• もっと見る
« 2024年05月 | Main | 2024年07月»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
つくってみた(22)ライム 〜 ヲタクの扉を開いてくれた存在です [2024年06月11日(Tue)]
2024年6月11日(月)

 はい、どうも。ウシです。

 ウシ活動が一回切り(しかも終了している)で。水無月よろしく、ネタもない月の6月を生きているわけでございますけども。つい先ほど、一応、6月は水無月なよなぁと検索したら、「無」の部分を「の」と読んで、「水の月」とする説もあるそうで。

 無けりゃ、つくればいいじゃないか。

 と思い直したところでございます。そんなことでね。活動がない月だからこそ自主練・リハビリは大切ということでね。キャラバルーンづくりでございます。

 えぇ、以前から言っていた懐古ブームにのってね。今回は、ウシにとっての古の推しといいますか。今現在、なんちゃってですがヲタク道を歩むにいたる、最初の扉を開いてくれたキャラをねぇ。今回作ってみました。

「セイバーマリオネット」のライム嬢ですね。

 1995年企画スタートとのことで。29年前の作品になるんすねぇ。ウシも当時13歳の中学生。なぜか、異様にライトノベル版のイラストに魅了されましてねぇ。来る日も来る日も、扉絵見ながら無限にマネして描いていた作品でございますねぇ。

 あかほりさとる先生のイメージが濃厚ですが、イラストは、ことぶきつかさ先生ですね。うん、懐かしいなぁ。

2024-06-09 134137.jpg


 このね。ほっぺの部分といいますか、輪郭がくにゅってしてるのがねぇ、とにかく好き(今も好き)だったんですよねぇ〜。

 絵描きは好きでしたがね。それまでは、ただ好きなだけで、特に上手いと自分でも思ってなかった(まぁ、今も)ですけども。トレースでなく「書き写す」という所業をなぜか延々とやってまして。水彩絵の具でもって、ベッタベッタに塗る自分なりの技術をねぇ。確立したきっかけを与えてくれた、思い出深い作品でございますよ。

 当時、絵に描いたようないじめられっ子であったウシですけどもねぇ。もちろん、プロなぞというものは夢の彼方なわけですが、それでもね。

 チラシづくりの時の足しになったり、それこそ、今日のバルーン創作はねぇ。この作品をのけては始まらなかったってことになるんですよねぇ。

 うん、本当に思い出深いもんです。

P6090001.JPG


 さて、バルーン創作ですが。本来なら、もっと長細い楕円形の目が特徴であると思いつつも、手持ちの目シールはいつもの正円型しかないので。目の色と、「まつげを多めに描こう」を意識して、目を作成し。

 本体づくりに入っていきました。

 試作・練習・リハビリも兼ねての創作ですからね。今回は、キャラの「顔」を作る際に一工夫をしてみることにしました。これまでは、はだ色風船をただ、4つまとめ(ピーマンみたい)にして作っていたんですけども。

P6090002.JPG


 こんな感じで、三角形を作って、空洞を作ってみました。顔から頭髪にかけて、これまでのキャラバルーンは隙間がなかったのでね。どのキャラもかなり強引な植毛作業を必要としていたんですがね。

 こうしてみると空間的余裕ができるけども、どうだろうってとこですね。

 んでね。衣装を含めた身体部分をつくりましたけどもねぇ。やっぱ初期作よろしく、頭と胴体のバランスがなんか変。ついでに、新バージョンの頭は、いつものようにくっつけると、少しズレてしまうのか、

P6090003.JPG


「なんか、シャクれてないか??」

P6090005.JPG


 って感じになったもんでね。くやしかったから、なるべく小さく小さくを意識して、身体部分再挑戦。・・・何だかんだでこんな感じにまとめましてね。

 まぁ、一応写真を撮るところまでいけました。えぇ、ウシさんが惚れた「くにゃっとしたほほ」の曲線を無意識に再現しようとしてしまって、結果、シャクれ気味になったのかと推察するところですけどもね。

P6090007.JPG


 うん。もっかいチャレンジしたいところではあります。

 個人的には、何か3人(あとでもっと増えた記憶もある)セットのハーレムものって記憶があるのでね。できれば、以前創作の「レイアース」よろしく、3体作りたいところですが。なかなかの疲労度。レイアースはホントなんとなくでしたけど。

 ある意味、「ウシにとっての推しの始祖」ということもあって、疲労感が半端ないです。ライム嬢もいいですが、最推しは、チェリーちゃんだったりするもんで。次回は、ぜひ、チェリー嬢の創作をしたいと意気込んではいるウシでございました。

 うん。懐古最高です!!