• もっと見る
« 2022年06月 | Main | 2022年08月»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2022年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
ピエトロ王子の冒険終了〜ダブル高木さんでもクリア [2022年07月15日(Fri)]
2022年7月15日(金)

 はい、どうも。ウシです。

 さて。身体の疲れか、忙しさか。偏頭痛のせいか分かりませんけども。なかなか進まない7月も折り返しをやっと迎えましたね。

 うん。「迎えてくれた」ってねぇ。何か、日本語的にも分からない感覚もある今日この頃でございますけどねぇ。何とかやっています。

 そんな中ではありますが、出勤途中の電車の中での相棒であり続けてくれているPSPさんのね。「ポポロクロイス物語〜ピエトロ王子の冒険」をね。ついこの前、全クリできました。

P7120009.JPG


 うん。一か月かからないでクリアできましたから、ウェブにある通り、シナリオが色々カットされていたり、PS版と比べると難易度も下げられているとのことですからね。確かにそうなのかもしれないなぁと思いつつ。

 40歳にしてはじめて触れた、ポポロクロイス物語でしたけど。

 泣きはしなかったですけどねぇ。最初はママを救い、次にパパを救って、最後に世界も救うという流れでねぇ。

「いやぁ、良かった良かった」

 と思わせてくれる作品でございましたね。

 大好きであってもね。大好きであるからこそ、体調を整えたり、終わっちゃうのが分かるからこそ進捗が明らかに遅れてきている「サクラ大戦4」と比べるとね。驚異的なペースで走りぬけていった感じでございます。

 そんなことだったので。もうちょっとやってみようかなぁとね。

「サクラ大戦にお出になっているキャストさんだけでラスボスクリア」

 をやってみました。王子があやめさん、ジルバちゃんがシーちゃんで。兵士と竜の子どもがシゾーさんだと分かったのでね。この4名編成でラスボス撃破してみましたよ。

P7140014.JPG


 まぁ、結果から言えば、「シーちゃん無双状態」で世界を救ったのですけども。個人的には途中で敵前逃亡する高木さん(兵士)を活躍させたいと。ラスボスの体内なるラストフロアで永遠レベル上げに勤しんでみましたけども。

 腰抜け兵士の渉さんはねぇ。レベル50を超えても、なんかピンときませんでした。

 3日くらいやってみてね。さすがに飽きてきし。竜の子の召還術が強いのは分かっていたのでねぇ。

「よし、こいつは水を飲ませていればいい」

P7140010.JPG


 と割り切りまして。高木さんには高木さんのお世話をさせる作戦でもって、燃費の悪い召還魔法を連発しては、MP回復用の水(アイテム)をひたすら飲ませてね。

 えぇ。キングスナイトなるおっさんを召喚しまくり、シーちゃんがクルクル回っていたらねぇ。いつの間にか世界が平和になっておりました。

 うん。めでたしめでたし♪

 冷静に考えるとね。4人パーティ中2人が高木さんですからね。チームサクラっていうよりもチーム高木だなと思ったりもしましたけど。まぁ、楽しませて頂きました。

 今現状ではドリームキャストが鎮座しているウシの自宅ゲーム環境ではありますが、機会があればオリジナル版の「ポポロクロイス物語」をね。改めてやってみたいとも思えた今回のゲーム体験でしたよん。
ロベリアさんエンディング〜さすが17歳(おいおい)様です [2022年07月13日(Wed)]
2022年7月13日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 なんかあれですね。今月は妙にブログ更新の間が空いてしまうウシでございます。

 えぇ。聞くところによるとコロナさんも第7波がどうとか言っていますので。体調不良そのものに恐れおののいていますけどもね。あれですね。先日、7月7日にあったボランティア同行の疲れがねぇ。うまく消化できていなかったのでしょうね。

 明らかに一日の経過が遅く感じ。個人的には「まだ7月半分も進んでないの?」と思ってしまう今日の頃でして。それが顕著になったのが、一日18キロも歩いてしまった7月7日以降のことですからねぇ。

 昨日のお休みは、汗かいているからいいだろうと最近ご無沙汰だったサウナに行き。珍しく温泉にも浸かって、とにかくリフレッシュを心掛け。おかげ様で多少持ち直しているウシでございますよ。

 そんなことなので。大好きゲーム(っていうか、サクラ大戦)もねぇ。集中力がなくやる気が起こってこなかったのですが。リフレッシュしましたからね。やっと再開できました。

roberia.JPG


 通算11周目となった今回はね。ロベリアさんルートを堪能いたしました。

 やっぱ、かっこいいですねぇ。ロベリアさん。最高です。

 まぁ、現実にいらっしゃったらウシなんぞは眼中になく。やはり大神さんだから釣り合うんだろうなぁと思うお方ですけどね。かっこいいですわ。

 ポロポロ白状していますけどもね。そりゃ、全5周して5回とも泣いたウシさんですからね。完全に巴里派なんだなぁと自覚しているウシですからね。

 えぇ。サクラ大戦4を周回しながらね。少しでもサクラ大戦のエッセンスを収集したいと。10年以上前にやっていたラジオを聴いたのを皮切りに、エリカさんとロベリアさんのラジオも発見してね。200回以上の動画(音声)をねぇ。

 ありがたく拝聴しきったウシでございますからして。着々とヲタク道を進んじゃってるなぁと思っている次第です。

 サクラ4に関しては、17歳(おいおい)様がねぇ、なんて言ってラスボスさんを叱咤すんのかという部分を見たいがためにやってましたけどね。

 あれですね。言葉自体は乱暴だけど、この方が一番ラスボスさんの気持ちを汲んで諭してたように感じましたねぇ。11周して今更ですけどね。展開がどうとか、まぁ色々あるにしてもねぇ。サクラ大戦の良さの一つに、

 改心させるってのもあるかもなぁと思ったりします。いろいろやらかして、そりゃ確かに救いようはないかもしれないけれど。霊力だか、兵器だかでぶっ飛ばしただけでないってのがねぇ。思えば、丁度「3」あたりからでしょうかね。

 もちろん、この流れは1→2があってこその流れだと思いますけども。何かいいなぁと。ウシ的には思ってしまうわけです。

 そんなうまく改心したり、成仏したり(そもそもしたことないから分からないけど)できるもんかいなとも思ったりもしてしまう、世知辛さを感じている世の中だからですかねぇ。なんかね。感じ入るものがありました。

 うん。これで、サクラ大戦4も残り3人。頑張ります。

 個人的には、現状のラジオとか情報を追いきれなくなっていますので。17歳さんが未だに17歳言い続けているのかなぁということが非常に気になっていますけど。ゲームと仕事とバルーンの合間にねぇ。

 探しながら楽しもうと思っておりまする♪
「かわち図書館まつり2022」にお邪魔します♪ [2022年07月09日(Sat)]
2022年7月9日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、小学校からのバルーンアート依頼もポツポツ入り、サクラ大戦やりまくったおかげで編み出した、子ども達のテンションコントロール法こと「隊長作戦作戦」(静かにしてほしい時に、大声出さないで「剣」を掲げる)も習得したウシでございますけども。

 コロナさんがまたしても元気を取り戻して来ている様相でございましてね。第7波とか聞きましたけど。なんかね。もうスパロボみたいと思っていますけども。

 ゲームと違ってやられたい放題なわけでございますからねぇ。世情も不安でもありますけどもねぇ。とりあえずは、自身の体調管理をやって。適宜マスクをつけたり外したり、水分補給をしたりしてねぇ。

 日常生活を送って参りましょう。

 通常運転。大切ですねぇ。そんなことでね。このブログくらいは、ウシの駄文的日常を書き連ねて参りますよ。

 そんなことでね。今回は珍しくイベントでのバルーンアート活動のお知らせです。

 例年、ウシを懇意にして下さり、コロナ禍もあった昨年に至っても。どうにかこうにかウシにお声がけして下さり続けている、宇都宮市立河内図書館さんの、

「かわち図書館まつり」
(※タイトルは、昨年と一緒になっちゃうので2022と勝手につけてます)

kawachitosyokanmaturi2022.jpg


 がね。例年は秋に行われますが、今年は、7月18日の海の日(月曜・祝日)に行われることとなっておりまして。今年も、お邪魔させて頂くこととなっています。

「何としてもウシさんには来てもらわないと!」

 と、コロナに負けない熱いオファーを頂き、図書館さん熟慮の上、

「ウシが外(駐車場)で作ったバルーンを職員さんが室内で配る」

 という、作戦を決行した昨年。結果的には、独りぼっちで永遠プレゼント用バルーンを作り続けるという苦行状態となりましてね。えぇ、イベントでは、やはり。子ども達との交流こそが一番のやりがいなのだと。学ばせてもらうというねぇ。

 顛末になったイベントでございますけども。今年は、

「ウシさんも室内に入れて下さい」

 と懇願してね。今のところ、直接渡せる運びとなっていますけどもねぇ。コロナさんがその鍵を握っているというのは昨年同様のところでございますな。

 うん。昨年は「スパロボ全集」を聴きながら立ち向かって。今年も「サクラ大戦全曲集」があるからいいかとも思っていますが。やっぱ、寂しいのでねぇ。ぜひ、普通にやらせて頂きたいと。願っているウシでございます。

 ・・・ま。それはさておきね。これは河内図書館さんに限ったことではないですけども。正直毎年思うわけですよ。ウシにそれほどの宣伝効果はないだろうと。

 えぇ。分かっているでしょ?? 多少はバルーン作れるかもしれませんが、ウシさんはただのおぢさんなのです。特に今年からは、サクラ大戦にハマって、声優さん系の動画とか見漁っている、ヲタクさんですからね。

hadoruup.jpg


「好きなデザイン(作品のこと?)をお持ち帰り頂けます」

 ってありますけど。実質、ウシが作ったものの中からほとんど選ばせる方式ですからね。

「なんでもできるってわけじゃない」

 んですよ。えぇ。作れるものしか作っていないんですから。ここね。過大広告だよと本人は言っていますけどもねぇ。皆さん、持ち上げすぎなんですわ。

 うん。困ったもんです。個人的には「先着50名」の整理券がねぇ。果たしてはけているのか、そもそもそれが心配でございますけどもねぇ。ま、室内の皆さんがいらっしゃるところでね。バルーンプレゼントを出来ることを夢見て、

 仕事をこなしつつ、準備をしていこうと思っています。そんなことでね。7月18日に河内図書館にいらっしゃる皆様。よろしくお願い致します♪
3連休の振り返り 充実しすぎてちゅかれました [2022年07月08日(Fri)]
2022年7月8日(金)

 はい、どうも。ウシです。

 世間ではいろいろとあるようですけども。とりあえずウシとしましては通常運転を心がけて過ごしていこうと思っているところでございます。

 さて。7月5日からシフトの関係もあって3連休となった7月7日までの期間でございますけども。もともと予定のあった2日間(6日:陽東小バルーン教室、7日:シルバー大ボランティア体験のお手伝い)を抜くとね。

 5日だけが完全休養日でございまして。こちらも、台風だったらしい温帯低気圧くんのおかげもあって偏頭痛発動でございましたから。休むという名の虚無な一日だったわけですが、その後の予定がこうもハードだったことを思うとね。

 天祐だったのかもしれんと思っているところです。

 せっかく頑張ったのでね。水増しっていうか振り返りブログを作らせて頂きますけども。まずは、6日のバルーン教室。「林作戦」を導入して、子ども達のテンションコントロール法を見つけ出したこの回の活動はねぇ。

 今後の活動にも使える「技」を習得したと個人的に大変実りの多いものでございました。子ども達のニーズを置いてけぼりにして、技術向上に努力している「サクラ大戦バルーン」もね。知らない子でも、かわいいと言ってもらえるレベルだと自信になりましたし。

「ウチのパパ(あるいはママ)が好きなヤツだ!」

 と、今回で2回目のお披露目になる、サクラ大戦バルーンですけど。何人かの子たちが反応してくれるものでねぇ。名前は覚えてないにしても教育を施しておられるファンの方々が身近にいらっしゃるということを知る機会ともなっておりますよ。

 その中で、いわれた

「マラカスの人だ」

 の一言。えぇ、エリカさんのことだと分かり、且つ、名前は憶えていなくても、ゲーム中のムービーの一場面を覚えているということを鑑みますとね。

 お子さんにとっては、言葉で覚えさせるよりも、資格情報で記憶に留める方法もあるんだなぁと参考になった次第です。うん、個人的にはね。このご家庭の教育方針に大いに興味を持ったりしちゃいましたねぇ。

 その、マラカス(って言った子)ちゃんも含め、バルーン教室終了後はアニメ好きの子たちとワイワイ遊ぶ一幕があったのですよ。サクラをのけると、バルーン作品として注力していたのは「SPY×FAMILY」でしたから、その話をするとね。

 大いに盛り上がりまして。ウシはアニメしかみていないですが、彼女らは漫画も読んでいるみたいでしたから、

 予知能力のあるイヌが出てくるだとかなんだとか、頼みもしないのに好意を込めたネタバレをされまくりまして。うん、ウシ的にはネタバレOKなのでありがたかったですけども。えらい、気に入られたもんだと思いましたね。

P7060010.JPG


 話しながらで、アーニャちゃんも久しぶりに作ってみたりもして。慌てて作ったから出来はさほどでもないですけども。すげえ喜びようで。じゃんけんで争奪戦が展開されていましたからねぇ。先月の活動時には、あまり小学生からは反応がなかったですけども。

 話題になっているだけあって、人気をほどを思い知ることができましたね。ちなみに、ウシの相手をしてくれた子たちの中での人気NO1は「ヨル」さんで。ちちことロイドさんは一切聞かれなかったあたりがねぇ。面白いところでした。

 ・・・んで。7月7日のお話しになりますが、今度は、シリバー大学校の皆さんのボランティア体験学習が、西川田の「カンセキスタジアム」周辺で予定されていたので、取材も兼ねたお手伝いに行ってきましたのよ。

 取材と言っても現場の写真とりくらいのつもりでいたらね。手伝いを打診してきた人が急遽かられなくなり。講師役も兼ねることになるという超展開がありまして。

 ま、大学校側の事務局さんたちが十分に準備されていましたからね。それのお手伝いということで協力させてもらいまして。スタジアム周辺の駐車場のゴミ拾いや除草作業を午前中にして、午後は活動の振り返りということで、過ごしましたけども。

P7070007.JPG


 スポーツエリアですからね。広大な敷地内を歩き回った一日となりまして。自宅から現場までの行き来も電車・自転車・徒歩をまぜてのことですから。結果、27,000歩歩くということになりまして。

「おおっ、ざっと18キロも歩いたんだ」

 と。思った7月7日の七夕の日でございました。

 うん。お願いというよりも、とにかくビール(発泡酒)を呑みたくなり。帰りがてらスーパーでロング缶を買って堪能しましてね。

 えぇ。とっても充実した3連休??を過ごしたウシでございましたとさ。
バルーン活動@陽東小宮っ子 〜「林作戦」は効果抜群でした [2022年07月06日(Wed)]
2022年7月6日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 さて。そんなことで、午前中にサクラ大戦のバルーン試作をし、約1か月あいたバルーンアート技術のリハビリ作業をして。万全での状態でね。

 ご依頼頂いていた、宇都宮市内小学校でのバルーン教室のご依頼に行ってきました。お邪魔したのは、まちぴあのほど近くにある、陽東小学校の宮っ子ステーション(放課後教室)です。

 陽東小学校さんには、今をさかのぼること10年くらい前に、地区の子ども会さんからのご依頼を受けバルーンアート教室をやったことがあるわけですが。

 ほぼほぼご新規さん状態。

 何でもその経験をされた方が放課後教室のコーディネーターとしてご活躍することとなったのをきっかけに思い出して下さったそうなのでね。やっぱ、何でも続けておくもんだなぁと思った次第です。

 さて。バルーン教室。年度で計上すると、今期(4月から)2回目のご依頼対応となったわけですが。コロナもあって久しぶりのウシ。そして、子ども達も久しぶりのバルーンということで。

 子ども達のはっちゃけぶりが半端なかったのございますよ。おかげ様をもちまして、初回の活動となった前回は、「イヌ→剣・ハート→自由」という鉄板リレーが剣で終わり。

 子ども達は大いに喜んでいましたが、ウシ的には消化不良かつ「静かにして」と大音声を上げてもねぇ。届かないという状況が生じまして。非常な敗北感を味わう(楽しくはあった)ということを体験したのでございます。

 何か上手い方法はないかなぁ〜〜。

 と、それ以来考えている内にご依頼があったわけです。

 ま、ほとんどサクラ大戦やってただけなんですけどね。ある時、戦闘画面をいつものように操作している時にねぇ。思いついたんですよ。

「あ、これ使えるんじゃないか!?」と。

taityousakusen.JPG


 えぇ。こちらのね。隊長作戦。サクラ大戦2から大神さんができるようになる「風林火山」ですね。大体、初回攻略時は防御型の「山」ばかりで。慣れてくると行動の「風」、攻撃の「火」を使うわけですよ。

 現在、サクラ大戦4の10週目くらいになってきますとね。ほぼ「火」しか使わないわけで。基本で最初に設定されている「林」作戦はね。意味あるのか?と、蔑むくらいになるわけです。

 しかしながら、バルーン教室で求められるのはね。平常心そのものですから。

 これしかありません。

 ということでね。今回の活動からは「隊長作戦作戦」と題してね。子ども達に教室開始前のお話しで、

「ウシさんが、剣を掲げたら静かにするように!」
「それでも、うるさい子は周りの子たちが声かけてあげて!!」

 と、通達して始まりました。

 今回のバルーン教室には、3年生20名弱が参加下さいまして。ウシの自己紹介もそこそこに、早速「イヌ」から工作がスタート。まぁ、イヌを作るという以前に、バルーンをもった時点で勝手に、隊員ことちびっ子の皆さんは、火作戦発動状態になるんだなぁと。

 あぁ、確かに攻撃力は上がるかもしれんが防御力は下がっているっぽいななどと、不思議と冷静なウシがいましてね。まぁ、開始早々に、林作戦発動!!

P7060013.JPG


 ・・・うん。ゲームみたいに「了解」の返事はないですけど。ある種のゲームみたいにもなるからか(上げると、子どもたちから「上がった上がった」の声が聞こえる)知りませんけども。

 とにもかくにも、不思議なくらいに静まる教室内。

 さすが大神さん!!林作戦最高っす!!!!

 とね。内心、あまりの効果にびっくりしたウシでございました。

P7060007.JPG


 隊長作戦作戦のおかげもあってか、異常なくらいスムーズに運んでいくバルーン教室。90分弱の時間でしたけども。イヌをみんなが作り、剣・ハートを作れて。20分以上を残して自由工作に入ることができました。

 うん!!!! 大成功!!!!!

 しこたま風船作った子たちもいたし、ウシも放課後教室の先生たちも楽しく活躍下さいましてねぇ。ほんと、素晴らしい教室運営ができました。

 ・・・ま、あまりにバルーンに集中できたので。写真撮影がおろそかになったのは失敗でしたけどもねぇ。陽東小さんには、7月22日にも再訪の予定ですからね。次のお楽しみということにしておきましょう。

 そんなこんなでね。効果絶大の林作戦のおかげもあって。恒例のバルーンプレゼントじゃんけんもやり。ピカチュウ・イーブイのお馴染みにプレゼントに加えて、作っておいた、「さくら」さんと「エリカ」さんも候補に差し上げました。

 ポケモンは全体で。子どもそっちのけで作っている趣味全開の方は、欲しい子だけといういつもの形でしたけど。

P7060008.JPG


「ウチのお父さんが好きなヤツだ」(さくらさん)
「ウチのママが好きなヤツだ」(エリカさん)
「知らないけど、かわいいから欲しい」

 などなど、もらって頂けた(上手い具合に親が知っている子がゲットしていってくれた)のでね。その点でも大満足。今回もウシと同世代であると思われるファンの皆さんがね。今も変わらずいらっしゃるんだなぁと。感心しつつ、

 特に、不安定さがいまいち残るエリカさんについては、

「名前は知らないけど、マラカスの子なんでしょ」

 といってきたので。間違いないファンさんの子どもだを確信し。かつ、身体まで作ったからだ
と思いますけども。判別をちゃんと付けられるクオリティまでは来たと。サクラバルーン的にも向上していると実感できたウシでございました♪

 陽東小の皆さん。まことにありがとうございました!

 次回、7月22日もよろしくお願い致します♪
アイリスさんエンディング&サクラバルーン試作(続) [2022年07月06日(Wed)]
2022年7月6日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 台風(温帯低気圧になったそうですが)が来ていたそうですね。大雨で被害のあったところもあるそうですけども。栃木県は、7月6日現在晴れておりまして。

 一休みの暑さ復活!!って感じですね。雲は相変わらず多いですけども、雨予報でないのは助かりますよ。

 えぇ。ウシでございますけども。昨日(7月5日)から不思議なことに3連休の予定となっておりますけども。バルーンがあったり、ボランティアのお手伝いがあったりとある意味、冷房の効いた室内で事務作業をしている方が楽的な予定となっております。

 そんな連休初日の昨日はね。低気圧さんが接近だか通過していったんでしょう??

 テレビすらろくに見ていませんでしたけども。毎度お馴染み「イデオン」こと偏頭痛がもれなく発生していましたからね。見なくても分かってました。今回は、痛いというよりも、ぼおおおっっとする感じで。

 とにもかくにも眠く。寝ても、不思議と集中力がない。

 気圧も不安定かもしれませんが、ウシも不安定この上なく。とにかく、ダラダラするしかない。ある意味においての強制休養をとっておりました。

 午後に入ると何だか知りませんが、小康を得たのでね。はたからみると3連休なわけですからねぇ。相変わらずの「サクラ大戦4」を少しでも進めねばと思いましてね。頑張りまして。アイリスさんを全うしました。

 コクリコさんに相手方をお願いして、栄えある??10人目となりましたよ。これにて無事にちびっ子ターンを終了できました。

 うん。

「13歳(でいいんだよな)に論破される亡霊(っていうか、じいさん)」

 ってのも面白いなぁと思いながらね。やっていくとねえ、セリフ表示がひらがなってのもあると思いますけども。子どもっぽさはあしらわれているもののねぇ。案外、大人なんだなぁこの子もと思ったり。

airisu.JPG


「何か、タキシードってよりも白衣っぽく見えちゃう」

 と、いちゃつくお二人をほおっておいて思ったりとね。ともかく楽しませて頂きました。次回は、17歳さんにお相手頂こうと思っておりますよ。

 んなことで初日でしたけども。次の日である、7月6日はねぇ。宇都宮市内の小学校さんからバルーン教室のご依頼を頂いているのでね。もう少ししたら行ってきます。

 7月はイベントもあったりと、バルーンアート活動も復活の兆しを見せておりますもので。月の中頃に予定されているイベントに向けてね。

「サクラ大戦のバルーンを作って飾っておきたい」

 と、頼まれもしないのにやる気になっておりますからね。午前中は、「さくら」さんと「エリカ」さんの試作をしていました。

 バルーン的には「安定のさくら」と「不安定のエリカ」となっていましてね。うん、エリカさん、バルーンでも本領を発揮してくるのか!!とかね。作っているウシが悪いのに思いながら試作しております。

P7060006.JPG


 いつもだと、正面写真を意識して後ろは作らない(だからスキンヘッドの場合が多い)のですが、今回は珍しく作ってみたりして。練習に励んでいます。

 うん。こんな感じでね。

P7060008.JPG


 エリカさん、幾分ましになってきた気がしています。子ども達とは全く世代でありませんけどね。一応持って、小学校に行ってきまーーーす♪
コクリコさんエンディング 暑さに負け?つつ進めてます [2022年07月03日(Sun)]
2022年7月3日(日)

 はい、どうも。ウシです。

 ほんと、暑い日々が続いておりますが、来週に入れば雨も戻ってくる日があるそうで。もう少しの辛抱といったところでしょうかね。

 寒いのよりも暑い方が好きで。湿気も感じるようになった最近は、車の中がサウナ状態になるもんですからねぇ。大好きサウナに行かなくてもいいだけ汗をかけるので喜びつつもねぇ。少しはキている部分もあるかと感じてはおりますよ。

 さて。そんなことですが、珍しくお仕事の方も忙しく、明らかにペースダウンを感じておりますけども。コツコツやっている「サクラ大戦4」。先日、無事にコクリコさんルートを全うすることができました。

kokurikoe.JPG


 書籍まで拝読したわけではありませんが、ゲーム内でもそれ以前からも大変苦労してきたコクリコさんのハッピーエンドはねぇ。いつものことですが、良かったねぇと思わせてくれました。

 通算9週をやり切りまして。次(今現在)は、ちびっ子ターンということでねぇ。アイリスさんをプレイ中でありますけどもね。うん、つまりはロリキャラさん攻略中な40歳坊主頭のウシでございますよ。

 全ルート制覇の内の一つの過程に過ぎんとも思っていますけども。やはり、罪悪感でもなく、極端に嫌っているわけでもないですけども。頭によぎるのが「ロリコン」っていうレッテルというかねぇ。何とも言えない気持ちでありまして。

 まぁ、「ロリコンについて考えた」数日でありましたね。

 うん。文章にしてみるとねぇ。やっぱこれだけで変態さん感が出ますねぇ。スゴイというか不思議なもんですな。

 えぇ、ほぼ日常的に子ども達の相手をしておるウシでございますけどもね。子ども達と仲良くしている(ウシの場合、遊んでもらっている)とねぇ、「ロリコン」ってのはよく引っかかりますねぇ。

 まぁ、友達(彼らがウシを安全だと思ってくれた証拠だと思う)となった子たちは男女の別なく。コロナさんも関係なしに接近戦を挑んでくるわけでございましてね。ウシとしては、いちいち欲情が絡んだりしたら身が持たんだろうと思ったりもするわけですがねぇ。

 ウシとしては、実際のところそうした心理状態にならないんでねぇ。分からねぇなぁというのが本当のところです。

 そこでね。特にサクラ大戦における大神さんの所業をみていますと、選択肢によっては、まずくないかということもあったり(ウシ的にはアウトがいっぱいです)しますけども。

 帝都さんの場合は、上官やお仲間、さらにはご家族からの絶対的な信頼があるしね。やらかしたら違った意味の大戦になるのは目に見えるし。巴里さんもねぇ、親御さんは近くにいないにしても、職場・街全体での信頼感があるわけで。

 まぁ、前提としてしないとはしても。やろうとも思わんだろうと思うわけです。

 そうすると、ちびっ子ルートの場合には、年の差婚的なお話しになるわけですけどもね。これはこれで偉いなぁと思ってしまいますな。うん、前提として思うのは、サクラ世界の皆様はおそらく、野合はなさらないと思うんでねぇ。

 当然、適齢期というところまでお互いお待ちになるわけで。しかしながらプラトニックなる親密なお付き合いもするんでしょうからねぇ。それこそ、

「悟りの世界に近くないか」

 と、思ってしまいましてねぇ。えぇ、まことに個人的な感想ではありますけども。これはこれで感心してしまったウシでございましたよ。

 うん。またしてもどうでもいいですけどね。ま、ちびっ子ルートだけではないですけども。ゲームでいうこところの旧サクラと新サクラの関わりを考えてみてもね。特に、年の差婚ルートの場合は、まさしくこれから!って時に大変になるということなのでね。

 それこそ認めたくないだろなぁとも思ったりしてね。うん、やっぱねぇ。単純な移植をして頂くのが一番なんだろなぁと改めて思ったウシでございましたとさ。