• もっと見る
« 2022年10月 | Main | 2022年12月»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
バルーン活動@篠井地区文化祭&秋まつり 行ってきました [2022年11月04日(Fri)]
2022年11月4日(金)

 はい、どうも。ウシです。

 昨日の11月3日・文化の日は、宇都宮市の篠井地区(地区市民センター)さんからのご依頼を頂いて、地域で行われる文化祭&秋まつりにお邪魔してきたウシです。

 篠井地区さんといえば、コロナ前は篠井小学校の宮っ子ステーション(放課後教室)や学童保育などの子ども関係の皆さんからご愛顧頂いておりまして。新学期〜夏休み前の季節に召喚下さるのが通例となっていた馴染みのある地域さんでございます。

 ここ何年かは、感染症の関係と色々と組織さんたちの変更があってご無沙汰(これはどこもそうですが)だったのですが、3年ぶりだかの地域の祭事をやることとなり。

「じゃあ、ウシさん呼ぼう」

 となったそうで。うん、ありがたいことですねぇ。バルーンアートはできるかもしれませんけども、だたのおぢさんですからね。最近はここにヲタク属性も加味されつつある、坊主のおぢさんでございますよ。

 奇特な皆さんのおかげでねぇ。こんなおぢさんでも楽しく生きていられると思わされるところでございます。

 んなことで。11月3日に篠井地区にお邪魔したわけですが。皆さんご存じの通り、大分落ち着いてきましたが、現在ウシさん自家用車もってないもんで。東武宇都宮から自転車かと事務局さんにも訴えたところ、

「迎えにいきます」

 ということになり。篠井地区は宇都宮市ですが、駅的にいうと東武日光線の日光市・明神駅の方が近いということで。ウシさんの自宅から徒歩3分の合戦場駅から向かうという作戦となりましてね。えぇ、ただのおぢさんなのにお迎えまで頂いてしまってねぇ。恐縮の極みでございます。

PB030011.JPG


 そんな心の広い篠井地区の皆さんのご協力を頂いて。無事、イベント会場である篠井地区市民センターに降り立ったウシ。朝早かったですけど、地域の皆さん準備に勤しんでおりまして。

 ウシも、くじ引きや射的ゲームなどの「子どもコーナー」が並ぶところに居場所を指定いただきました。えぇ、これが恩返しといっては何ですけどもね。

PB030004.JPG


 ただのおぢさんを地域に招くのに、色々とご面倒をおかけしましたから。前日に仕込んで置いたSPY×FAMILYのバルーン(父はトイレでいない)をね。プレゼント活動とは別のじゃんけんゲームの景品としてならべさせてもらってね。

 子ども達のしゅうらいを待ち受けることにしました。

 イベント開始は9:30だったらしいですが、9:00くらいには子ども達がチラホラ遊びにきていたので。バルーン的には、もう始まってしまいました。

 ・・・時間短縮のお昼までのイベントでしたけどもね。もうもう、ここから休み無し(※イベントはこうでないとダメです)。一心不乱に作らせていただきました。

PB030006.JPG


 子どもコーナー盛大に密ってた気もしますけどねぇ。個人的にはいいんじゃないかと思いますよ。今回も思ったけど、待ってる間に騒ぐことはしていないですからねぇ。子ども達。えらいなぁと思いながらね、今回も散々待たせてましたけど。やれるだけのことはさせてもらいました。

 あれですね。今回も大人気だったのはピカチュウだったわけで。10時前には黄色の風船がなくなる始末でしたけど。考えてみれば、妖怪ウオッチや鬼滅、サンリオ系の比較的簡単に作れるキャラバルーンがいたんですけどね。

PB030003.JPG


 人気のFAMILYは簡素化が困難なこともあって。ここしばらくはピカチュウソロ状態が続いていることもねぇ。彼が人気であるだけでなく、黄色が一瞬にしてなくなる要因かとも思い当たった次第でございました。

 作りながら、親子さんたちにリサーチしたところ、シナモをはじめサンリオ系は復活の兆しがあるそうなのでね。今度の活動時には、とりあえずシナモあたりをスタメンに戻してみようかなぁなどと、今後の創作方針も考えたりしてましたね。

 そんなこんなでね。イベント終了の12:00には、無事プレゼントを終えることができ。残っていた子たちの中で、欲しい子のみで、じゃんけんをしてねぇ。FAMILYたちの貰い手も決めてもらいました。

PB030012.JPG


 意外に30名くらい残ってくれていたのもねぇ。驚くべきことです。人気あるんだなぁと思いつつ、こんなもんで喜んでもらえることに改めて感謝の気持ちを噛みしめたウシでございました。

(大人の方も混じってたのに感動しています。結局子ども達が勝ち残ったけど)

 篠井地区の皆さま、大変お騒がせしました。子ども達は喜んでくれていたと思うので、それなりにお力になれたかなぁとは思っていますけども。少しでも地域の皆さんのためになったとしたら、ありがたいところでございます♪
| 次へ