、こうなるわけです。うん。寸前までレベル上げしてたからねぇ。

 仕方ないじゃないですか。

 とりあえず、巴里組3人(エリカ、コクリコ、花火)の3名にジャージを着せてみました。特に、10月は国体会場(宇都宮:西川田)でゴミ拾いを予定しているのでね。

「よし、じゃあ、マロニエだ」

parigumi-seisou.JPG


 でね。もうウシ的にはこれしかないわけです。

 ま、時間と体力・集中力の問題によって、「サボろうとしたロベリアさんを捕まえにいったからグリシーヌさんはいない」という設定を創作してね。仕上げさせて頂きました。

 うん。10月のチラシはこれにして。11月以降は、花火ちゃんが予定通り、とっても普通の子に描けたので。花火ちゃんメインでチラシを作ってもいけるのではないかと。

 流用も見越しての作成しました。

 うん。満足。もうすぐ出来上がると思いますのでね。10月の「クリーン&ウオーク」のお知らせもねぇ、しばしお待ち頂けると幸いです。
これはDVっていうんでわ?〜やっぱり巴里押しなんです [2022年09月07日(Wed)]
2022年9月7日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 そんなことでね。無事に終わった「聖剣伝説2」(SFC版)。据え置き機と携帯機二重生活を続けてもいいかなと、流れるままに「3」を手に取ったりもしたんですけどね。

 ちょっと注力して、携帯機(DS)の「サクラ大戦ダンジョン」に注力しようと思いましてね。連休だった後半の9月5日から、心を改めて遊ばせてもらっています。

 ゲームの方は、栃木県の星こと大神さんにバトンタッチして、やっと巴里組合流まできましてね。いやぁ、楽しいです。

 ゲームをしていて思ったのですがね。大神氏、大河氏の隊長コンビはねぇ。武器・防具・腕力の数値が何よりも大事なのだなと理解を深めまして。

 隊長たるもの強くならないとねとね。頑張ってダンジョン探索に性を出していました。

 一方、花組・星組の隊員の皆さんですけどね。あれですね。馴染みや愛は置いておいてね。彼女らの「強さ」はねぇ。レベルではなく「信頼度」なんだなと理解しましてね。

 えぇ。巴里まで進んで思ったのはねぇ。紐育の皆さんよりも、より「死にやすい」ということでございまして。ケンカを吹っ掛けた相手のレベルを逆に上げて、大神さんが困るばかりという場面を何回も経験しましたから。

「若い女性が一人歩きしちゃいけません」

 とね。大神さんが引率してダンジョンを探索するというスタイルがねぇ。しばらく続きました。そんなことがあったので、

「帝都の時は、敵が弱かったから帝都組が強かった」
「紐育の時は、敵が強くて、味方が弱いから大変だった」

 という結論に加えて、

「巴里はレベルはある程度あるのに、なぜ??」

 との問いがねぇ。ありました。それまでも、ダンジョンデートはしていましたけど。クリア時にあがる好感度(信頼度)は大切だとは思ってましたけど。

 合流当初はこれがねぇ。ゲームの仕様上、普通(というか低い)からね。特に守備面がふにゃふにゃでございまして。だから、苦戦するのかと理解したわけです。

 ホントだったら、好いた男と再開した直後は一番盛り上がってんじゃないのとも思いますけどねぇ。そーでないところもゲームらしくていいもんですな。

「でも、好感度が上がると硬くなるってのはどうなのか」

 とは、思いましたけど。好感度はマジ大事だなぁと思い知っています。

 んでね。ここ最近のプレイの際には、大神さんは強くなっているので、戦闘は女子にお任せしてまして。うん、修行だね。中学生の女子を全面に立たせたりするということをしています。

「一歩も引かない」どころか「挑んでいく」女子であるのは、帝都の皆さんだけでなないのでね。率先してケンカをふっかけにいきますからねぇ。勇ましいです。

 そして、色々勉強させてもらいましてね。この間の大神さんは、何をしていたのかというと。

「ひたすら弁当拾ってる」

 ってことでね。うん。拾った弁当をねぇ。デート中の女子にあげると好感度が上がるので。その作業をコツコツとしていたウシです。ま、

P9050003.JPG


 ゲームの仕様上仕方のないことでございますけども。弁当をあげるという行為がね。

「投げる」

 というコマンドを押して実行しますもので。

P9050005.JPG


 うん。テキストも言っているけど「当たって」ますからね。写真ですから、変化はないですけど、好感度アップの効果音が鳴るわけですけども。

「これは、現代ではDVというのではないか」

 とね。ふと思いもしました。うん、第一ね、アニメか何かでやったららねぇ。喜ぶもしくは許してくれるのは、カンナさん、エリカさん、リカさんくらいでね。

 画面で当たっている17歳さんとか、すみれさんとか、サジータさんだったらね。完全にキレられるんでないかと思ったりもしますけど。仕様ですからね。

 適当に敵を倒して、弁当を拾って、投げる

 という一連の修行をねぇ。楽しんだ連休のウシでございました。そのおかげもあってか、連休明けにはこんな感じになりまして。

P9070011.JPG


 ・・・やっぱ巴里押しになりました。うん、仕方ないですよ。ウシ仕様ですからねぇ。ここはご勘弁下さいませで、そろそろ南極に行ってこようと思います♪
「聖剣伝説2」 完了しました♪ 「さぁ、聖剣にもちかえて!」で涙 [2022年09月06日(Tue)]
2022年9月6日(火)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、ここのところは適度にお休みを入れられておりますけども。今後は、16日まで休みシフトはあれど、何かしらの用事がありましてね。どっぷりゲーム三昧とはいかないものですので。

 頂いたこの2日間(9月4日・5日)はねぇ。存分にゲームを堪能しようと心に決めてお休みに入ったウシでございます。

 おりしも迫りくる台風11号の影響か、猛烈な頭痛はないものの、そこはかとなく睡魔(ぼーっとする)が襲ってきてはいましたけどね。頑張りまりました。

 うん。なにやってんでしょうねぇ。皆さんは、こうなってはいけませんことよ♪

 さて。そんなことでまずは、武器だか魔法だかのレベルをアップする作業を延々としていた「聖剣伝説2」(SFC版)でございますけども。

 あれですね。あまりレベルを上げ過ぎると、武器レベルのカンストという作業は出来なるそうで。ついでにいうと、ラストダンジョンでドロップされるはずの武器パワーたちがねぇ。

 集まらない集まらないで。バンバンレベルが上がってしまった上に、グローブは取り逃しがあったみたいでね。それも頑張れば回収できるそうですが。

 やーーーー。落とさない落とさない。

 ラストダンジョンが完全なる研修場所と化してしまったのでね。カンストできないし。もういいかとなりまして。全クリする方向に舵を切りました。

 戦闘自体はね。非常にあっさり。何か色々いってましたけど。恋する乙女のビーム攻撃と爆発魔法の連発でね。主人公が微動だにしない状態での完勝となりまして。えぇ、おかげ様でキャラクターのテキストに集中することができました。

 あれですね。今更やり直して思いましたけど。聖剣2は特に、

「テキストの文量が少ない」

 ということに気が付きました。それなのにね。キャラクターを操作しながら進めていくとねぇ。色々と考え、気が付く点がありましてね。ウシ的には、当初キョドっていた主人公くんがさ、中盤から終盤に進むにつれて、荒っぽいというか。感じるに、ゲームボーイの「SAGA」を思わせるようなセリフに変わっていく気がしましてね。

seiken2-0904.JPG


 たくましくなっていくんだなぁとねぇ。ストーリーが進むにつれて感じさせてくれました。

 40才になって改めてやっみるとね。前回プレイが思い出せないくらい前ですが、忘れているところは多々あれど、ポポイくんがいなくなっちゃうラストとか、覚えているところも多々ありますからね。感動ポイントがねぇ。今回は違いまして。

 今回はねぇ。ラストバトルに入るこのセリフにねぇ。

seiken2-0904-1.JPG


 ぐっとくるものがありまして。

 号泣はしなかったですけどね。危うかったなぁ。ラスボスさんがねぇ。とーいところからやってきてくれたので、支障はなかったですけどね。一瞬画面が見づらくなりました。

 世界を救うことと、仲間との別れのどちらかを選ばにゃならんと。

 その決断が出来たこと自体がねぇ。エライもんだなぁと感心しながらね。

 だって、全然時間ないですよ。すげえ、決断力だよなぁ。ホント。

 ・・・ラスボスさんは非常にあっさり味で退けることができまして。おかげをもって、平静を保ってゲームを完了することはできました。

 うん。いいですねぇ。スーファミ。心のオアシスだよなぁと改めて思ったウシでございました♪
バルーン活動@陽東小宮っ子2年生(1)〜 勝利のポーズ初動画 [2022年09月03日(Sat)]
2022年9月3日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 そんなことでね。愛はあるものの技術が追っつかないせいで、尊い犠牲にしてしまったトップスタァさんのおかげもあって。9月2日(金)は、夏休み明け最初のバルーンアート活動をやってきました。

 ご依頼いただいたのは、今年度入ってから急激なるご愛顧(続けられるように頑張ろう)を頂いている、宇都宮市立陽東小学校の宮っ子ステーション(放課後教室)さんでございまして。夏休み前に3年生を全うしまして。

 お気に召してもらったらしいとね。ウシとしましては貴重な活動現場が確保できたとねぇ。喜んでおりますんでね。がんばろー♪

 今回は2年生の子たち(約20名)が対象で、バルーンアート教室を行いました。

 えぇ。陽東小の宮っ子さん。いいですねぇ、夏休みが明けてもね。子ども達のお相手&ウシの世話をしてくださるコーディネーターの皆さんのやる気が満ち満ちていますから。ウシが到着したらね。

 子ども達が使うストック風船をこさえることはないですからね。じゃんけん用のキャラ系バルーンをこさえさせてもらいまして(写真撮り忘れましたけど:アーニャ、ピカチュウ、ルフィ)、子ども達の襲来に備えることができました。

「3年生よりうるさいです」

 と、準備中に前フリいただいていましてね。特に元気な子たちは、前の席(ウシの近く)に配置したとのお達しをもらって始めたわけですけども。

P9020006.JPG


「なんか、変なのいる〜〜〜」
「えーー。作んないといけないのーーー」

 とか言ってましたけどね。もうね。

「見た目は子ども。頭脳も子ども。文句はギャル」みたいな子たちがね、数を頼んでウシを攻撃してきましたけども。

 いつもの感じ(イヌ→剣→自由)の流れで初めていきますとね。こわいこわい言ってる割には結構前向きにチャレンジしてくれましてねぇ。

P9020010.JPG


 ウシさん次は何作るだの。アレをつくろうだのと。えらい密着してきましてね。まぁ、教室としては作戦通り? ウシが特に元気な子たちを引き受けて、他の皆さんが各自サポートに入るというねぇ。感じてね。

 約1時間半ですか。わちゃわちゃ楽しんでくれました。うん、文句というか、ツンデレ的(そういえばタカビーとツンデレの差がいまいち分からん)なスタートだった子達がね。

P9020011.JPG


「結局、お前らが一番楽しんでないか??」

 って感じになりましてね。うん。まぁ、全体的には、とても元気にねぇ。そして平和に盛り上がることができました。

P9020012.JPG


 自由時間がたっぷり30分以上できたのものねぇ。良かったです。創意工夫いっぱいでしたから。

 そんなこんなでね。いやーっ楽しかったですよ。息苦しかったけど。

 こうして、ウシにとって新学期初となるバルーン教室も再開でき、文句ギャルたちにも無事満足いただいたのでね。ウシさんの戦いは終了となりまして。

 最後にねぇ。みんなで集合写真もとれました。

 えぇ。サクラ大戦の影響で、どうしても「勝利のポーズ 決め!」の声が欲しかったので。みんなに協力してやってもらいまして。

youkousyou0201.JPG




 栃木出身の大神さんにあやかって活動したいウシですから。「大神活動」としてゲーム遊び以外の取り組みをね、してみました。今回初めて動画をとってみました。見様見真似でやったので、上手く行ってないかもしれませんけども。

 子ども達と、「決め!」できまして。感無量。

 元気な子ども達の声がねぇ。やっぱ未来を感じさせてくれますよぉ♪

 これは習慣づけして行こうと思ってますので。先導役としてテレないように頑張るます。
バルーン試作「すみれさん」〜 ほっんとすいません。出直します! [2022年09月03日(Sat)]
2022年9月3日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、世間では夏休みも終わりましたね。最近は、秋休みができた関係もあり、8月晦日以前に新学期という学校さんも多いみたいですねぇ。

 夏休みといふものに縁遠くなって20年ほどが経過してますからねぇ。

「電車の込み具合が戻ったな」
「座ってゲームできないかも」

 というくらいでしか若者たちの時の流れを把握できていないウシでございますよ。えぇ、電車通勤中のお供である「サクラ大戦ダンジョン」(DS版)はね。先日、無事にウシさん一押しの巴里編に突入しましてね。

P9020016.JPG


 SS、DCのようなアニメ調のオープニングはないにしても、帝都→紐育→巴里と場面が変わるごとに、ゲームスタート時の音楽と挿絵が分かるのはねぇ。にくい演出ですなぁ。

「御旗の元に」をね。とりあえず一周してからスタートし、ダンジョンに潜ると戦闘時の音楽が流れるのでねぇ。かなりウキウキで潜っています。うん、やっぱ巴里だわ。

 さてさて。

 9月に入りましてね。ウシのバルーンアート活動も再開の運びとなりまして、昨日(9月2日:金)は、宇都宮市の陽東小学校放課後教室さんからのご依頼を頂きまして。

 8月は、感染症の影響で予定していたイベントが中止になったこともあり、そうなるとバルーンを触らない日々が続いていましたからね。しかしながら一方で、

「女の子キャラなら画像を見れば何でもいけるんじゃないか」

 という自信だけは残っているもんですからね。えぇ、ゲーム三昧の8月の過ごし方を振り返って、ふと不安になりましたもんでね。

 ちょっと練習してから、学校に行くことにしました。

 えぇ。そんなことで練習ですが。自主練ですから。作りたいものを作らないとね、いけませんからねぇ。今回の練習のテーマ(犠牲)は、「すみれ」さんにしてみました。

 うん。トップスタァさんね。作成履歴的に、サクラ大戦(とりあえず大神編のみ)系バルーンを作り切りたいウシとしては、残るチャレンジは、スタァさんと、紅蘭さん、織姫さん、レニ君の4名でございますからね。

 だからこその「すみれさんチャレンジ」でした。

 ・・・・・うん。やってみましたけどね。

 すみれさんに限ったことではないですが、案外難しいショートカット(厳密には違うのでしょうが、髪の毛の短い子)は、中々に難しいですねぇ。改めて実感しましたよ。

P9020001.JPG


 そしてね。分かりました。

 ウシのキャラ系バルーンは、白いシールに目を描いて仕上げるという方法が最近の手法になっているんですけどね。この目の大きさを考慮して顔を作らないと、

「あっさりポッチャリ子になっちゃう」

P9020002.JPG


 ってことがねぇ。分かりました。うん、この顔の大きさがねぇ。かなり微妙なサイズ感でございましてね。難しいですなぁ。

 そんなことでね。結果的には、今回の試作はねぇ。違う★の方を作ってしまいましたねぇ。うん、ホント、すいませんでした。

 ・・・おかげ様でね。学校に行ってから作った「アーニャちゃん」は、無事成功の運びとなったのでね。うん。スタァさんは改めて集中して再チャレンジさせて頂きまする。
                   
タナトスさんの敗因は、この方ですね [2022年09月01日(Thu)]
2022年9月1日(木)

 はい、どうも。ウシです。

 世間では台風11号の影響が着々と出ているそうでございましてね。偏頭痛のスキルもちのウシも漏れなく影響を受けているようです。

 えぇ。令和の御世にあっても、約30年前の小学生時分の時に引き戻してくれる「聖剣伝説2」(SFC版)を、相も変わらず楽しんでおりますが、そのせいもあってかの寝不足かなと思っていた本日でございますけども。

「あぁ、このぼーっと感は偏頭痛か」

 と、先ほどやっと対処したところでございます。うん、まぁ、両方なのでしょうけどね。

 さて。楽しい時間というものはあっという間に過ぎていく。「聖剣2」もあれやこれやと終盤になってしまいました。8月晦日時点から、あれやこれやで、海底神殿でしたっけ? 浮上したサンゴ礁のお城まで進んでしまいました。

seiken2-2.JPG


 一度滅びた古代文明の中をすすんでいきながらね。あぁ、覚えてる覚えてると言ったりしながら進んでいきましたけど。古代文明の中に、電車らしきものを発見してね。

seiken2-3.JPG


「今、自分たちが生きている環境も永遠のモノではないのかも」

 などとねぇ。変に現実的になってしまうこともあったりと。こうした背景の部分は不思議と覚えていないのでねぇ。子どもの頃感じたことのない感傷を味わいながら進めています。

 うん。ま、この神殿ステージは、あれだね。とにかく長かった!!

 つい先ごろまでやっていたのどこでもセーブ可能な「ヒーロー戦記」で。日頃触れているのも携帯ゲームだからセーブは比較的簡単にできるのでね。

「おい、あのネコ(ニキータ)はいないのか」

 とね。普段の4倍払ってもいいから休憩したくなったのもねぇ。40歳になったればこそのゲーム体験といったところなのでしょうね。

 何とか、クリアはできました。

 あれですね。「聖剣2」。こちらのラスボスさんっていうか元凶さんは、タナトスさんとかと仰るらしいですけども。40歳のウシさん思うにね。彼の世界征服が成らなかった大きな要因はさぁ。

 こちらのおじい様にね。とどめを刺さなかったことだと思うわけです。

seiken2-1.JPG


 覚えてましたね。無料回復してくれる&プリムちゃんの魔法道場。覚えてましたからねぇ。がっつり「研修」と称してレベル上げに勤しませていただきましたから。

 ヌルゲーといわれるかもしれませんけども。だからこそねぇ。戦闘そのもの以外の部分に目を向けられるんだよなぁと思ったりしていますよ。

 マナパワーや武器レベルが上がるたんびに「研修」を繰り返しておりましたからね。うん、反射神経やプレイ体力の減少は否めないですけども、若かりし頃は、

「面倒くさい」

 とやらなかった、レベル上げ他のこうした作業をね。もくもくと楽しみながらこなせるようになった点はねぇ。成長というか、変化の良かった点なのでしょうね。

 お孫さんのポポイくん、頻繁に実家に帰ってきますからね。ウシの聖剣2ではね。そのたびに、変わらず、回復とセーブをすすめてくれるおじいちゃん。

 最高です。

 うん。おかげ様でね。世界を救う自信がついて参りました。

seiken2-4.JPG


 そんなことでね。マナの聖地なるところに向かったお孫さん一行。もう物語も最終版になってますけどもね。レベル上げは、まだまだ続けようと思っていますので、もうしばらく「聖剣2」の世界を楽しもうと思いまする♪