• もっと見る
« 2022年08月 | Main | 2022年10月»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2022年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
給料よりも形見の刀がほしいのです [2022年09月30日(Fri)]
2022年9月30日(金)

 はい、どうも。ウシです。

 いそがしいいそがしい言ってましたけどね。明日から10月ですねぇ。いそがしいいそがしいいってましたけどね。本番は10月からですからねぇ。

 気合をいれて〜〜(入るかなぁ)って感じですけども。まぁ、しのいで参ります。

 さて。以前更新した、職場まちぴあのお仕事こなしながらも自分の趣味を消化していく「ジャージ華撃団」の大神さん(チャリンコさくらさんもいた)でお馴染みの、

 10月15日実施予定の「クリーン&ウオーク」でございますけども。発信OKを頂きましたのでねぇ。先ほど更新しました。ちゃんと、趣味無しの正規版(??)ですよ。

 そんなことでね。ゲーム上(サクラ大戦ダンジョン)での大神さんですけども。まだまだやってます。音声認証での形見ゲットこと「さくらくん!」。

 もうね。叫ぶというか「声を出す」という行為は慣れましたけど。相変わらず、ガードが堅いさくらさん。さすがは大和撫子代表格といったところかと思いながら繰り返してます。

 刀目指して繰り返してますとね。帝劇1階が持ち場の皆さんからのお声がけも断らないといけません。

「サクラ2のクライマックスはOPのレバー操作なの」

 なウシとしては、売店の煎餅娘さんをお断りするのは心苦しいところですけどもね。レベルカンストしているし、君なら大丈夫と思ったりしながら決死のスルーを続けていますけどね。

 事務局員も最強の帝国華撃団。米田さんともダンジョンしたかったもんです。

 さくらさんの舞台袖は最後なのでね。いやぁ、大変。

 繰り返していてねぇ。これはいいのかとね、ふと思ったのが、ナミさんこと、かすみさんからのお誘い。

P9300001.JPG


 えぇ。運営資金についてのトラブルですからね。これ、普通に考えるとヤバイ案件じゃないないかとね。思ったりしました。

 ・・・ま、魔物にも残業を言いつける、かすみさんもレベルカンストですからね。心配はないと思い直しておりますけどねぇ。

P9300002.JPG


 これを断り、忙しいのにすいませんと返す華撃団の皆さん。すげえ組織だなぁと感心するばかりでございます。

 ・・・ま、一番はね。さくらさん出現うんぬんよりも、途中で引き返してしまう大神さんがねぇ。最大の問題となっておりまして。

P9300004.JPG


 ダンジョン攻略よりもねぇ。ここのところはドキドキして画面が進んでくれることを祈り続けているウシでございましてね。

 9月は大神さんに翻弄されて終わりそうですなぁ〜〜(汗)
DSに向かって叫んでいます [2022年09月28日(Wed)]
2022年9月28日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、仕事がらみでありますけども。先日、宇都宮市内で行われている高齢者の皆さんを対象にしたスマホ操作の勉強会がありまして。

 取材をかねてお邪魔させて頂く機会がありました。あれなんですね。70才以上の皆さんですけど、皆さんスマホもってらっしゃる。というか、持たされているといった方がいいのかもしれませんがね。

「ウシだけ携帯電話でした」

 という状況がありまして。うん。だってねぇ。どーもあの画面むき出しが好きでなく(壊しそう)、大きいしさ〜。ネットだなんだはパソコンで十分だし。3Gから4Gの変更もねぇ。携帯型の機種もあったからね。

 迷わずそっちを選んだウシですから。

 皆さん、えらいなぁと思う反面。携帯電話の時点でね。その機能を使いこなせていないというのは、相変わらず自覚のあるウシでございますからねぇ。

 家族さんたちを含めた契約だったり、色々あるんだろうなぁと思いつつね。パソコン操作の延長みたいなもんでしたからね。分かる範囲で教える側に回っていたウシですけども。

「ウシさんはガラケーなのです」

 よ。

 さて。これまでなくても生活できていたんだから無くてもねぇ、、、という理由もあるかと思いますがね。やってみると面白くなるのが、スマホというか機械いじりそのものだと思います。

P9270039.JPG


 この日の勉強会は、Googleさんを使って「検索の練習」でございましてね。やりはじめてみるとワイワイとなっていて。なかなか面白い空間でした。

 実際に声を出す「音声検索」(? マイクマークのヤツ)はねぇ。特に盛り上がりまして。シニアの皆さんたちがワイワイやっておられました。うん、いいですねぇ。いくつになっても出来るという体験ができることはね。

 活気をもたらしてくれるものです。

 そんな、努力というかねぇ。楽しんでやってらっしゃる姿を見てね。ウシも一念発起。

 スマホにはしませんよ。使わないもの。えぇ、ゲーム「サクラ大戦ダンジョン」の話ですけどもね。皆さんが、音声検索に挑んでいて思ったのですがねぇ。

 サクラ大戦DSやっているとね。「音声リップス」なるものが出てきます。ヒロインさんたちの名前を呼ぶとイベントが進行するというものでねぇ。

「たけしの挑戦状かよ」

P9270049.JPG


 と。思いましてね。冗談じゃあありません。恥ずかしいじゃないですか。女の子の名前を呼ばなくてはいけないなんてね。何ていう拷問なのでしょう。

 ストーリー進行上何回か遭遇しましたけど。恥ずかしい!のと、特段困ったことはない(その分弁当投げればいい)ので、基本キャンセルをし続けていましたが、ストーリーも終わって周回というか、やりこみの世界になっていきますとね。

 なんでも、さくらさん(米田さんも)から、さくらさんがお父様から受け継いだ形見の刀をもらえる(借りかれるってことだろう)とのことで。どうしてもね。

「さくらさ〜〜ん」

 って、言わないといけない状態になりました。アイテム回収を諦めればいいんかもしれませんどもね。進めてみるとゲットしたくなってくるからあら不思議。

 仕方ないということでね。やろうかどうか悩んでいるところにねぇ。今回の勉強会見学ありまして。皆さん、楽しそうに声を出してやっているのをみてね。心を改めたわけです。

 ・・・んなことでね。日常プレイは基本通勤途中の電車の中ですから。やらないで。自宅に帰ったあとでね。

「さくらくん!」

 ってやってます。昨晩、10回くらいやってみましたが、さくらさんのガードが堅い。条件揃っているハズなのになかなかくれません。そりゃそうだ。形見の品だもの。

 大神さんにあずけると、ダンジョンで紛失して帰ってくる可能性もありますからねぇ。そりゃ、そう簡単にはくれませんよ。

 ま。おかげで慣れてきましてね。恥ずかしいは通過できた気がします。ちなみに、音声検索もそうですが、「はっきり」じゃべるの大事ね。さくらさんも、「さん」だと米田さんがたまに来る(ついでに剣くれればいいのにくれない)ので、

「さくらくん!!」

 くん呼びでやるとねぇ。大体さくらさん来てくれます。・・・っていうか、そもそもの見回りの時に舞台袖まで大神さんが見回るのもランダムなのでね。その時点で、手間もかかると。なかなかの要素だなぁと。14年前のゲームを相変わらず楽しんでいるウシでございます。

 そうこうしている内にもう10月。こりゃマジで1年間サクラにお世話になるのが現実味を帯びてきちゃいましたねぇ〜♪
お絵かき 〜 「ジャージ華撃団」ができました♪ [2022年09月25日(Sun)]
2022年9月25日(日)

 はい、どうも。ウシです。

 9月も25日になりましてね。晦日が近づいて参りましたねぇ。日が暮れるのも大分早くなってきまして。心なしか少々寂しい気分にもなるところです。昨日の台風一過、栃木県は宇都宮市も警報が出たりとしていましたし。

 ウシの帰宅ルート途中にある姿川もギリギリだったそうなので。一過してくれて安堵する気持ちが強いですが、各地では被害も出ているそうですのでね。喜んでばかりもいられませんよ。

 ウシ的なことをいうと、この9月は台風さんがよくいらっしゃった影響もあり、偏頭痛との闘いの日々でしたが、「無理をして動かない」ようにしていたのでね。まぁ、多少は虚無的ではありましたけども。休んでいたこともあり、体調は保てています。

 うん。いいんだか悪いんだかですが、とりあえずやっていけているので良しとしましょう。

 さて。もうすぐ10月ですが、職場まちぴあで担当(っていうかウシが始めた)している

「クリーン&ウオーク」

 が、何か盛んです。えぇ、企業様から頂いたミニゴミ袋を活用して、ゴミ拾<ウオーキングな軽度の清掃ボランティア体験ですが。10月のとちぎ国体に合わせて2回(2日、9日)と、イベント会場である、栃木県総合運動公園内で予定したのを皮切りに、

 10月中頃にも実施の希望があったりしています。

 清掃活動自体はね。何度もいいますが軽微です(実質ウオーキング)し、主催者としては、発着点として待っているだけなのでね。時間の都合さえつけば問題ないわけですけども。

 連発するとねぇ。モチベが下がる。これはね。節理でございます。

 その点、とちぎ国体をウシさん大好きサクラ大戦のフィルターを通して妄想して生み出してしまった、ジャージを着た巴里組の皆さんのイラストをきっかけにね。お声がけを頂いた際にも、サクラフィルターが発動しましてね。

「次はだれ描こうかな??」

 などと、わくわくしながら準備(チラシ作成)に勤しんでいます。

 うん。これ大事ですよねぇ。

 んなことで。10月中頃にやるかもしれないと打診頂いたクリーン&ウオークは、会場を宇都宮市内にしたいとのことでした。自転車の祭典「2022ジャパンカップサイクルロードレース」のクリテリウムが行われることに合わせてやろうかなどということで。

 ・・・自転車・・・自転車ねぇ〜。じゃあ、さくらさんで。

 となりました。ロードレーサーに乗ってないけどね。さくらさん。「サクラ2」のエンディング(だったと思う)と、「熱き血潮」の合体攻撃の時に自転車に乗ってた(その後、自転車ほおってイチャイチャしてた?)ので。

 じゃあ、さくらさんで。

P9210001.JPG


 と、描き始めましたけどねぇ。今回もあれですね。作画の構想にウシの技術が追っついていないという問題がねぇ。発生しまして。時間はかかりませんでしたが、自転車の書き込みに大苦戦しました。

sakura-tyari.jpg


 うん。せめてママチャリにしたかったけど。ロードレーサーの方が作画コストが低そうだと判断し。さくらさん、片手運転になっちゃいました。えぇ、いけませんね。

 さくらさんはねぇ。恐らく霊力で何とかしてますからね。良い子の皆さんはマネしないように。

 んでね。好みは別にしてねぇ。さくらさんを描いたら、大神さんも描きたくなったので。大神さんも漏れなくジャージ化してみました。うん、すいませんね、大神さん。

 大神さんは二刀流ですから。

P9210002.JPG


「じゃあ、トングを二本持たせればいい」

 と。安直に構図が思い浮かびまして。サクッと描けました。相変わらず粗いですけども。ウシ好みのミニキャラがねぇ。無事に出来上がって良かったです。

00gami.jpg


 もちろんジャージは白メインでうからねぇ。着色がスゴイ楽な大神さん。さすが、みんなに優しい栃木県人ですな。

 そうそう。ウシ作大神さん、めっちゃゴミ拾ってますけどね。皆さんはこんなに拾ってはいけません(?)よ。現実にはウシが回収ゴミを引き受けるんですからねぇ。あくまでイメージでございます。

 そんなことでね。巴里組同様に表には基本出さない「趣味チラシ」が完成しましてね。もし、やるときまったらねぇ。華撃団抜きの広報用チラシも準備できていますし。

ushiyouchirasi.JPG


 うん。満足です。

 ・・・ここまできてねぇ。思ったのですが。このお二人(っていうか大神さん)を描いたことによって、大神華撃団できたんじゃね??

 と。ちょっとテンションが上がったのでね。巴里組三人にも入ってもらって、

「ジャージ華撃団」

oogamikagekidan1.JPG


 を作ってみました。うん。何かね。ジャージいいですね。もっとメンバー増やしていきたいですねぇ。ぜひ。

 ・・・こうしてね。5人揃った集合絵を見て、

「あれだな。ゲームだったらまず選ばない構成かもしれん」

 と、楽しんでいたんですけども。

 あれですね。ゲーム上(サクラ4)の大神華撃団の操作部隊は、ユニット数は5ですけど。大神機の双武には2人乗ってますからね。

「あっ、一人足りない」

 ということに気が付きましたからね。

 うん。クリーンウオークは11月以降も定例活動あるし。いよいよもってジャージ華撃団をコンプリートしよう!!と。

 企画の広報や運営に関係のないところでねぇ。ひそかなやる気を見せているウシでございましたとさ。うん。このくらいの方がねぇ。でも、企画として余裕があって良いとねぇ。思う、秋空のウシでございまする♪
バルーン試作:ハロウィンからの「黒猫エリカ」さん [2022年09月24日(Sat)]
2022年9月24日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 現在どのあたりを移動されているのかはあれですけども。台風さん。例によって台風接近に伴う気圧の変化か何かでね。とにもかくにも眠い眠い一日でしたねぇ。昨日の23日は。

 お休みだったのですが、ホントのお休みとなりまして。雨も降ってましたから、出かけるのはなしにして。寝ても寝ても眠いのを逆手にとってね。とにかく「休んでいた一日」を過ごしました。

 ・・・思えばね。その前の日の22日は集中力がありましたねぇ。

 この日は出勤前にね。ウシの妹から、職場(地元のスーパー)でハロウィンの飾りつけをすることになったそうで。何かいい方法ないかと。風船はどうかと相談を持ち掛けられていました。

「ラウンドバルーンに顔をかけばカボチャだから。バルーンはいいぞ」

 と、ススメましたけど。どんな感じかと改めて聞かれましたので。んじゃ、こんなもん的に作ってきてあげようじゃないかとね。試作品を試しに提供することになりました。

 ま、うっかり忘れてしまってもねぇ。お店の皆さんで何とかするんでしょうけども。なぜか乗り気になったウシ。運よく仕事も切りよく進んだのでね。退勤前の時間を使って、ハロウィンバルーンを試作してみることにしました。

 えぇ。すでに広報していますけども。大分前に職場まちぴあのブログでご案内しておりますからね。もう一回お知らせも兼ねて。10月22日にね。まちぴあ登録団体の皆さんと協力したハロウィン企画、

「もくもぐハロウィン」
 (※年度第3回まちぴあオープンデー)

o-punde-.jpg


 がありますからねぇ。それに向けての準備も兼ねて。うん。ウィンウィンですな。

 さて。ハロウィンバルーンですけどね。まぁ、カボチャですよ。形的にはペンシルを使って作る方がよりリアルなのかもしれませんけども。

 やったことない方がやるとね。結構何回も折り返すので困難かと。強度も弱くなりますしねぇ。その分メンテナンスも大変ですよ。ウシいないしね。

 その点、見栄えは劣るのかもしれませんけども。とっても簡単なのが、ラウンド風船(普通の丸いの)を使ったカボチャバルーンですよ。

P9220007.JPG


 うん。基本的に膨らませて、カボチャの顔を描けばいい。ウシの試作品は、帽子的な黒いバルーンを付けてますけども。オレンジ、黄色、赤あたりのバルーンを複数付ければねぇ。十分にハロウィン感を演出できるとねぇ。

 それなりの経験上理解してきました。手間もねぇ。明らかにかからない。

 ついでにね。装飾の時はおそらくテープなどでつけちゃうんだろうと想定できましたから。先日の「ひらがなバルーン」を飾った際に気が付いた、

P9220002.JPG


 テープを貼った上にテープを貼る(??)

 という技法に気が付きまして。上手く言えませんけども。いきなりバルーンに接着しちゃうとね。着脱の際に割れてしまうことが多いバルーンですが。あらかじめ接着面をテープで作っておき、その箇所にセロハンやガムテ、養生テープを貼ると。

 まぁ、幾分はバルーン本体を傷つけずに着脱できるのでわと。妹はもちろんウシも来月は、やるのでしょうからね。ホントいい練習です。

 ・・・そんなこんなで、やっていきましたけども。あれですね。簡単すぎますよ。

「おおっ、もうちょっと作りたいぞ」

 となりまして。ここからは例によっての暴走パターン。ハロウィンか〜〜と妄想しますとね。つい昨日(21日)まで、エリカさんのマラカスを求めてダンジョンを徘徊していたからでしょうかねぇ。

「よし、ハロウィンだし。黒猫エリカたんつくろう」

 と。唐突に思いつきまして。作ってみました。

 うん。不思議なんですよねぇ、キャラバルーンをいくつか作ってみましたけども。明らかにエリカさんの成功率が高い気がします。何かね、形が整いやすいんですよ。エリカさん。

 構造的には、さくらさんの方が理解しやすいはずなんですけどね。なんででしょ?

P9220008.JPG


 思い付きだから当然初となった黒猫エリカさん。こんな感じです。

 うん。良い感じ。

 ついでに、カボチャと併せて飾ってみるとね。こんな感じになりまして。

 うんうん。いいじゃないですか。個人的にはかなりな手ごたえを得ましたね。

P9220005.JPG


 ・・・そんなことで。ビニール袋に入れて電車で持って帰ったウシ。妹さんに無事に渡すことができまして。カボチャはね。これはいいと参考にしてもらえました。

「しかし兄よ。エリカさんはまずんでないか」

 と、勢いで作ったウシを諭す妹。うん。色々ありますからね。ウシも店先に飾ってくれとはいいませんでね。とりあえず持って行ってくれと。押しつけました。

 結果的にはね。

「かわいーーー!とは言われたけど、誰も知らなんだ」

 との報告を受けましたけども。いろいろあるとなんなので。とりあえず休憩室に鎮座してもらうことにしたとのことでした。うん。こんなもんですよ。

 でもね。ウシは満足しております。出来はねぇ、いいと思うの黒猫エリカさん。令和のご時世に改めてみると、案外刺激的なムービーが流れる気もしますけども。満足できた試作機会となりましたとさ♪

「黒猫ルンバ」もいい曲ですねぇ〜♪
同じものではないのですかぁ! [2022年09月22日(Thu)]
2022年9月22日(木)

 はい、どうも。ウシです。

 いやぁ、まだまだ忙しい日々が続いてはおりますけども。ちょっと間隙がありましたのでこの隙をついて駄文を更新しましょう。えぇ、丸1か月やり続けている「サクラ大戦ダンジョン」ね。

 この週に入ってからは、「エリカさんのマラカス探し」に熱中しております。

 ウシさん大好き巴里をふらついてますとね。

P9220026.JPG


 こんな感じでエリカさんが泣きついてきます。うん、これまでは、メイドさんたちのお相手に熱心だったので。基本お断りをしていたりしていましたが。

 本編攻略他で、大分に強くなったエリカさん。どんなもんかとも興味もあって、彼女の落とし物を探しに行ってみることにしました。

 うん。強くなりましたねぇ。エリカさん。

P9220013.JPG


 エリカさんもね。何だかんだで、敵の大群に囲まれて、大神さんがアイテム収集に熱心になっていても、バンバン敵を一掃していきます。遠距離&拡散銃はダテじゃない。エリカさんに隣接する前に皆さんバタバタと昇天していきますからね。

 成長したなぁ〜〜と感心してしまいますな。

 んで。クエストなるもののクリアの印にアイテムをもらうわけですが。ウシさんが求めているのは「右・左両方のマラカス」で。

 右は、武器タイプ、左は、盾タイプのアイテムだそうです。

P9220022.JPG


 つまり画像の剣はハズレです。

 攻略サイトなどを見ると、右のマラカスなるものは初回クエストの景品だそうですがね。なんですか。行っても行っても

「右ばっかりよこすじゃないか」

P9220025.JPG


 となりまして。10周近くしてました。

 うん。おかしいですねぇ。

 まぁ、ランダムなのでしょうからね。気長にお付き合いしていけばいいと来る日も来る日もエリカさん参りの今週でして。やっていてねぇ。思いました。

 クエストに誘われるときのこのセリフ。

P9220009.JPG


 ね。例によって、言葉の選択がエリカ節なだけだと、3・4とプレイして彼女に慣れたウシさんある意味気に留めてなかったんですけどね。

 怖いとか言っているけど、敵を目の前に基本ケンカ腰ですからねぇ。巴里華撃団も。んで、実力がついてほぼ一人で殲滅して帰ってくるわけですからね。

P9220029.JPG


 ・・・このセリフはねぇ。「怖い」とは言っているけど「一人はいやとは言っていない」とね。確かにねぇ。理解を改めたところでございます。

 うん。すげぇな。それでもよくよくテキストを理解してみると、嘘をついているわけでもないし。ここはさすが聖職者。なんかね、面白くなってきてしまいました。

 そんなこんなでね。マラカス探しも何回目だと思った矢先に、手に入った「左」。さっそく装備してみたらねぇ。

 こんな感じの大神さんが出来上がりまして。思いましたね。

P9220030.JPG


「やっぱ一緒やん!!」
「右を左手にもってもいいんじゃね??」

 と。そんなこんなでエリカさん詣でをしていたのでね。試しに確認してみた好感度ランキングではいつの間にかエリカさんがトップに躍り出てました。えぇ、案外策士やねぇとこれまた感心したウシでございまして。

 まぁ、達成できて昨日はよく眠ることができましたとさ♪
令和4年度まちぴあぷちまつり 〜 高校生たちの陰(?)でおぢさんガンバっ! [2022年09月19日(Mon)]
2022年9月19日(月)

 はい、どうも。ウシです。

 さてさて、そんなことで、台風接近の心配の中本番を迎えた「まちぴあぷちまつり」。

 あちこちで被害等もニュースされる中でありますが、風が多少あり、雨が降ったりする場面もありましたけども、おおむね晴れるという天候になったこの日。

 すげぇなぁと思いつつ。偏頭痛もちのウシとしては、朝から頭痛薬のお世話になることを誓ってのイベント開始となりました。

「ぷちまつり」

 については、おいおい職場まちぴあの若手スタッフが更新してくれることと思いますので、一応まちぴあブログ本体のリンクをつないでおくこととしまして。ウシはウシの所業を精算しておこうと思います。

 えぇ。本日のイベントでのウシの役割は、まずは、ポップコーンづくり。昨日の時点で試運転と試作をやってみましたので。今回は焦がすことなく作ることができました。説明書には、15分とかチーンと鳴ったらとかありましたけど。

 それを守ったら焦げたので。己の感覚を信じて30人前くらいをイベント開始前に作ってしまいましてね。ウシ的にはこの時点で仕事として申し出たノルマは達成したのでございました。

 そうなるとね。若人たちが頑張っているのに、YouTube見るくらいしかないとなるとねぇ。ダメな大人だと思いますので。ここからはウシさんのバルーンアートをやりました。

 おまつりのメニューにはなかったのでね。おまけというか、10月2日・9日に出展予定の「とちぎ国体」(@西川田:栃木県総合運動公園)がありますので、それに向けた、

P9190003.JPG


「イベントウシ活動(バルーン配布)のリハビリ」

 と自覚してね。遊びに来てくれて、バルーンを所望された子ども達に差し上げました。

 ざっと、15家族・50名ほどの来館があった今回のイベント。正直、予想以上に地域からの反応が多くびっくりしておりましたけど。変な意味で、この数値の恐ろしさを実感できないくらいに、イベント離れしちゃっているんでね。

 ウシ的には、どうしても放課後時のバルーン活動のように、多少込み入った作品にもチャンレンジする気でいたりしちゃったのが運の尽き。

P9190006.JPG


「ウシがほしいです」

P9190014.JPG


「怪盗キッドを作って」
 (※コナンだけど諦めてもらった)

 などなど。ウシの予想をはるかに超えるチャレンジ申請を矢継ぎ早に頂きまして。あっさり大渋滞。うん、思い出しました。

 イベントは技巧よりも回転率だと。

P9190016.JPG


 まぁ、まちぴあの地元・今泉地区は、まちぴあはもちろん、東公園で「ほうぼく」をやっていた経験から、ウシをご存じの方も多い地域ですからね。もしかしたら、知っている分だけ要望がエスカレートしていたのかもしれませんけども。

 ・・・まぁまぁまぁ。ウシ的にはとても良い学び(思い出し)となりまして。10月に向けての前哨戦となったわけでした。

 ちなみに、前哨戦といえば、勝って次戦への弾みをつける的な意味合いがある気もしますけどもねぇ。ウシ的には敗北ですけども。死んだわけでなはないのでね。

 次に活かしていこうと思います。んなことで、遊びに来て下さった皆様。午前中メインの短い遊び時間でしたけDも、楽しく過ごしていただけたのなら幸いです♪
バルーン試作「エルフ」さん & ポップコーン試作 [2022年09月18日(Sun)]
2022年9月18日(日)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、台風さんの動向が気になるところですが、近隣の子ども達対象であるし室内メインのイベントでもあることから、本日は、職場まちぴあで明日予定されている

「まちぴあぷちまつり」

 の準備をね。高校生ボランティアの皆さんと一緒にやっておりました。

 高校生たち発案のゲームコーナーを4種類ほどしつらえて、先ほど概ね準備が終了したところです。職員として出勤しないといけないので、イベント自体はよほどのことがない限り実施でいますけども。遊びに来られる皆さんは、最悪、ハロウィンやクリスマスのイベントも今後、予定されていますから。

 無理しないで遊びにきて頂きたいところです。

 さて。おまつりの準備でございます。

 ウシさんはセンター長なので、大まかなことは若いスタッフさんにまかせっきりなのですけどね。基本、おまつりは嫌いじゃないので。イベントではポップコーンを担当することになりました。

 キティならぬウシのポップコーン。

「お゛いじいボっブゴーンだよ゛〜〜」

P9180008.JPG


 とでも、言っていればいいんでしょと思い、職場で譲りうけた機械を使って念のための試作を試みてみました。機械を用意して、さて。と。思いましたけど、作り方が分からない。初運転ですからねぇ。

 さて。困ったと。箱をまさぐったらね。ありました作り方。

P9180009.JPG


 ・・・なんじゃっこりゃ??お呼びじゃない(怒)

P9180010.JPG


 気を取り直して探したらねぇ。ありました。一安心。

 ま、やってみたら操作自体は簡単で。機械を稼働させて油をしいて、豆を入れるだけ。フタをして15分だか待てとありましたので。待ってましてね。(結論からいうと、15分待たないで様子を見ることを学びました)

P9180015.JPG


 うん。暇になりました。

 暇になったので、高校生たちのところに遊びにいくと、ゲームコーナーのアイテムを手作りしておられましてね。「おさかなつり」らしいです。

P9180013.JPG


 うん。特に、このマンボウさん。いい顔してます。

 マンボウと言えば、17才さんがよぎりまして。皆さん創作しているのもねぇ。楽しそうでしたから。我慢できません。ウシさんも創作意欲が湧いてきてしまいました。

 マンボウといえばで、ロベリアさんをもう一回作るか、結局再チャレンジしていないトップスタァさんを作ろうかとも思いましたけど。昨日今日と、プレイ中の「サクラ大戦ダンジョン」では、親友(?)の加山さんが仲間になりまして。

 いいんですけどね。鍛え上げた大神さんと一緒にダンジョンに入ると、敵に瞬間的に接近するスキルを勝手に使って勝手に死んでいく(んで、敵のレベルが上がる)というねぇ。エリカさん以下の迷惑っぷりを発揮しまくっているので。

「あぁ、そうだ。エールも込めて、エルフさん作ろう」

 となりました。えぇ、加山さんが頑張っている「異世界おじさん」のツンデレエルフさんね。加山さんまで行って、おじさんを作らないあたりはねぇ。一種のこだわりとして下さい。

 うん。これまた妹が録画をしていたのをみてね。サクラ大戦中ということもあり、今年はほぼSEGAさんにお世話になっているウシ。ま、ウシ的には振り返ると、メガドライブはやったことはないんですが、ゲームギア(シャイニングフォースが好きだった)は熱心にやり、

 ハードの系譜的にはサターンを選んだ人間ではある(早々とPSに鞍替えしちゃったけど)のでね。おじさん、大変だそうではないですか。一瞬、オリンピックかとも思いましたけども。コロナさん問題だそうでね。制作に関わる皆さんには、ご自愛いただきたいと。

P9180001.JPG


 んで、はよ続きをお願いしますと願っておりますのでね。エルフさんです。

 ん〜〜〜。何か最近は釣り目的なキャラ多くないかとも思いましたけど。期せずして初のエルフ(耳が長い)キャラを作ってみまして。ま、こんな感じ。

P9180002.JPG


 作り込みはまだまだですが、それなりには出来たかなと思います。

P9180004.JPG


 うん。満足しました。そんなこんなでやっていたら、高校生たちの準備作業も終わりましたので。今やってるアニメですからね。知っているか聞いたところ、レディたちは知らない(けど、スゴイとは言われた)とのことで。

 えぇ。やっぱりヲタク系ということもねぇ、確認できた一日となりました。

 そんなことで。明日はイベントです。当然ウシ、出撃ですからね。皆さんと安全に楽しく過ごしたいと思います♪
コケ落とし年度最終回 〜 言われて気が付きました [2022年09月17日(Sat)]
2022年9月17日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 本来であればねぇ。絶賛プレイ中の「サクラ大戦ダンジョン」のお話しでも消化しておきたいところなのですけど。良いことだとは思うのですが、お仕事(まちぴあ)が中々にたけなわでございましてねぇ。

 だら〜〜垂れ流す気力・体力がないもんで。とは言っても油断すると更新自体がすぐ滞りますからねぇ。仕事がらみのネタでその場しのぎをしておきましょう。

 さて。本日(9月17日)は、今年度最終回となる「釜川コケ落とし大作戦」がありましてね。最終回も、地元・旭中の生徒さんたちやらと賑々しく出来て。幸せでございましたなぁ。

 ホント、ありがとう。今更ですけど、コロナ禍もあって活動しにくくなった自治会さんの活動なんかに変わって、中学生たちがボランティア参加してくれているんですけども。

 学校からの紹介と聞いて、先生から勧められてみたいなパターンか(それもあると思いますけど。全然いいですけどね)と思いきや、構内に張り出してあるチラシ情報を見て子ども達が自発的に申し込んでくるスタイルだそうで。

「君たち、ホントえらいなぁ」

 と。今更感心してしまいました。あとね。ウシさんがそうだったからいうわけではないですが、部活だ勉強だで自信が持てないような子というか、どっちかというかインドアというか、まぁ、ヲタクというか。

 そんな気質の子たちがくるイメージ(少なくともウシはそう)がボランティアのような気もしていましたけど。ボランティアする時は、部活が休みだからとかと思ってましたけど。

 ボランティアいったら午後は部活をしてくるという子も多く。

「君たち、ホンっっトにえらいなぁ」

 とね。素直に関心してしまいました。えぇ、こうした子たちがたくさんいるであろう宇都宮。将来は輝かしいと思わざるを得ないですなぁ。

P9170016.JPG


 年度最終で、これまでの皆さんの頑張りもあって30分足らずでキレイになった、釜川の川底をねぇ。改めて、清々とした気分で眺めることができました。

 さて。そんな中でどうでもいいことですけどね。

 先日も、ルフィからのウタちゃん作成などで、一部小学生達から「ワンピース好きのウシさん」との印象を頂いているらしいウシでございますけども。

 えぇ。違うんですよ。作りたいのは「サクラ大戦」系のバルーン。大神華撃団(全13人ヒロインをとりあえず)バルーン創作コンプをしたいとは野望していますけども。

 カンナさん(の声優さん)からのつながりで試作した、ルフィが案外な人気で。かつ、不完全(ウシ的に)なウタちゃんも好調ではありますけども。

 ウシさんが推したいのは、ワンピース違うんですよ。しかしながらね。

「おっ、やっぱウシさんルフィ好きなんですね」

 とね。本日指摘されました。うん、釜川清掃時のこのイデタチ。

 赤いパーカーに、青のハーフパンツ(中学時代の体操着)だったのですけどね。えぇ、着慣れているのと、ハーパンだと「水にぬれない」という理由で来ていましたけどね。

kamagawa.JPG


「あぁ、確かにルフィカラーだな」

 とね。反論できませんでしたなぁ。うん。帽子はしない主義なので坊主のまま(坊主頭にしてさらに帽子しなくなった)でしたけどね。

 確かにねぇ。たまたまなんですけどね。なんでこうした符号というものは生じるのか、スゴイ不思議に思うことあるわけです。

 ・・・そんなことでね。まぁまぁ、どうでもいい話が書けましたので良しとさせて下さい。

 ちなみにね。明後日19日は、職場まちぴあでイベントです。地域の子ども達と高校生の皆さんが遊ぶ

「まちぴあぷちまつり」 が予定させておりまして。

 明日はその準備。台風が心配なところですが、近隣の子たちがメインだし、室内を想定したイベントなので。台風さんの影響が少ないことを祈りつつ。明日は準備。

 といってもね。これも前述したようにウシの役割は「ポップコーン屋さん」なんで。一応バルーンも準備しましたけど。明日は、ポップコーン機の起動確認と試作をする一日となります。

 忙しいのかとお思いかもしれませんが、そんなことしつつ、事務もしますのでねぇ。それなりなんですわ。うん、ですからね。当分の間、大神さんは弁当を女子たちに投げる作業をし続けようと思っておりまする。
文字ってむずかしい・・・です。 [2022年09月14日(Wed)]
2022年9月14日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 職場まちぴあのブログ には、無事に掲載できましたが、昨日の9月13日は、栃木県シルバー大学校さんの「地域団体とのマッチング授業」に参加しておりました。

 まちぴあスタッフとして、センターのご紹介をする

 というのが、今回のミッションでございますからね。ウシ封印ということで、出かけてきましたのよ。時間に余裕があったので、いつものように「サクラ大戦ダンジョン」に勤みたいところですけども。残暑が厳しかったもので、お昼前に現地に着き、

 ありがたいことに空調が利いていた(暑いけど、冷房に弱いのでウシはあまり冷房つけない。けど暑い)のでね。公共の場に行ってしまえばさすがにゲームはしないですからね。

 しらえて頂いていたブースの飾りつけなどをしながら過ごしておりました。

 未だに悩みますけどね。

 こうした、ブース出展時の広報物って案外難しいですよね。一生懸命紹介パネルを作ってもねぇ。熱心に見ることは少ないだろうし。かといって、のぼりやらの道具を持ち運ぶのも難儀ですからねぇ。困ったものです。

「そうだ、バルーンで飾りつけすればいい」

 と。(いつもこれになる。っていうか、これしかない)なりましてね。適当に作品を作って飾ろうとなりました。とは言っても、今日はウシではない。バルーンは持ってたけど、ウシでない。

 ですので、ピカチュウだ、サクラ大戦だ、ワンピースだのキャラ系バルーンはねぇ。ないなぁと。しばし思案しました。

 よし。と考えついたのが「イチゴ」。10月の国体会場でウシも参加予定ですからね。その練習も兼ねて、イチゴを練習がてら作りました。

P9130011.JPG


 写真が微妙で分かり辛いですが、イチゴの品種(?)を代えてます。タネの部分を白シールの小・中であしらったものと、黒マジックで直接書き込んだもの。

 作るとなったら、どれがいいかしらんと皆さんの意見も聞こうとね。やってみました。

(結論的には、中・白シールイチゴに決定しました)

 んで。時間はいっぱい余っていたし、展示パネルのスペースもいっぱい余ってたので。さて、次はどうするかとなりましてね。

「よし、看板代わりに、文字をつくってみよう」

 と、思い立ちました。そう「まちぴあ」をバルーンで書く(作る)。

 んなことで、作ってみましたけどね。案外やってみると難しいですねぇ。文字。しつらえてもらっていた、ブース看板を参考に作っていきましたけど。大苦戦。

「『ま』ってこうでいいんだっけ???」

P9130012.JPG


 とね。ゲシュタルト崩壊とかっていうんですっけ? 文字の構造が分からなくなるという現状いをねぇ。久しぶりに体験しました。(結果、まの横棒の長さを間違える)

 一番苦戦したのはね。意外(?)にも「ぴ」!!

P9130013.JPG


 一本でやろうと(材料の都合もあった)したので、空気が詰まってパンパンです。もうね、曲がらないの。隙あらば「ぺ」になろうとする「ぴ」。

 結局、物理(養生テープで固定する)で対応しましてね。まぁ、何とか出来はしました。

P9130014.JPG


 うん。ゲーム好きなウシとしましては、どっかで見たことある字になったなぁと思いましたけども。改めて写真みて思いましたね。

「あっ。マザー2の土星さんのテキストだ」

 と。うん。バルーンで文字を書くと土星さん。これは発見でしたねぇ。

 会場に来られたシニアの生徒さんや、団体の皆さんの内、多くの方は、この坊主はウシだと言っている皆さんだったので。

P9130016.JPG


「腕あげたねぇ〜〜〜」

 などと言ってもらってしまいましたけどね。いやぁ、難しかったです。宇都宮市だから「ミヤリーちゃん」も作りましたけど。キャラ系バルーンの安定感をねぇ。改めて感じ入ったところ。バルーンもねぇ。奥深いもんでございますなぁ。
バルーン活動@御幸ヶ原小宮っ子(2年生)〜 ウタさんは「赤」です [2022年09月10日(Sat)]
2022年9月10日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 そんなことでね。ウシの技術がさほどでもないので、あえて「犠牲」と言わせて頂きますのバルーン試作(リハビリ)を終えた、9月9日の夕方のお話しでございますけども。

 バルーンアート教室をご依頼いただいた、宇都宮市立御幸ヶ原小の宮っ子ステーション(放課後教室)にお邪魔してきました。コロナ禍にあっても、タイミングを見てウシを召喚下さる、ありがたい現場さんの一つでございますよ。

「子ども達がやりやすいように、ポンプを刷新しました」

 とかなんとか、子ども達のお相手をサポート下さる皆さんも、年に何回かしかないのに色々と工夫を凝らしておられてねぇ。おかげ様で安心して活動することができまする。

 今回のお相手は、2年生35名ほどでございまして。今年の1月だかに1年生時分に「ウシ済」の皆さんでございます。

 成長著しいものの、まだまだお子様(良い意味)の皆様でございますからして。体力勝負との見立てを立ててね。

「楽しいたたかい」こと、バルーン教室開始です♪

P9090015.JPG


 今回は、ウシ済の子たちが多かったので、思い出しのための「剣づくり」からスタートし、剣本体よりも柄の部分の「わっか」が大切とレクチャーしてね。早々に自由工作に入っていきました。

 最初は、先生方が作ったストックで剣をやりまして。その後は、自分で作るスタイルの御幸が原小さんですから。子ども達がガンガン膨らませて遊んでくれました。

 イヌなどのねじる回数が多い作品は、別個ウシがやりたい子に教えたりしながらやっていきましたけどもね。盛り上がる教室内を運営するために編み出した「隊長作戦作戦」こと、

「剣を上げたら静かにする」(林モード)作戦がねぇ。

 今回も効果抜群。適宜、静まってもらいながら教室を進めていきまして。1時間20分くらいのあそびタイムの内、半分以上を自由遊びにすることができましたからね。大成功といったところではなかったでしょうか。

P9090023.JPG


 ウシは、黒板がある方で、(いつもの)作品つくらされで四苦八苦していましたけど。とってもらった写真を見た感じ、縦横無尽に遊んでいたみたいなのでね。いいんじゃないでしょうか?

 ・・・そんなこんなでねぇ。楽しい時間はあっという間でしたけど。

 ウシ的には、今回こちらが本体。午前中につくった「ウタ」さんがね。ピンク・赤どっちが近いか(っていうか、どっちの色で練習した方がいいか)を決めてもらう、じゃんけん大会のお時間となりましてね。

「もし、見えないと言われたらまずい」という懸念もあったので、何だかんだで作り慣れた「ルフィ」さんにも参加いただいたのですが、

「あっ、ウタだ!!」

 とは、言ってもらえていたのでね。まずは第一関門クリア。

P9090028.JPG


 男の子たちがほぼほぼ参戦していた「ルフィじゃんけん」を終えてねぇ。いよいよ「ウタ」さん。どれか一つしかじゃんけんできないルールですからねぇ。ここで裁断が分かるんですよ。

 まず、初号機こと、ピンク・ウタちゃん。

P9090031.JPG


 こんな感じでしたね。

 んで、続いて2号機(あっ、たまたまだけどエヴァと一緒で赤い)こと、赤・ウタちゃん。

 明らかに多いですよね。

P9090029.JPG


 ・・・うん。じゃあ、ウシ流ウタさんは、赤いバルーンで作ることに決めましてね。無事(?)進路が定まったのでございました。

P9090005.JPG


 まぁ、ピンク押しの子たちからは、「こっちの方がかわいい」などと言ってももらえたのでね。材料的に赤がなくなったらピンクもありなのだろうと思ったりもしましたけど。

 ともかく、めでたしめでたし♪♪

 そんなこんなで、無事に「たたかい」を終えることができましたので、今回もみんなで集合写真。恒例(にしたい)「勝利のポーズ」をねぇ。



 決め!!って、清々しくやり切ることができました♪

 子ども達の声はねぇ。やっぱ元気をもらえるとウシをつくづく思いまする(感泣)

 うん。御幸ヶ原小の皆さん。ご協力感謝。なんちゃって動画づくりもねぇ、少しだけだけどやり方が分かりつつあります。今回も元気な声をありがとうございました!!

 また、遊びましょうね!!!
| 次へ