CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年10月 | Main | 2019年12月»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
バルーン活動@岡本北小宮っ子(2年生) さすが2年生! [2019年11月26日(Tue)]
2019年11月26日(火)

 はい、どうも。ウシです。

 えぇ。このブログを開設させてもらっている「CANPAN」さんでね。何やらサイト上の更新をされているのか、11月26日現在ブログの構成がとっちらかっておりますけどもね。

 まま、こちらとしては間隙を縫っての更新でございますからして。元通りになることを祈りつつ、こちらは平常運転でやっていきましょう。

 えぇ。ヤフーさんでやっていたウシブログを移転して半年ほどが経過しますけどもね。チラホラと活動をしているとこのブログを散見下さったとのお声も頂くをことがあり、それなりに公開している意味があるんだなぁと思っています。

 またね。ICTがどうしたとかと何かとネットを介した物事がすすめられている今日。どうも好かないというのが一番ではありますが、仕事上・ウシ上と必要最低限しか通信をしたくないウシとしましてはね。

 本当に思いますよ。名前もなにも分からない幾多の方々によって提供される様々な行為や物事によってね。日々の便利が支えられているとね。えぇ、ですからね。どうしたって自分の都合とは合わないことというのは多々ありますからね。師走に向かおうとしている昨今ですし、さればこそ落ち着いて過ごして参りましょう。

 さて。「落ち着いて」といいますとね。昨日の11月25日は、ウシ活動をご依頼下さった、宇都宮市立岡本北小学校さんの宮っこステーション(放課後教室)に行ってまいりました。前回11月11日は、1年生対象。そして本日は2年生対象ということでね。

 これにてノルマコンプリートということになりました。

 いやぁ。岡本北小さんは学生さんかな?若い方がコーディネーターとして一緒にやって下さいますからね。子ども達の元気に毎回押され気味のウシとしましても何とかやっておれるわけですがね。

 今回もそんな皆さんのご助力を得ながらねぇ。バルーン工作教室を行いました。2年生30名ほどがご参加で。毎年お呼び下さっているので昨年彼らが1年生の時にもね。

PB250008.JPG


 全く同じことをやっているハズなのですがね。例によって始める前に確認を取るとね。半分以上は教室経験済み。市内や近隣の河内図書館などのイベントでウシとあったことのある子たちも多数いるのにね。

「じゃぁ、作り方覚えてる???」ってなるとねぇ。

「??????????」

「今日はみんな作るんだぜ?」

PB250013.JPG


「ええぇーーーーーーー!!!!!!」

 とね。なるからねぇ。まぁ、やってられるウシでございますけどね。

 工作の流れはね。前回(というかほかの学校でもほぼ毎回)一緒ですよ。「イヌ」→「剣」→「ハート」となってね。残り時間はいいだけ風船で遊ぼうです。

 前回の工作教室での唯一といっていい失敗はね。確かにいいました。「丸い風船を使って遊ぶけど、バレーとかサッカーとかスポーツはするな」とね。

 確かに1年生たちはそれはなかったのですが。風船に慣れ、破裂にも体勢ができ。自分で遊べるようになると子どもたちの元気スイッチが完全にインするらしく。気が付けば、

 ドタドタドタドタドタ!!!!!!!

 とね。剣や弓矢やらをもった子たちの徒競走大会が催されてしまいましてね。後半ウシも体力を消耗しておりますからね。ホント、ハッと気が付くとねぇ。いやいや、盛大に盛り上がっていたということでございましたからね。

 今日はスポーツでなくアートだからとかいう雑駁とした言い方ではなく。

「追いかけっこ禁止!!」

PB250028.JPG


 とね。宣言して展開していきました。まぁ、初めてみるとね。中には何とかウシに作らせようとできないできないを連発する子はありましたけどね。適宜やっていると、まわりの子たちがガンガン遊んでいくからね。いつの間にか、そんな子たちも一緒になって作ってるという展開がありましてね。

 えぇ。何だかんだいってもこの辺が2年生ですね。

PB250034.JPG


 落ち着きが違うわけでございますよ。

 確かに1年生とは違いますねぇ。ワイワイガヤガヤと盛り上がりながらね。いやぁ、風船作った作った。毎回多めには持ち込んでいる風船がね。ほぼなくなるくらいの創作をしてくれてねぇ。

PB250036.JPG


 うん。かなりちゃんとした教室に近いバルーン遊びをすることができました♪

 やー。こんな感じで無事にコンプリートできた岡本北小宮っ子ステーションのバルーン教室。また来年度ということになると思われますけどもね。良き意味で、

「忘れたーーーー!!!」

 と言ってもらいながら、結局はわちゃわちゃと風船遊びが来年も出来ますように期待させてもらいませう♪
出展予定!「かぬまにこにこフェスタ2019」(12/1@鹿沼市情報センター) [2019年11月23日(Sat)]
2019年11月23日(土・祝)

 はい、どうも。ウシです。

 今週中旬を境に雨が続いている栃木県。宇都宮市も栃木市ももれなく雨なので。10月の台風に見舞われた県内各地が心配になるところですが、それとともに寒さも強くなってきましたね。

 周りも心配ですが、まずはウシ自身のコンディション。そして年末〜年始にかけてのお仕事も含めた日々環境のコンディション。身近なところから整えてね。インフル情報もチラホラと見かけるしね。いろんな意味で整えて参りましょう。

 えぇ。仕事上、先々の予定を加味して書類やらを作製することも多いわけですがね。11月も終盤に入ってくると「令和2年」の文字の登場が当たり前になってきたりして。えぇ、今のところね。何かこうした仕事・活動上のサイクルもねぇ。日々の経過スピードを加速させているんではないかと思ったりする昨今でございます。

 さて。ウシ活動。

 うってかわってね。12月の出演予定イベントのチラシを見つけたのでね。更新記録稼ぎもコミで紹介させて頂きます。

「かぬまにこにこフェスタ2019」

kanumanikoniko.jpg


 ね。一昨年あたりから、鹿沼市でのウシ召喚を下さっている、鹿沼市内の活動団体「子育て支援クラブレインボー」さんをはじめ、子ども・青少年育成などの活動団体の皆さんが実行委員会を組織して行われているイベントだそうでね。

 ウシにもお声がかかりました。

 もちろん。バルーンアートです。何でも聞くところによるとね。えらい人数の子たちが一堂にワッと押しかけるそうでございましてね。これまでは、中学生だか高校生の若者たちが複数人でバルーンの提供をされていたそうです。

 が、今年は色々な工夫もあってバルーンの担当(自分でいうのもなんですが、結構大変だよね♪)ないとのことで。しからば、縁のあったウシにということでお鉢を回して下さったということだそうです。

 しかしながらレインボーさん。分かっています。

「すごい人数きちゃうので・・・」

 とのことで。質より量。とにかく個数だということですよ。そしてね。最近は「ファイアーエムブレムの一人残したボスをチクチクやってレベルをあげる」が趣味のインドア・ウシをおもんばかって下さりね。

 助っ人さんもご用意頂きました。えぇ、実はこの方、ウシにバルーンを仕込んでくれた方でね。おししょうさんなわけでございます。何でも昨年まではイベント会場で駐車場担当をしていたそうですがね。

 いや。おまえがやれよというやり取りが夏場に声掛け頂いた際にありまして。ウシはししょうのサブでね。それなりに活躍しようと思います。

「イヌ」「ウサギ」「キリン」「ハート」「剣」あたりの作品が主力かな。

 久しぶりにししょうの早業を見ながらね。ウシは台風の影響で「アンパンマン用」にストックしてある風船が大量に残っていることからね。年代的にもいいし、在庫一掃を兼ねてアンパンマンでも作ってね。過ごそうと思っているウシです。

 そんなことで。12月1日は、「かぬまにこにこフェスタ」。会場は鹿沼市情報センターとのことのなので近在にお住まいのご家族さんはぜひ、遊びに来て下さい。

 そうそう。主催者の皆様のご配慮により、今回のバルーンは無料配布になりますので。お気軽且つ、存分に楽しんでいただければと思いますので。鹿沼市の皆様、宜しくお願いします♪
うつのみや暮らし復興支援センターでの活動〜主役はハトさん?? [2019年11月20日(Wed)]
2019年11月20日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、職場まちぴあの関連もありましてね。昨日の11月19日は、台風19号の水害復興支援の活動を行っている「うつのみや暮らし復興支援センター」さんのクリーンアップ作戦に参加してきました。

 えぇ。11月上旬まで行っていた「田川クリーンアップ作戦」の後継活動として立ち上げられた団体でありプロジェクトということで。人見知りで面倒くさがりのウシとしましては、

「初の午前中」

 ボランティアとなりました。えぇ。なんだかんだとウジウジするからねぇ。いけないんですよ。まぁ、午後は市役所関連の会議があったからということもありますが、まるで活動するため専用にぽっかりと時間が空きましたからね。

 行ってきました。はい、また一つハードルを越えましたね♪

 不思議なもので。田川沿いからスタートしたクリーンアップも、近隣の住宅や市道など「沿い」から離れそうだということもあって。少し前まで名前をどうするという話題があったように記憶しておりますが。

 そんな話題を耳にしていたウシは、個人的にネーミングセンスもないこともあって。単純に「田川のまわりクリーンアップ作戦」でいいじゃないとボソッと発言しましたらね。

 えぇ。クリーンアップや地域サロンなど様々な支援の方法やニーズも出てきているそうで、上記にあった「暮らし復興支援センター」なったそうでございますけども。

 ウシとしましてはね。なぜか毎回同じ(主催団体は違う)場所でございましてねぇ。えぇ。個人的にはやっぱりね。「田川のまわり」でいいんだなと思っているところです。

 うん。現場が一緒っていうのもね。個人的には不思議と安心します。

PB190018.JPG


 さて。19日の活動。午前中3名、午後2名(延べ人数では4名)の協力者があって、側溝のクリーンアップを行いました。計60袋だったとのことで。その半分ほどをお手伝いしたことになりましたね。

 活動の詳細はこちらの「まちぴあブログ」を参照下さい。

★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★

 風のうわさによりますと、この日の様子が「とちぎテレビ」さんのニュースで報道されておるそうで。ウシの中身の坊主頭も映ってます?・・・ツラも醜悪、声も機械を通すと嫌いなので。個人的にはあれなんですけどね(汗)

★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★

 えぇ。そんなこんながありましてね。無事やってこれたわけですよ。

 庭先などある程度スペースがあるところとはね。作業は一緒でも体勢や身体の運びが違いますけどね。場所によってはドロっぽくなりますがねぇ。それなりに活躍できました。

PB190007.JPG


 あれですね。側溝の掻き出しもさることながら。増産されていく土嚢袋を整然と指定の場所まで運ぶってのもね。大切な役割でございましてね。そういう意味ではねぇ、汚れてもいい服装と、手袋と。準備をそれなりにして来てもらえれば、やれることはいくらでもある。

 そして今回に関しては、どの作業も公平?に重い。ということでね。

 いやぁ。ホント色々な形でご助力下さる皆さんに感謝な一日となりました。

 ・・・ま、そんなことなのでね。作業を切り上げさせてもらったあとは、市役所の会議が行われる市民センターの近所の公園でね。お弁当を食べました。

 なぜか、食べたくなるから揚げ。

 しかし、バスケットやからあげメインの弁当はねぇ。少々油過多。最近、付け合わせを覚えましたのでね。のり弁にプラスワンで楽しんでおりました。

PB190028.JPG


 ハトがいますね。平和の象徴。中心部はハトさんが多いです。

 数秒でね。

PB190027.JPG


 こんなになりまして。

 えぇ。恐いです。餌なんてね。やってませんよウシ。弁当あげるくらいなら自分で食べますもの。エサやり禁止の注意書きに忠実な小市民なのにね。

 ハトさん大群。えぇ。結局いそいそと平らげましてね。えらい平和の象徴もあったもんだと思いつつ。まぁね、よきびっくりタイムも過ごしたウシでございましたとさ。
バルーン活動「12月」更新しました! 12月は赤い・・・ [2019年11月18日(Mon)]
2019年11月18日(月)

 はい、どうも。ウシです。

 いやぁ。何かすげえはやいんですけど・・・。11月。なんかあっという間に15日の折り返し地点に到達してね。もうねぇ。20日になろうとしていますねぇ。個人的にはね、10日くらいじゃないですかというのが体感ですけどね。

 気が付けば下旬と言われる時期に入るではありませんか。えぇ、何ともねぇ。この時間の通り過ぎるスピードにねぇ。何とか添えるようにね。したいところでございます。

2019.12.JPG


 そんなことでね。11月に引き続きうっかり更新し忘れそうなので、気が付いた時に12月の活動予定を更新しておきましょう!!

★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★

【プレゼント系活動】
 ※バルーン初心者の方では協力が難しい活動です。
  ひたすら作る系の活動です(汗)


@2019年12月1日(日)
■協力催事
 → 「かぬまっこにこにこフェスタ2019」(鹿沼市)
■内  容
 → 会場内でのバルーン作品のプレゼント活動(無料)
■時  間
 → 10:00〜14:00(予定)
■会  場
 → 鹿沼市内
 ※詳細が分かり次第、別記事で紹介します。

A2019年12月15日(日)
■協力団体
 → 宇都宮ピアノ研究会(宇都宮市)
■内  容
 → 研修会主催の「クリスマスコンサート」に協力し、
   バルーンプレゼントの実施。
■時  間
 → 13:00〜16:00(予定)
■会  場
 → 宇都宮市文化会館

B2019年12月19日(木)
■協力団体
 → 読み聞かせの会「ほほえみ」(宇都宮市)
■内  容
 → 会が担当する「クリスマス会」に協力し、
   バルーンプレゼントの実施。
■時  間
 → 9:30〜12:00(予定)
■会  場
 → 宇都宮市東生涯学習センター

★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★

【教室系活動】
 ※子ども達と一緒に作って遊びます。
  バルーン初心者の方でも、遊びながら活動できます!


@2019年12月2日(月)
■協力団体
 → 陽光小宮っ子ステーション(宇都宮市)
■内  容
 → 児童を対象にした、バルーン工作教室の実施。
■時  間
 → 15:00〜17:00(予定)
■会  場
 → 宇都宮市立陽光小学校

A2019年12月3日(火)
■協力団体
 → おしゃべり交流会(宇都宮市)
■内  容
 → 子育てサークルの参加者を対象にした、
   バルーン工作教室の実施。
■時  間
 → 10:30〜11:30(予定)
■会  場
 → まちぴあ

B2019年12月16日(月)
■協力団体
 → 御幸ヶ原小宮っ子ステーション(宇都宮市)
■内  容
 → 児童を対象にした、バルーン工作教室の実施。
■時  間
 → 15:00〜17:00(予定)
■会  場
 → 宇都宮市立御幸ヶ原小学校

C2019年12月22日(日)
■協力団体
 → 子育て応援サークル「こっころ」(宇都宮市)
■内  容
 → 児童を対象にした、バルーン工作教室の実施。
■時  間
 → 10:00〜12:00(予定)
   ※内30分程度を担当?
■会  場
 → まちぴあ

★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★

 ・・・はい。12月はね。こんなところですねぇ。件数からいうと7件でね。中々なボリュームですがね。そのほとんどが職場「まちぴあ」の関連団体さんでございましてね。えぇ、順序的には出勤と変わらんというあたりがね。多少気が抜けるポイントかもしれません。

 そしてね。個人的にはねぇ。

 見違えるほどにやせましたしね。もうねぇ。見る影もないですからね。ロングヘアどころか髪の毛ないですからウシ。えぇ。ですからね。

 件数がどうというよりもねぇ。一番返上したいのがねぇ。「サンタ」です。えぇ、愛用の100均サンタがね。すでに100均じゃなくなってしばらくしてますしね。その点はねぇ。別段いいですけどねぇ。

 何かね。一番返上つかまつりたいとの思いが強くなっているのがね。サンタさん。

 えぇ。その時限りのキャラ付けもね。まぁ、赤い服着ていればいいってくらいのレベルで皆さんとらまえて下さっていますからねぇ。負担がなくご配慮いただいているですけどね。

 いやだなぁサンタ。えぇ、来年こそはね。返上しようと思いつつ。今年もサンタの季節が迫っておりますからね。まぁまぁ、何とか乗り切っていこうと思います。

★★ ★★ 一緒にボランティアいきますか!? ★★ ★★ 

 バルーンアートを使ったボランティアをしてみたい方や、子どもと遊ぶことが好き、託児ボラに興味関心がある方などはお気軽にご相談下さい。

 協力頂くボランティアとしては、学童保育などでの工作体験のサポートがよいと思われます。平日、日中の活動が多いですが、時間が合って関心のある方はお問い合せ下さい。
 また、あくまでもまで予定として掲載しておりますので、変更になる場合もございます。予め、ご了承ください。

■集合場所■
1)活動現場を事前にご存知の方は、現地集合でお願いします。
2)ウシの職場「まちぴあ」に集合してもらうことも可能です。
  特に最近は、自転車で移動しているので、自家用車の予定も
  含め、事前に調整をします。お早めにお問合せ下さい。

3)その他、事前の調整は、もちろんさせて下さいませ。
  負担にならないようにお申し出下さい。

■募集人数■
・2名程度

■募集締切■
・なるべく早目のタイミングでお願いします。
 最短で2週間くらい前まで。

■持ち物■
・特にありません。
・風船は「ウシ」か受け入れ団体が用意しています。
・Myポンプ(空気入れ)をお持ちの方はご持参下さい。

■申込方法■
 活動前に「集合場所」や「移動方法」について調整しますので、下記の【問合先】まで、事前にお問い合わせ下さい、また、ウシへの協力依頼についてもお問い合せ下さい。

■問合先■

 ★宇都宮市まちづくりセンターHP「ボランティア募集」ぺージ★

 ページをスクロールし、「バルーンアートプレゼント&工作体験補助ボランティア」の欄を参照下さい。ご連絡は、お電話が一番つながりやすいです!

 ★★★ ★★★ よろしくお願いします! ★★★ ★★★

バルーン活動@岡本北小宮っ子(1年生) 今年も元気でした! [2019年11月13日(Wed)]
2019年11月13日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、年末の足音が聞こえてきそうな時期に入ってきましたがね。今更ながらねぇ。「あれ?オレって結構忙しい人なのかしらん??」とね。思い至っているウシでございましてね。

 えぇ。年末年始そして年度末。来るべき2020年に向けた展望をしたときにねぇ。ふと思いましてね。えぇ。改めて兜の緒を引き締めなおしたウシでございました。

 ですからね。なるべく迅速なブログ更新。えぇ、だらだらしないでとっとやる。仕事もねぇ。プライベートもねぇ。同じ時間を使っているわけですから。どっちかがしわ寄せになると影響しあうのは至極当然です。えぇ。そういった意味でのワークライフバランス。とっていきましょう。

 さて。ウシ活動。

 11月11日の月曜日は、ウシにとってはお馴染みの部類には入る、宇都宮市立岡本北小学校の宮っこステーション(放課後教室)さんです。

 何か定期的に行っている岡本地区。9月末には近隣の河内図書館にお邪魔したこともあって意外でしたが、実は今回が令和元年初のウシとなりましてね。

PB110005.JPG


 30名ほどの1年生児童が参加下さいました。

 1年生なので初ウシの皆さんなわけですが、さすがはコンスタントに出没する岡本地区。まぁ、学校は岡本北小だけですが、図書館とか児童館での出没経験がこうした時に活きてくるもんだとね。思いますね。

 岡本北小さんはね。よく大学生さんのサポーターも活躍されておりまして。担当の大人の方とウシに加え2名の若者もあったので心丈夫。

「ウシさん、鬼ごっこしようぜ!」

 というねぇ。自転車に乗るようになって身体は鍛えているのに不思議とさらに走るという行為が自殺行為だよなとの思いを厚くしているウシとしてはね。えぇ、鉄壁の布陣も設えてねぇ。「人間になりきれていない世代」と慄くこともある1年生をお相手しました。

 ウシも初ならね。バルーンも初という子も多かった今回。こわいだ、われるだとの声がワーワーするのにねぇ。はいはいと動じなくなったあたりにね。自分の成長を感じる昨今ではありますが、

 問答無用。やればできるでね。「イヌ」からスタートしました。

PB110034.JPG


 うん。今回の1年生。子ども達らしくかしましいのはのですけどもね。話は聞くし。話を聞くってことは何気にね。「自分でつくる」をそれなりに理解してのことだとねぇ。思えましたね。はじまるとね。騒ぎながらもなかなかにやりましてね。

 「剣」「ハート」へと移行していきましたよ。

PB110040.JPG


 えぇ。実のところ最初はウシもね。恐かったですからね。バルーン。作品としてできるできないよりもねぇ。何よりも「慣れること」が大切だなと悟っているところでございますからね。大いに破裂させて、騒いでね。ワイワイやっている内に意外とね。

「こんなもんか」

 と分かってくる。これがねぇ。大切なんでしょうね。ハート、剣くらいになってきますとね。そんな慣れた子どもたちにねぇ。ますますテンションの上がるもんを渡していくわけですからね。えぇ。どんどん無法地帯になっていくわけです。

PB110048.JPG


 後半は、自由工作ですからね。キャラものよりも人気のある、飛び出すバルーン「弓矢」を登場させたりしていましたからね。えぇ、一応子どもたちにはねぇ。

「あれだから。これは教室だから。アートだから。スポーツしない」

 とかと言ってましたけどね。えぇ、この辺はね。最終的にはえらいドタドタと楽しみあっていたなぁとね。反省しつつ。まぁね。とりあえずは「風船が楽しい」を伝えられた今回でありました。

PB110052.JPG


 ちなみに次回10月25日は、2年生がお相手で予定されています。毎回若者のサポートがあるわけでもないのでね。少し落ち着いた2年生たちにねぇ。ちゃんと伝わるような「スポーツ禁止令」を発布できるように努力したいと思うウシでございました♪
バルーン活動@蔵の街スポーツクラブ「蔵スポ感謝祭」行ってきました [2019年11月11日(Mon)]
2019年11月11日(月)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、この週末はパンクもあり都合も相まって車移動が頻繁になっているウシでございましてね。あれですね。不思議と寝つきが悪くなったように思えます。

 えぇ。その関係でね。何とか間に合っておりますが、少々朝起きからの動きがねぇ。遅れ気味でありましてね。えぇ。自転車のパンクも解消したしね。やっぱ身体を存分に駆動させて生きる毎日が戻ってきますからね。少し期待しているウシでございます。

 さて。身体を動かすということでね。妙なつながりを感じるウシでございますけども。11月10日(日)は、栃木市の「蔵の街スポーツクラブ」さんのイベント「蔵スポ感謝祭」にお邪魔してきたウシでございます。

 まぁ、ウシ個人のスタンスとしてはね。

「やせる、鍛えるにわざわざ時間を割くのはえらいことだなぁ」

 とね。世にあるスポーツクラブさんとは違った方法で日々運動(っていうか移動、通勤)しているウシでございますけどもね。縁とはありがたいもので。こうした運動観の違いからね。ウシをやっていなかったら絶対関わらないだろうという皆さんとね。

 ウシのバルーン活動でご縁を頂きまして。そんなことで行ってきました。

 はい。自宅の近所を走る鹿沼街道を栃木駅方面に10分も進めばある、こちらの施設。現場が近いって素敵だなってことでね。お邪魔しましたよ。

PB100004.JPG


 蔵スポさんとは、ダンスの受講生さんたちが演技披露で市内のイベントに出ていた際に、ウシもいて風船を配っていたことから、市役所経由で打診がありましてね。本日の活動となりました。

 えぇ。お話をしてく中でね。市内の企業さんであるとともに、この度の水害でも施設のシャワーを開放されるなどご支援もされたそうでね。各所各所で皆さん復興にむけてご助力されているとねぇ。そんな親睦も深めさせて頂きました。

 さて。感謝祭。施設利用者の皆さんを中心に近在の皆さんが遊びに来られ、ダンスレッスン体験などの他模擬店なども催されまして。ウシもその一つとして協力いたしました。

 丁度、9月の大平で行われた「かかしフェスタ」で一緒だったご家族もいらっしゃったりしてね。ウシさんお気に入りのねぇ。非常に機敏な動きで場を盛り上げてくれる5歳の売り子ちゃんとそのお友達がね。

PB100005.JPG


 もう、準備万端整っているところでねぇ。ウシの店もオープンしました。

 イベント的は、体験レッスンなどを楽しみにこられた方が多かったようで。規模的にはのんびりパターンでしたがね。子ども達とほぼずっと一緒にいるという展開だったのでね。

 いやぁ。風船は作りまくりまして。そしてね。時間的余裕は存分にありましたからね。

PB100010.JPG


 やーーー。子どもら元気でしたねぇ(汗)

 子ども達のお気に召したウシ流ポケモンのリクエストに応じながらね。ウシも馴染みがあり、子ども達も分かるということで。

PB100011.JPG


 懐かしの御三家(ヒトカゲ、ゼニガメ)あたりを言われるがままに試作したりね。ポケモンサンタ系は一応ね。出そろったので、一応普通のサンタもということでね。冬本番を見据えてのクリスマスバルーンを試作したりとね。

PB100013.JPG


 存分に楽しませていただきました。ちなみにね。御三家バルーン化の中で最後に残ったのが「フシギバナ」(本当はダネにしたかったけど思いつきませんでした)をねぇ。夕方前に躍起になって作っておりましたらね。

「あっ、フシギバナだ!!」

PB100014.JPG


 と言ってもらえたのでね。まぁ、いいかと。差し上げることもできました。

 えぇ。良かった良かった。

 ちなみにね。プレゼント活動の際にお願いしている募金ですが。前の記事でも更新したように、今回の募金の一部は栃木市さんにお届け予定です。皆さん、当事者でもあられる中で、快く応じて下さいまして。改めて御礼を申し上げるとともに、近日中に栃木市役所さんにね。募金をお届けに行こうと思っています。

 そんなことでね。蔵スポさん。遊びに来て下さった皆様。ありがとうございました!
前回よりもスッといけました [2019年11月09日(Sat)]
2019年11月9日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、本日3件目のブログ更新です。

 えぇ。個人的は日数に応じて更新していった方がねぇ。更新ペースとしてはお好みなのですがね。都合というものがありましてね。まぁ、今回は一気更新でね。ご勘弁下さい。

 更新の最後はね。本日のウシ活動(@清原東小)のあとにお邪魔したね。宇都宮まちづくり市民工房さんや他の活動団体で連携して行っている、

「田川クリーンアップ作戦」(市民工房FBより)

 にお邪魔しました。職場まちぴあの管理団体がやっているからということもありますがね。やっぱボランティアは、

「しっくりきたところで継続する」

 がね。先駆性や創造性を不得意とするウシとしてのね。自分なりに続けられるやり方でございますねぇ。

 えぇ。クリーンアップ作戦。台風19号の水害発生からもうすぐ一か月。越水が発生した市内もまだまだ爪痕が残っております。

 今回は、午後の活動に間に合いましてね。無事にお邪魔できました。前回は60名を超える皆さんがありましたが、今回は午前・午後併せて10名ほどのご参加だったそうで。午後は、4名でしたね。

「おお、よく来たね!!」

 とね。言ってもらえるのがねぇ。ありがたいところでございます。今回作業したのは、前回と同様の箇所にあるお家の庭先に堆積した土砂の撤去でした。午前中からの引き続きの作業でね。

PB090068.JPG


 4名でしたけど、スペースが広く使えたりしたからかな。スムーズといえばスムーズに作業に専念できましてね。丁度2時間の作業でとりあえず除去できるところは除去できました。

PB090070.JPG


 そうそう。前回は他人がやっているところしか写真にとってない(撮ってるのがウシなんだから当たり前!)ってことに気が付いて、ウシの姿も撮ってもらいました。

 うん。今回もいい感じの筋肉痛です♪

 作業中には、我々ボランティアが整理した土嚢袋入りの土砂を片付けてくれる業者の皆さんに遭遇しましてね。

PB090074.JPG


 えぇ。勇者の集団ですよ。迅速な回収風景を羨望のまなざしで見ましてねぇ。えぇ。聞くところによるとこうした業者の皆さんも、あっちこっちからのご依頼に対応すべく多忙を極めておられるとのことで。

 結局はね。こうしたプロの皆さんが被災された方々の生活再建の工事などになるべく早く着手してもらえるようになればとね。そんなことを思いました。

 もちろん、お仕事とボランティアとでね。違いはありますけども。業者と同じことを少なくともウシはできませんけどね。大きな意味ではねぇ、復興という大きな目標に向かってね。

 自然と市民の企業の皆さんが立場は違えど連携していると。協働だなぁとね。ま、正規の定義とは違うんでしょうけどね。感じたところでございました。

PB090075.JPG


 本日は、午前午後。ウシは2時間しかお手伝いしてません(っていうか、限界です。筋肉が)が、少しはキレイにできたかな?

 んなことでね。聞くところによると、田川河川周りをキレイにする「田川クリーンアップ作戦」は今回が最終回とのことです。今後は、被害があり、まだ業者さんも入れない路地の側溝やらを地域の皆さんにお伺いしながらやっていくとのこと。

「田川沿いだけじゃなくて、もうちょっと近隣もやるから、名称変えないとね」

「・・・田川のまわりクリーンアップ作戦でいいんじゃないすか?」

 と、そんなことをお応えしたウシ。えぇ、この業界(まちぴあだけ?)の癖として、活動名の名称をより明確に!分かりやすく!!となるとね。

 なんだかんだで名前が長くなる。

 という気がしましたのでね。「まわり」つければいいんじゃね?と思っているウシ。実際にそーはならないでしょうけども。来週以降に新たな動きがあるそうなので、できる範囲で助力させていただこうと思っています。

 えぇ。身体を使うボランティアは、一日2時間!

 手洗い、うがい、飲み物、その他準備は自分で用意しましょう♪ そして無理なく。できる範囲で続けましょう。えぇ。

 やっぱりね。ボランティアは慣れが一番。そう実感した本日でございました♪
ウシ予定♪「蔵スポ感謝会」に出ますよ♪・・・明日ですけど [2019年11月09日(Sat)]
2019年11月9日(土)

 はい、どうも。もう一回ウシです。

 こんなこともあるんですねぇ。ちなみにもう一回更新しちゃいますのでね。

 まぁ。お付き合いしてもらえるんならご参照下さい。

 今度の更新は活動予定です。・・・広報も兼ねてと、お邪魔する予定のチラシなどがね。ウェブ上に上がっていれば更新記録数を稼ぐためにも話題を作るところなのですがねぇ。

 さすがに。明日はどうだろうと思いつつもね。

 一応更新させて頂きます。

 明日の11月10日(日)。栃木市の「蔵の街スポーツクラブ」さんで行われる「蔵スポ感謝祭」というイベントにね。ひょんなご縁があってお声をかけて頂きまして。

 お邪魔させて頂きます。チラシも見つけたので添付しておきましたけどね。

kurasupo.jpg


 この中のバルーンアートがウシの担当となっておりまして。イベント時の恒例「プレゼント」をねぇ。やらせて頂く予定です。

 詳しくは、感謝祭のところに社のホームページのイベントのページをリンクしましたからねぇ。見て頂くとしましてね。たくさんの皆さんのご来場をお待ちしております。

 この時はね。いつものプレゼントよろしく募金協力をお願いします。えぇ、ウシの活動費(交通費、シールなど練習試作の材料費)ももちろんですが、災害がありましたからね。今回は、頂いたお気持ちの一部を栃木市さんにお届けできればと考えておりますのでね。

 ぜひぜひ、たくさんの皆さんに遊びにきて頂いて。宜しければウシから風船をもらって頂けると幸いと思います。

PB060001.JPG


 過日11月3日の「せせらぎ会」(@壬生町)さんでのイベント時に頂いたお気持ちについては、栃木県の中間支援センター「ぽぽら」さんの募金箱に寄付させて頂きました。

 こんな感じでね。やっておりますので、なにとぞ宜しくお願い致します。

 ・・・ま。個人的には改めてチラシのデータをみてね。

「おっと、終了時間が20:00!!!???」

 とね。軽く驚いています。イベント時のウシは基本休みを取ることが多いのですが、大体15:00終了の19時には電池切れで就寝していますからねぇ。ウシ。

 視聴率は何ですが、ウシとしては非常に楽しくみている「いだてん」のBS版をね。深夜番組をみているような様相で視聴してねぇ。崩れるように寝るという感じですからねぇ。最近は。

 そんなことでね。勝手に言っておきますが、ウシが15:00くらいまでじゃないですか。えぇ、暗くなる前にはねぇ。いらっしゃってね。ウシと遊んで下さるとありがたいです♪
バルーン活動@清原東小国際交流部「お楽しみ会」 行ってきました! [2019年11月09日(Sat)]
2019年11月9日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、つい先日のことですが、走行距離5,000キロを突破した、わが自転車がついにパンクをしておりましてね。朝、宇都宮に向けて出発しようと走り出したらね。妙にフラフラする。

 走り出して5分くらいのところでね。「あっ」と気が付きまして。そこから引き返してね。結局車で行動しているこの週末でございます。えぇ、さすが早いですねぇ。車。

 しかしながらね。明らかに体温が上がらないことをね。就寝する時に気が付きます。えぇ、基本的にはやっぱり身体をしっかり駆動させた方がよいとね。悟りまして。昨日ですか、休みだったので朝一番で修理してもらいましてねぇ。

 週明けからは自転車ライフを再開しようと思っています。

 さて。ウシ。11月は7件ほどの予定が入っていましたが、ウシの自宅のある栃木市も台風19号で大きな被害がありまして。今現状もねぇ。復興の真っただ中です。11月はイベント月でして。ウシは一人しかいませんからね。いっぱい受ける場合には物理的に近いところでという流れがあって。

 栃木市内で行われるイベントもいくつかご依頼を頂いておりましたが、多くが中止。えぇ。致し方ないところですしね。色々な意味で元気になって、また今度!といきたいところでございますねぇ。

 そんな中で本日は、宇都宮市清原東小さんの国際交流部さんというところにお声がけを頂きましてね。ウシをやってきたウシです。えぇ〜、ウシは交通費を含めた活動をウシ活動内で成り立たせているのでね。パンク事件もあったし、戦々恐々気味であったのですが、

 心情的にもそれ以外でもね。予定通りやって頂ける♪ ありがたいことでございます。

 んなことでね。さっそく本日、お邪魔しますとね。朝9時を過ぎたあたりだというのに子どもたちが60名くらいすでに集まっておりまして。えらい熱気でした。

PB090002.JPG


 清原東小さんといえば、放課後教室(宮っこステーション)でも例年何回かご依頼下さるのですが、今年は都合が合わず、ちょっと久しぶりの登場となりました。

 ワイワイいる子たちの中に入って行って。早速準備をしようと風船を出しますとね。

「準備だって言っているだろ!!」

PB090003.JPG


 といってもね。こっちはウシですが馬耳東風ですからねぇ。あぁ、もう手伝えと。そんなの折り込み済みって感じでね。工作用に使うストック風船をねぇ。みんなにも膨らませてもらいましたよ。

 えぇ。本会が始まる前なんですけどね。ウシ入室からものの数分でテンションマックス。まぁね、こんなもんですよ♪

 さて。粗方準備も整って、多少子どもたちのテンションがピークから離れたあたりでね。今度こその本番。バルーン教室(っていうかほぼ遊び)をスタートです。

 始まってしまえばね。こっちのもの。丁度宮っ子での登場も少なかったですからね。子ども達はいい感じに風船工作の記憶を忘れ。そして低学年の子たちは、初ウシばっかりだったので。

PB090020.JPG


 迷うことなく「イヌ」「剣」「ハート」のねぇ。いつもの基本作品をこさえるところからスタートしました。

 毎回これですがね。本当にねぇ。イヌの時にやるダブルツイスト(で良かったと思う)ができればね。後は色とアイデア次第でいろんなものができるだろうとホンキで思っているウシですからね。

 色々やる前には必ずこれ。えぇ、いい感じにできないできないと盛り上がってくれましたからね。この辺までは「ウシ先生」的に活躍をしてねぇ。やっていきました。

 そしてね。次なる「剣」「ハート」。こっからはねぇ。どちらの学校さんもそうですが、教室ではなくなっていくわけで。えぇ。剣を作り、それを手にしたらねぇ。

PB090035.JPG


 まぁ、こんな感じの盛り上がりがいたるところで発生し。(最近、こうしてテンション上げて遊ぶから、もれなく「作り方忘れた」と言ってくると思い至っています)まぁ、最高潮の盛り上がりとなりました。

 その一方でね。基本作品を終えたらねぇ。あとは終了まで「好きに作る」ですからね。丸風船と組み合わせた作品などをいくつか紹介してねぇ。それぞれに楽しんでもらいました。

PB090051.JPG


 うん。こうなってくるとね。やたらと剣ばかりを作って戦いに赴く勇者がいる一方で、がっつり創作に勤しむゲイジュツカも現れるのがねぇ。ウシバルーンの世界でございましてね。

 えぇ。争乱と創造。両立するもんだなぁと毎回感心します。

PB090058.JPG


 んでね。最後。宮っ子ではお馴染みの「キャラバルーン争奪じゃんけん大会」をしましてね。最後にもうひと騒ぎ。「ピカ」「ブイ」「カーヴィ」など5種類のウシ流キャラをつくり、じゃんけんに勝ち残った一人に差し上げましてね。

 えぇ。今回は、女の子が多かったからかな?シナモが人気でしたね。

PB090063.JPG


 こんな感じでね。約1時間半のプログラムは終了しましてね。ウシさん休みながら片付けながらねぇ。部会の皆さんが用意したビンゴ大会を見守りながら、コソコソとこの冬に向けての新バルーンづくりをしておりましてね。

 えぇ。サンタバージョンの「ピカ」「ライ」をやりましたから今度は「ピチュウ」だと。試作にふけらせて頂きました。

PB090065.JPG


「あっ、ピチューだ!!!!!!」

 えぇ。出来上がって写真に収めているともれなくちびっこ盗賊団がウシを囲んできましたからね。本会が終わった後にラストじゃんけん。これが一番燃えたみたいでねぇ。試作品とはいえ、それなりの手応えを得つつ。

 時間がかかりすぎる。サイズ感がどーしても赤ちゃん(ピチュー)が一番大きくなってしまうというあたりにねぇ。作りこみの余地を残しましたけどもね。まぁ、流れ的にはそこそこイケると。手ごたえもつかめた本日でございました♪
やっとできました!ここから「できること」をはじめようと。 [2019年11月06日(Wed)]
2019年11月6日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、11月4日はね。ウシの小学校くらいだった(子どもの頃は黒歴史なのでもれなくモノクロ記憶です)気がしますが、知人の方からのご依頼があって託児のお手伝いの予定がありました。

 もちろん、ウシ(風船がらみ)でしたが、色々あって予定が流れましてね。基本、職場のシフトを組んでもらう時に「休暇=ウシ予定」でいきますもので、特に11月はこのパターンがたけなわだったのですが。

 ぱっと、予定が空きましたものでね。えぇ、慣れ親しんだ「ファイアーエムブレム聖魔」(ゲームボーイアドバンス)もね。もういいかとなりましたから。11月からはねぇ。

 やっぱファイアーエムブレムといえばマルス王子でしょう。と。

 本来ならばスーパーファミコン版(いまだに現役!)をね。セーブデータが消えないかと怯えながらプレイするのも一興ですがねぇ。寒くなってきましたからね。布団に入って。世代をすすめてDS版の「新・暗黒竜と光の剣」をやりはじめました。

 えぇ。こちらも復刻されてやった記憶があるのにねぇ。覚えているのはスーファミ版の記憶。DS版は記憶が薄く。ウシが似てきたと思う僧侶さんにプレイ当時感じなかった親近感が沸いてね。盗賊に追われる美女シスターよりも重宝したりと。

 明らかにプレイスタイルに変化を感じ、感覚的にマップが狭く感じるのか。うっかり騎兵の方に味方がやられちゃうなどのハプニングをねぇ。楽しみながらゲームの秋としゃれこもうとも思っていましたがね。

 えぇ。

 もうね。DSは画面がキレイすぎます。えぇ。もうね。ウシの眼球はDS・PSPで十分綺麗。それ以上はまさに目の毒だと。そんなことですからね。明らかにアドバンス時よりも持久力の低下が問題となりまして。

 さて、どうしたもんかとなりました。そんな折、宇都宮市も被害に見舞われた台風19号の水害復興ボランティアでね。「田川クリーンアップ作戦」というものがありまして。

 よし。行こうという気にねぇ。なりました。えぇ、今更なんですけどね。

 まちぴあのようなボランティア系の支援センターに務めているものとしてね。この辺がどうしようもないなぁと自分でも辟易するのがね。

「被災地とかすごい恐い、いやだ」
「あれこれお願いされてもできないことが多すぎて、話を交わさせてもらうだけで申し訳なくなりそう」

 とかね。思ってしまってね。えぇ。そんな自分が正しく災害というものが身近になって改めて感じましてねぇ。なんていうんでしょうか。もやもやというか、無力感といいますか。何とも言えない鬱屈があったここ数日でございました。

「だって、やなんだもん」

 そんなことを思いつつねぇ。逃避をし続けるというのもねぇ。やり切れないもんです。何かできることないかとねぇ。探しながら日々流されていく。何かね。不安定だったんですよねぇ。

 そんな折にあった、越水後の河川や河川沿いの街路の清掃ボランティア。えぇ、これだなとね。お邪魔してこれたのが11月4日でございました。

 クリーンアップ作戦の集中期間が、10月の末日〜11月最初の三連休にかけてありまして。ウシが参加したのはその最終日。何かね。被害のあった方が未だに大変な状態なのにねぇ。こう思うのもなんですが。

 まず、行けてね。

「あぁ。良かった」

 と思いましたね。んでね。初めての方もいらっしゃいましたが、これまでの活動などでお近づきになった知り合いの皆さんも多数あってね。

「あぁ、仲間に入れた」

 とね。非常な安堵感をまず感じました。んでね。この日は65名(一日の活動でのべ70名。5日間で270名以上)のボランティアの皆さんと、道脇にかためられた土砂を土嚢袋に詰めたり、欄干に巻き付いたままになって草木を取り除いたり、用水路の清掃などの班に分かれて活動しました。

 活動の概要は、まちぴあブログ「田川クリーンアップ作戦」のページを参照頂くとして。ウシは集合場所の災害ボラセンさんから、向かって川向うの土砂をね。袋に詰める作業を含めた、土砂の清掃、整理作業をね。20名ほどの皆さんと一緒にやらせていただきました。

PB040014.JPG


 うん。重いですねぇ。疲れるはずなのに、不思議と回数をこなしていくうちにどんどん土嚢に入れる土砂の量が増えて。より重くしてしまう癖を感じたり。

 8年前になりますか。福島でも同様の土砂清掃をやった際にもね。同じく土嚢袋に土砂を詰め、口を縛って整えるという作業をしましたが。

PB040018.JPG


 口をしばって・・・という一連の身のこなしをね。不思議なもんで体が覚えていましてね。作業中いつの頃からか、女性陣の方たちがスコップで袋に土を入れ。ウシは結んで陳列するという役割分担ができていましてね。

 えぇ。ホントわずかなんですけどね。「あぁ、できた」とね。達成感がありました。

PB040026.JPG


 えぇ。ホントね。何かとても助けられたというねぇ。不思議な気持ちになったんですよね。

 人が集まった人力の力というもののねぇ。凄さを感じながらも、さらにその上をいく重機、機械というもの便利さも改めて実感しつつ。しかしながらね。県内各地で被災したことで、復興・復旧作業にあたる皆さんもでずっぱりの状態で。

 だからね。自治体さんなどがいくら発注をされても手が回りきらないという現状もあり。それであるからこそね。いきなりは死なないと判断されたところから優先順位が下げられていってね。手つかずのところもまだまだある。

 もちろん、今もってね。火急を要する事案もまたまだ残っている。そんなね。現状があるということもね。改めて感じ、考えさせてもらえた機会となりました。

 こっからは、個人的なモロ駄文ですからね。不快に思う方は読まないでくださいませ。

 ・・・えぇ。ネットなどを散見していますとね。

 ボランティアが足りないという声に対して、そもそも自発的な活動に対してね。雇用関係や契約上の業務ではないから如何なものかという話なども目にしました。えぇ、それもそうだろうと思うしね。一方で、「集まらない」ということも本当でしょう。

 他方、ニーズについてもね。そもそもがねぇ。被災された皆さんだって何も悪いことをして被害にあったわけでないわけですし。ニーズを聞かれれば今やってほしいこと、望んでいることを素直におっしゃいますでしょう。

 ウシだったらね。絶対、言っちゃうと思います。(それか自暴自棄になる)

 一方でね。シェンロンでもないですからね。思いのままにニーズを解消して差し上げるということも中々にかなわない現状もあるのでしょう。

 だから仲介者、コーディネーターという存在もあるわけですが、その方自体が思いのままにオーダーに応えられるわけではなく。

 その全てが本当であり。そして、その全てが一面の現実を表している。だから皆さんそれぞれが悩みながらすすんでいる。それがね、災害復興というものなのかなとね。思った次第です。そしてね、ボランティアに参加していないからとかということもねぇ。「差」にしてしまうことはねぇ。よろしくないと思いました。

 まぁ、自分がそうでしたからね。個人的は、初動で適宜行動できた方々との「差」を感じ。一方で、その差をヘタに埋めようとすると自滅する自信がありますからね。ホント、モヤモヤ、モジモジタイプですから。

 特に水害さんはね。被害にあったところと平常のままというところの差がねぇ。大震災の時よりもさらにコントラスト濃く出ている気がします。

 被害にあわれた皆さんのご心痛たるやととても言葉にできないですが、一方で、平常だった皆さんもね。平常ですから日々の生活が災害の有無を関係なく再開されていくわけで。

 その流れに乗りなおすとね。それはそれで日々が再開されますからね。災害ばかりにという気持ちも中々なれない。それもね、道理だと思います。

 ですからね。人それぞれでいいんだと思います。できることを持ち寄る。それでよろしいじゃないですか。そうでないとウシはつらいです。

 ただ、長丁場ですね。

 ですからね。余暇なんだと思いますよ。余暇を作れるか。その努力をしていくためには、今何を頑張って、何を整理して。んで、その余暇をどう活用するか。

 ボランティアさんにも仲介の方にも当事者の方にもそれぞれの「余暇」。時間も、身体も、お金も、行動もね。つまりは落ち着いていくということをねぇ。さてはて、自分はどうできるかと。そんなことを改めて考えたウシでございました。

 でもね。それができる人って凄いよなってね。書いてて思いますけどね。

 えぇ〜。何かね。相変わらずね。意味が最後の方は分からなくなりますがね。更新できてこれまたホッしている自分がいます。

 えぇ。何とかゲームネタをかませて意味不明にしようとしたりしましたが。こうした話題はね。どーも苦手です。特にねぇ。実際に困ってらっしゃる方に相対した時にね。

「やりました!貢献しました!」

 ってね。素直に言い切れないなぁと思う自分もあるんでね。更新すること自体にビクビクしているところもありますが。何となくですが不快に思った方はねぇ。無視でもいいです。

 何かしらね。分かって下さる方があったね。それこそ嬉しいですからね。そんな皆さんからのお声があったらねぇ。糧にしていこうと思っています。
| 次へ