CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年06月 | Main | 2020年08月»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
結果的に「わーーーー」ってなりましたけど [2020年07月31日(Fri)]
2020年7月31日(金)

 はい、どうも。ウシです。

 いやぁ〜〜〜。よかったですねぇ。お友達でもあり、職場まちぴあの心強い協力団体でもある「子育て応援サークルこっころ」さんの読み聞かせ集会がね。

 コロナもそうですし、いつまで続くんだと言いたくなく梅雨もそうですけど。万難を排して開催されまして。それに協力予定であった、ウシもね。

 無事に、コロナ下初のご依頼活動を全うすることができました。

 えぇ。やって思ったのはね。やっぱり準備しておいてよかったということですよ。えぇ、まぁ、懸念であった「絵本バルーン化」についてはね。

P7310032.JPG


 「ゾウ」「ワニ」「カバ」「カメ」の4体だったそうですが、ワニさんがね。どーしてもお腹がいたいということで、急な出場停止となりましたけどねぇ。

 ゾウを大きく作ったり、カバも試作品から大分成長したような気もしますけどね。まぁ、やるだけはやらせて頂きましてね。存分に楽しむことができました。

 えぇ。正直こわいですよねぇ〜。コロナ。防止防止といってもね。どこまでやれば、または何が正しいのかも分からないですからね。思いましたよ。

「あぁ、やる方も行く方も心配しながら行ってるんだよなぁ」

P7310004.JPG


 とね。でもね。やっぱ、人様とお会いするのはいいもんです。この日も思いましたけどね。目いっぱいに窓を開けて換気をし、人数と参加者の把握もされてというね。団体さんの努力があり、体調管理に気を使ってくれた参加者の皆さんのね。

 協力がねぇ。今後ますます必要というかね。当たり前になっていくんだろうなぁと感嘆しながらね。ウシも楽しんだわけでございます。

 会場内には、外気がガンガンに流れてくる。そんな風の流れを感じますとねぇ。何か安心して会場にいれますね♪

P7310015.JPG


 今回の企画では、「つくる」部分を担当したウシ。子ども達大いに楽しんでくれましてねぇ。短縮版のお楽しみ会でしたから、工作内容的には、本当にさわりの部分だけになりましたけどねぇ。何か、いつもよりも楽しめた気がしました。

P7310049.JPG


 えぇ。そんでね。絵本のバルーン化でしたけどもね。

 楽しかったですねぇ。

 なぜか?(これが分からないんですけど)みんなでゾウくんに乗ってお散歩する最終段階で、絵本では楽しく崩壊するわけなんですけど。

 まぁ、バルーン化しますとね。ゾウくん、カバくんと出てくるたんびに「わーーー」ってなってね。そしてお話しをしている最中にどんどんさらわれていくキャラ達。

P7310014.JPG


 えぇ。バルーン化した彼らが、重なってわーっというギミックはね。できませんでしたけどもねぇ。まぁ、盛り上がったからいいんじゃないでしょうかね。

P7310056.JPG


 なんだかんだで、ポケモンの「コダック」?も作れたし、ウシの技術的リハビリにもなった、楽しい一時間でございましたとさ♪
絵本の内容が変わってしまいます [2020年07月29日(Wed)]
2020年7月29日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、今度の金曜日(7月31日)は、職場まちぴあの登録団体であり、ウシのお友達でもあります、「子育て応援サークルこっころ」さんのね。

 読み聞かせ会が催されます。

 協力のご依頼を久々にうけましてね。ありがたい、コロナ下初の活動でございましてね。早急に気合を入れ直しております。

 えぇ。今週に入ってね。どーも気合が入らず。梅雨のせいでもコロナのせいでもなく、絶対自分の心持一つだよなぁと思いますけどね。道具を家までもって帰ってもやる気が起きなくてね。えぇ、こーいう時だけ一流作家だよなぁとかと思っていましたが。

 指何本もおらなくても当日ということが自覚できた(おっそ!)本日、リハビリも兼ねてバルーンを試作してみました。

 お話し会で出てくるのがね。

P7290004.JPG


「ぞうくんのさんぽ」

 なる絵本。ウシは存じてませんでしたが、お子さんをお持ちのママさん達にはお馴染みの絵本だそうですね。パッとみてみたらね。確かに、小さい子に好かれそうな作品でございました。

P7290012.JPG


 力持ちのぞうくんに動物たちがのっかっていき、最終的に楽しく崩壊するというねぇ。お話しでございますけどもね。

 まぁ、どんな風にウシのバルーンで盛り上げるかは別にしてね。取り合えず、絵本に出てくる動物さんたちをバルーン化してみようかとやり出しました。

 えぇ。主人公のぞうさん。

P7290005.JPG


 ・・・忘れてませんね。こんな感じです。さっと作れました。続いて載ってくる「カバくん」うん。難題でしたね。

 何となく作っていたらね。豚さんとも熊さんともいえる抽象的な生物が出来てしまいましてねぇ。う〜ん、どうしたもんでしょうか?

P7290006.JPG


 んでね。次は「ワニくん」。

 ポケモンのリザードンを立たせないでつくればいいんじゃないかと作っていきましたらね。類(るい)は同じなのかもしれませんが、ワニってよりも「おおさんしょうお」になりましてね。

P7290007.JPG


 えぇ。本は本でも、この名前の作品を文学か何かの時間に倣ったななどとね。思い出しましてございました。

 んでね。最後の亀。これはね。経験がありますからできまして。なんてことないですがねぇ。

P7290009.JPG


 うん。動物さんもねぇ。中々に奥の深い世界でございます。

 物語では最終的にみんな乗っていくのでね。バルーンたちも載せてみましたが、サイズの関係で、@さんしょうお Aかば Bぞう Cかめ  となりましてねぇ。

P7290010.JPG


 えぇ。反則技の「テープでつける」をして固定したのにね。

 えぇ。崩壊したくてもできない頑強な奴らになりましてね。

「わーーーーー」

P7290011.JPG


 とね。いうことになりました。

 う〜〜ん。難しいですけどね。モノづくりは楽しいです。絵本作品を飛び出させると、「ぞうくんのさんぽ」が「さんしょうおくんのさんぽ」になってしまいますがね。

 これはこれで楽しそうなので。まぁ、当日までにもう少し試しておこうと思ったウシでございましたとさ。
ドラマチックな展開でした [2020年07月25日(Sat)]
2020年7月25日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 いやぁ。13:00現在、何とか小康状態を保っておりますけどね。本日も雨でございますね。

 近畿をはじめとした西日本方面では、災害の発生の恐れもあるくらいの大雨が予想されるなど、相変わらず余談を許さない天候不順が続いておりますね。

 えぇ。災害に見舞われた皆さんとは比べものにならないでしょうけどもね。

 本日は、職場まちぴあで担当している「釜川コケ落とし大作戦」の活動予定日でございましてね。えぇ、20日以降ほぼ毎日が曇りか雨マークでしたから。

 どうかなどうかなと思いながらね。日々を過ごしておりましたウシでございますけどもね。えぇ。やっぱりね。雨でございまして。朝、目が覚めた雨音と比べると、かなり小ぶりでございましたけどもね。

P7250022.JPG


 えぇ。感染症の問題がなければね。間違いなくやってしまっていただろうなぁと思いましたけども。いろいろと心配を増やしてもいけないのでね。ボランティア参加希望の皆様には、終戦連絡を朝一番でさせてもらいましてね。

 えぇ。がっかりとした状態で幕を開けた本日、7月25日でございました。

 ・・・しかしながらね。あっさり受け入れるのも何ですし。ここ最近はコロナの影響を逆手にとってPSP(軌跡シリーズをやってます。零を4周しました)三昧の日々を送っていましたからねぇ。

「何か、最近運動してないからなーーー」

 という、個人的な希望とね。

 自分の生きている街を守ろうと、あっちこっち駆け回っているゲームのキャラクターはね。レベルアップしている一方で。明らかにプレイヤーはレベルダウンしているという自覚があったもんですからね。

 奮起を呼び起こしまして。

 これは嬉しいニュースなのですが、これまた、すでに「まちぴあブログ」に更新済みでありますけども。8月8日に急遽、例年商店街の皆さんなどが行っている、小学生対象の「魚のつかみどりイベント」が行われることとなりまして。

 その件もありましたからね。

 正式には中止ということになるのかもしれませんがね。一人でもやろうと、コロナの関係で活動自粛していた4月の頃のふんばり気分を持ち直してね。まぁ、清掃活動をやってきたウシです。

P7250005.JPG


 えぇ。前回6月の河川状況はねぇ。水が多くて大変でしたけどもね。7月に入り、雨続きであったももの集中豪雨がなかったからか、水かさはさほどでもなく。

 そしてね。やっぱ思うのですが、コロナの影響を受けて人数縮小したとはいってもね。ボランティアの皆さんと、5月6月と2回やれましたからねぇ。

「明らかに、汚れが落ちやすいよな」

 とね。年度初めの4月とは同じ一人でも明らかに違うよなぁとかと考えながらね。約1時間でしたどもね。作業をしました。

 ・・・・・が。しかし。

P7250021.JPG


 やはりソロ活動は大変ですね。作業をしていると、そんなに力を入れているわけでもないのに手のひらと指にまめが出来ましてね。

「うん、痛いから。。。やめようかな」

 とね。諦めかけた時・・・!

 続きは、「まちぴあブログ」に記載しましたのでね。良かった読んでやって下さい♪
人の話をよく聞こう [2020年07月24日(Fri)]
2020年7月24日(金)

 はい、どうも。ウシです。

 えぇ。あれですね。油断といいますかね。やっぱりねぇ、少し気を抜きますとねぇ。あっという間に一週間くらい更新がないのはザラなんでございますよ。

「あっ、そういえばしばらく・・・」

 とね。思い立ったのがつい昨日。仕事でもなんでもないねぇ、自主的にしかやっていないものであってもねぇ。

「継続する」

 のは、ほとほと大変と思い知っているところでございます。

 さて。もうすぐ8月になるんですよねぇ。しかしながらの梅雨空が続く毎日でね。確かに暑いし、クーラーさんの恩恵を感じることもありますけどね。

「夏ってこうだったかな?」

 と、思ってしまうような昨今。インドア派のウシですけどね。それでもねぇ、コロナさんとのコンボもあって、中々に厳しいなぁとさすがに思ってきているところでございます。

 まぁ、その一つがね。

 ドラクエ7(3ds版)を楽しみきってね。次の「8」と思ったのですども。なんか4000円以上も中古品がするもんでね。どうしたものかと思案しましてね。

「よし、前に買ったpspをやろう」

 とね。前後半(でいいのかな?)合わせて1,000円という破格お値段でゲットしていた「軌跡シリーズ」をやり始めた7月のウシでございました。

P7230001.JPG


 えぇ。よく分かりませんけどね。ストーリーRPGなどと言われておるそうでね。街中のモブキャラさんにもキチンと名前が付けられていることで有名?な作品でございましてね。

 昨年あたりにこの前の「空シリーズ」を3本セット1,500円で買ったこともあったのでね。続編をやってみる気になったのでございました。

 ストーリーRPGってのが何なのか散々200時間以上やって、イマイチ分からんウシでございますけどね。メインのストーリーだけやっていると、もうもう、ぺらっぺらだということは前作の時点で学習済みなもんでね。

「ちゃんと人の話を聞いてすすめよう」

 とね。やり始めた7月。うん、ストーリーっていうかねぇ。セリフを読んで送るのが大変だなぁとね。2周目に入って少しうんざりしているウシでございますけどもねぇ。

 起動させると、DSと違い、

 カシャカシャカシャ!!!

 という、「読み込んでます!頑張ってます!!」と言ってくるpspさんに励まされ、何とか月末までやってきているウシでございましたとさ♪
戦争について [2020年07月18日(Sat)]
2020年7月18日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 いやぁ〜。なんですかねぇ。まぁ修正しませんけどね。前回更新の記事の日付も間違っていますしねぇ。どーもここ最近(ここ3か月くらい?)、日付・曜日というものの感覚が分からなくなっておりましてね。

 本日も、なぜか金曜日だと思い込んでおり。少々慌てるというイベントが朝から発生しておりますけどねぇ。困ったもんです。

 えぇ。いつもの年のように暑い暑いという7月でもないのにね。なんでかなぁとかと。単純に老いかとかと思ったりもしていますけどね。まぁまぁ、気を付けていくしかないですよね。

 さて。新聞等を散見しますに、7月のこの季節は宇都宮大空襲があった時だそうで。8月15日前後くらいまでのこの期間はね。戦争について考える時期なのかもしれません。職場まちぴあの関係でも、ウシの関係でもお世話になっている、

「子育てサークルこっころ」さんがね。

 コロナが心配でもありますが、いろいろと工夫をされてね。8月1日に「いのちのおはなし会」という企画をされるということでね。

inochino.jpg


 その前日の7月31日にウシで協力することもありますのでね。ちょっとお知らせさせて下さいませませ。

 えぇ。結局ね。その後の話はマンガからもってきたネタですからね。それっぽい情報も更新させて頂いたということでございますよ。

 えぇ。戦争ね。

 うん。やらない方がいいですよねぇ。

 ウシももうすぐ40歳となりますけどもね。実際に徴兵されたこともない「戦争を知らない世代」なわけですよ。ウシにとっての戦争とはね。マンガ、ドラマ、小説などの中で語られるものものでございましてね。

 作り物しか知らないわけでござます。鉄砲やら、なんちゃら兵器で残虐なことがあるからとはいいましてもね。実際を知らないんですよ。

 ですからね。最近気が付きましたけどもね。特にウシは時代劇好きでございますからね。はたと思ったのですが。戦争というかね。合戦シーン。

 戦争はいけないとか言っているわりにはねぇ。やっぱ興味深く見たり読んだりしてしまうわけです。

 はたと思ったのはこの点でね。いけないというのに、テンションがあがるというのはねぇ。何なのかというのをね。この季節に合わせてっていうわけでもないですが考えています。

 思い至ったのはね。作品の場合だとさ。サクセスストーリーの中に合戦があってね。その方が勝つというか、活躍(死んじゃうかもしれませんけど)するという場面がある中で展開していくもんですからね。

 何か残虐性を感じたりしないわけです。何というかねぇ、特に考えも見ていた自分がありますよ。しかしながらね。最近ハマった「ヒロアカ」で思いましたけどね。

 ヒーローも悪もんとされる方々も、それぞれに成長していくというものを見てね。

「あぁ、戦争ってのは正義のぶつかり合いなんだな」

 とね。ふと思ったのです。

 えぇ。思えば昔から好きで読んでいた幕末モノもそうですが、幕府方と新政府方それぞれに信じる正義があってね。ぶつかりあってて来たのが次の時代であると。昔はね、坂本竜馬好きから入ったので、

 幕府方が悪で新政府方がヒーローみたいな図式で読んでいましたけどね。「剣心」でも学ばせてもらいましたけどね。それぞれの方に、それぞれの人にね。信念というか正義というかね。あってね。どっちが悪ということもないんだなぁと。

 えぇ。そうなんですよね。正義ってもんはね。悪玉でも善玉でもないもんです。

「勝てば官軍」

 という言葉があるようにねぇ。勝った方の正義が負けた方の正義を上塗りするみたいなことがね。まぁ、長い歴史の中で延々と続いているんだろうなぁとね。思ったわけです。

 個人的には、勧善懲悪ものが好きな単細胞のウシでございますけどね。何か思うんです。勧善懲悪でなく、「こっちにはこっちの理由がある」的な話の展開というのはね。

 ある意味において、敵側も味方側もみるというもんですからね。

「あっ、こーいう作り方自体が反戦なのかもしれないなぁ」

 とね。思ったりしたんですよね。

 えぇ。まぁ、こう思ってしまうとね。いい年こいたおぢさんがね。少年誌のマンガをねぇ。ある種いたたまれない気持ちでよんでいるという状態が出現しましてね。

 手がちょんぎられたり、足がちぎれたり、でもワーワーやりあっている姿をね。

「みんな仲良くすればいいじゃないか」

 と、ハラハラしながら見ているというねぇ。変な状況が生じるわけでございましてねぇ。そんなことをね。妹に話したらね。

「お兄ちゃん、それじゃマンガになりません」

 そうなんですよね。えぇ、だからね。難しいもんですけどね。

 何気なく読んでいる、戦争とは直接関係のないマンガやドラマであったとしてもね。「戦争はいけない」ということをねぇ。学べるというか。考えられるんだよなぁというお話しでございましたとさ♪

感覚を大切に [2020年07月15日(Wed)]
2020年7月14日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 いやぁねぇ。何かしばらく更新できなかったような気がしていましたけども。前回更新が7月の11日ですからね。まぁ、いいかと思ってもみましたが、せっかくなので更新しちゃいましょう。

 大したネタでもないですからね。

 えぇ。GOTOキャンペーンですか。何か再び暴れん坊になってきたコロナさんも踏まえてね。揶揄されてもいる施作がスタートするのしないのというお話がありますけどもねぇ。

 ねぇ。それこそね。キャンペがあってもなくてもねぇ。そもそもがご自身の判断で動けばいいことですからね。個人的にはねぇ、「強盗」などともいわれたりしていると聞いていますけどもねぇ。

 強盗といえば盗人(ぬすっと)という表記の方がしっくりくる、時代劇好きのウシとしましてはね。「鬼平」なんぞでもね。掟を守ってツトメ(盗みのこと)をやっていたお頭さんが加齢か何かで豹変しちゃってね。

 手下の方が裏切るなどというお話をよく見ますけどねぇ。何かおかしいな?って思った時こそね。自分の感覚を大切にしてねぇ。判断するということが求められるってことなのでしょう。

 感覚という意味でいうとね。

 最近、とみに気が付いたのは「換気」ですよ。

 いつだか、冷房をかけるとか外の音を遮断したいだかで窓を閉じる必要があったときにね。まぁ、密空間になるけどもと、換気扇を回して対応するという一幕がありました。

 そのときね。思いましたよ。

「あぁ、換気扇回しているからって意味ないな」
「窓一枚開けちゃった方が、絶対的に空気の通り道ができるのが肌感覚で分かる」

P7150001.JPG


 と、実感しましてね。即座にうるさくてもいいよね。とかなんとか言ってね。前言撤回で窓を開けたということがありました。

 まぁ、大きさを考えれば感じるってほどのこともないんでしょうけどねぇ。やっぱ自分が安心できる環境をね。自分でこさえる。換気扇が悪いということではなくね。分かりやすくやりやすい方法でねぇ。コロナさんと過ごしていこうと思った場面でございました。

 分かっていることかもしれませんけどね。換気扇と窓開けというねぇ。現象を経て持った感覚。これね。意外に大切な判断材料ではないかと思うわけです。

 えぇ、そんなことでね。大切ですよ。感覚。

 感覚といえばね。バルーンですけども。久しぶりのバルーン活動がねぇ。後半月後に迫ってきましてね。こちらの感覚も取り戻していかないといけません。

 今回は、読み聞かせイベントでのバルーン登場でございましてね。作品の中に出てくるキャラをバルーン化して飛び出させればいいじゃないとなっていますけどもねぇ。

 出てくるキャラさんがね。

ehon-1.jpg


 こんな感じで。「ゾウ」「カメ」「ワニ」だそうでね。

ehon-2.jpg


 間違いなくできる作品が、ゾウのみであるということを思い出している今日この頃。この週末は、感覚を取り戻すための試作にふけろうと思っているウシでございましたとさ。
自分で考え、自分が判断する社会 [2020年07月11日(Sat)]
2020年7月11日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 いやぁ〜〜。昨日の7月10日(金)はオフだったウシです。イデオン(頭痛)のせいか、疲労のせいか、とにもかくにも調子がイマイチだったウシでございまけどね。

 えぇ。誰のせいでもありませんよ。やっぱ自分の中のね。「何かしら」がよくないんでしょうね。あれが悪いこれが悪いといっておっては始まらないというねぇ。

 分かっておりますけどね。まぁ、そうは言っても外的要因に目がいくのはねぇ。致し方ないことなのでしょうね。

 その意味でいうとね。暗黒時代といわれる99年からね。同じ「克洋」さんがいて。年がら年中最下位なのに、毎日明るく元気に応援されているファンの皆さんの様子をみてね。なぜか、応援し始めた阪神タイガース。

「キャッチボールすれば鼻にボールをぶつけて高確率で鼻血」

 というトラウマがあった野球ですけどね。関心をもって触れてみるとねぇ。上手い下手、できる出来ないに関わらず、好きになれるもんだとね。思えたのが野球ですね。そのあとは、パワプロ、あぶさん、ルーキースと漫画・ゲームで野球欲を満たすスタイルになっていったのはね。

 まぁ、ウシらしさというところでしょう。

 えぇ。6月中旬になって、プロ野球が始まってね。しばらく負けが込んでいた阪神さん。

「ウシが勇んでテレビ観戦をすると負けてしまう」

 というねぇ。個人的なトラウマが開幕戦から発揮されていたのでね。観戦自体を控えていましたが。中々の低調ぶりでございましてね。朝、朝刊のスポーツ欄を見るのもねぇ。つらかったところです。

 しかしながら、ここのところ持ち直し気味でね。しかも雨続きだったので。

 昨日も、「雨天中止かな?」と試合開催の有無くらいは確認しようと見だしましたたね。えぇ、プレイボール当初はあまり降っていなかった雨がザンザン降りになる中、無事に5回の試合成立までもっていき。しかも勝てたのでね。

「あぁ〜。いい試合見れたなぁ〜〜」

 とね。またしても良き心の栄養を頂けた瞬間でございました。

 そんなことになりますとね。次の日(今日)になっての、ネット記事チェックも指が軽くなるもんで。そんな記事の中の一つにね。

yakyu.JPG


 声を上げての応援の禁止協力がある中で、大声をあげちゃったという話題があって。そのコメントの一つにね。

「自分は興奮して、ついつい声を出しちゃうだろうから。今年は生観戦は自粛しようと思います」

 という具合のコメントがありました。えぇ。

 どっからが「後」か分かりませんけどね。おそらく思うのですが、「後」の社会というのはねぇ。周りの環境を自分でよく見て、自分の判断に基づき、自分で決断して、自分で行動することがねぇ。

 特に求められていく社会なのかなとおもったところです。

 そういう意味ではね。自分のことを自分がちゃんと把握して。こらえ性がなかったり、興奮しやすかったり、寂しさを感じやすかったりと色々な理由でね。

 新しい生活習慣とされるルールというかマナーというか。ついついそれを逸脱しちゃいそうなケースがあったときに。どう自分をコントロールしてね。逸脱する可能性がありそうだと思ったら事前に抑制していくとかね。

 自分というものとより対話をしてねぇ。まぁ、これまでとは似たようで違う社会の中で。普通に生活していても発生するストレス的なものがね。当たり前ですけど、これまでと違う状況で攻めてくるわけですからね。

 そのストレスみたいなものに立ち向かっていかねばならなくて。そう思うとね。このコメントのようなねぇ。「自分が我慢できそうにないから、今回は差し控える」というねぇ。判断もね。

 大切になってくるんだろうなぁと思ったところです。

 元々、テレビ観戦派のウシとしてはね。思えば、応援している風景も込みで楽しんでいたと気が付いた、コロナでございましてね。その意味では、画面上の光景も少しずつ戻ってきていることに喜びを感じ。

 まぁ、一番は勝ったことが嬉しいわけですけどね。何か、勉強にもなり、心の肥やしにもさせてもらえたなぁと思えた昨日の阪神ー横浜戦でございましたとさ。
仕事は進みましたが、謎が残りました [2020年07月09日(Thu)]
2020年7月9日(木)

 はい、どうも。ウシです。

 雨続きの気圧不安定なこともあるんでしょうかね。えぇ、ですからねぇ。昨日のような独白が必要になったりもするかと思いましたよ。えぇ、本日はね。またしても朝からイデオン(偏頭痛)が発動して目が覚めましてね。

 朝5時前くらいでしたでしょうかね。したら、突如の地震でございましてねぇ。

 地震とね。携帯のアラームに驚きつつもね。イデオンの発動があったおかげ?で目は覚めていましたからねぇ。地震の件については二の次でね。

「あぁ、はいはい」

 とか何とかいって座ってましたからね。落ち着いた対応という意味ではね。イデオンも捨てたもんでないと思った朝の一幕でした。

 さて。

 どうも気分が上がらない日々が続いておるウシでございますけどね。昨日長々と書いたおかげでねぇ。一つの結論を得ることができました。

「普段は気づかない日常の中に、ひっかかりを作ろう」

 ということでございましてね。無為に時間ばかりが過ぎていくというのはねぇ。やっぱ、良くないですよ。まぁ、そういう時間も必要かもしれませんけどもね。

 過ぎる時間はみんな一緒ですからねぇ。どうせならばとね。思えた方が良いと思われるわけでございます。

 んなことでね。今日は仕事もありましたから、薬を服用して。地震も通り過ぎてねぇ。朝の儀礼である下野新聞さんを読んでね。モヤのかかった頭を動かす。

 えぇ。一種の週間ですねぇ。これも。

 不思議なもんでね。ウシの流儀としてラテ欄から見ていくというのがあるですけども。そこにねぇ。「ひっかかり」。見つけましたよ。

 えぇ。仏様好きのウシではございますけどもね。占いの類は都合よく解釈している方でございましてね。そうしたライトユーザーにとってみればねぇ。下野さんの占い欄はね。何か、親しみやすいのですわ。

 そこにね。6月生まれのウシの運勢がこうありました。

 ね。

P7090001.JPG


 ・・・これって、占いか?とね。まず思いましたけどもね。なんでしょうね。これ。何の動作というか思考方針を表したものなのでしょうか?

「食べたものを忘れるくらいに、考えに集中する」

 ような場面があるとか読むのかね。

「食べたものを思い出すといった雑念がないくらいに、考えに集中する」

 ような事態があるのか。

 そのまま読むとね。占いというよりも、「あなたは健忘症です」みたいなことを朝っぱらから言われている気がしましてね。何の暗示かよとね。

 いやぁ。謎が深まるばかりでございました。

 仕事(◎)、異性(〇)、金運(〇)、健康(△) ※ちなみに×もあるが6月はなかった。

 ですからね。まぁ、悪くない感じですけどねぇ。えぇ、このコメントがねぇ。一日が終わろうとしている今のタイミングでもね。引っ掛かっております。

「今日は、朝(昼兼用)に湯づけを食って、夜は野菜ジュース。帰ったあとにパンとビール」

 ・・・食べ物覚えていますからね。何なんでしょうかね。これ。

 二重丸だった仕事運は、ちゃんと効果がありましてね。予定していた仕事をこなしきることができましたけどもねぇ。謎です。

 うん。感動もありますけどねぇ、「何これ?」ってのもね。心が動かされるもんでございますなぁ。そう思うとね。よくわかりませんけどね。

 こうしたねぇ。不思議な占いを今後も下野新聞さんには期待したいウシでございましたとさ♪
身近な感動!を絞り出し(汗) [2020年07月08日(Wed)]
2020年7月8日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 ・・・いやぁ、なんとも言えないですけどもね。本日もその前の日もね。朝のニュース番組で九州をはじめとした地域での大水の話を聞き、目にしますとね。

 ついつい、ウシ本体の気持ちが顔を出してきます。

 えぇ。溜めておくとろくなの事がなく。言っていたとしてもね。何だかんだで日々生きていくことを選ぶのでしょうけども。ですのでね。出すだけ出させて下さい。

 こうした場面に遭遇しますとね。一種の思考停止といいますか。無為の気分がモヤモヤと湧いてきてしまいます。特に今回の大水はね。自分の生活している近辺でも同様のことがあり、実際に関わったこともありますからね。

 その作業の大変さや困難さもよりリアルに想像できてしまい。また、それどころではない状態に陥っている皆さんを目にしますとね。

 災害発生から、かなりなタイミングで支援の手が差し伸べられており、十分ではないにしても様々な努力が巻き起こっているのを見ますとね。スゴイなと思う反面、

 あぁ、いっそのことそのままいなくなってしまえばね。楽なのになぁ。

 とか。

 復興、復興って元気付けた後も大変さは続くんだよな

 とか。まず、こうした想いがばっと湧いてきてしまうんですよね。一種の思考停止状態なのかもしれませんけどね。ある意味で、解脱のことをちょくちょく考えるウシの悪い癖でね。こうした状態になることがあるんです。

 うつって言うほどのもんでもないでしょうけどね。えぇ、支援側の仕事をしている人間としてあるまじき思考と思いつつもね。でもね、出てきてしまうんですよねぇ。

 えぇ。ですからね。このしがないブログもねぇ。更新するのがつらかったところなのですがね。「どうせ、人間死ぬんだし♪」と言っている割にはねぇ。でも、こうして更新しようとする意志を持つあたりがね。人間の不思議といっていかと思いますけども。

 えぇぇぇえ。ともかくもね。被災地の皆様にあられましては、とにかくご無事であって。その周りの皆様にはね。コロナもありますことですし、ウシのようなねぇ。モヤモヤがあったら、なるべく早く取っ払われて。健勝に過ごし。

 あると思うんですよ。遠くに住んでいたとしてもやれることが。ね。やれることがやれるようにねぇ。していきましょうよ。

 うん。

 すっきりしました。ありがとうございます。

 そんなね。ことなんですけどね。あまり良いニュースを目にしない一方でね。「感動」というものについてはね。意外に身近に転がっているという話をしておきますね。

 えぇ。最近のウシですけども。野菜ジュースが好みになって久しく。ビタミンだかなんだか知りませんけどもね。心なしか、缶コーヒーなどに代替えして野菜ジュースにしてみたらね。

 そこはかとなく、調子がいい気がしておりますのでね。継続してます。

 その野菜ジュースですけども。買ってきたら職場まちぴあの冷蔵庫(スタッフ用)に入れておきますけども。冷蔵庫の一番上のね。目立たない部分に入れています。

P7080001.JPG


 そこには、このようなガード(フタ)がついておりまして。いつも、このようにね。仕切り版の隙間から差し入れるということをしておりました。

 したら、先日、同僚の方がね。

 このようにフタの部分を開放しましてね。ものを入れているのを目にしましてね。

P7080002-01.JPG


「えっ、そんな風に開けられるの!!???」

 とね。かなりの衝撃が走りました。

 えぇ。バカですねぇ。でもね。この時の衝撃といいますか、感動といいますか。「なんて便利な方法が!!」という発見がね。

 何か久しぶりの心の栄養をもらえた気がしましてね。えぇ。バカも捨てたもんじゃないなぁとしみじみ思ったわけでございました。

 うん。どーでもいいですね。

 すっきりしました。

 ・・・だからね。思うんですよ。いろんな人がいますよねぇ。世の中。こうした「非常時」っていうような事態が発生するとね。すぐさま動いたり、考えたりできる人もいれば、混乱してしまう人、混乱を整理するのに時間がかかる人とね。

 あると思うんです。

 ですからね。思うんですよ。できる人からすれば、できない人が腹立たしい。出来ない人はできないことが腹立たしい。どうしてもね。モヤモヤしてしまいます。

 ですからね。落ち着くこと。これがねぇ、大切なんだと思うんです。ウシのようにね、極端(バカだからそうなると思ってますけど)なところからスタートして、正しくウシのように進む人もありますでしょうけどね。

 落ち着きましょう。

 上がった人も、下がった人もね。なるべく早く落ち着きましょう。落ち着くってのがねぇ。どんな状況を示しているのかもね。ウシには分かりませんけどね。そこは、それぞれ考えて。それぞれのやり方でね。

 落ち着きましょう。

 えぇ。そんなことでね。ウシも文章にしながら大分落ち着いてきたのでね。明日も頑張って生きてみようと思いましたとさ♪
半年振りの生ビール。貢献のつもりです。 [2020年07月05日(Sun)]
2020年7月5日(日)

 はい、どうも。ウシです。

 コロナが油断ならないところで何ですが、九州は熊本の水害も発生しましてね。自然災害にはどうしようもないと思いつつも。職場のある宇都宮市も実家のある栃木市もね。昨年10月に越水被害を受けたばかりでございますからね。

 他人事とはとても思えず。かといって、ただただご無事を祈るくらいしかできることがないものですからね。何とも歯がゆいところではありますが。すいません、とにかく祈らせて下さいませ。

 職場まちぴあのホームページでは、「ボランティア募集情報」の部分に「熊本・鹿児島大雨災害」の関連記事が掲載されていますので、情報収集の足しにして頂ければと存じます。

 えぇ。ここ最近、特に雨の関係でね。「10年に一度」という表現をよく聞きますけどもね。まぁ、分かってはいますよ。10年に一度しかふらないくらいの大変な量の雨が降るというねぇ。あくまでその雨の規模というか量を表しているものであり、

 その表現を発信している皆さんが悪いわけでもないですけどもね。えぇ、受取側の話ですがね。やっぱ「10年に一度」と聞きますとね。期間のイメージが強いもんで。ついつい、ついこの間やったばっかりじゃねぇかと思ってしまいますけどもね。

 そう。10年に一度は量の話であってね。スパンの話でもなく。ましてや次は10年先と補償するものでもないですからね。いつ、どこで起きるか分からない自然災害。出来ることは限られているかもしれませんけどね。備えておきましょう。

 えぇ。川と水という話題でいうのもなんですが。だからこそあえて更新しておきましょう。

 昨日はね。無事に3か月の一度の重要会議を乗り越えてね。ホッと一息ついたところだったもんですからね。コロナ後初めてのことになりますが、自宅ではなく、

「生ビールが飲みたい」

 と、猛烈に思いましてね。お友達のブライトさんを誘って、帰宅途中にちょっとお食事をして帰ることにしました。

 えぇ。コロナの影響によっていろいろな言葉が生まれていますけどもね。「夜の街」というワードもその一つでしょう。しかもニュースで取上げられるとね。何か悪いことみたいにとられがちでございますけどもね。

 まぁ、人生経験値が少ないまま40を迎えようとしているウシからしたら、知らない世界なわけですし、いろんな意味で知らなくていい世界だとも思っていますけどもね。その世界で生活されている方々はいらっしゃるわけでございましてね。

 そんな皆さんもねぇ。いろいろあるでしょうが、日々の生活をし、消費をし、税金を払いとしている皆さんなわけでね。何かねぇ、より一層の偏見を持つもってしまうのもねぇ。どうかしらんと思っているところです。

 ウシの感覚からするとね。居酒屋さんも夜の街でございましてね。ホント、久しぶりに行ってみました。場所は、これまた仕事関係の「釜川コケ落とし大作戦」でお世話になっている、オリオン通りにあるお店屋さんにしましてね。

 コロナ以降、商店街自体にあまり行っていなかったこともあり。改めて商店街さんの様子もみてみたいとも思いましたのさ。

 ・・・行ってみますとね。居酒屋さんやお食事屋さんのでね。道沿いにあるお店は皆さん、窓全開でやっておられましてね。密をはじめとした感染症対策をしながらねぇ。一生懸命、働いてらっしゃる姿を拝見させていただきました。

 えぇ。ドアや窓が開放されてますからねぇ。実際に街やお店の様子をみてね。自分で「ここだったら安心できる」と思ったお店にねぇ、行けばいいわけで。これもまた、コロナ下での過ごし方の一つかもしれませんね。

P7040001.JPG


 照明が明るくて、より開放的なお店を見つけてね。お邪魔しましてね。ホント、半年振りくらいになるんでしょうかねぇ。生ビールを堪能致しました。

 えぇ。こちとらの経済的状況からいってもね。話題になっている「夜の街」に近づけないウシでございますからして。お食事させてもらった代金もたかが知れていると思いますけどもねぇ。こうしてね。実際にお食事をさせてもらいねぇ。

 こちらも楽しんだ上でね。まぁ、ある種の貢献もさせてもらったと思えるのはねぇ。幸せなことなのかもしれませんね。

 えぇ。聞くところによりますとね。一時コロナの影響で中止されていた8月に釜川で例年実施されている「魚のつかみ取り」もね。定員限定で実施が決まったそうでございましてね。

「おまつりもなくなったし、せめて、これくらいはやろう!」

 というねぇ。商店街の皆さんのお話があったそうでございましてね。えぇ、そんな宇都宮市のオリオン通りをねぇ。非常に微力ではありますが、応援したいと思いつつ。

 ビール飲みたいの欲も満たしてもらったウシでございました。
| 次へ