CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年01月 | Main | 2020年03月»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
骨のズイまで楽しみました〜最後は「大魔王さんと遊ぼう♪」 [2020年02月27日(Thu)]
2020年2月27日(木)

 はい、どうも。ウシです。

 いやぁねぇ。見えない方々との闘いがたけなわになってきた感がありますね。

 その一方でね。ある種この時期において全国的にすすめられている「引きこもり」にあってね。普段、引きこもり気質のウシとしては日常と変わらない冷静さを保って過ごせておりますがね。

 えぇ。心穏やかではありませんわな。

 うん。ですからね。あえて普段通りのルーチンをねぇ。できるならそのままやる。このねぇ、心持もある種必要なところだよなぁと思っております。

 はい。ですから、ドラクエ5(DS版)。

 ・・・やっとですねぇ。令和2年の年明けからスタートし、まずはウシのオシ嫁・フローラさんで、人語を介す皆さんだけで楽しんで(約50時間)。個人的には選ばないだろうの、そのお姉さんにお輿入れ頂きましてね。

「やったことないことをやる」をサブテーマに、モンスターさんを全種類仲間にしたり、ともかく皆さんをカンストまでレベル上げしてみたりと骨のズイまで楽しませて頂いて(約150時間)。

 総時間200時間の丸々2か月。

 いやぁ、本当に満喫しきったドラクエ5でございました。

 そのフィナーレを飾るネタとしてね。

 やってみたのがね。

「大魔王さんと遊ぼう」でございましてね。

 聞くところによりますと、ドラクエ5の大魔王さんは特に空気との印象を持たれているそうで。言ってみれば、引きこもりの最高峰だなと。

 まぁ、その方向性やキライなもんではないですが。何事も過ぎるは宜しくないと思いましてね。裏ボスさんに比べてラスボスさんは倒すともれなくエンディングが流れて、それ自体も面倒なのでねぇ。

 さらに遊びに来なくなっちゃうのかなぁ〜とかと思いながらね。えぇ。遊びに行ってみました。

 ちなみに遊びにいったのは、全部仲間した中で個人的に一番いらいらした小人族の皆さんにお願いしましてね。

 ちなみに、そのメンツの名前はこれ。

P2260015.JPG


 ウシが愛する阪神の未来の四番(?)であり、栃木県小山市の大学出の方のお名前を頂戴したりして。あまりにも早さがないのでねぇ。作業となったメタキン狩りでも、出遅れが目立ちましたけどね。ぜひとも、調子を上げて頂きたいところです。

P2260013.JPG


 感覚的にはね。やることはやった。まさにキャンプ打ち上げ的な感覚ですな。

 そんな「ゆうすけ」くんをはじめ、小人の皆さんでね。大魔王さんのお山にピクニック。よそ様のところにいくのでね。エチケットとして、除菌していきましたから。本当に遊びにきた感じになりまして。

P2260018.JPG


 あっという間につきました。

 えぇ。こんな投げやりなお言葉を言ってくるおぢさんですけどね。

P2260020.JPG


 結局、ワイワイとやりあって。最終的にはホンキもだしてとね。結構楽しそうにすごしましてねぇ。えぇ、小人とやりあう大魔王。やっぱね、引きこもりもいいですが、時には外出もしてねぇ。人とあい。

 人と会ったり、何かしらするとねぇ。スッキリする一方で疲れますからね。そしたらまた引きこもればいいじゃないと。そのバランスが大切なんだよねーーとかね。

 また、新たなドラクエ哲学を妄想しながらね。自分の中での終止符を打つことができました。

 うん。そーいえば、最後に残ったのが王道なんですけどね。

 どーしようかなぁ〜。と思っています。色々とありますが、もうすぐ春。でも、まだ少し寒いのねぇ。ちょっと小休止して、また新たなドラクエ三昧法を見つけたいと思うウシでございましたよぉ。
車の中に、部屋つくります [2020年02月26日(Wed)]
2020年2月26日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 なんかね。テレビを付ければコロナ三昧の昨今でございますからねぇ。朝、食事をしながらちょくちょく見ますとね。注意喚起という意味では大きな意義があるんでしょうが。

 なんかやっぱり暗くなりますよねぇ。かといって、全く関係ない!とも言い切れませんからねぇ。なんともモヤモヤの続くところでございますね。

 さて、そんなモヤモヤを一時でも吹き飛ばすとなるとね。

 結論から言えば「集中して何かをやれる時間をつくる」ことに限ると思い至りました。そういう意味ではね。もはや修行の域に入ったドラクエ5は意味をなさないのでねぇ。

 何か作りたい!

 そんな欲求に駆られていたりします。

 そんなおり。「どうでしょう」さんの新作を拝見しまして。えぇ、とちぎテレビは毎週月曜日。とても楽しんでおります。えぇ。今回の皆さん、お家作ってるんですねぇ。

 いいですねぇ。何だかんだいいながら作業に入っていくと楽しそうでね。いいなーと思いながら見ていました。

 そんな羨望もね。やれば満たされる。しかしながら、家を建てる必要性も財力も時間もないウシ。しかし、何か作りたい。

 ということでね。

「そうだ、自分の車に部屋を作ろう」

 という自己満足企画をねぇ。つい先日から唐突にスタートしました。

 いやぁ。これまでもね。寒いのが何かにつけてキライなウシ。寒さをしのぎながら、まぁ、DSですけどゲームなどをやるという場合には、日だまりに移動して、温まった車内でゲームに勤しむという所業をしていましたけどね。

 えぇ。如何せん。腰やら何やらが痛くなる。

「足を延ばしてのびのびとダラダラしたいなぁ」

 という欲求は以前からありましてね。やってみることにしました。

 えぇ。ウシの愛車は少し軽バンほどではないですが、箱型の軽自動車でございましてね。後部座席を格納すると、ウシ一人ならば優に足を延ばせるスペースはあります。

 しかしながら、ごつごつしますからねぇ。寝そべるには向いてません。折よく使わなくなったカーペットがありましたからねぇ。こちらを適度なサイズに切って敷いてみました。

「定規を使ってもまっすぐ切れない、線も引けない」

 という特殊技能を持っているウシですが。いい塩梅に蛇行したもののすっぽりはまるサイズに出来ましてね。

P2240003.JPG


 いやぁ、いい感じになりました。

「やればできるじゃん♪のびのびーーーー♪♪」

 とね。ご満悦のウシ。しかしながら、こうなってくるとね。手荷物などを納める棚が欲しくなりまして。これまた折よく、使っていなかったカラーボックスを入れてみました。

 従来は3段でしたが、すっぽり入るようにのこぎりで強引に2段タイプにしてね。切り離した部分も使って、棚を増やし。これまたいい感じ。

P2240011.JPG


 ここまで0円というものねぇ。いいもんです。

 引き出しとかも眠っていたものを掘り出してきてね。引き出し自体も暴れないように固定できました。

P2240011.JPG


 しかしながらね。分かってますよウシ。このまま、移動もできるとGOしたら、振動その他であっさり被災地になるってのも分かってますからね。かといって、いかに不器用&がしょきなウシでもね。固定のために車に直に打ち込むという所業はなしだなと。

「そうだ、板を買って、それに固定すればいいんじゃん」

 とね。アイデアが浮かびまして。意気揚々と近所のホームセンターさんにいきましてね。それなりのサイズの板を買ってきましたけどね。

 これが1000円近くしましてねぇ。板って高いんだなぁとかね。今更ながら不思議な学びがありましたけど。これもそれなりにカットしてね。

P2240007.JPG


 水平をとろう、水平を!とかなんとか言ってねぇ。やっていましたよ。今週の祝日の話ですが、本当に集中してやっていたらしく、うっかり昼飯を食べるのを忘れる始末。

 ま。楽しかったからいいでしょう。

 その後は、「車内でごそごそしてたらあれだからなぁ」とか何とかね。もうすでに不振な行動取りまくりなんですけども。目隠しも兼ねたカーテンやら、付けるための棒を買ってきたりと100均で材料を吟味して揃えてみましてね。

P2240004.JPG


 えぇ。妹から使わなくなった自作(明らかに兄よりも起用です)の座卓をもらったりしたので、入れてみたりしてね。

 うん。個人的にはよい「自分の部屋」が出来ました。

P2240010.JPG


 何かね。寝っ転がりながら、暖かいところでゲームをするが目的でしたけど。ちょっとした作業も出来そうな感じになってきたのでね。ウシ活動にも役立てられる移動式の工房みたいなイメージでねぇ。マイナーチェンジをしていこうと思っています。

 うん。楽しいですねぇ。ものづくり。切ったり打ったりとうまくいかないこといっぱいですけどねぇ。いいじゃないですか。

 もちろん、走行に支障がないように。車検時などには全て撤去できるように作ってますからね。走行する以外での相棒として、付き合ってもらおうと。珍しくワクワクしているウシでございました。
お知らせ:ウシ活動@岡本児童館(3月6日)中止になりました [2020年02月25日(Tue)]
2020年2月25日(火)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、世間で大騒ぎになっておりますコロナウイルス。もうね、どのテレビもコロナ一色でねぇ。色々と取りざたされておりますが。

 ウシは肺炎というものになった経験もないですが、コロナに限らず苦しいもんだそうでね。個人的には風邪か何かで咳が出続け、肺というか胸のあたりがね。苦しくなって・・・という経験は多数ありますけども。

 そんなもんじゃないと。えらいもんだということを聞き及びますとね。感染されてしまった方はねぇ。それはそれはお大事にと。ご家族その他皆さんもね。看病もあり、自身の心配もあり、周りの方への心配もありでね。

 実際は病気だけでない心痛や身体の痛みがあることでしょうからねぇ。色々な情報が飛び回っておりますけどもね。

「とにかく、皆さんお大切に!」

 という気持ちはねぇ。変わらないところでございますね。

 さて、職場まちぴあのブログでも更新しましたが、2月下旬から3月にかけて、まちぴあが予定している各種行事については、事前受付を済ませるものばかりであり、注意喚起その他の徹底もできることから、今のところは通常通りという予定になっております。

★感染症予防のチラシも付けたので、
  関心のある方は、こちらの記事もご参照下さい★


 はい。影響はウシも確実に受けておりますね。本日も3月上旬(3月6日)に予定されていた、宇都宮市の岡本児童館さんでのバルーン教室も中止となりました。

 小さいお子さんを含めた地域の子ども達の希望者が三々五々お集まりになるものですからね。致し方ないものでございます。

 先日もね。こんな感じのマスクを作ってね。ある意味、予防を前向きにとらえようとしているウシではありますがねぇ。ウイルスさんも生き物ですからね。生き物として繁栄しようと、そりゃ必死なわけでねぇ。

「あれ、ウイルスさんの気に障ったかしらん」

 と、多少の不安に駆られているウシであったりします。

P2180001.JPG


 まぁね。気分的には冗談じゃなく、この合言葉のように「気合」も大切。改めて気を引き締めていこうと思うウシでございます。

 えぇ。そんな折、気が付いたのですけどね。

 あれですね。新顔のコロナさんの活躍が著しい昨今でございますが、ウシ的にはこの季節はインフル情報の方が興味深い時期でありましてね。毎朝愛読している下野新聞さんもねぇ。

 この時期は、多い時で紙面の3分の1くらいがインフルの「休校・学級閉鎖情報」で満ち溢れるのがお決まりとなっている気がしています。

「おおっ、明日行く〇〇小学校の3年生は学級閉鎖か。ウシは2年生だ。やるのかな」

 とね。その落城情報とともにねぇ。ある種戦場行く的な感じでね。

「では!出陣いたす!!」

 みたいにねぇ。出歩いていた気がしますけどね。

 今年はインフル情報がえらい少ないですねぇ。えぇ。これってね。騒いでいる分だけ感染症予防がバッチリってことを意味しているのかなと。ある種、予防というものにこれだけの成果があるという証明になっているのかなと思うところでありつつ。

「と、いうことは、これまでよっぽどろくな予防をしてなかったんだな」

 とね。変な反省をするところでございます。えぇ、病気になったらお医者さんのお世話になって、その前には薬の厄介になって。色々とご面倒をかけなければならないわけでございますが、何よりもね。

 薬を買うにもお金がかかるし、時間もかかるし、予定も変更せにゃならん。そんなことを思うとね。日々の体調を管理し、よく食べ、良く寝て。菌はいるんですからね。菌に負けない状態を保持し続けること・・・。

 つまりは、

「予防ってすげえ効果があるんだな」

 とね。今更ながら感心しているウシでございます。個人的にはメガネ曇るから嫌いだったマスクさんもね。予防だけでなく防寒としてもいいじゃんと、自己啓発のきっかけになりましたし。

 マスクの品薄問題もね。如何に大切にあるものを使うかという学びになっています。(そーいう意味では「スローガンマスク」はテープに書いているので再利用化)

 うん。見方を変えれば終末とヒゲすることもないわけでね。そんな気持ちも持ちながら、それなりに注意してこの春先も乗り切っていこうと思うウシでございました。

 皆様も、ご健勝でお過ごしくださいませませ♪
キャッチコピーの練習です [2020年02月22日(Sat)]
2020年2月22日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 えぇ。やっぱりですねぇ。ウシがないとブログの更新回数が劇落ちになる当ブログ。困ったもんですねぇ。

 相変わらずやっているドラクエ5もね。最後の仲間候補・紫のおぢさんが入ってからというもの、本当に同じダンジョン内に入って、MPが尽きると帰って、寝て、戻ってくるという繰り返しでございましてね。

 一種の精神修行のパートに入りましたからねぇ。特段のネタもなく。えぇ、手詰まりな2月後半でございますよ。

 はい。そんなことでね。何とかひねり出した取り組みがこちらです。

 えぇ。マスク。あれですね。本当に世界的な問題になっているのでねぇ。非常にナイーブな状態でなんでしょうがね。個人的にはね、そんなにビクビクしても始まらないじゃないかと思うところもあり、マスクや手洗いやらはねぇ。いつのもの年よりも気を使っている気もしますけどもねぇ。

 なんていうんですかね。殺菌=菌を殺すということはさ。殺されちゃうわけですからね。菌さんは。そりゃあねぇ。えらいことではないですか。だからね、負けない!!ってなって色々と手を変え品を変え・・・というねぇ。

 ことにそもそもなっているんじゃなかろうかとね。だから、何とか菌さんと仲良くなる方法はないものかしらとね。ふと思ったりしているウシでございましてね。えぇ、そんなどうでもいいことに思考を巡られせることが出来ているくらい健康体でいられているからだと思うとね。えぇ、これはこれで思いを巡らせながら、まぁ、心配のタネは尽きない今日この頃でございますねぇ。

 えぇ。それでマスク。コロナさんが騒がれるずっと以前からのことですけどね。ここ数年の特に冬から春先にかけてのこの時期はねぇ。

「子ども達のところに行って帰ってくると身体がだるい」

 という問題がありました。なんでね、予防と題してそのつど風邪薬やらドリンクやらを用いて、なるべく睡眠をとったり、栄養をとったりとしていましたけどね。えぇ、なんともこの調整自体が大変でね。

 えぇ。コロナに限らす菌さんは見えませんけどね。明らかに戦っているなぁというねぇ。しかもかなりな悪戦続きでね。困ったもんだでしたよ。

 元来メガネということもあり、マスクさん嫌いだったのですがね。

 令和2年に入ってからでしょうかねぇ。こんな感じでマスクをして子ども達のお相手をすることにしてみました。

P2100004.JPG


 するとねぇ。次の日の身体がすごいラク。もうね、見えませんけどねぇ。明らかに菌さんにご遠慮いただけているのでしょうかね。こんなにも違うもんかと思う次第でございますけども。

 ね。元来、顔が隠れたところでどうもしない顔面偏差値のウシではありますがねぇ。

「真っ白面積がふえるものなーーー」

 とね。思っておりました。

 そんな折、思いついたのが。

「あっそうだ、今日のキャッチコピー(合言葉)を書いてみようかな?」

 というねぇ。何かその昔、裸で獅子舞だった方がやっていたようなことでございましてね。えぇ、うまいか下手かは別にして。このブログでさらしているようなねぇ、だらだらとした文章はできるとしてもね。

P2180001.JPG


 元来、「短くバキッと!」というたぐいのねぇ。キャッチコピーというか、キャプションというか。短文の表現がね。うまくないなぁウシという自覚もあったので。

 やってみることにしました。ちなみに、養生テープを張って書いています。

 ちゃんと息継ぎできたので。ウシの手元にある文房具で出来るネタ。えぇ、今後しばらくね。マスクさんのお世話になるウシ活動のさいにはね。こうした小ネタも駆使して乗り切ろうと思っているウシでございます。
上限はロング缶発泡酒2つまで [2020年02月18日(Tue)]
2020年2月18日(火)

 はい、どうも。ウシです。

「すいませんでした。どうかお名前だけでも」
「いやいや。名乗るほどのもんじゃありませんから。じゃ!」

 ・・・えぇ。あるもんですねぇ。いや、昨日17日の夜になりますか。夜9:30までの仕事を終えてね。雨の中でしたけど。早いので。多少濡れても自転車で駅に向かっていた時の事です。

 東武駅ユーザーのウシとしては、JR駅東の職場まちぴあを出発してほどない地点のね。交差点でねぇ。信号待ちをしなければと赤信号で止まったときにね。

「しゃすけてくだしゃーーーい」(助けて下さい?)

 とか何とかいうねぇ。ビニール傘が交差点の歩道のところにいらっしゃることに気が付きました。

 えぇ。50後半から60歳くらいのおぢさまでございましてね。えぇ。飲みすぎて足腰が立たなくなったと。向かいにある駐車場の自分の車のところでね。代行さんがくるのを待とうとしたらしいのですがね。

 ぺしゃんとなったままその場から動けなくなったそうで。結果こちらも必死だったので顔形は覚えていませんがね。

P2180004.JPG


 こちらのね、方に体型がにておられました。

 そのブオーンさんがね。「助けてほしくて、こちらをみている」というテキストがね。瞬間的にひらめきまして。ゲームだったら即座に「いいえ」を選択するところですがね。

 現実とは奇也ですよ。10時15分前の電車に乗らないと終電がくるのを一時間近く待たなければならない。助けるか?どうするか?とかね。いやぁ、出ましたね。テキストの選択が走馬灯的にばーーーっと。

 まぁ、結論的には「はい」を選択したウシでございました。まぁ、曲がりなりにも「ツウキン」で鍛えているし。もし、間に合わなくてもドラクエがいるし。明日は昼からだしとねぇ。打算的な計算があっての選択でしたけどね。

「大丈夫ですから!引きずって下さい!!」

 と懇願されるブオーンさんをね。なるべく気を使いながら運んであげました。個人的には負ぶって差し上げたかったのですがねぇ。

 凄いですねぇ。完璧に弛緩しきった筋肉の塊というねぇ。物体の重さたるや、えらい重いもんで。お召し物が良さげなスーツだったのでね。気にかけていましたが。

「大丈夫ですから。大丈夫ですから」

 とおっしゃるのでね。ブオーンさん。すいませんねぇとね。気を使いながら明らかにズリズリいわせてね。まぁ、何とか数十メートル離れた駐車場(少なくとも車に邪魔にならないところ)まで運んで差し上げました。

 その際には、ウシと同じく通りかかったOLさんとおぼしき方が、傘で雨をしのぐ手伝いをして下さったりとかね。まぁ、人様の力もお借りして。ブオーンさんを無事救出しましてね。

 んで。最初の言葉になるわけです。

 うん。男の子としてこの世に生まれたからにはね。一度は言ってもらいたい言葉であり。時代劇好きのウシとしては、あこがれのやり取りですけどね。

 えぇ。個人的にはそこがね。美しいおひい様であれば尚の事よしだったのですがね。現実はブオーンさんでね。

 えぇ。「じゃ!」といって足早に去ったのもねぇ。ギリギリ電車間に合うんじゃね??と思ったからなんですよねぇ。

 ・・・えぇ。そんなことでね。間に合いまして。雨の中の救出劇でしたけどもねぇ。何とか風邪も召さずに済んだしね。良かった良かったと。

 ホントね。すがすがしい気持ちよりもね。明らかに「重いものをもった」という記憶とともに鮮明に残る両腕の筋肉痛がねぇ。ブオーンさん助けの証拠でございます。

P2180001.JPG


 うん。それもこれもね。自転車のおかげでないですかね。歩きだったらねぇ。さすがに無理。

「さみしそうに、さられていった」的なテキストを脳内再生するハメになっていたでしょうしね。自転車でなければねぇ。この救出選択はなかった。

P2180002.JPG


 ですからね。本日は久しぶりに自転車のギア部分とチェーンにクレ5-5-6をしてあげました。おかげでキイキイ言わなくなったしね。自転車も喜んでいます。

 うん。しかしねぇ。いい年こいたブオーンさんも驚いたことでしょうねぇ。ウシも飲みすぎてひどいことになったことは色々ありますが、

「足も腰もたたなくなった」

 という現象は体験がありません。うん。やはりお酒はたしなむもの。適度というものはそれ自体が個人差があり。ウシとしてはね。最近はビールも濃くていけませんな。発泡酒がいい感じです。上限としては「ロング缶2本」!

 これでいいと思いますねぇ。えぇ、楽しく明日に残らない。これが大人の付き合い方だよなぁと思い直しつつ。最終的にはかなり強くなるそうですが、レベル50を超えてもねぇ。

P2180003.JPG


 こいつ何とかならんのかと思っているブオーンさんにもね。ちゃんと愛情を注いであげようと思ったウシでございました♪
バルーン活動@台岡本3区子ども会歓送迎会〜しりあがりは厄介です [2020年02月17日(Mon)]
2020年2月17日(月)

 はい、どうも。ウシです。

 そんなことでね。2月16日にお招きいただいて試作中のにいぬま・・・じゃなくて「ねずこ」づくりをやってウシも楽しんだ、宇都宮市の岡本地区「台岡本3区子ども会」さんの歓送迎会での本体ブログを更新しておきましょう。

 あれですね。未だにお名前を忘れたままですが、「餅を詰まらせた〜」のネタの芸人さんね。なんであの印象がね。ねずこさんの生え際と格闘していると浮かぶかと申しますとね。その前日の夜にアメトークでね。子供向け番組に出てらっしゃる芸人さんたちの回をやってましてね。

 子どもさんとのお付き合いについてねぇ。色々と語られる中でね。「あぁ〜分かるわぁ」とかなんとか言いながら見ていたからですね。しかも深夜枠の番組でそのあとすぐに寝ましたからねぇ。何か印象に残ったまま本番に行っちゃったからなんだろうとね。

 自分の脳内を推察致しました。

 えぇ。子ども相手といえば「体力勝負」的なところがありましてね。個人的な感覚から気力を呼び起こすにも体力がないと疲弊の一途をたどることになるので。ここが大変だと思いながら。また、

 何回かお邪魔して完全に馴染みになった学校や子ども達はね。より遠慮なく攻め込んできたり、一方で急に興味をなくしたりとしてくるもんでね。その場その場空気感を読む力ってのもねぇ。ないとねぇ。うまく流れを作れなかったりしてね。

 子ども相手ですがねぇ。子ども扱いはしないスタイルのウシですが。プロのレベルでないにしてもねぇ。子ども達の相手はそれなりに大変かつ楽しいもんですな。

 えぇ。そんなことで子ども会の歓送迎会。

 会場について準備をしている最中はね。行きなれた岡本北小学校の学区内だということでねぇ。まぁ、テキトーにできるだろうと思っていたウシですけどね。

 今回の子ども達(低学年&4月からの新1年生&高学年&卒業予定の子たち)が30名ほど参加下さいました。何かね、家族さんと一緒に来られる方々のテンションが微妙に低めでね。

「今日は、サンドイッチもらえるっていうから来ただけ」

 などという子たちもねぇ。幾人かありました。えぇ、これは手ごわそうだと思いましたけどねぇ。そもそも、参加したい子たちが集まる宮っ子ステーションとね、多少親御さんの都合もあり、日曜日の朝で雨ですからねぇ。
 
 ウシも若かりし頃を思い返しますとね。そうですよ。こうした行事に高学年に参加となるとねぇ。運動クラブに所属しているわけでもなく、勉強をしたいわけでもなく、ファミコンくらいしかないのにね。何かね。こうした行事がこそばゆく。まぁ、理由もなく面倒でね。

 まぁね。その心持ちやよく分かるとね。大人になって、あまつさえ向かい入れる側に待ってみますとねぇ。こうした時にはねぇ、

「せっかく来たんだから楽しもうよ!!」

 とかと、声を大きくしたくなる気持ちにもなりますがねぇ。まぁ、こうした時は相手の調子の上がりを待てばいいとね。またしても脳内整理をして臨みました。

P2160005.JPG


 えぇ。やった内容もいつもと一緒でね。一緒でしたが、ほとんどの子たちが岡北小の宮っこでウシと遭遇していないご新規さんだったようでね。いつもだったら、イヌの時点でマックスなのですがね。

 ロースタートとなりました。一方で心は大人になりつつある高学年が半分くらいを占めていたのでね。技術的には初体験でもなかなかのもので。

 イヌ→剣→ハートといくにつれてね。そういえば、ウシが意外と忙しくなってきましたね。

P2160007.JPG


 約1時間の予定でしたが、40分経過くらいで自由工作になったあたりでね。結局ワーワーやってましてね。じゃんけん用に作ったポケモン系バルーンを試作しようと試みたりと、かなりな繁盛ぶりでございましてね。

 まさにしり上がり。クローザーなんて必要ない的な完投ペースになっていきましてね。結果、30分の延長をしてね。

「もう、終了でいいんじゃないですか」

P2160008.JPG


 と、ウシがお母さま方に懇願するというねぇ。繁盛ぶりでございました。えぇ、最終的には子ども達が押し切ってくれたのでいつも通りとなりましたけどね。最初っから元気であれば最初っからそのつもりで行く一方、途中にギアチェンジされるってもねぇ。

 なんか大変です。えぇ、まぁどっちみち、存分なバルーン遊びが出来、特に来年度から岡北小に通う子たちとは、

「また学校で遊ぼうねーーーー♪」

 などとなりましたからね。えぇ。めでたしめでたしということで。2月ウシ活動は締めくくりとなりましたとさ♪
新沼謙治の方っぽくなりそうです [2020年02月16日(Sun)]
2020年2月16日(日)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、本日はね。早くも2月最後のウシ活動がありまして。お招き頂いた宇都宮市岡本地区の「台岡本三区子ども会」さんの歓送迎会にお邪魔してきたウシです。

 学区的にはね。岡本地区の小学校の中で唯一ウシを呼んでくださっている岡本北小学校の子ども会さんだったのですがねぇ。さてはて、その様子はどうだったか。それはね。明日あたりに更新したいと思います。

 えぇ。2月最後のウシ活動って書きました通り、最後ですからね。正直にバルーン活動を更新していくとね。

 3月頭まではもれなく、ドラクエ5の思い出話か阪神のキャンプの感想をだらだらと書くというねぇ。まったくニーズに関係のない垂れ流し状態になるのでね。まぁ、もともとが垂れ流していますけどね。

 えぇ。別に世間様には大変はないと思いますけども。不思議な「まずいなぁ」という感覚があるわけでございます。

 うん。どーでもいいんですけどねぇ。不思議なこだわりって奴ですよ。

 ですからね。風船ネタを水増しする意味合いでもね。最近はじめた「ねずこ」の練習ネタをお送りします。

 えぇ。この日も基本的は工作教室でしたからね。会場について準備をしました。子どもたちが最初に風船になれるためのストックを作ったり、宮っこステーション時の恒例行事「じゃんけん大会」のためのポケモンなどを作ったりとしていましたね。

 その流れでね。やり始めた「ねずこ」。前回の御幸ヶ原小(あっ、そういえば隣の地区だ)では、ねずこねずこの大合唱となりましてね。

 変な自身を得つつも。初チャレンジということもあり。内心はそうでもないと思っていたウシ。まずは自分が納得することが第一ですからね。

 再チャレンジしてみました。

 えぇ。その成果がこちらでね。

P2160009.JPG


 前回と比べるとまとまりは良くなりましたねぇ。ピンクのリボン的なものもね。ふくらましきらないひも状の風船を用意してちょこちょとやってみたりと工夫をしてました。

 ・・・まぁね。そもそも、ディホルメバージョンになってしまうことはさておいてもらってもね。まぁ、前回を知っているウシとしては、まずまずでしたが、内心は「もう少しできそうだ」とかと思っていましたけどね。

「なにそれ?似てない!!!」
「へんなの〜〜〜」

 などとね。岡北の子たちは中々な辛口でございましてね。一瞬、だから練習中だって言ってただろう(怒)などと思いつつ。それもそうだと痛い所を突かれてました。

 いやぁ、改めてね。ねずこというか「長い髪のキャラづくり」が目的の1つになっていますからねぇ。試作していますとね。このねずこ。

「あれ?なんか、おでこの感じと中途半端な長髪にすると、餅を喉に詰まらせた新沼謙治さんのネタの方みたいに見えてくる」

 と、思いましてね。えぇ。

 女の子のつもりが失敗するともれなくおぢさんの芸人に見えるかも・・・という恐怖をね。改めて感じながらねぇ。まぁ、何とか「今日のところの完成」にこぎつけたウシでございました。

 うん。不思議ですね。

「似てない!似てない!!」

 言ってたくせにね。いざじゃんけんの時間になり。まぁ、ねずこはね。似てないの通りおまけ的ですから。欲しけりゃくれてやる的なものなのでね。じゃんけんするか?というとね。

 なぜか、ポケモンよりも立候補が多い始末。

 うん。まぁ、それなりに見えるものを提供できているという理解でね。いいのかなと思ったウシでございました♪
愛が通じました♪ [2020年02月15日(Sat)]
2020年2月15日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 さてさてさて!昨日(2月14日)の話でございますけどね♪

 骨の髄まで楽しもうと、「モンスター全員仲間にする」「レベルカンストまで愛する」を目標にかかげやってきた「ドラクエ5」(DS版)

 最後の難関なのでしょうか。クリア後にお仲間になる紫色のおぢさんにね。やっと愛が通じまして。ウシおぢさんうれし涙でございました。

P2150001.JPG


 いやぁ。長かった。もうね、精神修行に近くなっておりましてね。まさにノルマ。もうね。ゲームよりもこれまた少しづつ楽しんでいる読書の方に傾倒しながらねぇ。

「もういやだ」
「冒険じゃなくて完璧に出勤になってんじゃん」
「6があるから浮気しちゃおうかな」

 などとね。出てくる出てくる。惰性、弱気、根気負け・・・ある種画面上のモンスターよりもね。自分の脳内の気持ちの中で出来る魔物との攻防がねぇ。熾烈を極めておりました。

 まぁ、そんなこともね。「ぴろりーん♪♪」の戦闘後の音(レベルアップのファンファーレは聞き飽きました)を聞いてねぇ。良い思い出だったなと。えぇ、「終わりよければ全てよし」。終わってませんけどね。その言葉は本当だと実感しましたね。

 前回の「薬味」の話のようにねぇ。いやぁ、明らかに飽きがきているものを何とか続けるための工夫も色々考え付きましたしね。これはこれで良い学びになりました。

 その中でまた新たな発見はね。「名前変更」ですね。えぇ、これまではねぇ。ドラクエがねぇ、外国的なイメージのある物語ですから、ひらがな名前は論外だと思っていたのですがね。もう随分前の気もしますが、例の子ネコの名前をゲレゲレにしてみたことからの派生でしょうが、

 自分が好きなものからイメージして、名前を付けてみようと思い付きました。ウシが好きなもの。野球ですね。阪神ファンのウシとしては、先日、野村さんがお亡くなりになったのはね。びっくりしましたけど。

 思い起こせば、阪神の監督さんになられる前の吉田さんの最後の年からねぇ。同じ「克洋」というお名前の平塚さんという方がいるというに気が付いてね。また、負けても負けても偉い勢いで応援している皆さんをみて不思議な勇気をもらいまして。

 そっから追いかけるようになったんですよね。まぁ、確かその年の暮れあたりに克洋さんは確か西武に移籍されたそうですがね。阪神ファンはそのままになりまして。

 えぇ。キャッチボールをすればなぜか鼻頭にボールをぶつけ、よく真っ赤かになっていたねぇ。どちらかといえばキライなスポーツの野球がね。左利きでね。好きなだけでうまくもなんともないし。学校の授業以外でやったこともないですが、それなりに捕手の真似事ができるようになったのはね。

 この時の影響ですよ。なんでしょうね。「なんとかしよう」とする様がねぇ。何か好きだったのかもしれませんね。遠山さん、葛西さん、伊藤さん・・・この辺りはねぇ。たまりません。

 その後でね。もっと知りたくなり「あぶさん」を知り。パワプロにはまるようになってねぇ。もうね、野球はいいもんです。

 個人的にはね。ペナントが始まったらハラハラするだけなので、変なもんでキャンプのこの時期が一番好き。あれこれと妄想しながらね、過ごすのねぇ。

 えぇ。で、名前。

 野球選手さんにかこつけた名前に使用とね。ひらがなをメインに名付けて遊びはじめましたよ。例えば、足の速いはぐれメタルくん。

「足がはやい・・・。うん、ふくともで」

 とか言ってやり出してね。まぁ、やっぱ苗字よりも下のお名前の方が良いと思い直してね。最近、よくみているユーチューブの高木豊さんもね。豊かだし。ウシと同じヘアスタイルだしねぇ。

P2150002.JPG


「ゆたか」に再変更してみてね。

 えぇ。管理人のおじいさんにね。

「よし!今日から「ふくもと」は「ゆたか」じゃ!!」

 とか言われたテキストにね。助けられながらねぇ。過ごしました。ちなみに、キングスライムは王なので「さだはる」、まほうつかいはじいちゃんなので「よしお」などとの付けさせてもらってね。

 うん、変な感情移入が生まれましてねぇ。無事に彼らはカンストまで楽しく過ごすことができました。

 えぇ。今現在は、仲間に入ったら付けよう!と思っていた、紫色のおぢさんに「かずひろ」と名付け。頑張ってもらいながらね。

 最後の最後に残っていた、小人族(コロボックル族でいいの?)の皆さんと精神と時の部屋に入ろうとしております。

P2150005.JPG


 えぇ。事前にデータを見る限り、何かね。ネタキャラ的な子たちなのでしょうか。どう役に立たせていくか考えながらね。彼らも成長させていきたいと思います。
「薬味」って大切です [2020年02月13日(Thu)]
2020年2月13日(木)

 はい、どうも。ウシです。

 いやぁ〜〜。新年年明けから取り組んでいる「ドラクエ5」(DS版)。未だに頑張っておりましてね。貴重なプレイ機会である、出勤途中の電車の中でね。音を出さずに、ほそぼそとやってましたらねぇ。

 中学生か高校生かあたりの豎子らにね。「おい、あの坊主、DSやってるぜ」的なことを言われたようでございましてね。えぇ、いっぱい乗ってらしてましたけど。ぱっと見坊主と見受けられるのはウシしかいなかったのでね。

 ちらりとそちらを見たらば、それなりの反応を頂きましてね。えぇ。世間ではリリース済みらしいですが、スマホ版もあるそうですけどね。

「ゲームはゲーム機でやるもんだ」

 と思っていますからね。特に意に介しませんでしたよ。

 うん。骨の髄まで楽しんでやろうとね。やっているドラクエ5。正しく自分との闘いの様相を呈しておりましてね。本編クリア後の洞窟にねぇ。えぇ、もう、ご出勤状態でね。ヒゲ面のおじさんを仲間にしたいのですがねぇ。何匹倒したかの数がカンストしてもね。

 愛が伝わらないみたいでねぇ。えぇ、これが最後の一匹でありますからね。

「もういいよ、よく頑張った」
「いやいや、決めた目標までやるんだろ!」

 という、脳内のウシがね。ゲームをやっているとゲーム機外で戦っているもんだからねぇ。面白いもんです。

 ま、こうした場合、弱気といいますか、どうしても初志貫徹じゃない方に流れそうになるというのは、仕事でも趣味でも一緒でね。こうなってくるとねぇ。何とかして、気分転換を必要としてくるんですな。

 えぇ。気分転換。すごい大事ですよね。今更ですけどね。これに気が付きました。えぇ、もちろんね。目標達成に必要なための気分転換ですけどね。つまりはこの転換はね。

 いってしまえば、食べ物の「薬味」と一緒の意味をもっているなぁと。思ったわけです。

 お蕎麦などの薬味ね。あれですね。ちゃんと分かっている人は分かっているでしょうけどね。ウシなどは、お蕎麦を食する際に、まず麺つゆに薬味を投入してから食ってしまうということを平然とやっていたのですけども。

 えぇ。ただ、「食べ終わす」(しかも限られた時間で)ということを完遂するならばね。まぁ、ありな選択だったのかもしれません。

 しかしながら、食べる量も少し変わってきた昨今。そんなに急がずともという気持ちになったのかねぇ。少し普通に食べてから薬味を入れる。

 これを覚えましてね。えぇ。非常に味が変わるもんだとね。ばかみたいに感心したのでございますよ。

 えぇ。昨今は寒い日が続いていますからね。いつもは、寒さにかまけてカップラーメンを食べことが多かったのですがね。ふと、ある時、お豆腐がねぇ。カップ麺の半額くらいで買えるじゃんということに気が付き。

 お湯とレンジを使って湯豆腐にするという技を思いつきました。えぇ、暖かくていいですねぇ。湯豆腐。腹の中に熱い豆腐がスッとはいるのもたまりません。

P2100001.JPG


 写真は、職場での夕食の際のものですがね。取り皿にとりたいのですが、そこまではせず。基本麺つゆを多少かけて食しています。

 こんな感じでね。最近はほとんど湯豆腐三昧。もめんか絹が変わるだけでね。味は分かりやすいお味。自宅でもそうなっちゃって。

 毎日続けるとね。それなりの気分になりますが、ある時はポン酢、刻み葱、大根おろしをちょっと添えるのもいいですねぇ。

 いきなり入れるのではなく、少し食べてから変えてみる。うん。最高です。

 おかげで飽きが来ませんよ。えぇ、そんなことでね。毎日の仕事でもお遊びのドラクエも、ウシもね。薬味の観点は大切です。

 まぁ、ドラクエはね。とりあえず、紫のおじさんが仲間に入るまでは、仲間にした方々をレベルカンストまで上げてみようという目標を立ててね。臨んでいます。

 カンストメンバーが出たら、随時、素レベルの新人が入ってくるのでね。その際にはあっさりハラハラ大冒険になりましてね。現在、120時間を目前にしておりますが、

「自分の立てた目標までやりきる!」

 を目標に頑張っているドラクエ5。湯豆腐のごとく、薬味を探し考えながら骨の髄まで楽しもうと思っています。
バルーン活動@御幸ヶ原小宮っ子(3年生) ウイルス対策で臨みました♪ [2020年02月10日(Mon)]
2020年2月10日(月)

 はい、どうも。ウシです。

 そんなことでね。「なんちゃってねずこ」さんづくりをした、宇都宮市立御幸ヶ原小学校の宮っこステーション(放課後教室)でのウシ活動の様子でございますよ。

 えぇ。こっちが本編。ブログやFBの関係上ねぇ。ねずこを後にすると、違った意味で恥ずかしい画像がトップに居続けちゃうのでね。工夫をしてみたウシでございます。

 さて。ねずこの片手間・・・でなくて、本来でやってきたウシ活動。御幸ヶ原小さんは昨年12月にお呼び下さいましてね。ここ数年は、年1回の召喚が多かったのですが、その際にね。近々やってもらえるかと有難いことを申し出て頂けまして。

 えぇ。こちらとしてはウシ活動は先着順。仕事との関係もありますが、特にやることが明確(いつも一緒)の工作教室はねぇ。特段気張ることもないのでね。いつでも早めにどうぞといったらね。

 まさかの年度内召喚となりましてね。えぇ、気に入ってもらえて何よりでございました。

 そんなことで2月10日の今日は、3年生48名だかが参加してくれました。えぇ。ほぼ50名ですからね。気張らないとかいっておりましたし、御幸ヶ原小さんは材料の準備もして下さるところなのでね。前々から聞いている癖にねぇ。

「えっ、マジで!?」

P2100005.JPG


 となる始末。えぇ。50名の教室というのはねぇ。かなり多いところですよ。そんなことだったのでね。このところ、子ども達のところに行けば、もれなく何かしらの菌を頂戴し、いってしまえばねぇ。毎週毎週ワクチン打ってる状態のウシなのですが。

 ここのところワクチン過多のようでね。菌に押され気味感を感じていましたから。本日は、マスク着用でね。対応させて頂きました。

 えぇ。本来ならね。メガネウシは曇るし、声はこもるし。耳はむずがゆくなるのでねぇ。あまり好かないのですがねぇ。菌の襲来に備えるのが年々厳しくなってきているからか。

「おおっ、マスクいいねぇ」

 と、再認識しているウシでございます。そんな防備万全でね。臨んだ本日。

 昨年お会いしたワンチャンのウシ教室経験者が今回の3年生ということでね。えぇ、見返せばああ確かにと見覚えのある子たちもたくさん遊びにきてくれました。

 そんなことでね。彼らにとっては一年ぶりですから、復習の「イヌ」から始まり、「剣」「ハート」とやってもらってね。えぇ、最初からねぇ、テンションマックスの飛沫感染し放題状態でね。盛り上がってくれました。

P2100009.JPG


 先の「ねずこ」の一件がありましたから。個人的にも早く自由工作に行きたかったウシ。もうね、さすがは上級学年になろうという、もう少しで4年生の3年生たちですからね。その辺は空気を読んでいたのか、

P2100008.JPG


 マジでねずこを期待していたからかは定かではないですが、結構自分達でやってくれたのと、先生たちの奮闘もありましたからね。たっぷりと自由時間をとることができましてね。

 キャラに負けじと人気のある「弓矢」や、ねずこよりは自信があるものの多少不安であっても結構人気のある「ヒバニー」など、それぞれに作りたいものを作ってくれてね。

P2100014.JPG


 まぁ、そんなおかげもありまして。ウシもねずこ練が無事にできたのでございました。

 うん。良かった良かった。

 こんな子ども達も含めた皆さんの成長のおかげでね。ウシもそれなりに鍛錬をつめていると思えた本日。マスクのおかげで変なだるさもないのでね。また、宜しかったらいつでも、お早めにウシの召喚依頼を下さいませませ♪
| 次へ