• もっと見る
« 2022年08月 | Main | 2022年10月»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2022年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
バルーン活動@御幸ヶ原小宮っ子(2年生)〜 ウタさんは「赤」です [2022年09月10日(Sat)]
2022年9月10日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 そんなことでね。ウシの技術がさほどでもないので、あえて「犠牲」と言わせて頂きますのバルーン試作(リハビリ)を終えた、9月9日の夕方のお話しでございますけども。

 バルーンアート教室をご依頼いただいた、宇都宮市立御幸ヶ原小の宮っ子ステーション(放課後教室)にお邪魔してきました。コロナ禍にあっても、タイミングを見てウシを召喚下さる、ありがたい現場さんの一つでございますよ。

「子ども達がやりやすいように、ポンプを刷新しました」

 とかなんとか、子ども達のお相手をサポート下さる皆さんも、年に何回かしかないのに色々と工夫を凝らしておられてねぇ。おかげ様で安心して活動することができまする。

 今回のお相手は、2年生35名ほどでございまして。今年の1月だかに1年生時分に「ウシ済」の皆さんでございます。

 成長著しいものの、まだまだお子様(良い意味)の皆様でございますからして。体力勝負との見立てを立ててね。

「楽しいたたかい」こと、バルーン教室開始です♪

P9090015.JPG


 今回は、ウシ済の子たちが多かったので、思い出しのための「剣づくり」からスタートし、剣本体よりも柄の部分の「わっか」が大切とレクチャーしてね。早々に自由工作に入っていきました。

 最初は、先生方が作ったストックで剣をやりまして。その後は、自分で作るスタイルの御幸が原小さんですから。子ども達がガンガン膨らませて遊んでくれました。

 イヌなどのねじる回数が多い作品は、別個ウシがやりたい子に教えたりしながらやっていきましたけどもね。盛り上がる教室内を運営するために編み出した「隊長作戦作戦」こと、

「剣を上げたら静かにする」(林モード)作戦がねぇ。

 今回も効果抜群。適宜、静まってもらいながら教室を進めていきまして。1時間20分くらいのあそびタイムの内、半分以上を自由遊びにすることができましたからね。大成功といったところではなかったでしょうか。

P9090023.JPG


 ウシは、黒板がある方で、(いつもの)作品つくらされで四苦八苦していましたけど。とってもらった写真を見た感じ、縦横無尽に遊んでいたみたいなのでね。いいんじゃないでしょうか?

 ・・・そんなこんなでねぇ。楽しい時間はあっという間でしたけど。

 ウシ的には、今回こちらが本体。午前中につくった「ウタ」さんがね。ピンク・赤どっちが近いか(っていうか、どっちの色で練習した方がいいか)を決めてもらう、じゃんけん大会のお時間となりましてね。

「もし、見えないと言われたらまずい」という懸念もあったので、何だかんだで作り慣れた「ルフィ」さんにも参加いただいたのですが、

「あっ、ウタだ!!」

 とは、言ってもらえていたのでね。まずは第一関門クリア。

P9090028.JPG


 男の子たちがほぼほぼ参戦していた「ルフィじゃんけん」を終えてねぇ。いよいよ「ウタ」さん。どれか一つしかじゃんけんできないルールですからねぇ。ここで裁断が分かるんですよ。

 まず、初号機こと、ピンク・ウタちゃん。

P9090031.JPG


 こんな感じでしたね。

 んで、続いて2号機(あっ、たまたまだけどエヴァと一緒で赤い)こと、赤・ウタちゃん。

 明らかに多いですよね。

P9090029.JPG


 ・・・うん。じゃあ、ウシ流ウタさんは、赤いバルーンで作ることに決めましてね。無事(?)進路が定まったのでございました。

P9090005.JPG


 まぁ、ピンク押しの子たちからは、「こっちの方がかわいい」などと言ってももらえたのでね。材料的に赤がなくなったらピンクもありなのだろうと思ったりもしましたけど。

 ともかく、めでたしめでたし♪♪

 そんなこんなで、無事に「たたかい」を終えることができましたので、今回もみんなで集合写真。恒例(にしたい)「勝利のポーズ」をねぇ。



 決め!!って、清々しくやり切ることができました♪

 子ども達の声はねぇ。やっぱ元気をもらえるとウシをつくづく思いまする(感泣)

 うん。御幸ヶ原小の皆さん。ご協力感謝。なんちゃって動画づくりもねぇ、少しだけだけどやり方が分かりつつあります。今回も元気な声をありがとうございました!!

 また、遊びましょうね!!!
バルーン試作:「ウタ」さん 〜 子ども達に選んでもらいます [2022年09月10日(Sat)]
2022年9月10日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 9月9日(金)は、宇都宮市内の小学校さんからのご依頼を頂いて、バルーンアート教室の予定がありましたのでね。放課後教室(宮っ子ステーション)ですからね。夕方からの本番でございましたので、

「よし、じゃあ、午前中は試作だな」

 ということになりました。

 うん。最近はこの、午前中試作(練習)→ 本番 の流れが定着しつつありまして。コロナ禍の影響が相変わらず続いている中での貴重な活動機会ではありますけども。月に1、2回という頻度でございますからね。

 隙あればバルーンではなく、巴里のメイドさんたちとダンジョン探索をしたいウシさんとしては、自分で創作の機会を作らないといけないということくらいはねぇ。理解している模様です。

 んなことでね。バルーンアートの試作。本来であれば、演歌歌手みたいになっちゃったトップスタァさんを作り直したいところでしたが、学校についてから改めて、じゃんけんゲーム用のバルーンを作るのも面倒だということでね。

「午前中の試作の際にできたものを差し上げる」

 ということで。それならば、ある程度、子ども達の要望にも応えた方が無難だなとのねぇ。珍しく賢明な判断のもと試作をしています。

 さて。今回のテーマ(犠牲?)は、「ウタ」さん。

 うん。良く知りませんけど。人気なんでしょう? なもんなんで、試作してみました。

 ま、ウシさんがキャラバルーンを作る目的はね。春先のお雛様を飾る際に、大好きサクラ大戦のキャラバルーンを作って「大神華撃『段』」をつくりたいという計画がありまして。

 その関連で、「カンナ」さんを試作した際に、同じ声優さんだからと「ルフィ」を作ったらね。「ウシさんはワンピース好き」という認識を一部頂いた模様ですけどもねぇ。

 んにゃ。ちゃうとは言っておきましょう。

 さて。試作ですが、改めて画像でウタさんを勉強させてもらった結論は、

「ヒロアカのショートくんの女の子版だな」
(※髪の毛の色が逆ですけどね)

 と、いうくらいの見立てを立てて作り始めました。ヒロアカ系のバルーンも作ったことないのにねぇ。どうして、このような甘い見立てが出来るのかはねぇ。相変わらず分かりませんな。

P9090001.JPG


 ただ、どこぞでみた映画の宣伝や動画、パソコンで出てくる画像をみると、髪の毛が赤のようなピンクのようなどっちともとれる配色をしていたのでね。

「んじゃ、2体作ればいいじゃない」

 となりまして。試作を開始しました。まず、ピンク・ウタさん。髪の毛が2色必要とかいうのはそんなに苦労はしませんでしたけど、ショートカットの子かと思いきや、案外パーツが多くて苦戦しましたね。

 特に耳についている、ヘッドホン(でいいのかな?)がね。

P9090010.JPG


「なんか、ヤドカリ付けてるみたい」

 と、思いながら作っていきました。なんでね。作った後で、気が付きましたけど。ウタちゃん初号機(ピンク)は、両目ぱっちりの子になってしまいまして。

P9090002.JPG


「ちゃんと見本みて作れよ」

 とはね。自分でツッコミました♪

 もうね。手が勝手に2個目を描いていましたからね。困ったもんです。

 ・・・続いて、2号機(赤)ウタさん。

 一回作って再チャレンジなのでね。ショートカットからの輪っかの髪の毛とか、かなりスムーズに作れていきまして。んで、ヘッドホンはね。黄色の部分を顔用の肌色バルーンともともと組み合わせる形で、部品の後付けではなく、最初から作ってあるタイプにしてみようと画策して見たりとねぇ。

P9090011.JPG


 ヘッドホンが本体かいと言いたくなるくらいですなぁ。

 この手の作り方は、ペンで青い部分を書き込んでしまってね。バルーンも節約する感じでやってみてます。まぁ、小さいお花のようになったけど。いいかと。

P9090003.JPG


 ウタさん・赤は、「白い髪の毛の部分をちゃんと伸ばして目を隠す」ことを意識して作れましたから。出来上がりはこんな感じになりました。

P9090005.JPG


 うん。頑張りはしましたけどねぇ。なんせ分からないキャラだから、手ごたえのほども分からないわけで。

「うん。これは、子ども達に裁断を仰ごう」

 という結論になりました。

 まぁ、パーツが思いのほか多かったので、多少の苦戦はしましたが、これまた以前作ったサクラ系バルーンの「マリア」さんがね。ウタ氏と同じ片目のキャラだったので応用ができたし、子ども達の反応によっては、作り込んでみてもいいかなぁとは思っています。

P9090008.JPG


 ・・・ま、やっぱ顔だけでいいね♪ とも思ってますけどね。

 んなことでね。練習・リハビリ・試作を終えて、夕方からのバルーン活動に続きます!!
| 次へ