• もっと見る
« 2022年07月 | Main | 2022年09月»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
まずは預かった刀をもってきませんか? [2022年08月13日(Sat)]
2022年8月13日(土)

 はい、どうも。もう一回ウシです。

 さて。そんなことで次は、サクラ大戦(DS版)です。今回、たまたま手近にあった3DSにソフトを差し込んだら起動できまして。

 今更ながら、DSと3DSに互換性があることを知ったウシでございます。すごいですねぇ、任天堂さん。

 えぇ。サクラ大戦ダンジョン。奇跡的に見つけてきたソフトでございますが、サクラ関連の一連の作品の中でいろいろ見ていく中で。旧作(大神・大河編)最後の作品なんですね。

 なんでも「V」から一年後だかの設定だそうですが、ハードとソフトの関係から未だに紐育に行けないウシにとっては、とても貴重なソフトとなりました。

「簡単だ」

 情報を散見していると、このゲームについては、そのような評価があるそうです。トルネコ(1・2)はクリア経験のあるウシからしても、

 ・ダンジョンを出てもレベルが蓄積できる。
 ・手軽に脱出(椿ちゃんが店で売ってくれる)できる。

 という点を理解した時点でね。これはいけそうだと思ってねぇ。プレイを始めました。

 ・・・ま、思えば、ほぼ同時にスタートした「ヒーロー戦記」の初っ端で、少尉から配置換えだけで2階級特進したアムロさんに比べると、栃木県の星・大神さんは、足掛け6年かかっての大尉昇進ですからね。

 ゲーム開始前から、クスっとしてしまいましたけど。今回は、ロボット(光武)に乗らないで生身で立ち向かう華撃団の皆さん。

 スライム、動物、植物的な敵さんに混じって、おもくそ機械(蒸気獣)おるやんけと思ったのがねぇ。最初の上野の面でした。

「簡単だ」

 ということを頭に入れて始めましたけどね。大神さん、おもっくそ柔らかい。

sakura-1.JPG


 もうね。ふにゃふにゃでないですか。ゲームは違いますけど、ついこの間まで「4」までやって完全無欠の大神さんを見まくってきましたからね。

 何か、不思議な衝撃と感覚に襲われました。

「うん、まず、部屋に戻って神刀滅却もってこい」

 とね。思ってしまいました。「4」の最後に預かったの知ってますから。どうせ、タンスにでも入っているんじゃないのかとねぇ。デッキブラシを振り回し、でっかい煎餅で防御する大神さんにねぇ。突っ込むことから始まりましたよ。

「簡単だ」

 ってのは、どういうことかと疑ってもしましたけどね。少しやってみると確かに簡単。大神さんは最初の内ふにゃふにゃですが、華撃団隊員の皆さんが超強い。

sakura-2.JPG


 ダンジョン内で隊長と別れ、孤軍奮闘してもらっているとその経験値が隊長に入りレベルアップするという仕組みを理解しましてね。

「うん、確かに簡単だ」

 と思えるようにはなってきました。今のところ、紅蘭さん、マリアさんの遠距離攻撃組が最高です。

 ま、油断して、カンナさんに吹き飛ばされた敵に激突してゲームオーバーとか、開幕大部屋モンスターハウスなんかもあって。簡単だけど油断はできない。

 DSではありますが、キャラクターの絵もキレイだし(特にマリアさんがいいですな)。不思議な消費税を払った甲斐があると思っております。

 んなことで、昨日・今日はお金稼ぎ。なぜか上野公園においてある金の延べ棒や武器、道具を拾っては煎餅屋の椿ちゃんに売る司令官。

 しばらく続くことでしょう。楽しいです♪♪

 頑張って、強い大神さんにして、早いとこ巴里の皆さんとお会いしたいと思っているウシでした♪
アムロさん、ちゃんと当ててもらわないと! [2022年08月13日(Sat)]
2022年8月13日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 そんなことでね。DS(サクラ大戦ダンジョン)とSFC(ヒーロー戦記)の同時プレイこと、二重生活をし始めたウシですが。

 いいですねぇ。非常に充実しております!!

 通勤途中は、DSで、家帰ったら一時間ほどですがSFCをプレイしています。まぁ、やっていることはレベル上げですけども。楽しいですなぁ。

 まずは、ヒーロー戦記。ウルトラマン、ガンダム、仮面ライダーのそれぞれの存在を知っているものの、全ての本編をまともに見たことなかった当時小学生のウシさんがね。

 存分に楽しませて頂きながら。大人になってちゃんと見たら(ガンダムだけだけど)、あまりの世界観の違いに戸惑ったの原因を作ってくれた作品ですよ。ウシ的には、名作です。

 これまでにも何回か繰り返してますけども。飽きませんな。

 電源入れたら即本編が始まる(読み込みがない)のが、カセットのいいところですなぁ。ひらがなばっかりが逆に斬新さを覚えます。

 えぇ。このゲーム。買った当初はやはりストーリーを進めるのが優先で。もくもくとレベル上げっていうか、お金稼ぎをするという忍耐力は無かったですから。詰みはしなかったけども、非常に苦戦したゲームとの記憶はしっかり残っていまして。

hiro-1.JPG


 うん。これこれ。ゲームスタート直後で、2階級特進のくせして500円しか持たされていないアムロさん一行において、いきなりの物価高が襲いかかってきます。

 なんですか。この価格。違った意味で価格破壊。平成のゲームなのに、現代令和にやってもとてもしっくりきます。

 体力、集中力及び持続力はなくなったかもしれないが、これまでの「やりこみ修行」によって、コツコツ経験値やらお金を稼ぎ続ける作業を行うのは、当たり前になっているウシとしては、なんのことはない。

hiro-3.JPG


 ともかく戦闘。ザクさんやらを相手にしてもこんなもん。あぁ、まさに令和の時代にやりたくなって良かったと思えてしまいますが、少しでもお金もちの敵さんを探って戦ってました。

 最初の面は、ザクレロさん大好きでしたね♪

 んで。次からライダー国にいってショッカーの皆さんのやんちゃに付き合います。

hiro-5.JPG


 改めてやってみるとねぇ。ボイスなし、ひらがなばかりのテキストですけども。セリフがいちいち秀逸です。何か、巨悪がはびこるこの世界もねぇ。良い世界だなぁと。

 個人的に記憶にあるのが、このゲームのエンディングで。ショッカーの皆さんたちがカップ麺か何かを食べながら座談していて、給料が安いなどを愚痴を言っているシーンだったりするんですけども。

 そんなことない。
 
 ショッカーさんたち高給取り。ショッカーいい会社です。特にその次に出てくる「さいせいクモおとこ」さんなんかは憧れの的ですね。4体出現で500円近く頂戴できるので、嬉々として戦わせて頂いております。

 ショッカーのアジトが波止場(これもいいですよねぇ)にあるとのことで、お邪魔してきましたら、ヒゲのおじさんが通せんぼしていましたのでね。

hiro-6.JPG


「よし、今日はこのアジトでいいだけ稼ごう」

 と心に決めて闘い続けております。

 うん。目の前までいって、話しかけないと、どんだけ横切ってもスルーしてくれる親切設計。最高ですね。よい世界です。

 やたらと多いエンカウントも、のっけからコツコツとため込んでいくのが好きなウシさんとしては親切の極みですわ♪

 ・・・ですが、あれですね。二階級特進のアムロさん(コナンのせいで、アクセントの場所が変わりました)。必ず殺す技であるはずの「バルカン」。

hiro-9.JPG


 かなりな確率で外しますねぇ。確かコメカミあたりから出る機関砲でしたから、めーつぶって撃ってるんかなと。エリカさんなみではないかと思ってしまったりもしていますけど。

 アムロさん、ほぼこれしかやってないです。コスパ自体はいいので。

 バルカンの合間に通常攻撃をしているアムロさん。もうしばらく頑張って資金稼ぎをしてもらおうと思っています♪
| 次へ