• もっと見る
« 2024年05月 | Main | 2024年07月»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
聖剣3(リメイク版)全クリ×3 〜 レッツゴー陰陽師みたいでヨキでした [2024年06月15日(Sat)]
2024年6月15日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、本日の栃木県は「県民の日」でございまして。他県の場合は、お休みになるところも多いらしい一方で、休みでない栃木県ということでね。しばしば話題になったりするもんですけども。

 本日は、週末土曜日ということでお休みのご家庭も多いんじゃないでしょうかね。よかったよかった。まぁ、ウシ的には平日も土日祝も関係ないシフト制の職場でございますからねぇ。

 全く関係ないわけでございましてからにね。仕事終わりに、いっぱいひっかけるくらいの癒しは求めようと思っています。

 えぇ、ウシにとっての癒しと言えばゲームですけども。先日来から遊んでいた「聖剣伝説3」(switch:リメイク版)を無事に、クリアしまして。一応3ルート全部堪能いたしました。

 世間様の評にあるように、楽しいゲームでございましたねぇ♪

 スーファミ版を下手なりに何回も遊んだ40歳としましては、サボテン君なしでもガンガン上がっていくレベルに驚いたもんでございましてね。「クラスチェンジ可能レベルをあまりにも通り越してしまうと、よわよわキャラになってまう」という記憶と経験則をもって、リメイク版を遊んだ身としましては、

 最初のクラスチェンジ(風の回廊でするのが流儀。英雄王さんが痔になるくらい待ってもらうのが通例だった)が、あまりにもあっさり出来すぎて。レベル18どころか軽く20越えしたことに、戦々恐々としていたのがねぇ。

 今作やって一番のハラハラポイントだったりしましたが。2周・3週すると「レベル上げまくってもいいんだ」と分かってからはねぇ。本当に、爽快に遊ばせていただけました♪

 まぁ、文句を言えば、ラスボスさんたちが弱い(っていうかレベル上げすぎやねん)ってのと。「すげえ帽子かぶったおぢさん」「仮面の引きこもりおじさん」「中二病的なお兄さん」だったことくらいが文句があったというか、

 ドット画の方が迫力があったなぁ

 と、なぜか思うくらいでね。楽しかったのは間違いないですな。

 あとあれですね。リース様。エッチすぎますねぇ。(闇で)強くなればなるほど、服を着なくなっていく仕様に、最初はとても驚いたんですけども。最終的には、

「一番最初の衣装が一番エロいと思う」

 という結論に達し。特に、大砲屋さん利用からの目的地着時点はね。もっともこれはいかんと思った次第でございました。えぇ、不思議ですねぇ。薄着の点では、アンジェラ嬢もえらいことになるんですけども。お色気を全面に出しているという認識(個人の感想です)があるキャラだからか、何か普通に受け入れられるんですけどね。

「無自覚エロス」って最強なんだなぁという学びを得た42歳の誕生月のウシでございました。

 最後にもう一つ思ったのがねぇ。「聖剣伝説」といえば、そこはかとなく虚しさというか、悲しさの残るエンディングが不思議な魅力を秘めている作品という認識があったんですけどもね。

2024061017060000-1.jpg


 特に最終決戦とEDを3回も見ますとね。なんか、最後のノリが「レッゴー陰陽師」に思えるようになってきてしまいまして。しまいには、脳内再生される始末の中、決戦に挑んで(っていうか、瞬殺)おりました。

 パピエン厨のウシとしては、大好き(特にシャルちゃん編。ご都合主義がたまらん、これがいいって言い続けてた)なんですけども。

 何か、モヤモヤしたものがありましてね。ふと、「聖剣2」をやってみる気になりました。現在、楽しく(スイッチ版:3本セットのヤツ)遊びながらねぇ。

「もしかしたら、当時は3が最後の作品だったのかも」

 と思うに至っておりまして。GBからスーファミの2作の計3作の最後を振り返ってみるとねぇ。3部作の最後だからこそ、報われる展開だったのかなぁとね。今更ながらに思った次第でございました。

 うん。とにもかくにも面白い作品だった「聖剣3リメイク版」。個人的には、女性3人パーティ(今回はやってません)が、最強なのでは??と思い、試してみたい願望もあるのでね。爽快感が欲しくなったら、またやってみようと思わせてくれる、良い意味で、手軽さも感じさせてくれる作品だと思いましたとさ♪