CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年08月 | Main | 2020年10月»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
才能よりも説明書・イメージ図が大切です [2020年09月25日(Fri)]
2020年9月25日(金)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、シルバーウィークの連休を過ぎたら台風がやってきた関東。栃木県も少なからず影響を受けておりますね。

 まぁ、各地はどうかと細かなことは存じませんけども。台風直撃は避けることとなり、雨や風が突発的に強いことはありましたけどもね。日常生活には、それほどの影響もなくホッとしたところではございます。

 しかしながらね。熱帯低気圧といっても気圧、気流の乱れには変わりなく。生活環境的には良かったですが、ウシ的には、またしても頭痛との闘いでございまして。えぇ、月始めの頃の季節の変わり目と比べれば、それほどでもないものの。

 何か、やんわりと呆ける一瞬が度々ありましてね。肩・首回りのストレッチや湿布の使用も含め、最終手段の鎮痛剤という感じでね。何とか乗り切っております。

 さて。そんな中でございますからね。やはり滞るブログ更新。前回更新から一週間が経過しましてね。何とか話題にした「スターオーシャン1」(PSP版)をクリアしまして。えぇ、連休の際に「スターオーシャン2」(PSP版)を購入してきました。

 聞くところによると、スイッチさんはバカ高い上に購入も抽選とのことで、大変な盛況が続いておりますが。独自路線を行くウシのゲームは全く関係ないですからね。

 中古品屋さんで500円で売っていたのをホクホク顔で買ってね。楽しんでおります。

 えぇ。SO2(スターオーシャン2)。1のお仲間の方の息子さんのお話しだそうでね。えぇ、例によってプレステ時代にプレイした記憶はありますが、内容その他細かいことは一切覚えていないいつものパターン。

 プレイ済みのくせして、非常に新鮮な気持ちで楽しませてもらえています。

 1でもあった、スキルだかのアイテムクリエーション。これが楽しくなっておりましてね。えぇ、1でもそのキライはありましたが、クリエーションのついでに世界を救っているというスタイルで楽しんでおりますよ。

 ・・・・・・

 そんなことで、9月も気が付けば終盤戦に入ってきましたね。10月は例年であればハロウィンがあり、ウシのバルーンも盛況な時期であるはずですが、今年はハロウィン感がなかなか感じられません。

 10月も、ほぼ活動はゼロなんですが、そんな折に、とあるところからハロウィン作品の創作を依頼されましてね。10月に入ったら即のタイミングでつくる予定です。

 先日、設計図となる作品イメージ図もお送りいただいて。

20200921104618093.jpg


 ・・・・・・

 えぇ。カボチャバルーンを中心にね。まぁ、作ってみようと思いますけども。やっぱつくる時にはねぇ。説明書というかイメージ図というか、とにかく作成のヒントとなるものが必要でございますよねぇ。

 下手くそですいませんと、クライアントの方は申しておりましたけどね。これがあるとないとでは雲泥の差。SOのような「タレント」はおそらく保持しておらず、クリエイションを繰り返したところで開花することもないでしょうけどね。

 えぇ。しかれども、彼らのように大量の資材を消費して、店と屋外を行き来して作り続けるということは。

 ないだろうと思いますとね。

 やっぱり、ゲーム上の彼らは説明書・レシピ・イメージ図なしでいろんなものを作ろうとしているのだろうなぁと思っているウシでございました♪

 さて。10月に入ると、いきなりの創作ですからね。楽しみに準備しつつ、仕事もこなして思う存分創作にうつつを抜けるよう今から頑張って参りましょう。
こんなゲームだったけ?(2) [2020年09月18日(Fri)]
2020年9月18日(金)

 はい、どうも。ウシです。

 さて。昨日はお休みでございましてね。珍しく休みの日に日用品以外の買い物の予定があったので、一路宇都宮に仕事外で出向きまして。

 季節の変わり目か、雲行きが多少怪しい日が続いておりますけどもね。気温や風は明らかに猛暑の頃とは異なり。温暖化の影響で季節がなくなるとかなんとかと言われておりますけどもね。

 電車と自転車を利用しての外出でしたから、通勤と一緒の行動様式であったものの通勤時とは違った感覚でもってねぇ。市内のうろつきができまして。そんな折にね、ふと季節の変わり目は感じられるもんでございますよ。

 さて。車で外出じゃなかったので、夕方前には休養と称し、ゆっくりしておりましてね。ゆっくり時のお相手は、9月から始めた「スターオーシャン1(PSP版)」です。

 クリアしたはずなのに、全く記憶がなく。悪いことに復刻前のスーファミ版と、続編の「2」の記憶が入り混じっているという混迷さでスタートしましたけども。

 あれですね。思い出しました。ドラクエ、FFと違い、レベルが100を超えても上がっていくスターオーシャン。

「おおっ、99越えた♪」

P9120003.JPG


 とね。調子にのってレベル上げばかりに熱心になり。お友達その他の星で待っている方たちをほっぽりだしてね。楽器の街とモノづくりの街を行き来して。

 音楽を奏でると良いらしい、ということをね。学んでしまいましたから。

 えぇ。世界を救うというか、単なる旅するオーケストラ集団と化してね。楽しんでおります。

 うん。そんなこんなでね。レベル上げはまぁいいかとなってからが早かった。ものの何時間かでツノの生えた魔王さんやターミネーターみたいなラスボスさんを蹴散らしてね。2周目となっている彼岸前でございます。

「こんなゲームだったっけ??」

 と、思うのはね。ゲーム上でレベル上げとともに能力向上の対象となるスキル。もうね。上げ始めたら止まらなくなってしまうウシでございますけども。

 色々とモノを自分でつくっていくこのゲーム。細かい作業、機械、薬、武器防具とありますけどもね。思いましたね。

「こいつらのスキルレベルって何なんだ?」

 と。1〜10のレベルがあるこの作品。低い内は失敗が多いのは理解できますけどね。散々作りまくったウシの感想としては、

 1でも10でもそんなに変わらん。

 ということでございましてね。えぇ、レベルマックスに引き上げてモノづくりが成功しやすい才能も開花させているんですけどねぇ。作るとかなりな確率でできる失敗作。

P9120007.JPG


 ・・・えぇ。加工物品でできるのは理解できるとしてもね。

 調理の失敗作としてできるこれはねぇ。果たして料理なのか・・・と突っ込みたくなります。

 えぇ。これはただの放置だろうと。料理ではない。まぁ、新鮮なものから一瞬で古いもの作っているというのならばスゴイことかと思いますけどね。

P9120009.JPG


 思いましたね。この人たちは説明書(レシピ)をろくに読まないで作っているのだろうと。えぇ、最近はできた失敗作を処分(お店に売りに行く)こともしなくなって久しいですけども。

 傷んだ食品すら、値段を付けて買い取ってくれるこのゲームのシステム。素晴らしいなぁと。えぇ、確率を上げるためにね。やっぱり威力を発揮するのがねぇ。

 なんでか知りませんけど。オーケストラで。

 料理をするぞ!っていうと必ずオケ。すげえ絵ずらだなとねぇ。改めて、このゲームの面白さを実感しているウシでございましたとさ♪
ウシさんは「宮っこステーション」を応援しています [2020年09月16日(Wed)]
2020年9月16日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 さて。寒いよりも暑い方が好きなウシとしましては、まだ暑さは残っているもののねぇ。日中の暑さも質が変わってきたなぁと思いつつ、夜はめっきり秋めいてきたというか、寒いですねぇ。

 9月入って苦しんでい体調も戻ってきたのですがね。油断をするとやられそうな気配がありますからねぇ。長袖常備で気を付けていこうと思います。

 えぇ。ウシのバルーン活動ですけどね。

 なかなかうまくいきません。えぇ、中々しぶといコロナさん。聞くところによる栃木県内でも何といいますか。新しい生活習慣もあって、いろいろあって。ひと時よりも冷静な状況になってきたかなとも思いつつ。

「まだまだ、いますよーーーーー!」

 と、分かってますがなと言いたくなるような状況があったりしてね。えぇ、なかなかに人の気持ちがねぇ。揃って前向きになるにはしばらくかかりそうだと思うところです。

 そんなコロナの影響がね。やっぱりウシのバルーン活動にも影響がありまして。えぇ、10月から本格的に再始動か!?と期待していた、宇都宮市の放課後教室「宮っこステーション」での訪問活動ですけども。

 市内の各小学校で行われているステーションの中の、横川東小学校さんの宮っこさんから先日依頼を受けました。

 えぇ。横川東小さんの宮っこさんは初めてだったのですが、子ども会や子育てサロンでお邪魔した経験があり。市内屈指のマンモス校との噂に違わぬ数の子ども達とのふれあいができるとね。久々に盛り上がっていました。

 しかしながらねぇ。外の人間を入れるということについてはね。やはり預かっている学校さん側がまだまだ安心できないとのことで。えぇ、残念ながら10月の予定はキャンセルとね。先日なったところでございました。

 うん。こうなるとね。できる出来ない関わらず、やっぱあるのがテンションダウンの瞬間でございましてね。予想はしていましたし、見越して材料の準備の準備も勇み足しないようにしておりましたけどね。

「やっぱりか・・・」という気持ちの部分はねぇ。まぁ、時が解決するもんでございますよ。

 そんなことがあったのですがね。しばらくして逆に宮っ子さん側から、

「バルーンはやりたいので、自分達に教えて下さい!」

 という打診がありましてね。えぇ、そりゃもちろん♪ということで。本日、即席の練習会を行ったのでございました。

 えぇ。リモートというわけではないですけども。単なる作品提供ではなく、やり方指南でウシは直接出張らないという意味での遠隔支援法となりましてね。

P9160001.JPG


 宮っこの先生役を務めてらっしゃるママさん方をお相手にね。ウシの技を伝授させていただきました。

 ありがたいことですねぇ。こうして皆さんがウシの活躍の場を作って下さるということと。4名の皆さんが都合をつけ、ポンプや材料も色々そろえて来て下さいまして。

 その意気やよし!とね。イキに感じる時間でございましたよ。

 そんなことでね。練習会をしましたけどね。まぁ、結論から言ってしまうと、風船教室ならぬ風船遊びメインのウシの子ども達のお相手方法は、あれこれと作り方を懇切丁寧にやるもんではなく。

「しこたま風船を膨らませれば、勝手に遊びます」

P9160005.JPG


 ということなのですが。それではね。何なのですから。低学年が苦戦する「膨らませる」ことと、3年生ぐらいでも意外にできない「結ぶ(しばる)」という、風船そのものを大量生産する時のコツレクチャーに始まり、

 いつもの工作遊びの流れである「イヌ・剣・ハート」の基本作品から、慣れたころを見計らっての自由工作と、男女ともに人気の「弓矢」までのね。

 鉄板ローテーションを中心にお教え差し上げました。

 えぇ。やり始めるとねぇ。集中するからか、意外に秋風を感じながらも大汗が止まらないバルーンづくりにね。ママさん方かなり楽しんで。かつ自分達が先生役になると意気込みを感じる展開で頑張ってくれましてね。

P9160002.JPG


 うん、かなり手応えを感じさせてもらえる練習会ができました。

 ウシもね。10月の「まちぴあぷちまつり」に向けてのハロウィンバルーンを試作できましたし。

 えぇ。これもね。ありですね。コロナ下であっても学校が再開され、学童や宮っこといった預かり活動も再開しているのでしょうけども。外からボランティアさんが自由に出入りするという空気感が中々ない昨今。

 こうした「教えて下さい」に応じさせてもらうことでもね。最終的には、子ども達や子ども達に関わるお仕事をされている皆さんの応援になるならねぇ。本望だと思えたウシでございましたとさ♪

P9160003.JPG


 ちなみに作った作品は大量になりましたけども。この辺は子ども達と一緒でね。しこたまもって帰っていったママさん方。宮っ子でのバルーン遊びが盛大に行われることを祈っておりまする。

こんなゲームだったっけ? [2020年09月13日(Sun)]
2020年9月13日(日)

 はい、どうも。ウシです。

 9月も半ばに入ろうとしている昨今。9月入ったと同時に体調を崩しておりましたが、休みの日の必死の試行錯誤の結果、少し上向き状態になってきました。

 うん。どうも最近集中力がとみにないと思っていたのですがね。ビタミン摂取に気を取られ、しばらく「肉」というものを食っていなかったと思い付きまして。故・黒沢明監督さんは、集中力が付くからと、もっぱら朝からステーキなぞを食していたと思い出しましてね。

 まぁ、牛を食べる気持ちも余裕もないですから。大好きなから揚げを意識して食べてみようとね。やっていましたらねぇ。何か元気になってきました。

 まぁ、医者ではないので何が良いのか分かりませんけどね。あれこれと試すのは面白いですからねぇ。やっていこうと思います。

 さて。9月。プライベートのお相手はもっぱらゲームですけども。何週も楽しませてもらった「碧の軌跡」(PSP版)がね。クリア後の特典なるものも全部そろえられたので。もういいかとなりましてね。

 気分的には、その続編の「閃」にいきたいところでしたが、ハードが変わるし、もっていないので。まぁ、10年もすればレトロになるだろうということからね。別のPSPか3DSまでで楽しめる作品を物色することにしました。

 体調不良もあったので、身近にあったものの中からやろうと。手に取ったのがこれ。

 えぇ。遅れてきただか、最後高の超大作!「スターオーシャン1」です。最近、さらに復刻された奴があるらしいですけどね。PSP版のリメイク版があったので。それです。

P9120005.JPG


 えぇ。スターオーシャン。ドラクエのエニクスさんの作品ですけど。プレステが出始めた頃に最新作をスーファミで出すというねぇ。子ども心にCMを見て「えぇ?」と思ったことや。

 プレステでやった続編の「2」がね。レベルが99以上まで上げられることに驚いたことと、何か強くなりすぎたので、画面の絵を消してラスボスを倒したという記憶がね。

 なぜか残っています。えぇ、ここまで言ってなんですが、PSPの起動時にもっていたソフトもやったデータがありましたからね。プレイ済みなのですが。

「1と2の記憶が混在してしまっている」

 というのが、正直なところでね。まぁ、1で覚えているのは、

「友達が石になる」

 というくらいでね。えぇ、秋空の如く新鮮な気持ちでね。プライし直しています。

 ・・・・・・・・・・

 お世話になって2週間くらいが経過しましたけどね。ホント新鮮。

「こんな話だったんだ!」

 の連続ですよ。友達(っていうか住んでいるところ)が人間から動物から石になるのは、病気が原因だったのか!とか。

 病気を治すために宇宙船に乗ったり、タイムトラベルするんだとかね。えぇ、なんかコロナ下の今やったのが運命と思えるくらいの驚きがありました。

 えぇ。これだけやるんですから。二十歳前の若者たちがね。そりゃ感染症も治せますし、平和をもたらせるでしょう。そう考えるとね。実際の感染症下の中生きているウシとしてみれば、ただただ反省なばかりでね。

 まぁ、なるべく迷惑をかけないように過ごすしかないなと思っていますけどもね。えぇ、何かこんなストーリーだったとは。いきなり発見!した気がしてね。変なお得感がありました。

 現在は、病気の発症元である魔王さんを倒して、そやつからワクチンを作ろう!ということで旅をしておりますけども。

P9120001.JPG


 街中のマップが妙に奥行きがあって、奥の方にいくとキャラクターが米粒みたいになるのがなれないのと。戦闘も操作キャラにズームしてくれちゃうので。知らない内に見えないところで仲間さんがやっつけてくれちゃって戦闘終了というねぇ。

 場面転換に慣れることを目的に遊んでおります。

 えぇ。ウシの記憶では、テイルズに似ているけど。画面一直線に行くのがデイルズで。画面いっぱいにわちゃわちゃやりあうのが、スターオーシャンだという不思議な記憶がありまして。

 この部分だけはなぜかスーファミ版のままなんですよね。

「あれ?こんなゲームだったっけ?」

 そんな違和感を抱きつつ、少しずつ楽しくなってきている9月。うん。コロナの宿主を探し出してワクチンを作ろうとは思いませんが。コロナに負けないように過ごしていこうと思い改めたウシでございました♪
もう少しで半分です [2020年09月12日(Sat)]
2020年9月12日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 いやぁ〜・・・。9月に入ってからというもの、夏場の疲れか冷房の関係か、台風の影響か知りませんがね。

 もちろん、どれもかれも何だと思いますが、ともかくも身体が本調子ではありませんでね。コロナさんのこともありますからして、体調不良に陥るとその不安が倍加されてしまうわけでございますからねぇ。

 いやぁ、何とも難儀なもんだと思いながらねぇ。過ごしている9月でございます。そんなことでございますからね。ブログ記事も滞り気味ですけどね。まぁ、やっぱり調子が悪いまま時間だけが過ぎていくというのはなんですからね。

 悔しいじゃないですか。んなことでね。昨日はそれほどの連続勤務だったわけではないですが、やっとのことでたどり着いたお休みで。最近、あまり食べていなかった肉系の食事をし、冷房に慣れた身体ですから、汗をなるべくかいてね。

 手製で水風呂を用意して、自己流サウナをし。あれやこれやと思いつくことをやってね。疲労回復に努めましてねぇ。まぁ、何とかましな状態を取り戻しておるところでございます。

 えぇ。前回のブログでもお知らせした「黄ぶなちゃん」にあるように。病気というか不調を治すのも自分ですからね。やれることはやっていった方がねぇ。やっぱいいですよ。

 んなことでね。9月初旬にスタートした「黄ぶなちゃんメッセージボード」。9月6日〜12日のこの週は、幼稚園・小学生の子ども達のグループさんのご利用もありましたからね。

P9090002.JPG


 みんなにメッセージをお書き添え頂きました。

 協力を呼びかけますよね。皆さん快く応じて下さいまして。誠にありがたいことでございます。えぇ、七夕の短冊的にねぇ。やりたいことを書いてもらっているわけですが。

「〇〇したい!!」

 えぇ。いいですよねぇ。これ。未来に向かってこうしたい、ああしたいという気持ちはね。不思議と力が湧きます。えぇ、ゲーム機が欲しい、遊園地にいきたい、遊びたい・・・。いいじゃないですか。

 元気でないとできないし。元気な方が何をするにしてもより楽しめる。未来に向かってのことですからね。ともかく今を元気に!そんなねぇ。気持ちが伝わってきます。

 たい!たい!!たい!!!

P9090003.JPG


 えぇ。貼られているのは「フナ」さんですけどね。個人的にはこうなってくると、ポケモンよろしく全てのウロコが揃った際には、タイに進化したいところですけども。

 歴史的なものですからね。ほどほどに妄想して楽しむこととしましょう。

 黄ぶなちゃんのウロコももう少しで半分回復となりそうです。利用者の皆さんのご協力を引きつづきよろしくお願い致します。半分になると、お目目も少し開きます。

kibunaai.JPG


 こんな感じ♪

 ぜひ、ぜひ!ご協力をお願いいたします♪
皆さんもぜひ!「自分へのエール」をお寄せ下さい♪ [2020年09月07日(Mon)]
2020年9月7日(月)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、9月に入って史上もっとも暑い日が多かった8月を切り抜けたと思ったら、今度は台風がらみの悪天候な月となりまして。

 皆さんご存じ、ムチウチもちのウシとしましては、9月に入った時からいつものなんとなーく頭が痛い状態にさいなまれておりましてね。

 えぇ。もちろん、ズキズキしてくれた方がいいというのではないのですけどね。「全て破滅してしまえばいい」などとかなり気軽に死にたくなるというねぇ。困った精神状態になるもんですからね。

 えぇ。いかんいかんとね。最終手段の頭痛薬を温存しながら、肩・首のストレッチや遠くを見るために自転車に乗ってみたり、気分転換に相棒のPSPを「スターオーシャン1」に変えて、新たな旅たちをしてみたりとねぇ。

 やっておりますけどもね。

 思いましたよ。負けちゃいけないのはコロナだけではない!!

 えぇ。見える敵見えない敵。世間に出れば7人の敵以上の敵がね。転がっているのがこの世の中だとねぇ。台風&コロナの影響を全身で浴びながら、何とかかんとか過ごしている自分をねぇ。思い知った9月となりました。

 そんな折ですけどね。

 だからというわけではありませんけども。職場まちぴあで担当している「まちぴあまつり」。今年は、「ぷち」になりましたけども。分散してご参加・協力頂ける企画をいくつか用意してねぇ。やっていこうとしている中で。

 まぁ、もともとはコロナがきっかけですが。まちぴあブログにも掲載した、

「黄ぶなちゃんメッセージボード」

 ね。スタートさせました。思いついた発端は、七夕の短冊みたいにね。みんなの願い事を書けるものはないかしらんということで。ヒロアカ好きになったウシ的には、サボテンに愚痴やらを張り付ける、裏?逆七夕もいいなと素直に思ったところですけどね。

 黄ぶなちゃんにしてみました。

 えぇ、多少考えたところはね。まぁ、大したことではないですが。前にも言っているように、黄ぶなさんはお魚さんでね。「食べて病気が治った」という伝説の持ち主でございます。ウシ的にいうと、

「メガザル式」なんですよ。みんなを元気にして、自分は昇天するわけです。

P9050003.JPG


 その思いがあったのでね。宇都宮市内ではアマビエと双肩する存在の黄ぶなちゃんですが。まぁ、縁起物の張り子ですから、実際に食べられるナマモノではないにしてもね。

 人気が出れば出るほどねぇ。黄ぶなちゃんはみんなの願いを聞き分けて。バンバン天昇しているんではないかと。えぇ、ラスボスの全体攻撃に耐えきれず、毎ターンメガザルしまくっているようなもんかなとね。思いまして。

 ですからね。「疲れた黄ぶなちゃん」をご用意させて頂きました。

 そしてね。その黄ぶなちゃんを回復させるために!みんな手伝って!!という体にでね。メッセージボードをスタートしましたのよ。

 えぇ。思ったんです。疫病退散もいいですけどね。結局病気に負けない、元気に生きるのは、黄ぶなではなく。自分でございます。ですからね。まずは、自分の夢や希望に向かって、前向きに生きる!!という気持ちがないとね。いくら黄ぶながいてもうまくないわけで。

 えぇ。そんなことを考えておりましたらね。

 昔、あるものの本でね。「他力本願」の意味を教えてもらったことを思い出しました。えぇ、何となくなので正確でないと思いますけども。ウシの記憶ではね。

 他力本願の他力とは、仏様のお力のことで。この言葉を聞くと、他人任せ運任せ的な感覚もありますけども。そうではなく。

 仏様にお力添えを頂くために、できること、思いつくことを精一杯やって。万策やってやり切った上で、仏様にお願いしようというのがね。この言葉の意味だとね。聞いた記憶がありまして。

 えぇ。そうだよねぇとね。思ったもんですからね。黄ぶなちゃんもそうでね。縁起物を買ったからってコロナがなくなるわけでも、かかったから効果なしということでもなく。そもそもすがる前の姿勢がね。皆さんできてますか?ってことなんだとね。思いましたから。

 えぇ。それを手作りですけど企画にさせて頂いて。皆さんにご協力願っているところでございますよ。

P9050001.JPG


 先日、スタートしまして。なかなかコンスタントにお声がけさせて頂いた皆さんが、メッセージを書いて下さっています。ありがたいことです。

 ちなみにウシはね。書かせてもらいました。未来へむけてウシが頑張ること、意識していることはね。

 これです!!

P9050004.JPG


 えぇ。何かね。ビタミンとっていると何となく体の調子がいいもんで。やられそうな時も何とか粘れる。ビタミン接種を忘れずにね。頑張って行こう!

 そんなことでね。皆さんのメッセージもお待ちしております。まちぴあ来館の際には、ぜひ一筆お書き添え下さいませ♪
復活きぶな企画 [2020年09月02日(Wed)]
2020年9月2日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 そんなことでね。10月11日(日)に職場まちぴあで開催することを目指している「まちぴあぷちまつり」のお知らせを更新させて頂きました。

 コロナ下にあって、リモートだとかネット文化祭だとか色々な手段が講じられておりますけども。個人的にどうしてもね。しっくりこないんですよ。リモート。

 やっぱ、現場でやりたいということでねぇ。飲食なし、開催時間短縮、子ども達を中心にした世代限定の遊びの場ということで計画させていただきました。

 とは言いましてもね。やっぱりシニア世代の皆様をはじめとした様々な世代の利用者の皆さんにも楽しんで頂けるような機会も必要だということでね。まず、思いついた「分散型企画」の準備を進めています。

 えぇ。リモートでなくて。イベント以外の日に、まちぴあをご利用の皆様が関われるものをということでね。思いついたのが、

「黄ぶなのメッセージボード」

 です。

 えぇ。黄ぶな。コロナ以降、疫病退散の縁起物として一気に県内で有名になった、黄ぶなちゃんですよ。先日も、下野新聞さんに、有名な住職さんが手掛けた黄ぶなちゃんの情報が載っていましたが、黄ぶなさん大活躍ですよね。

 んでね。思ったんですよ。

 黄ぶなちゃんはね。前にも書いたかもしれませんが、「食べて病気が治った」という伝説のある縁起物さんでね。えぇ、食べられてしまうのですよ。

 まぁ、食べられるものばかりではないですが、何というかメガザル属性的なところがね。個人的には好みである的なことを書きましたけど。思ったのですよ。

「こんだけ、黄ぶな黄ぶなってなって。さぞや皆さんの想いを受け止めたのだろう。ちょっと疲れてはいやしないか?」

 と。

P8310005.JPG


 そんなことなので。ウシ流の黄ぶな企画はね。大きな胴体部分がくりぬかれた黄ぶなさんをお手製で作られていただきまして。

 そこに、「これからの頑張り」「未来へのエール」的な皆さんからのメッセージを黄色のポストイットに書いてもらって。まぁ、自分の標語みたいなもんですね。それをウロコみたいに貼っていくとね。

 黄ぶなちゃんが復活する!

 という具合のものです。これならね。イベント前に大きなボードに掲示しておいて、来館された皆さんに書いてもらって。出来上がったら飾り物にもなるしね。いいんじゃね?ということでねぇ。準備し始めました。

P8310006.JPG


 職場でも買わせてもらった、張り子の黄ぶなを見本にね。僭越ながらウシが手書き。バルーンウシになって久しくやっていない、ベタ塗をねぇ。ヘタながらにやりましてね。

P9010007.JPG


 黄ぶなちゃんの台は完成しました。えぇ、大体100枚くらいのメッセージはかける算段でございましてね。皆さんにぜひご協力してもらいたいと思います。

 そんなことでね。最初は少し疲れ気味の黄ぶなちゃんからスタートしますから。お目目もこんな感じから始まって。

kibuna-1.jpg


 最終的にはね。キラキラお目目の黄ぶなちゃんにしてみようとね。目の部分も張り替え可能にしてみましたよ。うん。

kibuna-2.jpg


 そんなことで、ポストイット待ちの黄ぶなちゃん。メッセージボードがお披露目となりましたら、職場まちぴあのブログでも公開します。こんな感じでね。「ぷちまつり」。少しづつですが動き始めておりますです!!
令和2年度子どもわくわく体験教室 行ってきました♪ [2020年09月01日(Tue)]
2020年9月1日(火)

 はい、どうも。ウシです。

 あれですね。昨今、ウシを苦しめている「今日が何曜日か分からない病」でございますけどもねぇ。あれですね。昨日、録画した「麒麟がくる」をみましてね。

 えぇ。やっぱ。何だかんだいってお侍さんの大河ドラマはいいもんだとね。コロナ下でも負けないでやって来てくれた麒麟さんをね。楽しみに見ました。

「日曜の夜は、必ず大河ドラマ」

 というわけでもなく。日曜日の同時刻は阪神戦を見ていましたのでね。ウシ的には録画したものを野球休みの月曜日に見るというのがねぇ。珠玉の贅沢なわけでございますけども。習慣はないくせしてね。やっぱり脳内の記憶的にはねぇ。あるんですね。週間が。

「大河ドラマは、日曜の夜」

 ってのが。だからね。どうにも本日が月曜の感じがしてしょうがないんですけどねぇ。まぁまぁ、ああそうかと。原因も分かりましたからね。9月に入りましたし、張り切って参りましょう。

 さて。その癖して、ブログは8月30日にお邪魔した、とちぎ青少年センター「アミークス」さん主催の

「子どもわくわく体験教室」

 での、バルーン活動のお話しです。えぇ。前回の更新で、人生初のフェイスガード着用で臨んだウシ活動となりまして。ウシのなんちゃって着ぐるみ+フェイスガードは、ミッ〇ーさんのような正規の着ぐるみばりの息苦しさがあるんだと。

 顔は見えて、かといって視界が妙に悪い(メガネなので外光が乱反射する)上に息苦しいというね。これを付けてお仕事に臨んでいる方々は、正しく英雄だな!とね。改めて思い知らせてくれたとのことを書きまして。

 その続きです。

 えぇ。この体験教室は、県内全域の小学生を対象に、約40名ほどの児童が集まり、社会科見学的なことや自然体験、工作など、様々な分野のプロの皆さんに教えてもらいながら体験していくというものです。例年は約1年間のプログラムですが、今回はコロナの影響もあり、約半年の内容となったそうですが。

 無事に実施にこぎつけられたことはよろしゅうございました。

P8300013.JPG


 ウシは、このプログラムの初回に行われるオリエンテーション後のね。アイスブレイクを担当させて頂いておりまして。本来ならば、前期に当たるタイミングなので、なくても良かったのかもしれませんが。

 学校では普段あわないお友達と顔を合わせ、短縮になったとはいえ、それでも半年間。一緒に学んでいく子たちの「間」をつめる役回りは必要ではないかとのことでね。改めてウシにご依頼を頂いた次第でございました。

 そんなことでね。フェイスガードに体力と視界を奪われながらも、子ども達に手伝ってもらいながら大量にストック風船をこさえ、工作遊びの準備は万端整いました。

 コロナ下での現場講座ということでね。広い会場を目いっぱい使って密をさけ。一人一台という広大なスペースでそれぞれに風船を作ってもらいましたよ。

P8300012.JPG


 ストック風船は子ども達にもっていってもらうようにしましたが、込み合わないようにタイミングを取るようにゲットしてもらうなど、子ども達もコロナ下での動きを分かってくれている様子でね。

 みんながそれぞれに風船をもったところで、「イヌ」をつくり。ソーシャルディスタンス後、中々の人気となっている「剣」、剣をいっぱい作った後には、作品をまとめるのに有利な、鞘(わっか)を作ったりしてねぇ。

P8300014.JPG


 えぇ。多いに楽しんでくれました。

 相手との距離を取る!ということでね。コロナ前からすでに人気のあった「弓矢」も作りましてね。デスタンスを取りながら、乱射大会が催されましてねぇ。えぇ、離れていますけどもねぇ。なかなかに賑わいまして。

P8300027.JPG


 えぇ。そう考えるとね。子ども達のはしゃぎぶりは、コロナの有無に関係なく。ある種の日常をみた感じがありましてね。とても充足感がありました。

 プログラムに参加している子ども達の中には、学童や子ども会、放課後活動などでウシと遭遇済みの子たちが何人かいましてね。

「私はピカチュウをもらった」
「私はサンタさんをもらった」

 などと言い合っているのがねぇ。何とも印象的でございまして。そのくせ、いつも変わらぬ風船の作り方自体は、ちゃっかり忘れてくれているもんですからね。

 えぇ。ウシさんとしては、こんなに有難いことはないとねぇ。何年やっても変わらない体験メニューをねぇ。満喫していただけました。よしよし♪

 いやぁ〜。暑かったですけどね。楽しかったです。コロナさんとのお付き合いも日々変化している中でありますが、それでも学校単位での判断は中々に難しいみたいでね。今年は、学校さんからのお呼びかけが少ないことも予想されていますから。

 どこぞの学校に出かけた時にね。ワクワク教室の受講生の子たちと学校で再開するというのは、かなりなレアケースになるかもしれませんけども。まぁ、とりあえず、彼らが打ち解け合える時間をお手伝いさせて頂いたことは、とてもありがたいことでございました。