• もっと見る
« 2024年05月 | Main | 2024年07月»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
バルーン活動@陽光小宮っこ(2年生)〜 完全燃焼誕生日 [2024年06月05日(Wed)]
2024年6月5日(水)

 はい、どうも。ウシです。さて、そんなことでね。

 昨日の6月4日は、ウシさんの42回目の誕生日でございまして。まぁ、買い物をした意外は特段変わりのない日(満足はしています)だったわけですが。

 狙ったわけでは全くなく、ウシの活動日となりました。お邪魔したのは、令和6年に入り、ホントに月一定例訪問になっている、宇都宮市立陽光小学校の宮っこステーション(放課後教室)でございまして。

 職場まちぴあの勤務シフトを作ってもいるウシですからね。さすがに、この日は活動終わりに仕事というのもあんまりだと思い、休みを入れて望ませていただきました。したら、シフトの都合上前日(6月3日)も休みになりまして。

 えぇ、5月のゴールデンウィーク明けくらいからでしょうかね。さすがに何年も放置して見過ごせなくなった自宅の庭木と格闘することを始めておりまして。

 休みの日となれば、午前中から夕方まで(大体7時間くらい)庭木の伐採やら、片付け作業をしているウシなのであります。まだ、3本ほど高い木がありますけども。近隣の住宅への影響は少なしとみて、最近は切り出した枝・葉をまとめる作業をひたすらしているんですけども。

 えぇ。高所での作業ももちろん恐ろしいわけですが、やってみるとこの「片付け作業」が一番の難物でございましてね。ビビりですから、ノコギリ・鉈を使っての手作業になるわけですがねぇ。

 言ってしまえば、軽い筋トレとひたすらしているみたいになってましてね。ある意味、休みの方が重労働をしているウシでございます。当然のことながら、6月3日も作業をし。案の定、次の日、全身筋肉痛を覚えましたけども。

 6月4日も、バルーン教室は午後からだから、午前中2時間くらい時間はあるということで。えぇ、やってしまっていていうのもなんですけども。サボろうと思えばサボれるんですけどねぇ。やりたくはない作業なんですけどもねぇ。

 不思議と作業をしてしまったウシでございました。

 こーいうのをハイっていうんでしょうかねぇ??

 そんな労働済みの状態でお邪魔した、今回の陽光小さんですからねぇ。ついた時点で既に出来上がっていた状態で。しかも(そんな中なのに)、例によってキャラバルーンづくりもやってしまったもんですからねぇ。

 おかしいですねぇ。本題のバルーン教室が始まる頃にはすでに完全燃焼っていうか、疲労困憊の状態でね。子ども達に相対した誕生日のウシでございました。

P6040032.JPG


 えぇ、そんなウシのお相手を今回してくれたのは、2年生の諸君。一年生だった今年の2月時点で、ウシさんを履修済みの子たちが、ほぼ全てという感じでね。約30名が集まりました。

 体験教室が始まってしまえば、こっちのもので。やることはいつも一つ!

P6040016.JPG


 基本形の「イヌ」づくりからの「剣」づくりでスタートしつつも。ウシのことも、遊んだ内容も覚えている(だって変わってないもん)のに、

「作り方は覚えてない」皆さんですけども。30分もやると、作り方(ねじり方)と炸裂音にもなれてきて。後半は、40分ほどの時間を確保できての自由工作を楽しみました。

P6040048.JPG


 このあたりで、これもいつものことですけども。剣の柄の部分(わっか)の部分を応用しての組み合わせや、身体に巻き付けるなどの楽しみ方を伝授しまして。えぇ、活動後改めて、写真をみていると、いつもより多めに身体を張って教室やっているウシをみてね。

P6040035.JPG


 疲労困憊とはいいつつ、やることやってるやんと思った次第です。

 自由時間になると、ねじるよりも子ども達が苦戦する「膨らませる」作業にも慣れてきて。ウシをはじめ、サポーターの皆さんも手伝って、ワイワイ時間いっぱい遊ぶことができました。

P6040067.JPG


 そうそう、お馴染みの「じゃんけん」は、大剣、マリオ、ユニコーンも作りましてね。こちらも、推し活の一環であるキャラバルーンに劣らず、子ども達に喜んでいただけました♪

 ・・・そんなこんなで、走り切ったお誕生日のウシさん。「毎月恒例」と言ってましたけど、なんと次回7月も予定を入れて頂きました(ついでに9月もですけど)。次は1年生なのでしょうかねぇ。職場まちぴあでウシと会っている、姉弟が学校に通っているご家庭からは、

 一年生の弟くんが、予定表が配られるたびに「ずるい!なんで!!」と文句を言っていると報告を受けておりますウシですが、さてはてどうなることでしょうか??


 
つくってみた(21)ホシノ・ルリ 〜 平成のキャラは最高だぜ! [2024年06月05日(Wed)]
2024年6月5日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 そんなことでね。ぬるっと誕生日も過ぎまして、何となく42歳になったウシです。もう何年もそうですが、誕生日というものを誰かに祝ってもらおうという気はサラサラなくなり。

 どっちかというと「自分で自分を褒める」的なねぇ。慰労の気分を味わう日と認識するようになっておりまして。あれですね、なぜか今年はその気持ちが特に強かったように思います。

 ですからね。この日は休みだった(ウシの活動日だったから)こともあり、長年付き合ってもらってボロボロになっていた愛用のショルダーバックやお財布などを買いにいったりしてねぇ。あと何年生きるか知りませんけども。

「まぁ、これからもよろしく」

 みたいなことを自分自身に言い聞かせて一日が終わった感じですなぁ。良い一日であったことは確かです。

 そんなことでね。誕生日が近かったからということはないでしょうが、バルーンアートの創作ネタとしても、楽しみにしても。妙に「懐古厨」が出てきていまして。自分が、ヲタクとして一歩を踏み出した(まぁ、今もライトなんちゃってヲタクですが)頃、中学〜高校生くらいの時分の作品を切望する時がありますねぇ。

 先日来からやっている「聖剣伝説3」(リメイク:switch版)も、元をただせば1995年
発売の作品ですからね。図らずとも、その流れに乗っかっているわけです。

 んなことでね。勝手にこの6月は「回顧ブーム月間」と定めまして。キャラバルーン制作でございますけどもねぇ。前回更新でもあった通り、個人的ブームもあり、たまたま劇場版も見たことから、

「ホシノ・ルリ」嬢 を作ってみることにしました。

 えぇ。「機動戦艦ナデシコ」に出てくるキャラですね。

 主人公は男の子(ときめもの友達さんだっけ?)ですが、ヒロインさんの印象が妙に強く(最近、アリかもと思えるようになった)、女の子が目立っていたロボットものとして、当時、衝撃があった記憶があります。

 個人的には、同僚のパイロット(リョーコさんだった気がする)がお気に入りでしたけど。

 やっぱ「ナデシコといえば」、ルリルリだろうという結論があったもんで。

 うん。どうでもいいですね。

 思えば、エヴァあたりの流れがあったような気もしますけど。当時ルリ嬢みたいな感じのキャラいっぱい(よく知らんが)いた気がしていますけど。ツインテキャラの練習も兼ねてチャレンジしてみた次第です。

P6040004.JPG


 ルリちゃんといえば、テレビシリーズの幼女タイプの印象があったのですが、ウシが見たのは劇場版だったので、2パターン資料を探してきてみて。正直、ロリタイプ・ルリ嬢では、真ん中わけの髪の毛の表現が微妙だったので、

 とりあえずやってみて、衣装で強引に変更する作戦を立てて作り始めましたらね。なんか、前髪があるタイプでも十分に、ロリっぽく見えるし。今回は、ロリタイプ・ルリルリで完成させてみました。

P6040038.JPG


 こんな感じですね。

 作ったのは、ウシ活動の現場である宇都宮市内の小学校だったわけですが、あっさり集合時間になって子ども達に囲まれ、

「分からないけど、かわいい!!」

 と、大変好評を得た、ルリルリ。かわいいという評についてはね。そうだろうそうだろうと思いつつ。実との所(アニメ見てたけど)詳しくはウシさんも知らんねんと思いつつ。

 例によって、工作教室の最後にやった、じゃんけんゲーム勝ち残り者に、ルリルリ差し上げて。大いに喜んでいましたけどね。(知らないキャラもらってテンションガチ上がっているのは、未だに理解できてませんけど)

P6040070.JPG


 当時ウシが好きだったキャラを、令和の子たちが見てもカワイイと言ってくれるのはねぇ。何か、嬉しかったですねぇ♪

 えぇ、聞いたところによると、パパさんママさん世代がどうやらウシと同世代だったので。ナデシコ知っていることを祈っておりまする。

 ・・・そんなことでね。実のところ、6月のバルーン活動はこれっきりなのですが。さすがに一か月丸々バルーンやらないのも不安になるのでね。「懐古月間」ですからね。時間を見て次作(次こそは、セイバーマリオネットいきたい)も作っていきたいですねぇ。