CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年07月 | Main | 2020年09月»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
改めて、尊敬します [2020年08月31日(Mon)]
2020年8月31日(月)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、残暑厳しい8月も晦日を迎えましてね。本日はどんより曇り空で、雨予報もある栃木県は宇都宮市でございますからね。ここからは、一雨ごとに季節が進み、秋という季節に紆余曲折なるべくしないでなっていってほしいと思うところです。

 さて、ラジオなんぞを聞いておりますとね。「ひと夏の想い出」的なフレーズをよく聞く昨今でございますが。ウシとしては、ゲーム(PSP版:碧の軌跡〜3周目)との想いでがあるくらいでね。えぇ、個人的には、ゲームにある実績集めなる作業でね。

 RPGなのに、なぜかミニゲームのシューティングもどきのゲームがありまして。そのゲームで高得点を取らないと実績なるものが回収できないとのことだったので。反射神経に圧倒的な不安のあるウシでございましたが、

 苦節約1週間。

「オレは、RPGをやりたいんだ!シューティングをしたいんじゃない!!」

 と、頑張ってもねぇ。そもそも反射神経が良くないところに加えて、加齢かなにかでレベルダウンしているウシの身体的状況を悲観しながらね。大変苦しみまして。まぁ、何度かゲーム機を放り投げようともしましたけどね。無事に目標を達成できまして。

 よかったよかったというくらいがね。ひと夏の想い出でございましたからね。

 まぁ、ろくなもんじゃございません。

 そんなウシでございますからね。バルーン活動のウシとして、召喚下さる皆さんは本当にありがたい。人様にお見せできる思い出をね。8月30日(日)に作らせていただきました。

 えぇ。ウシのバルーン活動のご依頼ですよ。

 今回は、栃木県青少年センター(アミークス)さんが行っている小学生を対象にした通年の体験事業「子どもわくわく体験教室」の講師役としてお招きいただきました。

 えぇ。こちらの教室。例年4月から約1年間に渡って行われる体験プログラムで。田植えや消防署などの社会科見学的なものや、工作体験などいろいろな内容が月1で行われ、子ども達にその道のプロの皆さんがお相手するというものです。

 えぇ。ウシもここ数年お声がけいただいて、県内各地の小学校から子ども達が集まり、学校とな違い、知らない子たちと仲良くなっていくというもの、この体験プログラムの良いところでございますけども。

 まぁね。「その道のプロの皆さんが・・・」と言いつつ、初回のオリエンテーション後に担当しているしょっぱなのウシがね。ガチアマチュアですからね。いいのかな?と思ってもしますけどもね。

 まぁ。いいんでしょう。こちらとしてはありがたい限りなので。

 えぇ。今年はね。新型コロナウイルスの影響もあって、当初4月から予定されていたものが、この8月からの開催となり。半分のプログラムを体験しようというものでリスタートを切ったそうでございます。

 そんなことでね。お邪魔してきましたよ。8月30日(日)。催事開催の規定に沿って、密を避けつつということで。会場がアミークスさんお隣のコンセーレさんのホールになったそうでねぇ。

P8300001.JPG


「あっ、やばい。謝恩会パターンだ」

 とね。その時点でビビるウシ。えぇ、ひと夏の体験たるや、多少の恐怖感も味の一つと思いますけどね。えぇ、こういうプレッシャーはいらないです。

 不安もありつつ、準備をしておりますとね。やりながら気が付きましたけど。ホールと言われるようなね。催事会場は、マイクや音響を使う関係もあってね。まぁ、当たり前なんでしょうけども。

「窓がない」わけでございましてね。不思議なもんですねぇ。何か、コロナ下で過ごしていると、空気の流れのあるなしに妙に敏感になっておりましてね。違った意味でも変な緊張感があったりしました。

P8300034.JPG


 そんな中準備をしておりますとね。事務局さんからフェイスシールドの支給がありまして。えぇ、マスクに加えての防御力アップということでね。これで安心してできる♪

 と、思いましたけどね。

 えぇ。実のところ初のガード装着(手作りコルセット型ガードは別です)だったもんで。初めて気が付きましたけども。ウシを着て、ガードを付けますとね。

P8300004.JPG


「あっ、これ、ちゃんとした着ぐるみと変わんないじゃん(汗汗汗)」
「メガネマンは、室内灯が乱反射して、えらい見にくい!!!」

 と、その防御力の裏返しで発生する事象に四苦八苦しましてね。バルーンをいつものように作っていると、創作中の腕がガードにさわってガードが飛んでいくしね。

 ・・・これはえらいいことだなぁ。

 と。改めて実感したところでございます。うん。

 テレビなんぞで、ファイスガードを付けて執務されている方、医療や飲食、歌唱などの活動やお仕事をされている方をお見掛けしますけどね。特に、お客さん相手の方々は、笑顔で対応されていたりするじゃないですか。

 ・・・・・すげぇなぁ・・・

P8300003.JPG


 とね。ガード装着30分のストック風船づくりでね。すっかり汗ととともに体力を流してしまったウシでございますけども。改めて、工夫を凝らしてこうした集まりを行おうとしている方々、それに協力している方々。また、装備が前提になった職場で活躍されている皆さんに尊敬の念を感じた、

 ウシの体験教室でございました。

P8300015.JPG


 えぇ。そんなことでね。開始前の時点で盛り上がってしまったので、子ども達との様子は次回更新にご期待下さい。

ご依頼復活!うれしい限りです♪♪ [2020年08月26日(Wed)]
2020年8月26日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 やっぱ、夏バテ気味なんでしょうかね。何をするのも多少の億劫さを思う最近でありまして。何となくねぇ。一番緊急度の低いこのブログ更新がね。

 やはり一番、体たらくを表すよなぁ〜〜とね。反省しきりのウシでございます。

 まぁ、バテ気味という意味でいうとね。職場まちぴあのブログでも紹介させてもらったねぇ、まちぴあインターン大学生さんたちのお相手でもね。何か如実に感じましたけど。

「あぁ、こいつら若いなぁ」

 とね。彼らの相手をするっていうか、自分で組んだ予定のくせしてね。あれこれとやっていると、こちらが体力的な息切れを感じますし。

 先ごろお邪魔した、宮っこ(放課後教室)でもね。大学生よりもさらに若い小学生たちに囲まれてね。楽しかったはありますが。

 それよりも、半ば呆れた感覚になったのがね。

「全く休憩しないなぁ、こいつら」

 ということでございましてね。えぇ、そのやられっぷりを実感しますとね。

 このままではいけない!!

 そう感じている晩夏のウシでございますよ。そんな最中の話でございますが、夏休み明けの9月以降のねぇ。ことですが。

 コロナ下で久々の「ウシのご依頼」を頂きましてね。

P8260001.JPG


 えぇ〜。嬉しかったですねぇ。仕事の予定以外ほぼまっさらなウシの予定表に燦然と輝く予定を入れられましてね。えぇ。これでね。ゲーム三昧しかないプライベートに多少の人間らしさが戻ってくるとねぇ。ウキウキ気分でございます。

 ご依頼下さったのは、子ども会や幼児向けのママさんサークルでお邪魔したことのある、宇都宮市立横川東小学校さんの宮っこステーションです。

 えぇ。こちらの小学校さんはね。ウシ的にはマンモス的にいっぱい子どもがいる学校というと、姿川地区の学校さんくらいが思い浮かぶののですが、横川東小さんも負けず劣らずでございましてね。

 えぇ。思い返せば、2,3年前の子ども会でのウシ活動はね。ウシ史上最多を誇る150名の児童とともに風船遊びをしたもんですからね。

 嬉しい気持ちで満たされた直後に冷静になりまして。えぇ、冷静に受付をさせて頂きました。えぇ、結果ね。年内を目途に4回ほど。50名くらいに分かれた形でのバルーン教室を行うこととなりまして。

 えぇ。機材や材料のお話しをしながらね。個人的には、

「おおっ、これは体力強化をしないと!!!!」

 と、強く思いましてね。えぇ、さすがにものぐさのウシさんもね。都合よく文明の利器である電車の定期が切れたタイミングがきましたからね。

 とりあえず、往年の自宅(栃木市都賀町)→職場(宇都宮)の約50キロを自転車で走破する「ツウキン」を再開させるというのではなくね。愛用している東武宇都宮線の宇都宮エリア最南端の西川田から職場まで(約10キロ)を自転車で行き来する、

「プチツウキン」作戦を慣行することにしましてね。

 えぇ。体力強化の秋を一足早くスタートさせたのでございました。いやぁ、やっぱ始めちゃえば、それなりにいいもんです。運動(自転車)も。んなことでね。楽しみながら、本番である子ども達のバルーンを息切れしないで完遂できるようにね。

 コツコツやっていこうと思っているウシでございました。
篠井小宮っ子ステーション 行ってきました♪ [2020年08月22日(Sat)]
2020年8月22日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、去る8月19日(水)にね。お声がけを頂き無事に予定通り来訪できました、宇都宮市立篠井小学校さんの放課後活動(宮っこステーション)&学童の参加児童を交えた、バルーン遊びがね。

 ありました。

 本来であれば、5月のゴールデンウィーク明けに予定されていたものが一時中止となり。夏休み明けのタイミングでね。やろうかという話になったそうで。ウシに再度ご依頼とあいなったのでございましたとさ。

 えぇ。今現在もね。当たり前ですが、ウシのご依頼をねぇ。前もって頂くわけでございますけども。

「本番開始まで開催されるか分からない!!」

 ということがね。目下最大の懸念事項でございましてね。えぇ、このコロナ下でしばしば聞く「当たり前」がね。無事にできたことに何よりの感謝を感じるところでございます。

 さて。篠井小さんでバルーン遊び。こちらの小学校では、放課後活動と学童さんが一緒になって時間を過ごしておりまして。今回の工作遊びはね。例年だと体育館という広々としたところで大暴れするわけでございますがね。体育館は丁度工事中。

 そして、コロナよりもより直接的にヤバそうな猛暑の中での開催となりましたのでね。急遽、冷房のかかる校内のフリースペースに会場を構えてもらいましてね。実施となりました。

P8190007.JPG


 換気もばっちり!冷房もいい感じ!!

「寄るな!さわるなぁ!!」

 はね。密防止の前から子ども達に言っている(寄ると触るとケンカするから)のでね。このあたりは、例年通りの対応でね。スタートしました。

P8190025.JPG


 いやぁ。講師役のボランティア先生たちもね。近在から協力をお願いするなどいろいろと工夫を凝らして子ども達のお相手をしている篠井小さんだそうですけどね。

 ウシの場合は、リスペクトがある中でより「友達より」の先生ですからねぇ。約20名ほどの子ども達。エライ元気いっぱいでございました。

 感染の意味ではね。アートバルーンはある意味、ポンプを使って膨らますので、安心できますし。子ども達にもいつもにも増してね。

「間違っても口でやっちゃだめだから!」

 という、宣言をちゃんと全うしてくれてね。出来る出来ないの差はありましたけど。何だかんだで自分で風船を膨らませて作品づくりを進めていきました。

P8190016.JPG


 イヌから始まっての基本作品メインは、相変わらずでしたけどね。やっぱはっちゃけたい!が多かったのか、今回は「剣」が大人気。ある種、密着しないで間をとってのチャンバラは、ソーシャルデスタンスが自然ととれる乱戦遊びだと子ども達が直感してくるくのか。

 男女関わらず、チャンバラに興じておりましたね♪

 約90分の遊び内容でしたけどね。正直一番変調を感じたのはウシ自身。仕方ないのですけどね。最近マスクで会議したりしていると、ぼーっとするというのを感じているところでありますけども。

 今回も、この状態になってしまいましてね。ウシもね。早々と坊主モードで。

P8190015.JPG


「さぁ、みんな。トイレ休憩しよう!水のもう!」

 とね。ちょくちょく訴えていましたけども。子どもらスゴイですねぇ。誰一人として風船に夢中でございましてね。えぇ、彼らのペースに合わせているとこっちの身が持たないのと。大人が率先して、背中で示そうと思ってね。

 ウシ先生は何度か戦線離脱してねぇ。何とかしのぎ切りました。

 3回目あたりでね。水呑んで戻ろうとすると、

「ウシさん!元気になった!??」

 とね。振り向くと奴やがいるという状態がありましてね。ある意味軽いホラーも体験しながらね。彼らの元気さに感服したところでございます。まぁ、こちらは辟易でしたけども。彼らの楽しみの足しになったのならね。良かったです。

 そうそう。恒例の作品プレゼントはね。懸念であった「ねづこ」さんと、「ピカチュウ」「ヒバニー」「イーブイ」あたりの作品をじゃんけんで奪い合ってもらってね。個人的には、おでこが特徴だと思いつつもねぇ。

P8190026.JPG


 ちょっとアクセントつけすぎだよなと、やっぱり納得できない、ねづこさんもね。無事にお持ち帰りと相成りました。

 うん。個人的には、明らかに小学生に体力的な面でおいて行かれたと反省したところでございますけども。無事にできたことを良しと致しましょう♪
アニメが変わってしまいます [2020年08月21日(Fri)]
2020年8月21日(金)

 はい、どうも。ウシです。

 いや!あっちいですねぇ。あっちいですからね、どうもウダウダと過ごしておりますと、やる気が自然と抜けていってしまいまして。気が付くと1週間のご無沙汰でございますね。

 えぇ。もうねぇ。なんとかこの季節が過ぎ去っていくことを祈るしかありませんな。

 さて。そんなダメ状態のウシでございましたけどもね。先日の8月19日(水)。コロナ下初(厳密にいうと年度変わって初)のウシ活動が予定通り催されまして。勇んで行ってきました。

 お呼び下さったのは、宇都宮市の篠井小学校さんでございましてね。学童保育と放課後活動を合わせて行っている小学校さんでございます。

 コロナがあってからというもの、私たちのような訪問系の活動団体は冬の時間が続いておりまして。えぇ、猛吹雪を洞穴の中でやり過ごすってんじゃないねぇ。猛暑もあっての巣籠もりがねぇ。続いているところでございますけどもね。

 予定通り中止にならず、小学校にお邪魔してきたウシでございました。

 さて。コロナのおかげで活動が著しく減ったということはもちろんですけどね。個人的な感覚でいうと、イベント以外はこうした心配をしなくてねぇ。かなり時間的余裕をもって準備していたのですけども。

 雨の心配がないけども、コロナの心配が出てきたおかげで。常に、

「中止の連絡があったらどうしよう」

 が付きまとうようになりまして。そんなことでね。今回の活動については、夕方からのご依頼でしたから。当日午前中に材料を購入し、直前で準備というねぇ。

 どうしても準備が忙しくなるというねぇ。問題があるもんだとね。実行されればされるで、ウシのような活動であってもね。コロナを踏まえた「新たな生活習慣」(?)みたいなね。ことが必要なのだなぁと思い知ったウシでございました。

 さて。

 そんなことでしたのでね。材料の準備ももちろん。目標である活動がやるかやらないか分かりませんからね。どうしてもやる気になりきれない状態でしたから。準備のついででねぇ。リハビリも兼ねた作品練習をね。

P8190004.JPG


 宇都宮北部の地域でしたから。職場まちぴあのお友達である「ぽぽら」さんで準備をさせていただきました。

 リハビリ作品はね。個人的には「もう終わったんじゃないの?」と思っている、鬼滅の刃の「ねづこ」さん。

 年始あたりからリクエストを受けて、我流ねづこを作ってはいたものの。どうも納得のいかない出来である一方、妖怪ウオッチ以来の男女を問わない人気っぷりにねぇ。まぁ、少しでも納得のいくものを作ろうじゃないかとね。

 やっていますけどもね。その「ねづこ」さんをね。試作しました。

 ・・・・・・・

 まぁ、結論からいうとね。以前作ったものが良いわけではないですが、どーも「あれっ?」と思うところが多々ありましてね。ついでに、久しぶりの作業ですからねぇ。毎回迷う、

「ねづこさんの前髪のはえぎわ」

 にやっぱり今回も四苦八苦してね。えぇ。何回も頭髪というか、頭を強引にやりすぎてね。首ちょんぱ状態になっちゃいましてねぇ。えぇ。

P8190003.JPG


「あぁ、ヒロインが首ちょんぱって、イデオンじゃん!!」(泣)

 とか何とかいいながらね。まぁ、リハビリにつとめたところでございました。

 まぁ、その結果ね。取り合えずまとめあげることはできましたけどね。まぁ〜できたといってもできただけ。気にしている生え際だけでなく、いってしまえば全体的なクオリティのねぇ。レベルダウンを実感しながらね。篠井小での本番に備えたウシでございましてね。

 まぁ、今回の創作でね。唯一の功名はねぇ。ウシ流ねづこはどうしてもね。髪の毛を使ってまとめ上げていくのでね。全体的なフォルムとしては、丸くなるんですよ。

 そんなフォルムを見てね。自分でも思いましたけども。周りにいた方々からね。

P8190002.JPG


「何か、アマビエみたい」

 といって頂きましてね。おお、そうかと。丁度妖怪だしね。ディホルメの方向を極めると、「アマビエねづこ」ができちゃうかもと。ちょうど妖怪つながりだしね。いいんじゃない??とね。何か、思わぬ拾い物をしたウシでございました。

 んなことでね。次回更新では、篠井小さんでのウシ活動の様子をお送りいたします♪
味覚障害ではありませんでした [2020年08月12日(Wed)]
2020年8月12日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 世間ではお盆休み的な期間に入っているのでしょうねぇ。コロナ下の関係もあって、いろいろと話題を聞きますけどもねぇ。まぁ、コロナさんがかなりな曲者でございますからねぇ。お付き合いに悩んでいる方が、ウシも含めて大体数なわけでございますけどね。

 まぁ、悲喜こもごもとコロナさんにあるわけでございますからね。何かね。昨今の世情を見ていますとねぇ。感染症そのものはねぇ、確かに問題だと思いますけどもね。

 やっぱりね。結局はそれを取り巻いている人間さんの問題だと思いますよ。

 えぇ。結局はマンガの話になってしまいますけどね。まぁ、チラ見したことしかないですが。「働く細胞」ですか。人間の体内の細胞さんを擬人化したお話しですけどね。これを知って、ちと思いましたけど。

 一つの生命体と考えればね。ある意味、地球そのものも一つの生命体でね。その意味でいると、地球という宿主の中で生活している人間もねぇ。人体の中の細胞と同じく、単なる一つの生き物に過ぎず。人間レベルでは、感染症の問題がたけなわですけどね。

 やれ、温暖化だとかなんだとかっていうのはね。人間さんが引き起こしているといってもいいとしますとねぇ。地球さんにとってみればね。人間こそが困った存在であってさ。逆に感染症の方が善玉だと言えなくもないのかもしれない。

 そんなことをね。ふと思いました。

「自分は迷惑をかけてないもん」

 とね。ウシも思いますけどもねぇ。消費行動や食物連鎖の中で生きている以上、全く誰の明岩国もならないというのはね。絶対に無理だとね。最近思うところでございましてね。そう考えると思いますよ。

「私は、何の迷惑もかけていない」

 というのがね。そもそもの問題であってね。何をやっても誰かしら、何かしらの迷惑をかけてしまうという前提にたって思いを馳せますとね。あぁ、じゃあね。ともかくも謹んでいこうじゃないかとね。

 生きている以上、どうしてもかけてしまう迷惑をね。少しでも少なくしていこう。

 そんなね。やっぱり当たり前のことに帰着するんだなとね。思っているところでございます。そう考えますとね。やっぱりこの、コロナ下での過ごし方が、どうした方がいいのか。えぇ、自然と過ごし方というのはねぇ。導き出されると思います。

 えぇ。そんなことでね。コロナ下でのウシの話題ですけどね。先日、大好きな「ペヤング」(激辛ハーフ・超大盛り)をね。食べました。

 麺が細く、麺の代わりにかさましの役割でじゃがいもが入っていることで有名な、栃木県南部の出身としますとね。カレコレ仕事だ通学だと20年付き合いのある宇都宮市の太麺焼きそばがどうも慣れないウシでございまして。

 そうなるとね。お店の焼きそばよりも、ペヤングをチョイスすることが多いウシ。最近は、齢も重ねたので、ひと月の間に頻繁に食べることは少なくなりましたけどもね。

 先日あった「釜川」など。ちょっと体力的に気合を入れたいときにはねぇ。迷わず、巨大サイズを選んでね。逆にそれに絞って楽しんでいます。

 そんな、至福のペヤングタイムの際にね。

「あれ? 何か味がおかしいぞ??」

 ということがありました。激辛ソースがいい感じになるはずのハーフレッドのペヤングがね。いつもの味ではなかったのでね。

「・・・おおっ。もしや・・・・コ・・・・」

 と、ひやっとしましたよ。えぇ、味覚障害って奴かしらんと肝を冷やしましたけどね。取り合えず、全部食ってから悩もうと、カップを抱えて食うだけ食っちゃおうとしましたらね。

「あっ、入れ忘れてた・・・」

P8090001.JPG


 とね。カップの下敷きになっていた、ふりかけ&スパイスをねぇ。見つけたのでございました。

 あーーーっ良かったと思いつつ。こんな小さな調味料で味が変わるんだから、やっぱペヤングすげぇなぁと思いつつ。せっかくのペヤングタイムを台無しにした、自分にね。

 えぇ。他人もそうだけど。ヘタすると自分自身で迷惑被ってるじゃん♪とね、反省したウシでございました。えぇ。こんなね。ことでもね。反省してねぇ、謹んでいきましょう。いいんじゃないですかね。こんなもんで。

 えぇ。そんなことなので。今月はね。夏の暑さに負けずにねぇ。何とかもう一回ペヤングタイムをちゃんとしたいとね。目標を立てているウシでございました♪
想像と違いましたけど。盛り上がりはしました。 [2020年08月08日(Sat)]
2020年8月8日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 えぇ。そんなことでね。職場まちぴあで担当しております「釜川コケ落とし大作戦」。無事に実施することができまして。つい先ほど、まずは仕事が先ですからね。報告ブログも作成&アップを終えたところです。

 えぇ。ひと段落。

 ですからね。ウシ的にメインの話題も更新しておきましょう。

 えぇ。そうですね。「コロナにかみついてみよう企画」のねぇ。

 ウシ作バルーン流しですよ。

 やりました。

 いやぁ。FBで呼びかけてみたところでね。遊びにきたのは職場の仲間のお子さんだったり(=身内)。今回の真打でしたから、遊び感覚でちゃんと遊べるタイミングである清掃開始からしばらくたったら来るはずがね。

 いやに子ども達が乗り気で結局、ほぼ清掃の頭から参加だったりとのっけからかなりな崩落っぷりを呈していたバルーン流しでございますけどね。

 いやぁ〜〜。よそ様(ウシにとっては、スタッフさんのお子さんもよそ様ではありますが)が万一集まってこられていたらね。それこそ、惨事だったでしょうからね。結果的には良かったのではないでしょうかね。

 いやね。前日にこさえたバルーンのモンスターボール。

 キレイに清掃した川に、投下しますとね。

 ドンブラこっこでもなんでもいいんですけどね。まぁ、川の流れに沿ってスーッと流れてくれるもんだと思っていたのですがね。

 いやぁ〜。これまた計算違い。

P8080034.JPG


「・・・・止まっているように見えますな〜〜」

 ってな速度でね。ゆっくりゆっくりボールが来ましてね。えぇ。何のゲーム性もなく、難なくゲットされていくボールたち。えぇ、初代ポケモンのさなぎポケモン(固くなるしかやってこない)以上にゲットし放題なアトラクションとなってしまいました。

P8080031.JPG


 まぁ、ウシ的には凄くがっかりだったのですが。当の子どもらは喜んではくれまして。

「じゃあ、波おこしましょう!」

P8080033.JPG


 とね。学生ボランティアさんたちがデッキブラシで「お手製なみのり」を発動してくれましてねぇ。

 えぇ。皆さんの協力もあってね。

 いいなーーこーいう協働って・・・(涙)とかなんとか思えた、コロナかみつき企画となったウシでございました。

 そうそう。ハズレのはずのビリリダマ。なぜか人気でしたね。ハズレをね、奪い合うというイベントを見ましたよ。ボールに作れるポケモンの名前を書いておきましたけどね。

P8080042.JPG


 結局は、仲良し兄妹同じポケモン(ヒバニー)で、ニコニコでした。

 うん。いいんじゃないかな!?
はず・・・ビリリダマも作りました [2020年08月07日(Fri)]
2020年8月7日(金)

 はい、どうも。ウシです。

 そんなことでね。急遽流すものが、お魚さんからウシ作のバルーンに変わった、明日、8月8日の「釜川コケ落とし大作戦」とその後(清掃中?)にやることになった、

「ポケモンバルーンつかみどり」(作品限定)

 の、コロナにあらがってみようイベントですけども。

 一日というか、もう何十時間後は本番というタイミングで準備をすすめましてね。

 あれですね。取り合えず流すものは、モンスターボールにすることにしました。

 そんなことなので5個ほどモンスターボールを作ってみましてね。何気に着色がえらい大変ということに気が付いたので、職場まちぴあに研修にきてくれているインターン生さんにもお手伝いいただいて。

 子ども達の楽しみ増加のための川流し用のモンスターボールを仕込みました。

 しこみながら、

「はずれがあったも面白いかも」

 と、急に思いつきまして。ポケモンでミミックのようなトラップ的な展開になるといえば、アイテムが入っていると思ったら、ビリリダマっていうね。初代からある展開を思い出しまして。

 インターンYくんに作ってもらいました。

P8070004.JPG

 身体の大きなYくん。みかけでいっては失礼かもしれませんが、中々のクオリティのビリリダマを作ってくれまして。

 何かね。明日は子どもさんの人数は少ないかもしれませんけども。何かね。楽しくなりそうな予感がしているウシです。昨日の今日でなんですが、知り合いその他からの反応はSNS上何もないのがねぇ。

 寂しいところですけどね。何か、楽しくなりそうですからね。良かったら釜川じゃぶじゃぶ池に10:00くらいに来てみませんかね。

★釜川じゃぶじゃぶ池の場所はこちらです♪★

 こちらは、お掃除をしてお待ちしていますのでねぇ。よろしくお願い致します♪
悔しいので・・・どっちを流しましょう? [2020年08月06日(Thu)]
2020年8月6日(木)

 はい、どうも。ウシです。

 いやぁ〜なんですかねぇ。誰もせめることはできませなんですが。えぇ、職場まちぴあでね。担当をし、はたまた、高校生たちを中心に20名ほどのボランティアさんが今回もエントリーを下さった、

「釜川コケ落とし大作戦」の8月8日の活動でございますけどね。

 ・・・まぁね。もちろん、これが本旨ではないので。急になった夏の盛りのね。しかも今年は色々あって短いともいわれている夏休みの数少ないチャンスですからね。

 清掃活動は、相当な荒天でないかぎり実施しようとは思っていますけどもね。

 えぇ。この活動の直後に予定されていました、「魚のつかみどり」のイベントの方がね。やはりコロナの感染拡大の影響を鑑み、今週頭に急遽中止とあいなったそうでございましてね。

 えぇ。子ども達が安心して、綺麗な河川で遊ぶというひと時を作るというのもねぇ。8月の活動の風物詩だったのでねぇ。

 いたく残念でございます。

 魚のつかみ取りの方には、聞くところによると60名ほどの市内小学生からの応募があったそうでございますけどもね。えぇ。残念です。

 毎年、このイベントには、清掃ボランティアから参加下さった、子ども達も飛び入り参加をしてもらっているのですがね。まぁ、まちぴあスタッフさんのご家族ですから、身内みたいなもんですからね。

 中止になったとしても清掃には来るとのことだったので。

 せめてね。そんな子たちが楽しめるようにねぇ。最後のいたちっぺの如く何とか「特別感」を出したいとね。早急に思いついたウシでございます。

 まぁ、早急にといってウシができることといえば風船しかありませんからね。

 じゃあ、せめて、

「魚でないけど風船を流そう」

 そう思いました。昨今は、未だに不安定の「ねずこ」さんがすごい人気ですけどね。ある程度安定してね。つかみ取りではないけども。

「とったどーーーー!!」

P8060002.JPG


 と、いえるのは、彼らかなとね。思っています。

 うん。そんでね。皆さんにお伺いなのですけどねぇ。ボールとキャラを直接投下とね。どっちの方が子ども達のテンションが上がるのでしょうかね?

 えぇ。ボールの場合はね。無理難題を言われたら大変なので。こんな風に、作れる(入っている?)ポケモンさんを書いて投下しようと思っていますけどね。

P8060003.JPG


 どうですかね。楽しそうですかね。どっちを流した方がいいか!ってところですけどねぇ。FBでお仲間に聞いてね。8日土曜日に備えようと思っているウシでございましたとさ。

 うん。コロナに負けませんよ〜〜〜!!!
ウシ活動「8月」更新しました♪ [2020年08月02日(Sun)]
2020年8月2日(日)

 はい、どうも。ウシです。

 いやぁ、7月31日の「こっころ」さん主催の読み聞かせ会。楽しかったですねぇ。やっぱりね、子ども達がおってワイワイギャーギャーとしてくれませんとねぇ。

 風船も作り甲斐がないですよ。えぇ、思うのですがね。プロでもなく、心も強くない方のウシとしてはねぇ。趣味の一環であったとしてもねぇ。ただ、もくもくと作るだけというのはどうも続きませんでね。

 そんなことなので技術向上もウシの歩みでございますからねぇ。練習となると大量の「いらない子」が発生しましてね。いらないですからねぇ。即座に殺処分となるわけでございますけどもねぇ。

 子ども達がいるところであれば、失敗作もネタになり。ウシが納得していないものでもお引き取り頂けることもあるわけで。そんなことになりますとね。ウシも風船も救われるんですよ。

 そんな光景が展開されるのは、やっぱり現場しかなくてね。えぇ、ですからねぇ。暴れん坊コロナ将軍の機嫌を伺いつつになりますけどもね。こうした集会をやる方も来る方もね。

 心配しながら、配慮のできる限りをしてやっていて。その結果としてウシが成り立っているということを思いますとね。

 えぇ。物理的な感染防止も大切ですけどね。お互いがちょっと肩の力を抜いてね。その上でお互いが心配、配慮、準備をして。なんていいますかね。許し合ってねぇ。行きましょうよ。

 えぇ。「世間に出れば7人の敵がある」だかなんだかと大岡越前さんで言ってましたけどね。今や見える人見えないを含めてね。みんな敵になっちゃって。そうなるとね。やっぱ、息が詰まりますよ。

 これじゃいけませんからね。えぇ。皆さんすでにご存じと思いますからねぇ。わざわざ敵になることもないし、増やすこともない。そんなスタイルでね。8月も進んでいきましょう♪

2020.08.JPG


 そんなことでね。8月は宇都宮市内も各小学校が夏休みに入ったそうで。ありがたいことに2件のウシ活動を仰せつかっております。ウシも体調管理や密に気を付け、皆さんも気を付けた上でね。元気にお会いしたいところでございますねぇ。

★★★★  ★★★★  ★★★★

【教室系活動】
 ※子ども達と一緒に作って遊びます。
  バルーン初心者の方でも、遊びながら活動します!


@2020年8月19日(水)
■協力先
 → 篠井小宮っ子ステーション(宇都宮市)

■内  容
 → 学童を利用している児童を対象にした
   バルーン教室の実施。
■時  間
 → 14:00〜17:00(準備含む)
■会  場
 → 篠井地区市民センター

A2020年8月30日(土)
■協力先
 → とちぎ青少年センター・アミ―クス(宇都宮市)

■内  容
 → 県内児童を対象にした体験教室の一環で、
   バルーン教室を担当
■時  間
 → 9:00〜12:00(準備含む)
■会  場
 → コンセーレ

★★★★  ★★★★  ★★★★

 ・・・こんなところですね。

 8月に入り、一気に夏めいてきましたからね。えぇ、地球さんもねぇ。季節が変わるのをもう少し穏やかにした方がいいんでないかと思ったりもしますけどね。

 聞くところによるとねぇ。地球全体としては、こうした高温、極寒、雨季、喚起が各地であったとしても、全体としては温度その他のバランスが保たたれるようになっているそうでね。えぇ、自然のメカニズムの凄さを感じつつ、

 身体がバテないようにやっていこうと思うウシでございました♪