CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年12月 | Main | 2022年02月»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
バルーン活動@岡本北小宮っ子(3年生:2回目) すみっこ道は険しいです [2022年01月19日(Wed)]
2022年1月19日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 さて。そんなことでね。休養ばっちりの本日ではありますけどもねぇ。「寝だめ・食いだめはできない」という格言どおり。休んだからと言って油断せずに参りましょう。

 えぇ。その意味でいうとねぇ。ある意味、体力的に疲弊感を覚えている時の方がねぇ。集中力やらは逆に増しているのではないかとも思うこともありますがね。

 今回の話題は、お休み直前の1月17日にお邪魔した、宇都宮市立岡本北小の宮っ子ステーションでの活動風景でございます。本日現在(1月19日)時点で、着々と各校ステーションから休止のご連絡を頂いておりますからね。

 ギリギリのタイミングでできた活動となりました。

 そんな奇跡的といっていいバルーンアート教室でございますけども。今回のお相手は前回遊んでくれた3年生のもう一つの学級さんです。18名の児童さんが参加希望とのことで。遊んできましたよ。

P1170001.JPG


 内容的にはいつもの「イヌ・剣・ハート」の基本作品工作をして。自由にバルーンを作って遊ぶという恒例の流れでございましてね。3年生の子たちとはこれまでに1〜2年生時にねぇ。体験済の子がほとんどでございましたが、

 良い意味での案の定、

「ウシは覚えているけど、作り方忘れた」

P1170010.JPG


 ではじまりましたので。ストック風船を選んでもらってねぇ。イヌづくりの復習からスタートしていきました。まぁ、忘れたといってもね。さすがは3年生。順をおってやっていくと、あまり時間を要さずに、基本作品のカンは取り戻せたみたいなので。

 今回は、約30分ほどの自由工作時間を確保することができまして。ウシもねぇ。子ども達のストックをつくりながら、新作にチャレンジすることになりました。

 えぇ。新作。「すみっこぐらし」ですね。

 この日も、先週のほうぼく(屋外練習)で生み出してしまった「虚無エビフライのしっぽ」とキャラの中でも人気があると聞いた「しろくま」を作ってみようと試みました。

 バルーンの形もねぇ。試行錯誤ですが、ウシ流キャラバルーンに欠かせない「目シール」。こいつを工夫することを思い立ちましてね。持参している中で最小サイズの「白丸シール」をねぇ。黒のマジックで着色して、

P1170013.JPG


 つけたりはったりできる目を準備しまして。創作に臨みましたけどもねぇ。

 ・・・・・う〜〜〜ん。。。

P1170015.JPG


 むずかしいですねぇ。相変わらずねぇ。ウシは愛せないなぁと思う虚無キャラをねぇ。作っておりました.。

 試行錯誤しているとね。子ども達(女の子たち)に絡まれまして。どうもうまくいかないと。おぢさんすみっこ愛せないとねぇ。泣き言をいいますとね。

「じゃあ、私が描いてあげる♪」

 と立候補してくる子たちがありましたけどね。

P1170008.JPG


 ・・・・・・・・あれ?こりは、リラックマなんじゃないかという作品がね。生み出されておりました。聞くところによると同じ会社さんらしいですけどね。

「これは、ちがうクマじゃないか!?」

 と。勇気をもって詰問したところねぇ。

「ううううん!これでいいの!!」

 と。力強いお答え。まぁねぇ。こんな感じでね。なんていうんでしょうかね。なんとも手ごたえのない状態が今後も継続する様相となりました。

 えぇ。エビフライの方もね。いくつか試作してみまして。唯一「これだ」と思えたのがねぇ。目と口だけでなく、

「バルーンに手足も描く」

 ことで、少しはぽくなるということくらいかなぁと。まぁね。こんなもんです。

P1170014.JPG


 えぇ。ウシとしてはねぇ。苦心した思いに反して楽しくなった「きめつバルーン」に比べるとねぇ。かなり、やる気がわいてこない作品群の「すみっこぐらし」。

 えぇ〜。強敵です彼ら。

 ウシ的には愛せないのでね。もちろん教室後は処分のつもり満々でしたけどねぇ。じゃんけんゲームも終わってねぇ。やっつけようとしますとね。

「ウシさん、それほしい!じゃんけんしよう!!」

P1170016.JPG


 とウシの行為を強力にいさめされまして。争奪戦が展開しました。

 ・・・うん。何がいいんだか全く分かりませんけども。まぁ、子ども達が楽しく遊べたんだからよしとしようとは思っているウシでございましたとさ♪
「サクラ2」は栃木県人対決!? [2022年01月19日(Wed)]
2022年1月19日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 平日のお仕事の日々が戻ってきましたのでね。本日の電車通勤途中からねぇ。

 絶賛再プレイ中「サクラ大戦2」のミニゲーム攻略を楽しんでいます。1月に入って、縁日回りと屋根修理のゲームは攻略できましたけど。

 こちらのね。メインなんでしょうかねぇ。さくらちゃんの「剣のおけいこ」が難しく。非常にてこずっています。えぇ、もともと反射神経が良くないと自覚もあるウシですのでね。しかもねぇ、年齢を重ねてきていますからね。

 その劣化は著しいもんなのでしょう。ゲーム失敗(空振り時)のさくら氏のイラストがかわいいと思うこともあり。かなりな確率でお稽古になっておりません。

minigeam.JPG


 前作1のお掃除もそうでしたけどね。恐らくゲーム的には、「さくら氏が剣を振るい、大神氏がわら束を投げている」んだろうと思うのですがねぇ。ゲーム説明欄には、

「ボタンを押して藁を切って下さい」

 と書いてあるのでね。えぇ、切るのはあなたでしょう!!?と。何か変ないちゃもんをくけたくなりながらねぇ。楽しんでいます。

 さてさて。

 ・・・いやぁ。オミクロンさんの影響がじわじわと出てきておりますね。ウシのバルーンアート活動や、職場まちぴあのイベントにも影響が出てきておりまして。

 お仕事の方は、1月21日予定の「まちづくり応援事業説明会」は、ブログでの情報発信と個別対応に切り替えることとなりましたし。1月23日の「あそび初め」もね。

 先日の職場お隣の駅東公園での「ほうぼく」の際に、チラシをもらってくれたご家族の中でね。遊びにきてくれた方があったらねぇ。ふくわらいをテーマにした工作遊びなどをやってね。こじんまりとやる方向になりました。

 バルーンは、今週と月末に予定されていた市内小学校への訪問が中止になったりとしておりましてねぇ。えぇ、やっぱり「中止」といわれた後のへこみぐわいはね。

 もう2年になるのですけどもねぇ。まぁ、慣れるものではありませんよ。

 ・・・さて。そうは言っておりますけども。ウシ個人の体力的なことからいうとね。年始休暇明けから予定されていた、子ども達のお相手がなくなったことでねぇ。

「あぁ、休める!」

 と、思ったもの事実。1月10日〜18日までの一週間で3件の予定を消化してきましたが。まぁ、当たり前ですが、休みをとって対応しておりますのでね。やればやるほど、

「休みがなくなる」

 というのも事実で。ここ最近は完全にガス欠気味でございました。えぇ、前から言っていますけどねぇ。基本的にはオミクロンうんぬんよりも、個人的には体力低下にと寒さによるダメージが蓄積してくるとねぇ。

 著しく体調を崩すことになるよなぁと思っていますから。その意味でもねぇ。いけるのか!?と1月末日までの未来を不安視していたウシとしては、助かったと思う出来事でもありました。

 んなことでね。昨日1月18日はねぇ。約1週間ぶりの「何もない休日」になりまして。気合を入れてねぇ。お布団に湯たんぽを入れて惰眠をむさぼっておりました。

 ですからね。久々にまとまった時間での「大神活動」ことサクラ大戦2を進める時間もできましたから。頑張って進めておりましたのよ。

 現在3週目。アイリスちゃんと仲良くなろうとね。やっておりまして。フランスから来日されたご両親ともお会いできましたし。終盤まで進めることができました。「サクラ2」を再プレイして思うのですがね。

 全12話構成ですけど。終盤10話くらいからはひたすら大戦になっていくのでねぇ。コツコツやるよりも一気にやった方が集中力が持つなぁと感じておりまして。できれば、エンディングまでもっていこうとね。頑張っておりまして。

 ・・・まぁ、結論的にはね。ラスボス手前で力尽きましたけども。まぁ、頑張った方ではないでしょうかしらね。

 えぇ。そういえばなんですけどね。3週目をプレイしながらねぇ。サクラ大戦のお勉強というか情報収集をしていく中でね。これまた今更ですけども。

 サクラ大戦系の説明を集めたウィキペディアを参照していましたらね。こんなことが記載されておりまして。えぇ、サクラ2のラスボスさんこと、京極さんですけどね。

kyougokusan.JPG


 この方も栃木県出身という設定なんですねぇ!!

 えぇ。ホントかどうか定かではないですけど。(ウシ的はどっでもいいですが、間違いであってもね)一栃木県民としては非常に気になる設定でございましてねぇ。

「おおっ、ってことは、サクラ2は栃木県出身者同士の争いなのか」

 あれですかね。宮城県(仙台)出身の真宮寺家も親子で争うという展開なのでね。対比構造としての設定だったりするんでしょうかねぇ?まぁ、考えつつもね。

taizi.JPG


 とね。また違った視点で楽しむことができるようになりました。えぇ〜。前作1も、のべ6周やり切りましたけども。それに加えて2名追加の今作はより、根性がいるなぁと思っている中での発見だったのでね。

 昂るものを感じつつ。加えてね。劇中で何度も会う大神さんと京極さんをみているとね。あれですね。所属は違うとはいえ、異例中の異例の出世をした京極さんをねぇ。大神さんは知らない感じを受けるので。

「同郷で出世頭の人を知らないってのはおかしくないか」
(※陸海軍の違いはあれど、大臣ですしね)

 とね。24年前のゲームにむかってツッコミながら楽しむという楽しみ方を見つけられたので。まぁねぇ。もう少しは頑張れそうかなと思っているウシでございました。

 とりあえず、今週中の3週目クリアを目標に過ごしてまいりましょう♪
| 次へ